kameraman さん プロフィール

  •  
kameramanさん: 中年男のセックスとは
ハンドル名kameraman さん
ブログタイトル中年男のセックスとは
ブログURLhttp://yutarou.blog.jp/
サイト紹介文中年になっても人肌恋しくてひょんなきっかけで妻以外の女性と肌を合わせる事がありました
自由文幾つになっても女性の肌は恋しいものです。セックスは勿論ですが、肌と肌を合わせるだけでも幸福な気持ちを味わえることを知りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 13日(平均16.7回/週) - 参加 2017/09/20 22:38

kameraman さんのブログ記事

  • 製造所の奥さん-11
  • 「ほら!見てごらん、凄いよ」濡れたシーツをみると「え?これ私が?ごめんなさい」泣きそうな顔になり顔を胸にうずめてきた「大丈夫だよ、女性は時々あるみたいだよ、僕は初めての経験だけど」「おしっこ漏らしたの?」指先に濡れたものをつけて匂いを嗅ぐ仕草をしてみせる... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-10
  • まんぐり返しでズンズン突くとベッドのバネが彼女を押し返しいいリズムでパンパンと音を立てて返って来るその間声も大きい「あ〜ん!あ〜ん!」暫くまんぐり返しをしたがあまりの締め付けに思わず抜いてしまった「はぁはぁ・・・おかしくなる・・・だめ」「止める?」「いや... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-9
  • 膝を突いて座る前に屈んで固くなった物を恐る恐る触る唾液を物にたらして指先で撫でる「ほら咥えて!」「あっ、はい!」ぱくっと咥えて舌でクルクル肉棒を舐めるがあまり上手ではない「あんまりこういう事しないの?」「どうしていいのか?」「歯を立てないで吸い込みながら... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-8
  • 乳首を口に含み舌の先でコロコロ転がす「あん」息が荒くなって声も段々とおおきくなる口に含む乳首の大きさが丁度いい良い乳首だ口をすぼめすぽっ!すぽっ!と繰り返すすると余計に声が大きく反応する「いい!あ〜あん」「こんな事してもらってる?」「イヤイヤ、恥ずかしい... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-7
  • パンティーを横にずらしたらソコを後ろから舐めたバラの香がする味もあまりしないそこにバラの香水を掛けてきたのだろう「僕の為に香水を付けてくれたんだね」「はい・・・」ぴちゃぴちゃとわざと音を立てて舐める「あ・・・あっ」膝がガクガクしている「よほど興奮してるね... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-6
  • 彼女から甘い香水の匂いが香るドア付近で乱暴にキスを重ねるいけない事をしている二人の興奮はただならぬものだったそれから手を引いてベッドに腰を掛けた彼女の肩を抱いてキスをする「私、本当はエッチな女なんです・・・でも」「若いあなたのエッチなんて、この私のほうが... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-5
  • とうとう水曜日がきた街の中心部で行われてると言う簿記講習会から近い地下駐車場に車を入れる停めている駐車枠の番号をメールで告げて待つことにした暫くするとハイヒールの音が車に向かってくる奥さんだった黒いスーツにタイトなスカート自分好みの固めのファッション黒い... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-4
  • 夕べの由紀子さんとのセックスがあまりに良すぎて引きずってしまい今日は仕事が手に付かなかった「あ〜今日は製造所の奥さんの相談に乗る日だったな」少し気が重かった仕事を終わってレストランに向かった少し早めに着いた入り口は別の隠し口から入店して個室にそのまま入る... [続きを読む]
  • カメラの出会い-17
  • 引くことはせず、その塊に肉棒の先を押し付けるともの凄い快感が沸き起こる「もういきそうだよ」目を閉じたままうんうんと頷く彼女「そろそろいきそうだよ、何処に出す、お腹の上に出してもいい?」彼女は首を左右に振りイヤイヤしている私は差し込んだまま体を起こし彼女の... [続きを読む]
  • カメラの出会い-16
  • どれくらい時間が経ったのだろう長いようで短い時間抱き合っていた汗で肌が滑るほど激しいセックスだった彼女の中に入れている肉棒の先が肉の塊を捉えていた「由紀子さん、ここが気持ちいい・・・」絶頂感がソコまで来ているにほんブログ村 [続きを読む]
  • カメラの出会い-15
  • 果てる前に抜き取り、急いで抱き上げベッドに倒れ込んだ彼女をベッドに乗せて69の形で股に顔をうずめた「あ!なに?あ!きゃ〜恥ずかしいそんな・・・恥ずかしい」「えっ?さっきまであんなに淫乱に振る舞っていたのに69は恥ずかしいのか?」「嫌々」「ほら、僕のを咥えて」... [続きを読む]
  • カメラの出会い-14
  • 「今度は私の番ね」彼女が私の脚を上げると同じように浴槽の縁に掛けさせたお尻に手を添えて物がお湯の上に出るようにぐっと押し上げる片方の手は指先で肛門をぐりぐりと刺激する何処でこんな技を覚えて来たのだろう?上品な顔立ちから想像も出来ない風俗に居たような風情で... [続きを読む]
  • カメラの出会い-13
  • ボディーソープでお互いの体を手で流して肌の感触を楽しむ女の人の肌ってなんでこんなに気持ちいいのだろう?特におなかの辺りを撫でるとフワフワした感じだそれなりに数人経験したがどの人もお腹のへその下を撫でると気持ちがいい泡を落として浴槽に浸かる酔った勢いで彼女... [続きを読む]
  • カメラの出会い-12
  • 部屋に入ると静かに抱き合ったこないだのように激しさは無く落ち着いた大人の抱擁で優しくしかし互いに離れがたく暫くそのまま温もりを感じるように抱いていた「お風呂を入れましょうか?」彼女から切り出してきた「ああ、一緒に入ろうか」この手のホテルに入ったのは何年ぶ... [続きを読む]
  • カメラの出会い-11
  • 一時間くらいBarに滞在した「そろそろ出ようか」彼女はコクリと頷いたなにも酒を呑むのが一番の目的では無い事くらい彼女も承知だ暫く歩くとその類のHOTELの看板が見えるためらいも無くすっと入ったしかし先客がいて順番待ちの若いカップルが座っているどうしようか... [続きを読む]
  • カメラの出会い-10
  • けたたましく色々な出来事があって忙しい週だった由紀子さんに連絡を入れてみた<明日の金曜日空いてますか?良かったら案内したいお店があるのですが?><やった〜連絡をまっていました。私は喜んで伺いますよ>金曜日の夕方に由紀子さんと呑みに行くことにしたそのまま行... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-3
  • 「すみません、ご迷惑をお掛けしました」「社長はお戻りになられましたか?」「はい小さくなってますよ」「あまり追い込まないようにしてあげてくださいね男は追い込まれると帰らないか、殻に閉じこもって面倒ですからね」「山田さんもそうなんですか?」「えっ?」「山田さ... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-2
  • 「社長とにかく一度ご自宅に帰ってください」「帰れないよ〜一緒に行ってくれない?」「何言ってるんですか」すぐに社長と会って話をした先代からの付き合いがある会社なので丁寧に対応するが普通だったら関わりたくない案件だよねこの人は以前からこんな事を繰り返している... [続きを読む]
  • 製造所の奥さん-1
  • いつもの営業先訪問すると社長が不在との事仕方なく帰る事にした車に乗ろうとしたら「山田さん!」「あっお世話になってます。社長がご不在のようで」「すみません、ご迷惑かけてお時間ありますか?」「はい大丈夫ですよ」社長の奥様に呼び止められてお宅に伺った「実は・・... [続きを読む]
  • カメラの出会い-09
  • 彼女の家から離れた場所で待ち合わせした近所の目を気にして少し離れた本屋で待ってるよう告げた時間はAM6:00流石にこの時間は人通りもなく人目は気にならない車に乗り込むと彼女が「なんだかドキドキする!」そう言って手を掴み自分の胸に押し当てた確かに心臓の鼓動が早... [続きを読む]
  • カメラの出会い-08
  • 木曜日5日経ったその間連絡はしていない彼女から連絡が来るのかな?そう思っていたが連絡がない嫌われたのかな?でもな連絡して良いのか尋ねたから、彼女の方から来ると思っていた待ちきれずこちらから連絡を入れてみた<元気ですか?今日は仕事が早く終わるのでお茶して帰り... [続きを読む]
  • カメラの出会い-07
  • 外は陽が暮れはじめていたシャツを着てる背中越しに彼女が言った「後戻りするならこれで・・・」「今更後戻りする気はないよ」「でも、悪いから」彼女が僕の妻に罪悪感を感じているのは分かったただ自分の気持ちにブレーキが利かなくなっているはい、そうですかとあっさり気... [続きを読む]
  • カメラの出会い-6
  • 事が終わり再び彼女をシャワーで洗い流した「綺麗な体・・・」「恥ずかしい、ほら貴方も」彼女も丁寧に手で洗ってくれた知り合ってからひと月なのにこうしてベッドの上で重なって求めあってる不思議だなこんな風になりたいと思っていたけれど、これほどあっさりと展開が進む... [続きを読む]
  • カメラの出会い-05
  • お互い年齢も重ねてそれなりの経験があるので始まってしまえば自然に事が運ぶだから彼女の手が股間に伸びても何のためらいもないここでおぼこのように恥ずかしがられても返ってやりにくいソコは年齢がなせる業だスカートをまさぐりソコに手を這わせると熱くなった所が湿った... [続きを読む]
  • カメラの出会い-04
  • 紅く塗られた唇を眺めていると少し半開きの艶かしく誘われているようだったためらいも無く唇を重ねると「ん・・・」と声を出すが抵抗する感じがなくそのままグイグイと重ねた「あっ・・・」息が苦しそうに吐息が漏れるそのうち彼女の舌も探るように絡んできたこうなったら止... [続きを読む]