Blog of 俺 by 俺 for 俺 さん プロフィール

  •  
Blog of 俺 by 俺 for 俺さん: Blog of 俺 by 俺 for 俺
ハンドル名Blog of 俺 by 俺 for 俺 さん
ブログタイトルBlog of 俺 by 俺 for 俺
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/waterboy4716
サイト紹介文俺の俺による俺のためのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2017/09/21 02:00

Blog of 俺 by 俺 for 俺 さんのブログ記事

  • 生死について考えさせられる『人魚の眠る家』
  • 終盤の篠原涼子の演技が鬼気迫る、娘への愛が詰まった映画だった。これは子持ちの人の方が感動するんじゃないかな。俺はそのフェーズに至ってないから泣かなかったけど(笑)ほぼ脳死している娘に、電気信号を人工的に与えることで体を動かして、「生きてる!」ってしてる内容だけど、これは親の娘への愛以上に、「死」について考えさせる映画だった。「脳死は死なのか」ということについては、中学生のときに議論したような気がす [続きを読む]
  • ハワイの持つ開放感がすごくよかった『ハナレイ・ベイ』
  • 原作読んでないけど、思った以上にいい映画だった。ハワイでサーフィン中にサメに襲われて亡くなった息子を、10年に渡り想い続ける母親の物語。吉田羊が毎年決まった時期にハワイに渡り、息子の残り香を噛み締めているのだけど、感情を表に出さない上に、全体的にセリフも少ないのが特徴的だった。でも、いろいろ押し殺しているんだろうなと思わせる彼女の雰囲気と、あとやっぱりハワイという場所がいいよね。青い空、白い雲、綺麗 [続きを読む]
  • ここまでつまらないのはめずらしい『ういらぶ。』
  • うわー。。。個人的に、ハイパーつまらない映画だった。。。今年見た中で圧倒的にワースト1位で、これまで見てきた映画の中でも多分ワースト5には入る。。。なぜこれが映画になるんだろうと思ったほど。とにかくキャラにまったく共感できない上に、喜怒哀楽のポイントがわからず、さらに大半のセリフが棒読み感あって、しかも変な映像エフェクトが寒い。。。純愛と呼ぶには軽すぎて、ラブコメと呼ぶには笑えるところがほぼないとい [続きを読む]
  • 最後にしてようやくゴジラっぽくなった『GODZILLA 星を喰う者』
  • アニゴジ最終章。ゴジラVSギドラの戦いあって、ようやくゴジラっぽくなってた。やっぱり怪獣同士の戦いは欲しいよね。このシリーズの1作目を見たときは、その前が『シン・ゴジラ』だったってのもあり、特撮の方と比べてしまう部分もあったけど、シリーズを通して見ると、これはこれで大いにありだなと感じた。ゴジラの出現により、地球から退却した人類が、異星人の力を借りつつ、再びゴジラに戦いを挑む話なんだけど、これまでの [続きを読む]
  • 2018年10〜12月期のドラマを半分見終わって
  • 今期のドラマも半分終わり。最近よく見る形だけど、今週から「第2章」に入るものがちょいちょいある。1クールの中で展開を大きく分けるのは、飽きがこなくていいね。1.下町ロケット(TBS)2.黄昏流星群(フジ)3.僕らは奇跡でできている(フジ)4.リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜(テレ朝)5.今日から俺は!!(日テレ)6.獣になれない私たち(日テレ)7.大恋愛〜僕を忘れる君と(TBS)8.SUITS/スーツ(フジ) [続きを読む]
  • 人の内面が爆発したような『生きてるだけで、愛。』
  • タイトル通り、人の内面が爆発しちゃったような映画だった。ニートで躁鬱病である趣里の、菅田将暉との共同生活や社会復帰を描いた作品なんだけど、趣里の体当たりな演技がすごい。頭から血流しながら街を疾走したり、突発的に癇癪を起こしたり、一糸まとわぬ姿で冬のビルの屋上にたたずんだりと、いろいろ衝撃的。ただ、それに勝るとも劣らないやべえやつなのが、菅田将暉の元カノである仲里依紗。趣里を追い出すために、彼女を半 [続きを読む]
  • 奇妙な関係性の『ソフィーの選択』
  • 「午前十時の映画祭9」にて。1982年のアメリカ映画。第二次世界大戦の終戦後の時代。作家を志す主人公(ピーター・マクニコル)が越してきたアパートで、そこに住むカップル(ケヴィン・クラインとメリル・ストリープ)との交流を描いた話。仲良しなのはいいけど、三角関係にならざるを得ない関係性がマジで奇妙。みんなで地獄に突き進むようなものだ(笑)しかもカップルの彼氏が重度のサイコパスで手がつけられない。それに怯え [続きを読む]
  • ギャップ萌えだった『ヴェノム』
  • わひょおおおお!!これメチャクチャ面白いじゃないか!!マーベル映画史上最も凶悪なヴィラン!!ヴェノム自体は2007年の『スパイダーマン3』にも出てきたけど、今回はさらにパワーアップしてた!とにかく映像がすごい!それだけで見る価値ありだわ!!ラストのバトルシーンとか映像革命ばりに、あの画だけでごはん5杯いけちゃうほど興奮した!!散々ハリウッドのハイクオリティな映像見てきたけど、あの画はマジでかっこぃぃいい [続きを読む]
  • 色恋と金は大昔から不変であると改めて思った『近松物語』
  • 「午前十時の映画祭9」にて。1954年の日本映画『近松物語』。今風に言うと、絵巻物屋の社長夫人が実家からお金の工面を頼まれ、信頼できる部長経由で相談したものの、社長がそれに取り合わず、嫌気がさして、社長夫人と部長が逃避行しながら恋に落ちるというもの。人間ドラマがしっかりしてて面白かった。原作は江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎作家の近松門左衛門。彼の作品のいくつかを合わせたものがこの映画になっているんだけど、も [続きを読む]
  • 現代のSNS社会のありようをうまく取り入れた秀逸な映画『search/サーチ』
  • な、、、なんて面白い映画なんだ。。。スリラー、サスペンス、普段好んで見るジャンルではないのにこの緊迫感、ムチャクチャ引き込まれた!!ある日娘が行方不明になり、必死に探しまくる父親の話だけど、この映画のポイントは、全編を通してほとんどの映像がパソコン画面だということ。GoogleやFacebook、ライブ配信など、あらゆるネットサービスを駆使して娘の情報を得ようとするも、そこで出てくる娘の友達は「彼女のこと、そこ [続きを読む]
  • シンプルでわかりやすいがゆえに面白い『デス・ウィッシュ』
  • 勉強になりました。足を切り、坐骨神経に直接自動車のブレーキ液をかけると、死なない中で最大の痛みになるそう(ブルース・ウィリスいわく)。映画は普通に面白かった!家族を殺された医者が、復讐のためにドンパチするという、洋画ではよくありそうな設定だけど、シンプルでわかりやすいがゆえに、誰でも楽しめそう。知らなかったけど、1974年の『狼よさらば』という映画のリメイクらしい。(ちなみにこれはジェフ・ゴールドブラ [続きを読む]
  • 「いとをかし」という言葉がピッタリな映画『日日是好日』
  • 樹木希林が出ているということで見てきた映画。(ちなみにまだ遺作ではありません)面白い面白くないというより、風流だなと。いとをかし。千利休感ハンパない。お茶だけに。うん、すごく表面的なこと言った。役者は演技を通じて、普段できないようなことを体験できるのが、たまにいいなと思うときもあるけど、茶道はかなりめん、、、覚えることが多くて慣れるまでがしんどそうだなと、奮闘している黒木華や多部未華子を見て思った [続きを読む]
  • "行動あるのみ"を明確に示した『マイ・プレシャス・リスト』
  • 松竹のこういう系の映画、好き。『マイ・インターン』のプロデューサーの作品だけど、女性の方が刺さりやすいかな。原題は主人公の名前“Carrie Pilby”なので、邦題とかなり違う。海外の映画はたまに主人公の名前をタイトルにするけど、邦画では過去の偉人でもない限り、使われないね。お話としては、IQ185あって飛び級でハーバードを卒業したものの、偏屈で引きこもりがちなヒロインが、セラピストの先生から「幸せになれるリス [続きを読む]
  • 「まあ、そうだよね」っていう感想にしかならない『億男 MILLION DOLLAR MAN』
  • 3,000万円の借金を抱えた佐藤健が宝くじで3億円当てたら、親友の高橋一生と共にお金が消えてしまい、「お金とは」について考えながら後を追う話。お金があれば何でも買えるけど、買えないものもあるよねっていうオーソドックスな結論に落ち着いた(笑)「メルカリ」を彷彿とさせるフリマアプリの成功と売却のくだりや、お金を手にした男の西麻布界隈での振る舞いがリアルで、インタビュー重ねたんだろうなと思った(笑)エンド・ク [続きを読む]
  • 映画よりお米の宣伝のWebドラマがよさそうな『食べる女』
  • 20代〜50代の8人の女性のそれぞれの事情と「食」をテーマにした映画。キャスト全員が料理人というわけでもなければ、舞台が飲食店というわけでもない。ごくありふれた一般の女性たちの色恋沙汰と、出てくる料理をひたすら食べるのみ。料理の中身は物語とは関係ない。単に作りやすいからとか、いい食材が手に入ったからとか、そんな理由で脈絡なく出てくる。沢尻エリカと広瀬アリスの、それぞれの絡みシーンがエロかった。2人とも肌 [続きを読む]
  • 今期一番笑える『今日から俺は!!』
  • クッソ笑った。福田ワールド全開。この人の作品はコミカルな言動と顔芸が本当に笑える(笑)今期のドラマの中では一番時代錯誤だね。80年代だし。原作漫画も読んだことない。ツッパリの日常を描いた学園ドラマだけど、もはやコント(笑)ドラマというより、演劇っぽさある。ムロツヨシが『大恋愛』のときと180度違う役で笑えるし、賀来賢人のあの無駄な動きも好き。本当に無駄なんだよな(笑)無駄なんだけど、イケメンがやるとウ [続きを読む]