ヨネ さん プロフィール

  •  
ヨネさん: 休日は「サッポロ・ウオーキング」
ハンドル名ヨネ さん
ブログタイトル休日は「サッポロ・ウオーキング」
ブログURLhttp://sapporo-walk.com
サイト紹介文札幌市在住のケアマネジャー。札幌の四季や趣味のウオーキングについて気ままに書いています。
自由文札幌市在住のケアマネジャー。休日に市内の林を歩いています。市内の四季やイベント、近郊の自然について情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 338日(平均3.0回/週) - 参加 2017/09/18 15:01

ヨネ さんのブログ記事

  • サロベツ原野と利尻富士
  • 8月21日の火曜日。 遅れて取ったお盆休みの最終日です。昨日は稚内から8時間ほど運転しての帰宅。 体の中にミシッと運転疲れが残っています。 年ですね。サロベツ原野から見た利尻富士をお伝えします。 サロベツ原野と利尻富士利尻島を札幌の往復は、何度もしていますが、ほとんどはJRや飛行機を利用していました。 実は、サロベツ原野からジックリと利尻山を撮影するのは、今回が初めてです。 冬の寒さが厳しく、開発の手が入っ [続きを読む]
  • 宗谷岬
  • 8月19日の日曜日。 午前中は晴れている稚内市。 午後から雲が出始め、夕方は雨になるとか。 礼文島に、日帰りで行こうと思いましたが、中止にしました。ここら辺が、離島に行く難しさ。 旅の良し悪しは天候によって決まります。 こんな日は、無理しない方が無難です。 ということで、今日は宗谷岬へと足を延ばすことにしました。20年ぶりのことです。 当時は、転勤で大阪で勤務していました。事前には聞いていましたが、暑い、水が [続きを読む]
  • 初秋の利尻島
  • 18日の土曜日 宿泊先の稚内市は、夜は涼しいのを通り越して寒いくらいです。 最高気温は22℃とか。 厳しい暑さの本州に分けてあげたい涼しさです。それにしても中心部の商店街はさびれました。19:00現在、メインストリートの店舗は全てシャッターが閉まっています。 こんなに極端なのも珍しい。 道内の地方都市は、こんな感じなのでしょうか?それともうひとつ。 こちらにもアジアからの観光客が見られます。 かれらが居なければ [続きを読む]
  • 北へ
  • 8月17日の金曜日 世間様とは少しズレてお盆休みとなりました。 日本列島は、台風が次々と到来。 温暖化の影響でしょうか?札幌近郊も、長雨が続きました。 気温は、グングンと低下。 一気に秋の到来です。 大雪山系では、初雪となりました。雨の多いお盆でしたが、天候は良くなりつつあります。 こんな時は、ジッとしてはいられません。 久しぶりに道北の旅行。 このブログは、稚内市内のホテルで書いています。 サロベツ原野から [続きを読む]
  • 3割り負担登場
  • 介護保険制度は、国内では医療や雇用に続く5番目の公的な保険制度です。それまで、主に国によって行われていた要介護者への支援が保険を介し民間に開放されました。NHKのアナウンサーが「5番目の保険制度として介護保険がスタートしました」と言っていたのを覚えています。2000年のことでした。それにしても日本の高齢者の増加は著しい。クリニックや総合病院などの規模の大きさを問わず、病院での患者の多さに驚かされます。右を [続きを読む]
  • 赤レンガテラスのフラワーカーペット
  • 毎年この時期、札幌市内の道庁前にある広場(赤レンガテラス)では、「フラワーカーペット」というイベントが行われます。 企業が協賛し、市民ボランティアによる花のカーペットが敷かれるのです。 最終日の今日。 ちょっと覗いてみました。 赤レンガテラスのフラワーカーペット2014年、同プラザのスタートを記念して始まったこの催し。 主催はSAPPRO フラワーカーペット実行委員会、後援は、北海道の他、ベルギー大使館、国土交 [続きを読む]
  • 尿路感染症
  • 先週の月曜日。 ミーティングが終了した9時半に訪問看護ステーションから電話です。 「一人暮らしのNさん(女性)が、39.6℃の発熱です」 ちなみに、この方は認知症。 5分前の会話を覚えていられません。暖かくなったこの時期にインフルエンザでしょうか? 取り合えず、病院に連れて行かなければなりません。 ここで問題が発生します。 「誰が、当人を病院まで連れて行くの?」身内は、長男のみ。 市内に住んでいますが、バリバリ [続きを読む]
  • DVD評(天城越え)
  • 松本清張の推理小説に「天城越え」があります。 1959年、サンデー毎日に掲載されました。 1989年に松竹で映画化。 主演は、田中裕子、渡瀬恒彦、平幹次郎などです。行きつけのレンタルビデオ店で何気に手にしたこのDVD。作品を見て驚きました。 川端康成の小説「伊豆の踊子」を意識した出だし。 戦前の世相を意識した情景俳優陣がねっとりと汗ばむのを消さないのは昭和そのもの 何よりも、田中裕子の妖艶な演技。 彼女は、この作品 [続きを読む]
  • 豊平公園のウツギ
  • 6月17日の日曜日 北海道神宮祭は昨日で終わり、街には静けさが戻っています。 出店が出るのは市内中心部の中島公園。 さすがに混みます。札幌市内では、あちこちに神社があります。 それぞれ独自にお祭りを行うのですが、北海道神宮祭の君具合はは別格。 今年は、祭りには行っていませんが、札幌駅に集う方々を見て容易に混雑ぶりを想像できます。豊平区にある「豊平公園」 ここは、祭りとは無縁。 ウッソウとしたドイツトウヒの木 [続きを読む]
  • 札幌花散歩(百合が原公園)
  • 6月16日の土曜日 札幌は、風はあるものの快晴です。 今日は、北海道神宮祭。 街には、家族連れやカップルが歩いています。今年は、寒暖の差が激しい。 50歳のオジサンは、体調不良です。 暑いのは良いのですが、寒くなるとツライ。 だんだん、若者に置いて行かれるのでしょうか? 札幌花散歩(百合が原公園編)百合が原公園は、札幌市の北、丘珠空港近くに位置します。 どうも、航空機のコースに入っているよう。 着陸態勢に入っ [続きを読む]
  • アヤメかショウブか、それともカキツバタか?
  • 6月10日の日曜日。 札幌市内は、ヨサコイソーラン祭り一色です。 2〜3日前、大雨になりましたがその後はどうにか持ちこたえました。激しい寒暖差に体調不良気味の小生ですが、初夏の街には若さがみなぎっています。ヨサコイソーラン祭りは、雨の多いイベント。 そんな時の踊り子達は気の毒。 最終日は晴れて欲しい。 毎年、そう思っています。 札幌市内のショウブ札幌市内では、アヤメやショウブが見ごろを迎えています。 アヤメ [続きを読む]
  • 5月の野幌森林公園
  • 5月20日 ようやく晴れました。 気温はまだ低いですが、日差しが強い。 湿度の無い気候。 カラッとした空気は、北海道の初夏そのものです。それにしても寒い5月です。 遠くに目をやると、山々に雪が残っています。 どう見ても新しい感じ。 標高の高い所は、積雪のようです。久しぶりに野幌森林公園に行って来ました。 野幌森林公園野幌森林公園は、面積は2000ヘクタール以上。 札幌市、江別市、北広島市の三市にまたがる広大な公園 [続きを読む]
  • 久しぶりの北大散歩
  • 5月の北大構内は美しい新緑に包まれます。 別名「エルムの学園」とも呼ばれる北大。 エルムとは、”ハルニレ”の別名です。 どれが「ハルニレ?」と言われそうですが、北大に生育している巨木を指させば、それがハルニレです。 北大散歩十勝の方では、峠で雪が降っているとか。 今年の5月は、天候が不順で寒い。 ケアマネジャーの職場では、ストーブをつけています。 ライラックが咲くこの時期の寒さを”リラ冷え”と言います。北 [続きを読む]
  • 高齢者と薬
  • 5月14日の月曜日です。昨夜は、中日の松坂が残念な結果。世の中、上手くは行きません。それにしても球場は沸きます。まさにスーパースター。 1人の男性利用者の受診先日、担当する利用者さんの診察に付き添いました。 大腸に14個ものポリープができた男性利用者。 内視鏡による大腸ポリープの切除術を受けたのです。 幸い、結果は良性。 後は、術後の定期受診だけです。ところで病院への付き添いは、あまりやりたくありません。 こ [続きを読む]
  • 高齢者の働き方に思う
  • ゴールデンウィークは後半へ突入。札幌市内はノンビリとした雰囲気です。私も遊びに行きたいところですが、金欠気味。今回は、図書館にて、やり残したケアマネジャーの仕事の記録整理を行っています。先日、新規の気マネジメントの依頼がありました。89歳の女性。要介護1の認定を受けたとか。いつものように書類を抱えての訪問です。介護サービスの調整は、現在の身体状態や経済状態に応じてサービスを調整します。連絡先となる家 [続きを読む]
  • ビールからウイスキーへ
  • 大のビール党この30年、週末のビールを欠かしませんでした。本当は平日も飲みたいのが本音。けれど体質的にだるくなり、日中の仕事の集中力が落ちます。ということで週末のみのビール。中5日の間隔で肝臓は絶好調。当然350mlの缶が1本では収まらず、2本が3本になります。居酒屋での生ビールは、4〜5杯は行けるでしょうか?ビールを飲むと食欲も増します。食後の柿ピーも欠かせません。「すごいお腹ですね」とは、職場の女性ケア [続きを読む]
  • 特別養護老人ホーム 入所前の家族の葛藤
  • 大型連休の直前、一本の電話が来ました。「母は間もなく99歳。一緒に暮らしてきたけれど、介護・介助につかれました」「できれば施設入所をお願いしたい」「でも罪悪感もあります。他の家族はどうなんでしょうか?」認知症の母を持つ次女からの相談です。自分も60代後半で体力は低下傾向。足腰に痛みがあり、鎮痛剤を服用しての介護生活です。これ以上の介護は難しく、母親を施設に入所させるということで調整に入りました。高齢者 [続きを読む]
  • 昭和30年代の銀座
  • 84歳になる女性の利用者さん。下肢が不自由で車イス生活です。訪問入浴を利用しており、こちらは順調。看護師さんが面白いとか。2月から3月にかけて多忙の日が続きました。訪問するもチラッと顔を見るだけの日が続きます。昨年もこんな感じ。毎年この時期は、道路状態が悪く思うように車も進まないのです。久しぶりに膝を交えての談笑です。ところでこの女性利用者さん。生まれは新潟県。幼少の頃、東京に移ったとか。戦時中は疎 [続きを読む]
  • HbA1c(ヘモグロビンA1c)と血糖値
  • 50歳にもなると血液検査では異常値が出てきます。私の場合は、HbA1c(ヘモグロビンA1c)と血糖値。どちらも糖尿病に関する数字です。母が他の家系が糖尿病。自然と血液検査は気になります。血糖値についてはイメージしやすいかと思います。これは、血液中にぶどう糖がどれくらいあるか(濃度)を示します。通常、空腹時は血液1デシリットルあたり80〜110ミリグラム程度。これより低ければ低血糖、高ければ高血糖。正確ではありま [続きを読む]
  • 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」
  • 2020年の第59作NHK大河ドラマの概要が発表されました。タイトルは「麒麟がくる」明智光秀の半生を描いたものです。主演は、「八重の桜」で川崎尚之助を演じた長谷川博己。と言われても、最近はニュースと野球以外はほとんどテレビを見ないので分かりません。八重の桜も途中で興味がなくなり見たり見なかったり。この時は、礼儀正しい書生が綾瀬はるかが演ずる八重と結婚したような記憶があります。さっそく八重の桜をレンタルしな [続きを読む]
  • 大腸レントゲン検査
  • 4月10日、近所の病院にて、大腸レントゲン検査を受けてきました。 「念のため、検査しておいた方が良いでしょう」とは先日の受診での医師。 昨日は、朝から「検査食」を摂取。 夜に下剤を服用。 朝方に全てを排泄し、病院にて検査を受けてきたのです。検査技師さんには頭が下がります。 私と同じくらいの年齢でしょうか? 看護師さんも2人でタッグを組みながら、検査技師さんをサポートします。 お世話になりました。すきっ腹で検 [続きを読む]
  • プランター野菜
  • 毎年、プランター野菜に挑戦しています。 室内で育てるのですが、日差しが少ないのが難点。みなさん同じでしょうが、どう工夫されているのでしょうか?栽培が簡単な野菜は、ダイコン。 特に葉ダイコンは、生育が早く作りやすい。 ピリッとした辛さは酒の肴にピッタリです。この時期、北海道では、季節外れの雪が降ったりします。本州で言うと、まだ冬の時期。東京の桜が羨ましい。本格的な春が待ち遠しいものです。 栽培開始数年 [続きを読む]
  • 早春の西岡公園
  • 西岡公園は札幌市の郊外にあります。 元は旧日本陸軍の取水場。 ここから札幌中心部まで水路を引いていたそうです。 その名残が「水源地通り」早春の森は、一瞬で過ぎ去っていきます。油断していると、春の美しい風景を逃してしまいます。 早春の水源地通りに行って来ました。 西岡公園4月8日の日曜日の西岡公園です。 誰もいないと思いきや、結構車が集まっています。 よく見ると、皆、大型の望遠レンズ付きのカメラを持っていま [続きを読む]
  • 血圧計の購入
  • 4月8日の日曜日 昨日は、季節外れの雪だったようです。 起きてみると、窓の外が真っ白でした。4月の雪 北海道では珍しいことではありません。 でも、数日前は九州でも積雪があったようです。 これにはビックリです。4月に入り、最初の週が過ぎました。 ケアマネジャーの事務所には、新しい顔ぶれが並んでいます。 さすがに、”新卒”とは行きませんが、それでも緊張した表情。 新しい年度の始まりです。 血圧計の購入以前から欲し [続きを読む]
  • 故郷は利尻島
  • 道北に故郷を持つ看護師が送ってくれました。 娘さんの春休みを待って帰省したとか。 3月29日の利尻島です。 私の出身を覚えてくれていたようです。午後3時位の撮影でしょうか?。 早春の利尻島と海。 北の孤島が最も美しく見える時期です。 荒涼とした海から春の潮騒が聞こえてくるよう。通常、海や山の写真はそのままインターネットに載せても上手くは映りません。 ということでブルーのフィルターで修正をかけてみたのですが [続きを読む]