ここのい ちひろ さん プロフィール

  •  
ここのい ちひろさん: だいさんのしょこ
ハンドル名ここのい ちひろ さん
ブログタイトルだいさんのしょこ
ブログURLhttp://kokonoi3.blog.fc2.com/
サイト紹介文マンガ、ラノベ、ゲームの感想を書いたり、日記を書いたり、何も書かなかったり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 333日(平均3.7回/週) - 参加 2017/09/20 21:07

ここのい ちひろ さんのブログ記事

  • 遊戯王OCG デュエルモンスターズ 『20th ANNIVERSARY SET』 開封
  •  はい、というわけで、何とか買ってきました。  何か、入荷が少なかったらしいですね。 予約もしていなかった僕も僕なのですが、ちょっと油断していました。 まぁ、その辺は特に言うことはありません。 買えましたので。  ひらけせさみ。 左上から、スリーブ、マハード+復刻パック、デッキケース。 そして下にプレイマットが。 というわけで、早速取り出してみてると。  ついでに、今回入っていたプレイマットにチェ [続きを読む]
  • 五等分の花嫁 第049話 「七つのさよなら⑪」 感想
  •   皆様の応援のお陰で、ここまで大きくなりました! というわけで、センターカラー。 トラブル続きだった試験期間。 五つ子たちの試験の結果発表。  一花 国:24、数:47、理:41、社:28、英:36、総合:176 二乃 国:19、数:22、理:38、社:27、英:45、総合:151 三玖 国:35、数:41、理:40、社:70、英:20、総合:206 四葉。 国:35、数:15、理:22、社:30、英:26、総合:128 五月 国:43、数:28、理 [続きを読む]
  • 『五等分の花嫁』 アニメ化
  •  正式発表ということで改めまして。 まぁ、ぶっちゃけて言えば、49話感想に組み込む予定だったのですが……。 感想が書き終わりませんでした。 現在、概略の風太郎からのメッセージら辺を書いていたりします。 余談ですが。  あと、今回はブックカバーに応募するべく、久しぶりにマガジンを購入。 ベビステの最終回以来ですね。 以前にも言いましたが、五等分の花嫁はマガポケで読んでいますので。 今回も普通にポイント [続きを読む]
  • 『五等分の花嫁』 アニメ化と聞いて
  •  って言っても、まだフラゲ情報ですが……。 とは言え、ねぎ先生のコメントで、あっ…(察し)って雰囲気はありましたが……。 とりあえず、正式発表はマガジンの発売と合わせて――ですかね。 原作ストック的に1クールの枠で間違いないでしょうね。 一番区切りがいいのは、4巻まで。 結びの伝説2000日目のアレでしょうかね。 問題はキャストをどうするか――ですが。 まぁ、流石に五つ子全員が同じってわけにはいかないでし [続きを読む]
  • 五等分の花嫁 第048話 「七つのさよなら⑩」 感想
  •  四葉の陸上部合宿参加を阻止することに成功! 期末試験開始まで、あと二日…!  ということで、家の前にたどり着くなり、土下座の四葉。「この度は、ご迷惑をおかけしまして…。 全ては私の不徳の致すところでして…。 大変申し訳なく…」 しかし、四葉のこの謝罪の口上に耳を傾ける者は誰もいない。 そんな四葉を他所に、いよいよ家出から帰ってきた二人に。「その前に、おかえり」 そう声をかける一花。  ――帰る場 [続きを読む]
  • 五等分の花嫁 第047話 「七つのさよなら⑨」 感想
  •  三玖との会話の最中、突如はさみを取り出した二乃! 一方、五月による“四葉の代わりに合宿辞退”作戦も始動――!!『一花、大変、二乃が…。早くホテルに来て。もう、だめかも…。助けて…』 三玖から電話で、そんなメッセジーを受け取った一花は、二乃が泊るホテルへ急ぐ。 一方、キャスト不在のため、四葉役をやることになった五月。 「一身上の都合により、退部を希望します」 陸上部を辞めるための口上を練習。 「違う [続きを読む]
  • D・N・ANGEL SATGE4 VOL.17 感想
  •   その眼差しで、僕を虜にしてほしい。 未来のことなんかどうでもいい。 きみに夢中になりたいよ―――。「人はみぃんな、探し物をしてる。 大切な人、大切な物。“自分”。中でも一番多いのは、夢。 きみは、自分の『夢』を探してる。自分だけの。ちがう?」 「ああ、そうだった君は―――…。 君たちは、ひとりじゃないんだね」 以前、大助の夢に現れた人物。 その人物が歌うように口ずさむ。 一方、日渡に壁ドンされ [続きを読む]
  • 遊戯王ARC-V スケール36 「絆の力!」 感想
  • (ありがとう。遊斗…、遊里…、遊吾…)  みんながいた、あの頃…。 兄弟揃っていた頃のことを、アダムの因子の影響で蘇った記憶を見た遊矢。「そして思い出したんだ。自分に何が起きたのか。その全てのできごとを」 そして柚子が見たのは、その時の記憶。「G・O・Dはオレから全てを奪った! オレはどんなことがあっても、G・O・Dを許すことはできない!」 そうEVEに宣言する遊矢。「榊遊矢。三つの魂を背負う者よ。ならば [続きを読む]
  • 五等分の花嫁 第046話 「七つのさよなら⑧」 感想
  •  “金太郎=風太郎”。 その事実を知ってから三日。 二乃の心情は――? 新たに移ったホテルの二乃の部屋にやってきた三玖。 「お茶、淹れるけど飲む?」「私の部屋なんだけど!」 早速マイペースな三玖にツッコミを入れる事になる二乃。「昨日は上杉、今日は三玖。少しは一人にさせなさいよ」「フータロー来てたんだ。二人で何してたの?」 この三玖の言葉に、嫌らしい笑みを浮かべた二乃。「えー、何ー? 気になっちゃう [続きを読む]
  • 五等分の花嫁 第045話 「七つのさよなら⑦」 感想
  •  二乃に“金太郎=風太郎”だとタレた頃、他の五つ子達の様子は――!?「終わったー!」 風太郎問題集を終え、そのまま倒れ込んだ四葉。 そんな四葉に「天才!」と拍手を送る、一花と三玖。 「えへへ…。もう、一生分勉強したかも…。 五月と二乃も今頃やってるのかな」「居場所はわかってるんだよね」「きっとすぐ戻ってくる」 そんな会話をしていると、四葉の携帯にメッセージが。「あ、もしかして…。 ついに二人から連絡 [続きを読む]
  • 五等分の花嫁 第044話 「七つのさよなら⑥」 感想
  •  再び金太郎に扮した風太郎。 二乃との因縁を払拭できるか…!? 金太郎として二乃と会うことになった風太郎。 二乃のホテルまでやってきて。(俺が、今日二乃にすべきこと…) 案は二つ。  一つは、架空の男。 金太郎を演じ切り、二乃の未練がなくなるまで付き合う。 もう一つは、全てを告白し、二乃に許してもらう。(今後のことを考えると、前者を選ぶべきだが…) と、そんなことを考える風太郎に。「ねぇ、キンタロー [続きを読む]
  • ベイビーステップ #435 「決勝戦」 感想
  •   なっちゃんは渡米のため空港。 『行ってきまーす! 空から応援してるね!!』 というメッセージと、写真が。『行ってらっしゃい! いい結果を報告できるよう、命がけで頑張ってくる!』 そうメッセージを送って、エーちゃんのいざ会場へ。 エーちゃんとクリシュナは決勝に向けて練習。 そんな様子を見ながら、大林は上位シードが早々に消える波乱の大会ながら、エーちゃんが決勝まで来た事実に感慨深げ。 そんな大林に対 [続きを読む]
  • ベイビーステップ #436 「尊敬」 感想
  •  左利き特有のサーブを意識した守備位置を取ったエーちゃん。  まずはスライス対策に重きを置いて、コート中央まで遠くなる分は急いで戻る意識を強く持つ。 当然クリシュナもがら空きのセンターを狙いたくなるが――。 それでもクリシュナの選択はワイド。 しかし、エーちゃんの予想よりも低い弾道で跳ねる。  これにはエーちゃんも反応が遅れ、返したリターンはネットに当たり大きく跳ねアウト。 しかし、アウトになった [続きを読む]
  • ベイビーステップ #437 「両輪」 感想
  •  第2ゲーム、ポイントこそできたが、武器のダウンザライン(強)を、返されてしまったエーちゃん。(クリシュナはたぶん、俺の一歩を確認して動いた。てことは反応・・・・というより対応が早い) これでは、簡単に優位は保てない。 理論的に立てた戦略を視覚、つまり感覚を優先しながら状況に応じて実行する。 エーちゃんがノートで必死にやっていることを頭だけで正確にやっていると言うこと。 そうなら早めに手を打っておいた [続きを読む]
  • ベイビーステップ #438 「一歩先」 感想
  •  クリシュナとの決勝戦、いきなりのブレイクを許してしまったエーちゃん。(ブレイクされた直後だけに取り返したい・・。リスクを負って攻めるなら・・)  自身のあるショット。 リターンからの反応勝負に持ち込もうと、リターンダッシュ。 これを視界の片隅に捉えたクリシュナ。 守備位置を下げ、遅く沈む球で、エーちゃんのボレーでの速球を封じる。  その上で、深く返して次で勝負というエーちゃんの思いを見透かしたような [続きを読む]
  • ベイビーステップ #439 「遠い距離」 感想
  • (自分の守備位置を捨てても、勝つビジョンが見えてるなら・・・・。やってみる価値はある!) 散々悩んだものの、エーちゃんは前よりの定位置を捨て、かなり後ろに下がって構える。 これは臨む展開ではないものの、クリシュナも想定内。 クリシュナのサーブはセンターへのスライス。 これも好サーブも、守備位置を下げている今のエーちゃんなら対応可能。 ただ、後ろに下がってのリターンでは、追いつかれてしまうため、これだけ [続きを読む]
  • ベイビーステップ #440 「職人」 感想
  •   ノート分析VS.地頭分析!! 理と理がぶつかり、更なる高みへ! というわけで巻頭カラーです。 守備位置を後ろに下げたことで、見えた微かで僅かな糸口。 それを頼りにクリシュナに追いすがるエーちゃん。 まずはクリシュナのサーブにも、後方の守備位置で対応。 そこから、ベースライン1.5以内を狙い、逆襲されず安定する球威で、コントロールし続ける。 その上で、ドロップは常にケアすることで、劣勢でもラリーは続く。 [続きを読む]
  • ベイビーステップ #441 「流れ」 感想
  •  第1セット0-5と絶体絶命。 それでも見えてきた光明――。(サーブは球威よりコースと入る確率の維持も重視・・・・) そしてサーブは入ったら、守備位置を下げる。 ここから先は基本リターンゲームと同様。 クリシュナにとって少しでも苦しい場所を推測。 ①逆をつく ②深く中央 ③オープンコート 今のサーブはコースが良かったので、狙うは③オープンコートがベスト。 逆襲の可能性等安全性を考慮し、1/81でスピン。 目標 [続きを読む]
  • ベイビーステップ #442 「全情報」 感想
  •  第1セットは6-1でクリシュナが取る。 落胆する大林だが、ここからだと声を大にする諭吉。  そしてそんな、会話を近くに聞いていた宮本記者は。(第1セットの最後、クリシュナ君はギアを上げつつも、丸尾君の後方からの攻撃に、どの程度リスクを負うべきか計りかねてるように見えた。 そこで、あの不運とも言えるコードボールをきっかけに、徐々に上げていたギアを一気に数段上げた・・・・。おろらく長くなると運が左右しやすく [続きを読む]
  • ベイビーステップ #443 「武器と武器」 感想
  •  第2セット、第8ゲーム。  クリシュナはエーちゃんの攻撃の起点。 ワイドへのスピンを読んで、膠着状態から一気にサーブゲームをキープ。(問題はここから・・・・。相手のサーブでも今みたいに読み切って、一撃で決めることができるか・・・・) 当然、クリシュナはリターンゲームでもそれを狙う積りだが。(最後の球だけ、とんでもなく対応が早かった。それまでの膠着状態がウソのように、いきなり球を読まれて一撃で決められた)  [続きを読む]
  • ベイビーステップ #444 「違う景色」 感想
  •  第2セットも終盤。 (守備位置を前に戻すのはリスクもあるけど・・・・。このゲームをブレイクして追いつくなら・・)(ここで武器を出してくるとは思わなかった。・・・・でも、もうそうはさせない。この距離間は第1セットで僕が有利と証明済み) この勝負所、クリシュナは左利き特有の外に逃げるコースに強いスピンサーブ。   が、それはずっと練習してきたサンチェス対策の範囲内。 ここでのエーちゃんの好リターンに、クリシュナ [続きを読む]
  • ベイビーステップ #445 「未来の想像」 感想
  •  エーちゃん有利か!? 最終セットへ! 1セットオールでスコアはタイに。 しかし、第2セットの勢いを考えればエーちゃん有利と考え、観客も予選からの優勝という声援をエーちゃんに送る。 (この守備位置でブレイクしたんだから・・・・、サーブゲームはそのまま勝負!) ということで、最終セットの頭も定位置でのプレーをするエーちゃん。(攻める時は死ぬ気で・・・・)(やっぱり前に居続ける気か・・・・) やられた以上、この展開は [続きを読む]
  • ベイビーステップ #446 「視界」 感想
  • 「丸尾――っ! ここまで来たら、予選からの優勝決めてくれ――!!」 大音声の声援に加えて、丸尾コール。 (泣いても笑っても7ポイント先に取った方が勝ち・・・・。ついにここまで来た・・・・)(マルオは勝負強い・・・・。僕は短期決戦で、今までと同じようにやってちゃいけない) タイブレイクに入り、戦術を変えようとするクリシュナ。(第2セットは目の前の危機への対応に追われて、全体的な視点を欠いた。だからここは、今からマル [続きを読む]
  • ベイビーステップ #447 「近未来」 感想
  • (手段は違えど、良く似た二人の先の読み合い・・・・。お互いに、全てを出し尽くしても、互いにもう一歩のリードが奪えない。 ここまでくると、先にマッチポイントを取った方が有利・・・・。・・・・なら、それを握るためには何が必要か?) エーちゃんとクリシュナ。 タイブレークの5-5という最重要ポイント。 これを観客席から見ていた浅野さんは、そんな感想を抱く。(あと数ポイントで勝負はつく・・・・。体力的に問題はない。ただマル [続きを読む]