浮田 さん プロフィール

  •  
浮田さん: 松戸デリヘル浮田おやじの七転び八転び
ハンドル名浮田 さん
ブログタイトル松戸デリヘル浮田おやじの七転び八転び
ブログURLhttp://ukita358.com/
サイト紹介文松戸風俗デリヘルおもてなし処浮田、おやじ日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 147日(平均8.1回/週) - 参加 2017/09/18 17:08

浮田 さんのブログ記事

  • 感じる
  • すべてのものが感謝の対象であるにもかかわらず、当たり前になりすぎて感謝を忘れ、私たちは幸せを感じなくなっているのかもしれません。 それどころか、幸せになるためには『あれもほしい、これが足りない』と言って、ずーっと何かを求 … "感じる" の続きを読む [続きを読む]
  • 浮かばれる
  • 朝起きたら自分が死んでいたという状況のときの対処法があるそうです。 本人は自覚がないので動こうとしますが、だいたい二メートル四方から出ることができないそうです。 これは、自分の体が地面に縛られている状態で、地縛霊といいま … "浮かばれる" の続きを読む [続きを読む]
  • 人に甘えて
  • 甘えることはコミュニケーションの最初の一歩です。そして、甘えさせてもらえたら、自分のほうは心から『ありがとう』を言う。このコミュニケーションが人間関係の出発点かもしれません。 甘える人は人にも甘えさせることができます。甘 … "人に甘えて" の続きを読む [続きを読む]
  • 幸せ
  • 『誰かいるから幸せ』『何かあるから幸せ』は本当の幸せではありません。 幸せというのは自分の心が決めること。 人や物が、あるなしにかかわらず、自分の心しだいで、感じることができるもの。 人や物に頼らずに、今与えられた環境の … "幸せ" の続きを読む [続きを読む]
  • まあ、いいか
  • 世の中のことは全部白か黒に分けられるものばかりではありません。 グレーゾーンというのもあって、グレーゾーンが広いほうが楽しく生きられるものです。 グレーゾーンが狭い人は、心の幅が狭いから自分を追い込んでしまったりしてしま … "まあ、いいか" の続きを読む [続きを読む]
  • なになにだから
  • 人生はお芝居のようなものです。自分は自分の人生の主役。 『自分が主役なんだ』と思ったときに、自分のまわりにある、いろんなものを使えばいい。 たとえば、足が遅かったら、車なんかに乗ればいい。車に乗れば自分が走るより速く走れ … "なになにだから" の続きを読む [続きを読む]
  • 七十八点
  • この世の出来事は、すべて改善されながら進んでいきます。 何かが欠けている、どこか上手くいかないから、改善しようとするし、改善ができる。 人間がすることは、すべて七十八点が最高なのです。それなのに、百点をとろうとするから、 … "七十八点" の続きを読む [続きを読む]
  • 言葉が先
  • 会う人会う人を嫌な気分にさせるのか、気分よくするかで人生は変わってしまいます。 たとえば、そば屋さんに行ったら、えらそうな顔をする人がいますけど、それが違う。 お水をもってきてもらったら『ありがとう』 おそばをもってきて … "言葉が先" の続きを読む [続きを読む]
  • ゴキブリ
  • 親がゴキブリじゃなかっただけ、ありがたい。もし、親がゴキブリだったら自分もゴキブリだった。 今ごろスリッパでたたかれるか、殺虫剤でも吹き付けられるとこでした。親がゴキブリじゃなかっただけ、ありがたいものです。 それから、 … "ゴキブリ" の続きを読む [続きを読む]
  • デコレーション
  • 親が嫌いな人は、自分が不幸なんです。 親の問題じゃありません。 何でもいいから自分が幸せになっちゃうと、人間というのは『生んでもらってありがたかった』っていう気になってくるものです。 だから親の嫌いな思い出なんか忘れて、 … "デコレーション" の続きを読む [続きを読む]
  • まずは自分
  • 人間、この世に生まれた以上、最低でも一人、幸せにしなきゃいけない人がいます。 それは誰かというと『自分』です。 もちろん、自分の心が明るく楽しく、幸せでいられるようになったら、その幸せのなり方を人に教えればいい。 『人に … "まずは自分" の続きを読む [続きを読む]
  • そのままの姿で完璧
  • ミカンは果物です。 デザートに向いていますが、主食にはなりません。 そんなミカンに『おまえ、主食になれ』といったところで、ミカンは主食になることはできません。 ミカンは『自分に欠陥があるのか』と悩むだけです。 ミカンはミ … "そのままの姿で完璧" の続きを読む [続きを読む]
  • 子育ての本質は育てないこと
  • 小中学生の子供が事件を起こしたりすると『子供ともっと向き合ったほうがいい』という人がいます。私はちょっと違った意見を持っています。 子供とは向き合わないことです。なぜなら子供は親の背中を見て育つからです。向き合うことはあ … "子育ての本質は育てないこと" の続きを読む [続きを読む]
  • 過去形で『私は運がよかった』と言ったとします。すると、その人は運がよかった人になります。 過去形で『私は運が悪かった』と言ったとすると、その瞬間にその人は運が悪かった人になります。 同じように、仮に現在形で『私は運がいい … "運" の続きを読む [続きを読む]
  • でも
  • 『自分のことが嫌いだ』『自分のことを責めてしまう』とうい人がいます。このような人は、日常会話の中で『でも』や『だって』という、否定的な言葉を言っていることが多いようです。 また、自分がされてイヤなことをしていると、自分を … "でも" の続きを読む [続きを読む]
  • ナガタ
  • 私たちは我慢するために生まれてきたのではありません。 修行をするために生まれてきたのでも、努力したり、頑張るために生まれてきたのでもありません。 私たちはなぜ、肉体を持って生を授かったかというと『楽しむため』です。そして … "ナガタ" の続きを読む [続きを読む]
  • いい加減に生きる
  • 新年を迎え『今年はやるぞ』などと誓いを立てた人が多いかと思われます。英国の民間団体は、『無理な誓いは立てないで』と呼びかけているそうです。達成できずに精神的に落ち込んでしまうことが心配されるからといいます。 その民間団体 … "いい加減に生きる" の続きを読む [続きを読む]
  • ホトトギス
  • 『鳴かぬなら殺してしまえホトトギス』織田信長 『鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス』豊臣秀吉 『鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス』徳川家康 『鳴かぬなら鳴かなくていいよホトト … "ホトトギス" の続きを読む [続きを読む]
  • 子供
  • 子供が未熟なのは当たり前です。 未熟だから子供であり、完成度の高い子供などいません。 子供の未熟な部分をいくつも見つけて、感情的に怒るということは、逆にいえば怒った分だけ未熟な親がいた、ということになります。 子供が未熟 … "子供" の続きを読む [続きを読む]
  • 神を動かす
  • 神様を動かすには、お願いごとをしてもダメなんだそうです。 『自分の人生が思いどおりにいかず、辛いので何とかして下さい』と言っても、神様は聞いてくれません。 面白がること、楽しむこと、幸せに過ごすことこそが、神様を動かすた … "神を動かす" の続きを読む [続きを読む]
  • 伝染
  • 人に伝染しやすいものが、三つあります。 あくび 不機嫌 笑顔 否定的で楽しくない言葉は、伝染してまわりの人も辛くて不愉快な気分にさせます。誰がいちばん損をするかというと、自分です。 不機嫌な人のまわりからは、明るい人から … "伝染" の続きを読む [続きを読む]
  • 修行
  • 心正しく、多くの人に好かれるような人でも、五十パーセントの称賛と、五十パーセントの批判を受けるようになっているのだそうです。 ほとんどの場合は、称賛する人と批判する人数は半々ですが、時には称賛してくれる人九十九人に対して … "修行" の続きを読む [続きを読む]
  • 自分探し
  • 自分を探して三十年、どうしたら本当の自分が見つかるのでしょうか。 その答えは 今のあなたが本当の自分。 今は主婦やOLをしているけど、本当はもっとすごいことができるんじゃないか。違う自分がいるんじゃないかと思っているため … "自分探し" の続きを読む [続きを読む]
  • 一刹那
  • お釈迦様は、人間の一生とは『一刹那の長さだけ』と言ったそうです。一刹那、つまりこの一瞬が人生の長さということです。 過去の行動を悔やんだり、また将来はこうなりたいと願うことではなく、今を大事にすること。 今この一瞬に心を … "一刹那" の続きを読む [続きを読む]
  • お天道様
  • 『お天道様が見ているよ。悪いことしちゃダメだよ。必ず見ててくれるよ』子供の頃、おじいちゃんやおばあちゃん、両親からこんな風に教えられた人も多いのではないでしょうか。 お天道様でなくてもいいから、自分なりの神様をなにかしら … "お天道様" の続きを読む [続きを読む]