暉大 さん プロフィール

  •  
暉大さん: 我が青春時代のフォークソング ・唄
ハンドル名暉大 さん
ブログタイトル我が青春時代のフォークソング ・唄
ブログURLhttps://ameblo.jp/worldpeace2017/
サイト紹介文1960年後半から70年前半までのなつかしいフォークソング・唄や思い出の唄を中心に紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 67日(平均7.4回/週) - 参加 2017/09/18 13:45

暉大 さんのブログ記事

  • 国歌「君が代」
  • 日本国歌 「君が代」作詞不明(読人しらず)(905年古今和歌集初出)作曲林廣守、奥好義歌詞は10世紀初めに編纂された『古今和歌集』の短歌の一つで、曲は1880年(明治13年)に付けられました。以後、国歌として歌われ、1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化されました。 今日は国民の祝日のひとつ勤労感謝の日です。戦争に負けて、日本人はアメリカによって「日本は悪い国だった」と [続きを読む]
  • 夕暮れ  高田渡 1993
  • 作詞 黒田三郎・高田渡作曲 高田渡高田 渡さんは当ブログ 高田渡 生活の柄 で紹介しています。黒田 三郎さん(1919年- 1980年)は、日本の詩人。広島県呉市出身。3歳からは、父の故郷・鹿児島で育つ。東京大学経済学部卒業し戦時中、現地召集で南洋の島々で過ごす。戦後はNHKに入局し、1947年、詩誌「荒地」創刊に参加して詩や評論を発表する。結核の闘病を続けながら、市民の生活に根ざした感情を平明な言葉で描いた。1969 [続きを読む]
  • 月光仮面は誰でしょう
  • 月光仮面(げっこうかめん)は1958年2月から1959年7月まで放送されたテレビ番組で覆面ヒーローの名前。 原作者は川内康範氏。東京地区では平均視聴率は40%、最高視聴率は67.8%を記録した日本のヒーロー番組の元祖で、その後の番組に多大な影響を与えた。後に映画化もされ、1972年にはアニメのテレビドラマ化、1981年に再び映画化された。『月光仮面は誰でしょう』のレコードは当時の子ども向け楽曲としては異例の10万枚以上を売り [続きを読む]
  • 森高千里  私がオバさんになっても
  • 森高千里 オフィシャルウェブサイト「私がオバサンになっても」は1992年発表のアルバム「ROCK ALIVE」に収録され、その後16枚目のシングルとしてリリースされました。作詞:森高千里 作曲:斉藤英夫 編曲:高橋諭一秋が終れば冬が来る ほんとに早いわ夏休みには二人して サイパンヘ行ったわ日焼けした肌まだ黒い 楽しい思い出来年も又サイパンヘ 泳ぎに行きたいわ あなたは優しい人ね 私を抱きよせてずっとこのままいようと KISS [続きを読む]
  • Amazing Grace Celtic Woman&平原綾香
  • Amazing Grace Celtic Womanケルティック・ウーマン(Celtic Woman)は、アイルランド出身の女性で構成される4人組の音楽グループ(過去には5人組、6人組の時代もあり)結成後、ツアーやスケジュール等によりメンバーが変遷しています。当ブログYou Raise Me Up で紹介しています。アメイジング・グレイス(Amazing Grace)は、イギリスの牧師ジョン・ニュートン(John Newton,1725-1807)作詞による賛美歌 作曲者は不詳。アメイジ [続きを読む]
  • Betsy & Chris  白い色は恋人の色
  • ベッツイ&クリスは、ハワイ州出身のベッツイとアイダホ州出身のクリスによるフォークソングデュオ。1969年にサウンズ・オブ・ヤング・ハワイのメンバーとして来日した際にスカウトされ、デビュー。ベッツイ (エリザベス・ヴァージニア・ワーグナー Elizabeth Virginia Wagner)ボーカル 1952年9月4日 生まれ幼年期にトラップ・ファミリー合唱団の三女ヘートウィクから指導を受ける「ベッツイ&クリス」として活動した後、様々 [続きを読む]
  • Venus / ヴィーナス [日本語訳付き]  ショッキング・ブルー
  • 1969年、オランダのロックグループ「ショッキング・ブルー」の大ヒット曲。翌年ビルボード誌でNo1となりました。女性ヴォーカルのマリスカ・ヴェレスはハンガリーとドイツのハーフ。この曲はフランス、ドイツ、イタリアなどでは1位でしたが本国オランダでは3位が最高ランクでした。多くのアーティストに唄われており、日本でも、長山 洋子、荻野目洋子などにカバーされています。ショッキングブルーについては、当ブログ「悲しき鉄 [続きを読む]
  • チューリップ 財津和夫:サボテンの花
  • チューリップ 九州の福岡市で結成された、財津和夫を中心とした、4〜5名のニューミュージックのバンド1972年に上京し「魔法の黄色い靴」でメジャーデビューし、翌年に出した3枚目のシングル「心の旅」が5か月かけてレコード売り上げ1位を記録し、一躍有名となる。その後も「青春の影」(1974年)、「サボテンの花」(1975年)など数々の作品を発表し、広く知られるようになった。財津 和夫(ざいつ かずお、1948年2月19日)は、 [続きを読む]
  • 武蔵野たんぽぽ団−淋しい気持ちで
  • 武蔵野タンポポ団は日本のジャグ・バンドフォークシンガー高田渡を中心に、東京、吉祥寺のライブハウスぐゎらん堂に集まるミュージシャンたちで結成された。高田渡、シバ以外のメンバーは流動的で、1972年の年末まで活動。その後もぐゎらん堂主催のイベントなど折に触れて再結成することがあった。淋しい気持ちで作詞・作曲:シ バいくら歩いても いくら歩いても淋しい気持は かわらない ああ まっぴらさ今日も朝から 今日も [続きを読む]
  • 悲しき鉄道員 [日本語訳付き]  ショッキング・ブルー
  • The Shocking Blue (ショッキング・ブルー)は1967年〜1974年に活動していた、オランダ出身のロックバンド。ロビー・ファン・レーベンRobbie van Leeuwen)がオランダで結成。ボーカルの マリスカ・ヴェレスは、途中参加した。マリスカ・ヴェレス (ボーカル)ロビー・ファン・レーベン (ギター、シタール)コーネリス・ファン・ダー・ビーク (ドラムス)クラーシェ・ヴァン・ダー・ヴァル (ベース)1969年7月に、オランダで、「ヴィー [続きを読む]
  • アメリカ国歌  The Star-Spangled Banner
  • アメブロ(あきちゃん)から画像頂きました。つい先日、トランプ大統領が来日されました。それに先立ってイヴァンカさんも来られました。トランプ大統領は、「アメリカファースト」を掲げて当選された方です。アメリカや日本のマスコミはこぞって、悪口を言っていますが、私はトランプ大統領を支持します。というのは、今までの大統領とは違うからです。アメリカを実質的に支配しているのは、一握りの金融エリート達のグループです [続きを読む]
  • 自由への長い旅 / 岡林信康&泉谷しげる
  • 岡林信康さんは、当ブログ 君に捧げるLOVESONG-岡林信康 でも紹介しています。「自由への長い旅」は岡林信康さんがやりたかったロックをはっぴいえんどと共に創り上げた、今もなおライブでは定番となっている名曲のひとつです。シンプルな力強さ、豊かな表現力、説得力を伴った歌です。作詞:岡林信康作曲:岡林信康 1971年6月いつの間にか私が 私でないような枯葉が風に舞うように 小舟が漂うように私がもう一度 私になる [続きを読む]
  • ジェットストリーム(夜間飛行)城達也
  • ジェットストリームは、TOKYO FMをキー局にJFN38局で放送されているイージーリスニングの音楽番組。1967年7月に、超短波放送実用化試験局FM東海にて放送を開始。1970年4月から、FM東海を引き継いで開局したエフエム東京で放送。2017年7月に放送50周年を迎え、現在も放送中。後藤亘(当時FM東海職員で現在TOKYO FM名誉相談役)らが、旅愁を感じさせる番組作りを目指して企画。アメリカで航空会社提供の深夜のラジオ番組を聴いていた [続きを読む]
  • 仕事さがし / 高田渡
  • 高田渡さんは当ブログ高田渡 生活の柄で紹介しています。仕事さがし 作詞 作曲 高田 渡※乗るんだよ 電車によ 乗るんだよ 電車によ雨の日も風の日も 仕事にありつきたいから※飲むんだよ にがいコーヒーをよ飲むんだよ にがいコーヒーをよ履歴書を書く為に 仕事にありつきたいから新聞を見たよ 新聞だって見たよ電話だってかけたよ 仕事にありつきたいからずい分 歩いたよ 毎日 毎日ねいろんな奴にもあったよ 仕事にあ [続きを読む]
  • 大阪で生まれた女 BORO 坂本冬美 2010
  • 「大阪で生まれた女」は、 BOROの2枚目のシングル。1979年8月発売。BOROが大阪・北新地で弾き語りをしていた時、「自分たちが歌える大阪の歌がない」という客からの不満に答える為に作られた。ポップスでは上田正樹の「悲しい色やね」と並ぶ、大阪の代表的なご当地ソング。シングルはオリコン調べで累計17万9000枚を売り上げた。BORO(ボロ、本名:森本尚幸、1954年3月11日 )は、日本のシンガーソングライター、作詞、作曲家、音 [続きを読む]
  • 森高千里   渡良瀬橋
  • 森高千里 オフィシャルウェブサイト森高 千里(1969年4月11日 )はシンガーソングライター、タレント、マルチ楽器プレイヤー(ドラムス・ギター・ベース・キーボード等)です。大阪府茨木市に生まれ、幼少時に一家で熊本県熊本市に移り、地元高校のバンドではドラムやベースギターを担当していた。1986年夏、大塚製薬の主宰した「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞し、同年冬に芸能活動をする為に [続きを読む]
  • 君に捧げるLOVESONG   岡林信康
  • 岡林 信康(1946年7月22日)は、日本のミュージシャン実家は教会で、父親は牧師。滋賀県賀県近江八幡市出身 現在は京都府亀岡市在住。1968年9月、山谷に住む日雇い労働者を題材とした山谷ブルースでレコードデビュー。友よ、手紙、チューリップのアップリケ、くそくらえ節などの名作・問題作を発表。高石友也、高田渡、加川良、五つの赤い風船などと共に活躍しプロテストソング、反戦フォークの火付け役となった。「フォークの神 [続きを読む]
  • 今日までそして明日から
  • 「今日までそして明日から」は1971年7月21日に3枚目のシングルとして発売された。作詞・作曲・編曲:吉田拓郎私は今日まで生きてみました 時には誰かの力を借りて時には誰かにしがみついて 私は今日まで生きてみましたそして今私は思っています 明日からもこうして生きてゆくだろうと私は今日まで生きてみました 時には誰かをあざわらって時には誰かにおびやかされて 私は今日まで生きてみましたそして今私は思っています 明 [続きを読む]
  • 高田渡 生活の柄
  • 高田 渡(たかだ わたる、1949年- 2005年)は、1960年代から2000年代にかけて活躍したシンガーソングライター1960年代後半から、高石ともや、岡林信康、加川良、岩井宏らと共に関西フォークの中心的存在となる。1969年に五つの赤い風船とのカップリングアルバムでデビュー。全日本フォークジャンボリーには第1回から参加。1970年代初頭から、東京に拠点を移し、シバ、友部正人、いとうたかお、なぎら健壱らを率い吉祥寺フォーク」 [続きを読む]
  • さくら(独唱) 
  • 森山 直太朗(1976年4月23日)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。東京都渋谷区出身。大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。作詞はほとんどの楽曲を御徒町凧と共作し、2005年からは作曲も共作している。母はフォークシンガーの森山良子。実父は元歌手のジェームス滝。「さくら(独唱)」は森山直太朗を一躍、有名にした大ヒット曲です。2003年12月31日『第54回NHK紅白歌合戦』 [続きを読む]
  • 受験生ブルース
  • 中川五郎作詞・高石友也作曲高石 ともや(1941年12月9日 )は、日本のフォークシンガー北海道生まれ1960年代後半、全国各地の労働組合や学校のイベント、反戦集会などに出演しメッセージ色の強い唄を歌った。ボブ・ディランの「ノース・カントリー・ブルース」の替え歌として受験生を題材に中川五郎が作詞した「受験生ブルース」に、高石が新たな曲を付けた「受験生ブルース」が1968年にレコード化され、累計で90万枚]の大ヒットと [続きを読む]
  • California Dreamin’ (夢のカリフォルニア) / ママス&パパス
  • ママス&パパス(The Mamas & the Papas)は、1965年に結成されアメリカで活躍した男女2人づつのフォークロックグループ代表曲は、『夢のカリフォルニア』1998年、ロックの殿堂入りを果たした。1965年11月、「Go Where You Wanna Go」でデビュー。同年12月、フィリップス夫妻によって書かれた「夢のカリフォルニア」を発表し同曲は全米4位の大ヒットとなった。3枚目のシングル「マンデイ・マンデイ」は全米1位となり、ファース [続きを読む]