荒谷 直樹 さん プロフィール

  •  
荒谷 直樹さん: 〜「クロスロード」〜司法書士試験への道標〜
ハンドル名荒谷 直樹 さん
ブログタイトル〜「クロスロード」〜司法書士試験への道標〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/crossroad2017/
サイト紹介文平成29年度司法書士試験合格(^_-)このブログが誰かのお役に立てればうれしいですヾ(≧▽≦)ノ
自由文この試験、不合格になると人格まで否定された気持ちになりませんか?悔しくて情けなくて、やりきれない思いをしていませんか?「兄貴」的な立場でブログを通じて司法書士受験生をサポートしていければと考えています。どうかお見知り置きをm(__)m

 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供439回 / 363日(平均8.5回/週) - 参加 2017/09/21 14:42

荒谷 直樹 さんのブログ記事

  • 〜PIECE OF MY WISH〜
  •  【本当に自分を信じるにいたった人とは、実に実に、われわれには想像も出来ぬくらい深く悩み傷つき、挫折や絶望の体験を持っていた人びとだ。 このことは、たとえばドストエフスキーやトルストイ、ゲーテやシラー、バルザックやスタンダールなど、文豪と呼ばれるほどの人びとの書いたものを見ればすぐに納得できよう。かれらが作品に描いてみせた人間的苦悩の深さは、とても凡人には耐えがたいほどだが、まさにそういう深い苦 [続きを読む]
  • 〜遠隔目標と近接目標〜
  • 子どもに「将来何になりたい?」と聞くと「サッカー選手」「アイドル」「野球選手」「社長」などと答えますが、これは10年後、20年後の未来の夢・目標を語っています。心理学用語で、これを「遠隔目標」といいます。  一方で、試験などに合格した友人などに触発されて、「自分も頑張ろう!」と、半年後、1年後を目標にして毎日努力を続ける目標もあります。これを「近接目標」といいます。  たいていの人は、目標といえば [続きを読む]
  • 〜相対評価/絶対評価〜Are you happy??
  •  司法書士試験は、相対評価です。他者と比較されて合否が判断されます。上位3%くらいに入れなければ、合格できません。  今の社会の風潮は、いくらか緩和されてきているようですが、それでも「他者と比較」されることは多いかと思います。他者だけでなく、自分から進んで自分と他者を比較する意識を持っている方も多いのではないでしょうか。一時期「勝ち組」「負け組」などという言葉が流行りましたが、そういう考えの方向性 [続きを読む]
  • 〜「疲れた人は・・・」〜良い言葉☆彡
  •  「疲れた人は、しばし路傍に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい」(イワン・ツルゲーネフ) 「これまでに激しい苦悩も味あわず、自我の大きな劣敗を経験しなかった、いわゆる打ち砕かれたことのない人間は、何の役にもたたない」(カール・ヒルティー) 受験生は孤独感、焦燥感を感じることが多いかと思います。しかし受験勉強は基本的には孤独な戦いです。ほとんどの方がそうだと思いま [続きを読む]
  • 〜立会い・決済〜実務徒然日記
  •  今日は、事務所の所長と二人で、都内某大手銀行に「決済」に行ってきました。  借り入れがなく、現金決済だったので、応接室などは借りられないだろうから、銀行のロビーの片隅でやることになるだろうなと思って行ったのですが、なんと、一番良さそうな部屋に通されました。これには、ボスとともにびっくり( 。゚Д゚。)予定時間より30分くらい早く着いたので、二人で部屋の中をウロウロ、キョロキョロ( ☆∀☆)  壁にかかってい [続きを読む]
  • 〜司法書士の品位〜
  •  司法書士法2条にも出てくる、「品位」という言葉。難しいですよね・・・・少し前の記事で、この2条が嫌いだと平然と言い放った司法書士がいると書きましたが、実務の世界に飛び込んでみると、こういう「アホ」がいっぱいいます。はい。いくら仕事ができようが、稼いでいようがアホは所詮アホです。司法書士以前に、人間として「赤点」だと思っています。見苦しい限り。こういう方は、自分の利益のことしか考えていません。損 [続きを読む]
  • 〜「自分で決めなきゃ、明日の未来は、ひらけないぜ」(^_-)-☆〜
  •  ルパンの言葉です。勉強を続けていくためには、モチベーションの維持も大切です。「なんのために司法書士になりたいのか?」、こういう動機付けみたいなものもよく大切だと言われることですが、日々の勉強漬けの生活の中に埋没すると、「なぜこんなしんどい思いをしているのだろう・・・・」と理屈ではやりきれない感覚を覚えることもあります。わたしもいろいろ動機みたいなものは持っていましたが、最後には「このままやられ [続きを読む]
  • 〜惑わされない〜勉強法編
  •  「惑わされない」。これは勉強を続けていく上でとても大切なことだと思います。本試験でも言えますね。問題の形式に惑わされない、難易度の変化に惑わされない・・・・・etc 特にこれからの時期は、見込み合格者、合格者などの「誇大妄想的な戯言」がネットを中心にして広がっていきます。「自分はこんなやり方で合格した!!このテキスト、この問題集でこんな知識や考え方を身につけた!おススメします!」みたいなやつです。 [続きを読む]
  • 〜司法書士事務所への就職・転職についてちょっと〜
  •  たいした話ではないですが・・・・・  今日、株式会社SACTの代表の塚原さんと飲みました(≡^∇^≡)SACTは弁護士・司法書士・弁理士など士業の就職・転職などをお手伝いする会社です。お困りの方がいれば、是非ご相談ください。気さくで良い方です(たぶん(o・`Д´・o)!!)業界歴も長いらしいので、オススメします( v^-゜)♪  事務所の内情などにも詳しいので、変な事務所などは紹介しないと思います。合格後、司法書士事務所へ [続きを読む]
  • 〜日常生活のルーティン化と目的意識〜
  •  毎日何時に起きて、何から勉強をはじめるか、教材は何を使うか、その勉強の目的は何か・・・・・・ わたしは、受験生時代はこういうことを常に意識して勉強しました。特に目的意識を持つことは大事だと思います。「何のために自分は今、この教材を使って、机に向かっているのか?」を意識するのです。 例えば、わたしは毎朝5時くらいに起きて、まずシャワーを浴び、体をあっためてからストレッチなどをして体を起こす、それか [続きを読む]
  • 〜余計な知識を削ぎ落とす〜
  •  これ、受験期間が長くなった受験生に少し考えてほしいことです。 雑多な知識、整理されていない知識、こういったものはいくら持っていても、本試験ではほとんど役にたちません。 逆に、「なんかこんな規定があったような・・・・」と簡単な引っかけ問題で失点したり、余計なことを考えて時間のロスにつながってしまう恐れさえあります。 今持ってる知識、それは条文知識ですか?先例知識ですか?判例知識ですか?ちゃんと根 [続きを読む]
  • 〜覚えるためには努力がいる〜出力(アウトプット関連)
  •  本や資料の中にある情報などは、あくまで「他人の脳」の中にある知識です。それを見ただけ、聞いただけで、自分の知識にできると思ってはいけません。意識的に情報を覚えようとする努力が必要です。  他人の脳の中にある知識を自分の知識とするための手っ取り早い方法は出力(アウトプット)することです。出力してはじめて、その知識が自分の脳にインプットされているか分かるのです。出力してはじめて、学習した情報が正確に [続きを読む]
  • 〜迷い、惑い、気落ちしている受験生・同期達へ〜
  •  この曲、受験生時代によく聴きましたね。わたしは、田舎で一人で勉強していて仲間も相談できる講師などもいませんでしたから、歌を聴いたり、本を読んだりして、自分で自分を励ますしかなかったので。(この頃の長渕剛はよかったですね・・・今のは・・・・誰ですか??あれは??・・・・・(;一_一) 今の時期、今年受かるであろう受験生も、そうじゃない受験生も、そして実務の世界に飛び込んだ同期達も、みんなしんどい思い [続きを読む]
  • 〜「結果よければすべてよし」は、ウソである
  • 〜「結果よければすべてよし」は、ウソである〜  いつものように本棚にある本をペラペラめくっていたら、この言葉を見つけました。何度も読んでいるはずなのに、不思議とその時々で、言葉の印象は変わります。「今の自分」に必要だったり、慰めになったり、置かれた状況で変化するようです。だからわたしはお気に入りの本は常に目に見えるところにおいていつでも開けるようにしてあります。ちょっと引用しますね。  【・・・結 [続きを読む]
  • 〜勉強時間=入力する時間+出力する時間(インプットとアウトプット)〜
  •  勉強時間とは記銘時間+想起時間であることは昨日の記事に書きました。  想起時間とは、覚えたこと(記銘したもの)を思い出すための時間です。基本的には、テキストなどを使い必要な知識を頭に入れるというのが勉強の重要なファクターであることは変わりがありませんが、この想起(思い出す・再生・アウトプット、といわれるもの)する時間を日々の学習に取り込んでいただければよいかと思います。  記銘の仕方、いわゆる「 [続きを読む]
  • 〜記憶のプロセスの確認〜
  •  記憶は、次の4つのプロセスを経てはじめて確立すると言われています。 1 記銘(頭の中に覚え込む)2 保持(覚えた内容を保存する)3 再生(保存した内容を思い出す)4 再認(再生した内容が覚えた内容と同一であると認める)  たとえば、テキストの読み込みに学習時間の大半を使っている方がいるとしましょう。使い方次第の部分もあるかと思いますが、読んで内容を理解するという作業に終始した場合、上記のうち1記 [続きを読む]
  • 〜来年に向けた学習計画を考えている方へ〜
  •  合格発表はまだ先ですが、残念ながら「来年再チャレンジ!!」と気合いを入れ直して勉強をはじめている方へ。  受験機関をご利用されてる方は、講師の方に相談すれば、的確なアドバイスを得られると思いますが、そうではない方に少し。  この時期、実現不可能な「壮大な計画」を立てがちな受験生がいるかも・・・と思い若干、感覚的なことを申し上げます。  ・「来年の司法書士試験まで時間はまだまだある!とにかくやるぞ」( [続きを読む]
  • 〜ドラえもんからのメッセージ(@^^)/~~~〜
  •  「道を選ぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ」(ドラえもん(^_-)-☆) 良い言葉だと思いました。「誰の??」と思ったらドラえもんの言葉でした。さすがですね(笑)おそらく「のび太くん」に向けた言葉でしょう。 たまたま見つけましたので、ご紹介します。司法書士試験の受験生、合格者、そして同期を含め、実務の世界に入りたての司法書士有資格者、司法書士へ向けて。 受験 [続きを読む]
  • 〜「生きていくことの意味」(゜o゜)〜
  •  「生きていくことの意味」(諸富祥彦著 PHP新書)。これ、わたしが20歳くらいの時に読んだ本です。久しぶりに手にとってペラペラめくってみました。目についた箇所があったので、少し引用してみます。当時、人生に迷い、惑い、途方に暮れながらいろんな本を読みあさりました。これは、そのうちの一冊ですね。   (以下引用)「・・・この本の中で、最も強く私の印象に残っているのは、次のシーン。収容所生活で生きる希望 [続きを読む]
  • 〜司法書士試験お疲れ様でした〜
  •  本試験から2週間が過ぎました。受験された方、本当にお疲れ様でした。結果はどうであれ、全力で戦った姿に、敬意を表したいと思います。 もうそろそろ、基準点予想なども出揃った頃ですかと思います。どんな感想をお持ちですか??結果が良かった方は、心から「おめでとうございます」と言ってあげたいですね。残念ながら、結果が芳しくなかった方には、言いたいことが山ほどありますが、まずは少し休んでほしいです。その後 [続きを読む]
  • 〜「courage」もって平成30年度司法書士試験に臨んで下さい(^_-)-☆〜
  • いよいよ来週、司法書士試験本番ですね。みなさん、これまで相当な努力をしてきたと思います。いろいろな犠牲を払い、司法書士試験に挑戦し続けた姿は「雄姿」そのものです。是非とも「栄冠」をつかんでください!!かつての自分と重なり思い出すだけで、こみ上げてくるものがあります・・・・・本を読んでいたら気になる言葉を見つけたので、役に立つか分かりませんが、ご紹介しますね♪ 〜本棚の本をペラペラめくっていたら、こ [続きを読む]
  • 〜過去を振り返らない!!〜
  •  あと平成30年度司法書士試験までちょうど2週間ですね。仕上がり具合はいかがですか??不安や後悔を抱いている方もいることと思います。「もっと勉強しておけばよかった」「別のやり方があったんじゃないか」・・・etc。こう思っている方も多いのではないでしょうか?? 大丈夫です。この試験、「万全な状態」で挑む受験生など、おそらくいないはずです。前にも書きましたが、それは実現不可能な「妄想」に近いです。自分の [続きを読む]
  • 〜司法書士試験/問題を解く際の心得(択一編)〜参考までに
  •  わたし、未来の自分に向けて、戦略ノートをつくり、メッセージを送っていました。中身ではなく、あくまで問題を解く際の注意点みたいなものです。普遍性の高そうなもので、使えそうなものを適当にピックアップします。使えそうなものがあったらパクってください(*^▽^)/★*☆♪・最初の2〜3分で問題全体を眺める→この時、組み合わせか個数か、事例問題か、マイナー論点か、などに着目し、時間がかかりそうなものは、最後に解く [続きを読む]
  • 〜「新しいドア」を開けてください(^_-)-☆〜
  •  もうじき、司法書士試験本試験日ですね。 受験生の方は、いま全力で戦っていることと思います。 いろいろたいへんだと思いますが、合格者もみんな通ってきた道です。 どうか最後まで戦い抜いてください。 今いる世界から、次のステップへ、「ドア」を開けてください。 かならず「開き」ますから。自分が思っている以上に「合格」は、すぐそばにあります。 応援しています!!自分を信じて頑張ってください!!? [続きを読む]