或る医学者 さん プロフィール

  •  
或る医学者さん: 放射線に挑む〜英国大学院博士課程留学
ハンドル名或る医学者 さん
ブログタイトル放射線に挑む〜英国大学院博士課程留学
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/radiologist-soma-tohoku
サイト紹介文福島原発事故被災地での臨床経験がきっかけとなって放射線医科学を研究しています
自由文医師、第1種放射線取扱主任者。福島原発事故による放射線被ばく影響を研究するため、英国クイーンズ大学ベルファスト大学院博士課程(医学)で武者修行中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 363日(平均4.3回/週) - 参加 2017/09/18 07:02

或る医学者 さんのブログ記事

  • 土日に体調不良で寝込む男
  • 金曜日の地獄の移動で疲労困憊するせいなのかどうか判りませんが、今日も体調不良でダウンしていました。ここ数週間ほど、いつも週末になると体調がボロボロであります。要因は多々あって、なかなか特定できませんが、金曜日の地獄の移動が効いているのは間違いないです。仕方ないので薬局へ行って、風邪薬を購入し、飲んでいます。「優しさ」が欲しいので、半分優しさで出来ているはずのパブロンを飲んでいます。困りましたねえ、 [続きを読む]
  • そろそろ英国へ
  • 長いなが〜い日本での滞在を終えて、そろそろ英国へ戻ります。今夏の日本における研究費、滞在費は、英国の某学会から助成されているので、なんとか素晴らしい成果を残したいところではありますが、「まあ、無理だろべ」と諦めています。短い論文を幾つか書きましたが、学術的な価値がどこまであるのか、自分でもよく判りません。しかし、出来るところから始めて行くしかありませんから。まずは手持ちのデータを発表していくしかな [続きを読む]
  • ニシヘヒガシエ
  • 明日に向かっていきていくんだって Ha ha ha ha♪ただじゃ転びやしませんぜって♪非常事態ってやつも歓迎です さあ Ha ah♪ニシヘヒガシエ♪必死で 猛ダッシュです♪というワケで、ここ最近、東へ西へ移動しておりました。ここ1ヶ月くらいで新幹線で九州から東北まで行きました。来年度以降のジョブ探しもありますが、共同研究者の先生方との打ち合わせなど、やらなければならないことは腐るほどあります。もちろんお目にかかりた [続きを読む]
  • 愚者は経験に学ぶ、賢者は歴史に学ぶ
  • 先週から怒りで脳汁が沸騰しそうな事柄が多くて、色々と苦労をしました。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ Nur ein Idiot glaubt, aus den eigenen Erfahrungen zu lernen」と鉄血宰相オットー・フォン・ビスマルクは言ったそうですが、彼が前例主義に囚われる我が国の組織を見たら何と言ったでしょうか。現在のように変化が激しい時代にもかかわらず、前例がなければ何も出来ない愚鈍な組織を見て、もしかしたら「馬鹿め」と [続きを読む]
  • 南三陸さんぽ2018夏 〜名勝・神割崎
  • バーロー、オメーのブログは「英国留学ブログ」じゃなくて、もはや「宮城放浪ブログ」になっているじゃねえか、バーロー。と言われそうですが、もうすこし宮城県滞在は続くのじゃ。まあ、そのうち英国での研究も再開しますし、たまには日本でのんびりしたいし、東北大学で研究もしたいんじゃ〜ということで、どうか許して下さい。ということで、今日も今日とて宮城県太平洋側を旅しています。東日本大震災の時、津波の被害が深刻だ [続きを読む]
  • 仙台さんぽ 2018夏 〜榴ヶ岡天満宮
  • 今日は仙台駅の東口の方を歩く機会がありました。そこで、「杜の都の天神様」こと榴ヶ岡天満宮に行ってみました。久しぶりに訪れましたけれど、あまり変わっていませんでしたね。私は一応、医学者の端くれですので、学問の神様である道真公に「研究がうまく運びますように」とお祈りしておきました。何もかも皆懐かしい…英国でも石煉瓦の装飾が美しい教会に見惚れることがありますが、日本の寺社もそういう神秘的な美しさでは負け [続きを読む]
  • ウニ丼を食う
  • どうでもいいですが、ウニ丼を食べました。ウニとか英国の片隅では食える気がしませんので、いかにも日本という感じがして、嬉しかったです。やはり、日本サイコーです。 [続きを読む]
  • 神域の島を歩く〜南三陸・荒嶋神社
  • 南三陸の青い海にポツンと浮かぶ小さな島があります。その島に祭られている神社『荒嶋神社』を歩きました。あの日の津波はこの神域の島も襲い、海に浮かぶ朱い鳥居は流されてしまいました。残念ながら、未だに再建は果たされていません。青い空と海に心を洗われるような日でした。色々と思うところはありますが、私の悩みなんてちっぽけなものですね。 [続きを読む]
  • Youは何しに日本へ? 〜日本の学術機関の弱点について
  • *本記事はすこし改稿しました。私はこれまで読者の存在をあまり意識してきませんでしたが(所詮私的なブログなので)、今後は読者のご意見を参考にしながら書くことに致します。本記事は読者の方からのレスポンスを鑑みて、すこし書き直した部分と補足した部分があります。日本での滞在期間が長くなってきました。Youは何しに日本へ? そう問われた際に、面倒に感じている時は「ただの夏休みですよ、アハハ」という説明をしていま [続きを読む]
  • 南三陸漫遊
  • 仙台とかいうコンクリートジャングルから逃げ出して、東へ高速道路を走ること約80分。そこに南三陸町があります。言うまでも無く、東日本大震災の津波で甚大な被害を出した港町ですが、現在ではかなり復興も進んでいます。おそらく震災前よりも先進的になり、経済的に豊かになった部分もあるのではないでしょうか。原発事故の影響がない地域はやはり復興が早いなあと、福島を見てきた身としては色々と思うところもありますが。新し [続きを読む]
  • 私立大学はある程度恣意的に学生を選んでいい!?
  • 東京医科大学とかいう大学が「女性学生の入学試験の点数を操作し、合格者が男性優位になるように図っていた」と報道されました。さもありなん、と言ったら怒られるかもしれませんが、1) 縁故学生、2) 女性学生、3) 高年齢学生(社会人を経験してから医学部に進む者)などの点数操作などは、ずっと昔からあるだろうと業界内では言われていたことでもありました。東京医科大学のイメージ低下は避けられず、まっとうな手段で入学した [続きを読む]
  • 生存報告
  • 1週間以上ブログを更新しないと「あいつ、死んだか?」とか言われてきます。一応、生きています。先週は九州に滞在していましたが、九州は「修羅の国」と言われる通り、実際、かなり疲れました。「産業医の資格」を取得するための講習は思っていたよりもきつかったですが、たいへん興味深い内容でした。産業医科大学にも初めて訪れたのでした。その後、神奈川某所で某プレゼンをしてから、今はまた宮城県まで来ています。上の写真 [続きを読む]
  • 箱根〜三島の旅
  • 今日は神奈川県の箱根を抜けて、静岡県三島市まで足を伸ばして、ウナギを食べました。土用の丑の日は過ぎましたが、まあ誤差の範囲ということで。箱根大観山から芦ノ湖が見えました。本当は富士山も見えるはずなのですが、山に雲がかかって見えず。三島のウナギは有名だそうですね。私は知りませんでしたが。明日からまたしばらく出張です。九州に行くのは久しぶりです。 [続きを読む]
  • 日本のお祭り
  • 実家の近くの夏祭りを観に行きました。凄まじい暑さの中、自分自身が積極的に参加する気は0ですが、皆さんがワイワイしていらっしゃるのを観るのは、まあたまには良いかなと思います。日本のお祭りってこんな感じだったかな〜とか思いながら、焼きトウモロコシを買いました。日本は良いですね。英国北アイルランドも悪くありませんが、やはり母国が落ち着きます。「このまま英国で研究を続けるのですか?」と聞かれることもありま [続きを読む]
  • 炎の仙台弾丸ツアー
  • 杜の都・仙台へ行きました。東北のくせに暑くて暑くて仕方なかったですが、18日から20日まで2泊3日の強行軍でした。当初の予定では福島県相双地域まで足を運ぶ予定でしたが、直前の予定変更が相次ぎ、結局、東北大学で様々な用事をこなすので精一杯でした。東北大学の非常勤講師になってから、病院内だけでなく学内の色々な先生方とお会いしていますが、やはり専門分野が違う方々とお話しさせて頂くと面白いですね。自分の視野が広 [続きを読む]
  • 徳州会でカルチャーショック
  • 日本に帰ってきて連日異様な暑さを感じています。身体がすっかり英国北アイルランドに慣れていたこともあって、はっきり言って、バテています。辛いです。しかし、日本でも止まることは許されていません。今日は、徳州会の総本山とも言うべき、湘南鎌倉総合病院(いわゆる湘鎌)を訪ねました。上の写真は病院を一望する場所からのものです。私の記憶にある限り、湘鎌にはたぶん初めての訪問だったと思われます。ご存知の方もいらっ [続きを読む]
  • 西日本集中豪雨の被害の大きさ
  • ニュースなどで西日本集中豪雨の被害が採り上げられていますが、そのあまりの広がりに言葉がありません。21世紀の今日において、豪雨をきっかけにしてここまで大規模な災害になるとは…護岸工事などは行ってきたのでしょうけれども、被害の大きさをみると、地球の自然の猛威をつくづく感じます。人間の営みなんて小さなものなのかもしれませんね。一方で、猛暑の中で復興に向けてボランティア活動に取り組んでいらっしゃる方々は本 [続きを読む]
  • 「国公立」と「私立」の壁
  • 東京医科大学の裏口入学に関する報道が続いています。日本の医師免許を持つ者としては、とても残念な気持ちになるニュースですが、「まあ、そういうこともあるのでしょうね」と諦めています。東京医科大学のこれまでの出身者の中にも裏口の人がいらっしゃるのかもしれないというのはかなり衝撃的ですが。私には私立大学の医学部に在学中あるいは卒業した従兄弟が4人いますが、今のところ彼らの中に東京医科大学の関係者はいません [続きを読む]
  • 衛生学の巨人 James Lind
  • 日本では酷暑が続き、西日本集中豪雨の被害もより深刻になってきていますが、皆様も暑さに負けずに体調管理には十分に留意して下さい。日本で臨床をしていた頃、このくらいの時期から熱中症によって救急車で病院に搬送されるような患者さんも多く診ていたような記憶があります。さて、本日7月13日は、上の肖像画の英国医師・衛生学者ジェームズ・リンド博士 Dr James Lind が1794年に亡くなった日です。彼は海軍において、世界で初 [続きを読む]
  • 日本免疫学の巨人・石坂公成先生の御逝去
  • アレルギー反応に関与する免疫グロブリンIgEを発見したことで名高い石坂公成先生が先週亡くなられていたことを知りました。晩年は奥様の看病もあって、ずっと山形で過ごしていらっしゃるのは存じ上げておりました。残念ながら、私は直接の面識はありませんが、石坂先生の弟子に当たる先生方のうち幾人かにはとてもお世話になりましたし、石坂先生のご業績については昔から存じ上げておりました。石坂先生と言えば、奥様の照子先生 [続きを読む]
  • 西日本集中豪雨
  • 西日本集中豪雨は、英国BBCでも報道されておりますが、関西にいる知人も避難したとSNS上でコメントしており、とても驚きました。すでに数十人が亡くなられているとのことで、たいへん驚くとともに心配しております。近年まれに見る状況ではないでしょうか。西日本にいらっしゃる方々のご無事を祈っております。 [続きを読む]
  • 地下鉄サリン事件と聖路加国際病院
  • オウム真理教の教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら7人の死刑執行について、英国BBCでも報道されました。そして、当時の東京を震撼させたテロ事件である地下鉄サリン事件に関しても紹介されました。この地下鉄サリン事件の時、多くの急患の対応に当たったのが、上図の聖路加国際病院でした。米国聖公会宣教医師によって1901年に東京に設立されたこの病院は、現在では、優れた質を誇る大型総合病院として知られ、さらに日本 [続きを読む]
  • 査読 peer review についての雑感
  • 『ブラックペアン』というドラマでも採り上げられていたようですが、医師や医学者の業績というものは基本的に「査読付き論文を出版してなんぼ」であります。査読付き論文を出版するジャーナルには大抵の場合impact factorという数値が付いているのですが、これまで出版した論文のジャーナルについたこの値を合計して、その研究者の業績をおおざっぱに評価することは良くも悪くも今でも行われています。この「査読」というのは、あ [続きを読む]