荒谷 直樹 さん プロフィール

  •  
荒谷 直樹さん: 〜「クロスロード」〜司法書士試験への道標〜
ハンドル名荒谷 直樹 さん
ブログタイトル〜「クロスロード」〜司法書士試験への道標〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/crossroad2017/
サイト紹介文平成29年度司法書士試験合格(^_-)このブログが誰かのお役に立てればうれしいですヾ(≧▽≦)ノ
自由文この試験、不合格になると人格まで否定された気持ちになりませんか?悔しくて情けなくて、やりきれない思いをしていませんか?「兄貴」的な立場でブログを通じて司法書士受験生をサポートしていければと考えています。どうかお見知り置きをm(__)m

 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 212日(平均13.3回/週) - 参加 2017/09/21 14:42

荒谷 直樹 さんのブログ記事

  • 〜ブログ少し休みます<m(__)m>〜
  •  少し早めの「夏休み」に入ります。不確定期限です( ゚Д゚)そのうち復帰します。休み明けには、内容・記事ともに一新し、おふざけはやめて真面目に書きます。法律関係でいくのか、他のジャンルにするのか・・・・完全に撤退するのか。そろそろ、関東の方に移り住むことになると思います。んっ??東京か東京近郊(埼玉、神奈川など)になるか・・・・それとも思い切って、九州方面、あるいは東海地区。仕事はおそらく「司法書士」 [続きを読む]
  • 〜「愛」と「愛着」について〜(??>?<?)。??
  • 〜「愛」と「愛着」について〜  最近の日本は、どうもギスギスしているように感じられる。意味不明な事件・事故が多く見受けられように思うのである。特に目につくのが、ささいなことで暴力をふるう、殺すなどの「激情」的な事件。あとはセクハラ関係のこれまた理解に苦しむ事件。ひどいのになると児童買春・売春の類の犯罪にまで手を染める者も多発。しかも、ニュースに取り上げられるのは、みな社会的地位も財産もあるであろう [続きを読む]
  • 〜「開高健」の言葉( ゚Д゚)〜
  •  アタマで革命を論じ、アタマで挫折し、アタマで転向し、アタマで実存、アタマで孤独、アタマで断絶、アタマで失神、いったい手と足はどこへいってしまったのだろう(開高健「人とこの世界」)  若い頃、私が人生問題に私なりに浅薄な考え方をしていた時分、人生に或いは人生のある時に一つの目的を持っていた人々がどれだけ羨ましかったか知れない。(開高健 出典同上)   「人とこの世界」は昭和42年から45年にかけて「文 [続きを読む]
  • 〜万年筆のメンテナンス(*^^*)〜人間も同じじゃね??( ˘ω˘ )
  •  1枚目のバラバラな状態が、上のようになりましたヽ(o´・∀・`)ノどう、綺麗でしょ??(∩゚∀`∩)わたしは、筆記具は万年筆?しか基本的には使いません。字がヘタなので、これじゃないとうまく書けません。司法書士試験も万年筆を使って合格しました( v^-゜)♪時々、水につけて、インクのつまりなどを解消させて、性能を維持します。定期的なメンテナンスが必要です。今回はバラバラにして何日か水をはったバケツに浸けていま [続きを読む]
  • 〜より良く生きるためのヒント(^_-)-☆〜
  •    まず、自分がどのとうな人になりたいかを考えてみましょう。  この世を去る時の自己像について考えること。自分の葬儀の場面をイメージしてみるのもいいかもしれません。  葬式に来た、人たちが生きていた時代の「自分」のことに関して話をしています。  「あのひとはやさしいひとだった」「あのひとは意地悪なひとだった」「あのひとは誠実なひとだった」「あのひとは金になればなんでもやるひとだった」「あのひとはた [続きを読む]
  • 〜キリスト教について〜
  •  「 宗教は怖い」などという言葉が、日本においては根強いことから、普段わたしは、宗教のことに関してはあまり語りません。変に勘違いされても困りますし。わたしの宗教はキリスト教です。ただ所属教会や教派もなく完全に一匹狼ですので、変な勧誘や怪しげな集会に誘うことはありませんので心配なさらずに(≧◇≦)ここ日本においては、普通の人が目にするほとんどのキリスト教らしき団体が、ニセモノです。よく街で、パンフレッ [続きを読む]
  • 〜自分の主人公たれ(^_-)-☆〜
  • 今の自分から変わりたければどうすれば変われるかと問うことやめよひとの顔色をうかがいひとの思惑を気にする生き方をやめよ自分が自分のいやなところをきらい否定的に見ることをやめよ過ぎたことを悔やみ先のことを見積り考えることをやめて有限の自分を自覚して本当にやりたいことを探し今ここに生きよ失敗することが権利だと傷つく覚悟をせよ変わらないとあきらめている自分を捨て去る覚悟をせよどんないやないやな自分も自分 [続きを読む]
  • 〜主にココ・シャネル(=゚ω゚)ノ〜
  • You’re lucky enough to be different, never change.「人と違ったって良いじゃない。決して変わらないで。」(テイラー・スウィフト)これは個性を大切にするよう発した言葉。その通りですね(^_-)-☆しかし、自分勝手で良いというのとは、全く意味が違うと思います(#^.^#)There are people who have money and people who are rich.「世の中には、お金持ちな人と豊かな人ってのがいるわ。」(ココ・シャネル)それまでのファッ [続きを読む]
  • 〜成功と幸福について〜「人生論ノート」から( ..)φメモメモ
  • 〜成功と幸福について〜  わずかでも考える糸口にしてもらえればと思います。今の時代、この両者が著しく混同され、現代人を「錯誤」に陥れている様相を呈しているように思えてならないからです。 三木清氏の「人生論ノート」より、少し「思考フレーム」をお借りします。 簡単にご紹介します。三木 清(1897年 - 1945年)は、(西田左派を含めた上での)京都学派の哲学者です。「人生論ノート」は1937年に冒頭の一章が発表さ [続きを読む]
  • 〜今は「謎の空白時代」(^_-)-☆〜人生を模索中の方へ〜
  • 〜「謎の空白時代」〜空海編〜  空海のエピソードをご紹介します。まずは簡単な紹介から。  空海(774年 - 835年)は、平安時代初期の僧。弘法大師(こうぼうだいし)の諡号(921年、醍醐天皇による)で知られる真言宗の開祖である。日本天台宗の開祖最澄と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換していく流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。能書家としても知られ、嵯峨天皇・橘 [続きを読む]
  • 〜自分が情けなくなったときなどに・・・〜
  •  「カウンセリング詩」(六浦基 著)より一詩抜粋します。若い頃に読んだ書籍です。もうすぐ4月ですね。みなさん、いろんな思いを抱いているかと思います。順調な方はいいですが、大半の方は、後悔、不安、恐怖、焦りなど、マイナスの感情を抱いているのではないでしょうか??たいしたことができませんが以下の詩を読んでみてください。少しでも、精神に「緩和剤」的に作用してくれれば(^_-)-☆ 〜自分がイヤになったとき〜 [続きを読む]
  • 〜「受験生」を支える言葉(^_-)-☆〜
  •  わたしは、地方の田舎で受験機関も使わず、受験仲間もいない状態で司法書士試験の勉強をしていました。大学も法学部でもなく、法律はまったくの素人でした。合格した時には、受験期間10年を超える超ベテランに成り果てていました。もちろん、仕事をしながらですが、まるで「真っ暗なトンネル」の中を手探りで進んでいるような感覚でした。今でこそ、山本先生のオートマシリーズなど、分かりやすいテキストなどが市販されてい [続きを読む]
  • 〜合格のためには体力も必要です!(^^)!〜
  •   はい、体力も間違いなく必要です。今みなさん、どれくらい机に向かっていますかね??専業受験生なら1日中だいたい勉強ですよね??7月が近づくにつれてそれ以上の時間になることもあります。精神的にも追い込まれてボロボロになります。わたしは、ストレスなどもあり左耳の聴力が落ちました。  ただ、みなさんもそうだと思いますが、今の時期になると「なぜ司法書士になりたいか??」に対する答えとしては、もはや正統事 [続きを読む]
  • 〜本試験でアクシデントが発生した時の対処法〜
  •  本試験では、必ずで言っていいほど、予想もしていなかったアクシデントに遭遇することになります。それは、試験の内容面でもそうですが、それ以外のところで発生するそれも、合否に関わってくることがあります。内容面に関しては、ご自身の経験や講師陣のアドバイスで気を付ける方は多いとは思いますが、それ以外の場面ではどうですかね??例えば、隣に座った受験生が、変な人でやけに落ち着きがなく、気が散って集中できない [続きを読む]
  • 〜今の時期たいせつだと思うこと(*^▽^)/★*☆♪〜本試験冊子を見ながら( 。゚Д゚。)
  •  今、去年の本試験の問題で冊子を見ています。実際に本試験で使用したものです。パラパラめくっていると、本試験当日のことが思い出されますね( 。゚Д゚。) いま、答練や模試がたいへんな時期でしょうかね。目の前のことで手一杯になっているかと思いますが、念のためお伝え致します。 まず「模試や答練で高得点を狙うための勉強はしてはいけない」ですね。これが一番大事かな、と思います。問われる論点、問われ方が異なることが [続きを読む]
  • 〜今のその頑張りは「幸せ」への道標(^_-)-☆〜
  •  みなさん、今、非常に苦しいですよね??精神的にも追い込まれて、体もガタガタ、もしかしたら成績もガタガタだったりして・・・・そんな状況にあっても絶対に諦めない、前を向く、そんな姿勢が大切です。それは、試験対策における精神論でもありますし、その後の人生での「幸福感」などにもつながってくる大切な姿勢です。ですから今の苦しさから目をそむけることなく、そのまま真っすぐ進んでください。合格者もみんな通って [続きを読む]
  • 〜勉強でヘトヘトになってる受験生へ〜ファイト!!(^_-)-☆
  • FUNKY MONKEY BABYS 「あとひとつ」 わたしは、試験勉強中に疲れた時は、元気がでそうな歌や言葉に励ましをもらっていました。今、滅茶苦茶つらい時期だと思います。焦りやプレッシャーで押しつぶされそうになっている方も多いと思います。今回は好きな曲1曲と好きな言葉をいくつか贈ります。苦しいのはみんな同じ。気持ちだけは切らさないように、がんばってください(^_-)-☆(??>?<?)。?? 大いなる精神は静かに忍耐す [続きを読む]
  • 「猛烈な勉強が不安を払拭してくれる(^_-)-☆」~明鏡止水の心境へ〜
  •  明鏡止水 意味は「邪念が無く、静かに落ち着いて澄みきった心の状態のたとえ」です。私の好きな言葉です。  司法書士試験の直前期、不合格だった年とは違い、まさにこのような心理状態でした。身体もそうでした。心身共にですね。  毎日15時間くらいの「勉強時間」になっていましたが、「集中力」が途切れないし、「辛く」もありませんでした。どこか「ブレーキ」とか「ストッパー」が外れていた感じです。「ついにおかし [続きを読む]
  • 本試験を乗り切るために(^_-)-☆〜メンタル面の強化について提案〜
  •  この試験、「メンタル面の強化」も重要なファクターになってきます。合格するためには。決して法律の内容面だけ「習得」だけでは、「合格」にはほど遠いです。  内容面のマスターが大前提として、そこからが「勝負」になります。真面目なタイプほど、どこまでも知識のみを広げようとする傾向があるので注意してください。  「法律」を「マスター」するだけでは、今の「変態レベルMAX」の本試験では「合格」は無理です。昔の穏 [続きを読む]
  •  午後択一のアプローチ法??役に立つかな??( 。゚Д゚。)
  •  これからの時期、受験生を悩ませるのは午後択一のアプローチ方かなと思います。よく言われますよね「全肢検討か、それとも読むべき肢をしぼるか」とか?時間が足りないことから、毎年受験生を悩ませます。力量には個人差があるので、なにがベストかは一概には言えない、ということは最初に申し上げておきます。以下少し、午後択一のアプローチ法に対するわたしの個人的意見を書いてみたいと思います。鵜呑みにするのではなく、 [続きを読む]
  • Wish for Success!がんばれ司法書士試験受験生(??>?<?)。??
  •  (今日は合格のために必要だと思うことを徒然なるままに書いてみようと思います。総論っぽくなるかと思います。わたしは、ブログでもフェイスブックなどでも、文章を書くときは書きながら、思いついたことをそのまま書いています。校正なども考えずに、適当に「投稿」するので、まとまりがない文章になるときもあるかと思いますが、どうかご容赦ください(人''▽`))  〜今の司法書士試験に合格するためには??〜ざっくりと!( [続きを読む]
  • はい、「轍」(ゆず)(*^ー^)ノ♪傷だらけの両手が輝いて見えるまで( -∀・)
  • https://youtu.be/2ymK4U3YYfo 名曲 「轍」(ゆず) 傷だらけの両手が輝いて見えるまで頑張ってくださいね(*^▽^)/★*☆♪  雛型は、書いてみる、口に出して読んでみる。 ややこしい論点は、紙に整理しながら理解に努める。 「合格への執念!!」などと自分に言い聞かせるように書いてみる。等々 わたしも受験生時代はいろんなことを「書いて」覚えたり、整理したりしました。1日が終わるとゴミ箱はいろんなものを書きなぐっ [続きを読む]
  • 完璧ではなく、合格を目指すのだ( v^-゜)♪
  •  大丈夫かな???(。・ω・。)細かい細かい論点にこだわってない? わかってるとは思いますが、「わかっちゃいるけどやめられない( ゚ー゚)」状態に陥っていないか絶えず自己を客観視していってください。 本試験を何度か受けている方は分かるかと思いますが・・・「なんでこんな問題間違ったんだ!!Σ(O_O;)」という感想は多くの受験生が抱いたことがあるんじゃないかと思います。 基本的な事項なのに、読み違いや勘違いで失点す [続きを読む]