音楽療法学びなおし修了生の会 さん プロフィール

  •  
音楽療法学びなおし修了生の会さん: 音楽療法寺子屋〜エゾリス
ハンドル名音楽療法学びなおし修了生の会 さん
ブログタイトル音楽療法寺子屋〜エゾリス
ブログURLhttp://manabinaoshimt.blog.fc2.com/
サイト紹介文北海道で音楽療法を行なっている療法士たちのブログです。
自由文音楽療法士についてさらに学びを深めるために行われた、 4年間にわたる北海道医療大学主催の「音楽療法学びなおしコース」の修了生で結成した会です。コース終了後も、定期的な勉強会のほか、公開講座などを行っています。このブログでは、メンバーが順番に音楽療法に関する様々な情報、公開講座のお知らせ、私たちの活動の様子などを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 337日(平均0.9回/週) - 参加 2017/09/18 17:43

音楽療法学びなおし修了生の会 さんのブログ記事

  • 療法プログラムで参加者たちが創る喜びを感じるとき
  • 皆さま、こんにちは。今年の夏はお天気が本当に思い通りになってくれないなぁと思います。出かけようと思うと雨がこんなに降ってしまうし・・・皆さまはいかがでしょうか。今日は、私の日頃行っている音楽療法のセッションのお話をさせていただきますね。「精神科デイケア」での音楽プログラムについてです。よく「どのようなことしているのですか?」「みんなで音楽聴いているのですか」「みんなで歌を歌っているのですか?」と聞 [続きを読む]
  • 定期勉強会in美唄
  • 夏らしい太陽が降り注ぐ中、アルテピアッツァ美唄で毎年恒例の定期勉強会を行いました。今年は、公開講座で来日中のStuart先生による特別な勉強会で、多くのメンバーが参加しました。今回は「反応の少ないクライエントと音楽で『出会う』『同期する』には?」をテーマに学びました。いつもクリエイティブなワークショップをしてくださるStuart先生。勉強会の途中で私たちを外へと連れ出します...アルテピアッツァ美唄は自然豊かな [続きを読む]
  • 今年のPMF〜五嶋みどり半端ないって!
  • 7月の札幌は、PMF(パシフィックミュージックフェスティバル)の季節!創始者のバーンスタイン生誕100年の年、ということも有り、教授たちの熱演がいつにも増して感じられる素晴らしいコンサートばかりでした。 私が行ったのは①PMFベルリン演奏会(木管五重奏、金管アンサンブル、+ピアノ、ティンパニ)②PMFアメリカ演奏会(木管八重奏、弦楽四重奏、フルート・ヴィオラ・ピアノ三重奏、ティンパニ二重奏)③PMFオーケストラ演 [続きを読む]
  • 7月29日に公開講座を開催します!
  • 蝦夷梅雨が明け、夏本番の北海道です。以前にお知らせした公開講座開催まで、あと約1週間。準備が着々と進行中です!前回の記事を読んでいない方(または忘れてしまった方??)のために、再度お知らせです。今回は「音楽療法って何?〜音楽の新たな可能性」と題して、イギリスの音楽療法士スチュアート・ウッド先生による講義とワークショップです。ウッド先生はノードフ・ロビンズ音楽療法を学び、コミュニティ音楽療法などの実践 [続きを読む]
  • 心と体をリフレッシュ!
  • 天気の安定しない日が続き、そろそろ日頃の疲れが出てきている頃でしょうか?そんな時のために、私の仕事場がある当別町で心や体を癒すお勧めスポットのご紹介です。まずは北海道医療大学裏の「わたなべ山」です。遊歩道に入れば、多彩な薬草を目で楽しむだけでなく、野鳥たちのさえずりや爽やかな風が素敵な音楽となって聞こえてきます。散策を楽しみながら「わたなべ山」頂上でお弁当を広げれば、食欲湧くこと間違いなし!遊歩道 [続きを読む]
  • 音楽を使った意識障害評価「MATADOC」
  • このブログがスタートしてから、丸一年が経過しました!読んでくださっている皆様に感謝感謝です。(気に入った記事には、記事の最後の「拍手」マークを是非 してくださいね〜♪)今後もメンバーそれぞれの個性あふれる記事をアップしていきます。どうぞお楽しみに‼?さて先日、音楽を使った意識障害評価「MATADOC」を勉強してきました。この評価スケールは、イギリスのロンドンにある病院、Royal Hospital for Neuro-disabi [続きを読む]
  • 演奏会のお知らせ
  • 演奏会のお知らせです。7月7日(土) 16:00からユニバーサル カフェ minnaにてピアノトリオの演奏があります。ワンドリンク・ワンプレート付きで1800円(収益の一部はALS支援のためにあてさせていただきます。)お問い合わせはチラシをご覧ください。※お席に限りがございますので、ご予約を承ります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • このごろ思うこと②
  • こんにちは!6月の札幌はヨサコイソーラン祭り、北海道神宮祭とにぎやかなイベントが続きます。例年、緑がいっぱいの爽やかな季節ですが、今年はどうしたものか、真夏のような暑さかと思えば急に肌寒くなったりして、体調管理が大変。 さて、私は札幌の老健他の高齢者施設で音楽療法を行っております。始めた頃は昔の歌もよく知らずに無我夢中、気付いたらセッション終了時間。参加者から「また同じ事やりおって」と言われ、ズーン [続きを読む]
  • 一定の時間、同じ空間で音楽を
  • こんにちは札幌は春を告げるライラック祭りが大通公園で開催中です。白・ピンク・青・紫の花がみごとに咲き誇り、すてきな香りを漂わせ、行きかう人々を幸せな気分にしてくれています。これから1つの現場の話を少しさせていただきますね。支援施設で最重度知的障がい者へ、支援員のサポートを得ながら協働で音楽療法をしています。クライアント(以下Cl)さんは言語によるコミュニケーションは難しく、てんかんや様々な障がいが合 [続きを読む]
  • 風薫る、音楽も薫る5月
  • こんにちは。札幌も徐々に若葉の緑。最近出かけたコンサートの幾つかを思うままに。♪5月6日(日) 肌寒い五月雨の昼下がり。ご近所のしだれ桜に目を奪われた、奥井ギャラリー「紡ぎあう 三色の音で織なす調べ」コンサート。若いエネルギーがその瞬間静止している絵画、彫刻の展示会場でヴィオラ、クラリネット、ピアノの旋律が心地よく響き合い流れ、動いて行く。イギリスの女流作曲家R.クラークの「プレリュード アレグロとパス [続きを読む]
  • ♪ロバとわたし?♪
  • 東京の立川市近郊、多摩モノレールに乗り玉川上水駅を降りたところから、ロバの音楽への道は始まります。木漏れ日を浴び川のせせらぎを聴きながら、玉川上水沿いの遊歩道をしばらく歩いて行くと閑静な住宅街の中に突然、不思議な建物が飛びこんで来るのです。そこがロバハウスで童話に出てくるような茶色のキノコのような建物です。小さな階段がある入り口を通って中に入ると、さらに私たちを不思議な世界に招き入れてくれるのです [続きを読む]
  • 北海道150年記念 150人のチェロ・コンサートin 札幌
  • 桜が満開となり、北海道もいよいよ春本番ですね。メンバーからコンサートのお知らせです。北海道150年記念 150人のチェロ・コンサートin 札幌2018年6月24日(日) 14時開演 キタラ大ホール全席自由 2000円詳細は http://1000cello.vc をご覧ください。以前、約10名のコントラバスコンサートに行き、低音の響きのうねりに感動しました。今回は150人のチェロ!迫力あるサウンドが楽しみです!(記事担当:ブログ管理人)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 御本人の声
  • こんにちは、私たちの所にも待ちに待った春がやってきました!梅や桜やお花が一斉に咲く色彩豊かな春はもう少し先ですが、ふきのとうはすっかり伸び、クロッカスが咲いています。そして、春の訪れとともにTVニュースから流れてきたのは「オオタニサ〜ン」と言うメジャーリーグのアナウンス。なんだか「クスッ」としながらもその抑揚に癒されてしまいました。ファイターズの選手時代、大谷選手が立つマウンドは地続きで身近な人でし [続きを読む]
  • 第6回ミュージックムーブメントin 札幌
  • 札幌も少しずつ春の気配ですね。メンバーからイベントのお知らせです。このイベントは、身体と心の健康を大切に考え、疾患や障がいのあるなしにかかわらず、ジャンルを問わない"音楽"を通じた表現の場を提供すると共に、人と人が共に楽しみ、つながりを感じあう豊かな地域社会を育むことを目指すものです。2018年4月13日(金) 札幌市時計台ホールにて開演 19:00入場無料 皆さんのお越しをお待ちしております!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 二足の草鞋〜その2
  • 日本音楽療法学会前理事長日野原重明氏も「音楽療法士は常に芸術的刺激を浴びながら生活を…」と仰っていらしたが、私もやはり二足ならず何足かの草鞋をはいて過ごす結果になっている。札幌から約1時間半ほどの町から「クラシック音楽に触れたことのない人たちに是非聴かせたい。綺麗な衣装と歌で目にも耳にも楽しいコンサートを」との依頼を受け、私達、(ドイツ連邦共和国認定の終身教授に師事している)声楽研究グループは出前 [続きを読む]
  • 二足の草鞋(わらじ)
  • 先日、ある友人に「あなた、いくつの草鞋(わらじ)はいているの?」と言われました。この人は音楽療法とは全く関係のないピアノの先生ですが、毎日バタバタとしている私を見て、そう聞いてきたのだと思います。さて、「二足の草鞋(わらじ)」という言葉がありますが、故事ことわざ辞典によりますと、「一人の人間が二足の草鞋を同時に履くことはできないことから、同じひとが普通は両立しないような仕事を一人ですることをいう。江 [続きを読む]
  • セッションでの遊び
  • こんにちは!2月3日は節分ということでセッションでも豆まき。私は大人、子どもに関わらずセッションでは音楽や音を使った遊びを多く取り入れていますが、以前は音楽療法、プレイセラピー、レクリエーション、この狭間でよく悩みました。けれど2016年に認定心理士の資格を取得してからはすっかり迷いも消え、努力はしても背伸びはせず、今は音楽そのものをする活動と音楽の要素を使ったプレイセラピー二本柱が自分流のセッションだ [続きを読む]
  • 医療・介護・福祉者のためのケア・カフェ 北ひろしま
  • 皆さん、こんんちは。ブログ管理人です。メンバーからのイベントのお知らせです。このケア・カフェは北海道旭川医科大学緩和ケア、阿部泰之医師が「ケアに関わる様々な人が語り合う場」として2012年に旭川で誕生しました。“介護も福祉も法律も教育もコンビニやレストランだってそうだし、クリーニング店だってある人の人生に関わってケアをしている人です。こうした「ケア」に関わる多くの人が集まって話し合えたらどんなに楽しく [続きを読む]
  • このごろ思うこと
  • 音楽療法士は、音楽療法を受ける方に、何を提供できて、その方を、如何に支えていくことができるかを、いつも考えています。しかし、とかく自身のことは、後回しになりがちです。でも、音楽療法士は、たいていは声楽や楽器の勉強を長年続けている人が多いので、結構身体は自然と鍛えられていて、体力には多少自身があったりします。それでも、音楽療法士も人並みに、知らないうちに年が重なっていき、あら.....そろそろ自分の体の [続きを読む]
  • 音楽療法をはじめて
  • 足掛け10年、音楽療法に出会いましたのは、相談員さんからでした。初めは子供達にどうか?と。学生時代、合唱部、吹奏学部に所属していた音楽好きです。自分に出来ないだろうか?勉強を始めました。思っていたより、医学的な症例など、幅広く学ばなくてはいけない。必死でした。しかし、やはりクライアントさんの前での実践が一番難しく、会話やコミュニケーション能力が足りず場数を踏み、形が出来てきました。下手くそな楽器演奏 [続きを読む]
  • 定期勉強会1月
  • 今年初めての定期勉強会を行いました。今回は前回に引き続き、様々な評価スケールの紹介と実践発表です。これまでたくさんの評価スケールを学んできた私たち。今後はそれぞれの臨床や発表で、少しでも学んだことを活かしていけたら、と思います。さらに今年は私たちの勉強会から音楽療法に興味のある皆さんへ、ブログを通して色々と発信していく予定です。どうぞ今年もよろしくお願いします♪(記事担当:ブログ管理人)にほんブログ [続きを読む]