田村 大樹 さん プロフィール

  •  
田村 大樹さん: 牛人(うしびと)の夢 from 岩手県久慈市
ハンドル名田村 大樹 さん
ブログタイトル牛人(うしびと)の夢 from 岩手県久慈市
ブログURLhttps://ameblo.jp/daikingfarm2004/
サイト紹介文「あまちゃん」のロケ地岩手県久慈市で酪農と繁殖和牛の経営をしております。牛飼いの魅力をお伝えします!
自由文Uターン就農して3年目。39歳独身男が、「夢」に向かって突き進む軌跡をお届けします。牛のことをあんまり分からない方向けに書いておりますが、同業の方もぜひご覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/09/21 15:54

田村 大樹 さんのブログ記事

  • キレイに食べられない若妻
  • 草を刈る日は 不思議なくらい 雨が多くて〜 というわけで、我が家の困った若妻さん達。飼槽で食べず、鼻で草をふっ散らかして食べるもんだから、このざまいちいち、拾って飼槽へ戻し・・・。拾おうとすると、目が合い「ん? 何が悪いの?」的な感じ。時々、搾乳してると、上から草が降ってくるからね・・・ こんな癖も人間と同じように、、、散らかさない牛は絶対散らかさずに、キレイに食べる。 1頭1頭、本当に癖が違う牛た [続きを読む]
  • 行政とJAとの意見交換会!
  • この日は行政との意見交換会!青年部代表で行ってきました!おいおい、オジサンばっかりだなちょっと定型的な感じだったけど・・・本番はこっち。結局飲みに来たようなもんだな先輩方のお話は、知らないことも多く本当に勉強になります。また、今後の「牛人の夢」についても、こういう場で相談します。いつまでも、「夢見る少女じゃいられなーい」からな 更に、これまで何度か宴席でご一緒したことはあるのですが、今日初めて久慈 [続きを読む]
  • 小屋作り!
  • 大変外仕事がはかどる時期になってきましたアブもハエもほとんどいなくなり、あとは刺しハエくらいでしょうか、厄介なやつは。 そんな中、着々と小屋作りを進めております。昨年、山から木を切り、製材所で4mの角柱にしました。やっと使う日がきましたホームセンターでこれより短く細い角柱がやや3000円で売っておりましたやはり、人に任せると軽く50万は取られるだろうなと簿記上はしっかり計上しなければなりません、はい [続きを読む]
  • すっかりいたいけな秋
  • 本日はIBC祭りJA新いわて青年部、焼きトウモロコシを販売してきました ※スマホ不携帯につき、画像なし2日間で1100本今日は13時過ぎには完売天候がマッチしたのか、終始行列が絶えない大盛況ぶりでしたやっぱりイケメン効果ってすごいなお買い求めいただいた方、ありがとうございました さて、すっかり秋です水田は急速に黄金色になてきましたが、今年はまだまだ青いそうです。道行く風景を見ると、すでに鎌を入れているた [続きを読む]
  • 農家が運営するJAへ
  • 【告知】9月15日、16日は岩手産業文化センターでIBC祭りが開催されます。我らがJA新いわて青年部は、「焼きトウモロコシ」を販売いたしますお近くにお住いの皆さん、ぜひお立ち寄りくださいで・・・ワタクシは日曜日にお手伝いに行くと思います。といっても、年だし、顔に花がないので、奥でひたすらトウモロコシをむいていると思われます。 気が向きましたら・・・お声がけください さぁ、この日はスーツでお仕事3年に1度「J [続きを読む]
  • 下半身は別?
  • 先日生まれた、待望のホル♀ちゃん真っ白で可愛らしい涙が出ているような斑紋目の下の3本線がチャームポイントチャームポイントは死語じゃないか?そんな子牛ちゃんのお母さん466番さん愛嬌もあって、とても良い奥様 ・・・というわけではないのだ実はこの奥様。搾乳しようとすると、足を蹴り上げ、非常に危険な牛なのだ 搾乳って、言わば牛のおっぱいを触る作業。おっぱいを触られたくない牛もいるのだまぁ普通、率先して触ら [続きを読む]
  • 母よ、娘を忘れたか?
  • 大変心の痛い自然災害が続きますね。被害にあった方々の日常がいち早く戻ることをお祈りいたします。ワタクシも、色々なことを想定して農業を営みます。 さて、この写真。奥の子牛はおなじみの「つ」手前の牛は「つ」の母親です反芻をしておりましたので、口が開いてて、面白い感じになっております そして牛の配置上、たまたま親子が顔を合わせております。 果たして、この親子は「親子である自覚」があるのでしょうか??はた [続きを読む]
  • DIY!
  • お仕事の合間を縫って「牛小屋作り」最近だな、DIYが何の略か知ったの・・・ホームセンターで束石を購入。これ、運ぶだけでも一仕事この束石をうめる穴に小石を入れますホームセンターでは砂利も売っておりましたが、ワタクシは、その辺で拾ってきました小石を入れたら、束石をハンマー替わりにして打ち付けます。束石が沈んでしまわないようにってことです。整地をしてないし、傾斜はあるしで、高さに差が出るとは思っていました [続きを読む]
  • どんな牛を産んで頂くか
  • 4年ぶりに乳用牛の雌牛が増えているそうだやっとだ・・・。牛は授精から数えると約3年、出生からだと2年経たないとミルクを生産しないこの「タイムラグ」が、ミルクの生産量や子牛の価格、はたまた肉用牛の価格にも影響を及ぼし、更には牛乳乳製品の価格や供給量にも波及する。雌のホルスタインを産ませようと思って授精しても、3年かかる。肉用牛もしかり。 で、さらに2年くらいするとミルクの生産量も増えて、子牛の価格も下が [続きを読む]
  • 人材獲得競争
  • さぁこの日はスーツでお仕事2か月ぶり話題の働き方改革といっても、範囲が広くて、主に長時間労働の規制についてお話をお聞きしました 雇用しないと、事業推進がままならないわが牧場も他人ごとではありませんしかも、農業だから・・・とも言っていられません来年度から、順次法律が施行されるようですが、ワタクシたち農家も着いて行かないと、この法律に準拠した雇用形態にしないと、人が寄り付かない業界になりかねません まさ [続きを読む]
  • 「うるし」に気を付けて
  • この日は、恐らく今年最後であろう電牧下の草刈り放牧地を1周、草刈りです 酪農家といっても、今は牛舎だけで働く方や、主に機械に乗って働く方、牛舎から離れた住宅に住んでいる方、かなり増えたと思います。 一方で我が家は、未だ「昭和な酪農家」そんなワタクシが普段何気なく気を付けていることを、全く知らない酪農家さんも多くなったんだろう 例えば、君がいるだけで心が強くなれること何より〜大切なあ、昭和じゃなくて、 [続きを読む]
  • 巨乳がゆえの悩み
  • 我が家1番の白ちゃん479番※白ちゃんの壮絶な半生https://ameblo.jp/daikingfarm2004/entry-12305788122.html?frm=themeそんな白ちゃんも2産目目前です今日産まれても、全く不思議じゃありません ホルスタインは出産直前になると、おっぱいがパンパンになりますなかなかの巨乳ちゃんになりましたでも、牛も牛なりに、巨乳になると、困ることも・・・。ヒトも・・・困ることあるんだろうな。なんと、おっぱいが大きすぎて、が下 [続きを読む]
  • 牛の小屋を作ります
  • この夏一番暑いんじゃないかと思う、ここ2〜3日そんな中、和牛肥育用素牛の牛小屋を自分で作ることにしました ※肥育用素牛:9〜10か月の肉用子牛。約1年半肥育して出荷する。 日曜大工が得意なわけでもなく、やったことがあるわけでもない・・・。超ド素人が牛小屋を作ってみます失敗するかもなこの辺に、2間×2間半くらいかな。餌場付きの、冬の寒さや夏の暑さをしのぐ程度の小屋を想定。 まずは、束石(コンクリートの支柱) [続きを読む]
  • 【号外】お天気フィラーに写ります!
  • 我らJA新いわて青年部は、岩手県内テレビ局のお天気フィラーに出演することになりましたお天気フィラーとは、テレビの天気予報の背景動画。・・・でいいのかな?7月に開催されたスポーツ大会の様子が写ります JA新いわて青年部はイケメン軍団天気予報をチェックしながら、ぜひ背景にも、ご注目下さい 放送期間:H30年9月から10か月ほど<テレビ岩手>毎週木曜日20:57〜 60秒<岩手朝日テレビ>毎週金曜日20:54〜 110秒<IBCテ [続きを読む]
  • 「つ」という名のもとに
  • 君の肩に悲しみが〜雪のように積もる夜には心の底から誰かを〜愛することができるんでしょうか ワタクシはこの件(くだり)、分かるのアラフォーオーバーなんだって。若い読者わからんぞ そんなわけで、6週齢の彼女息子や甥っ子たちが名前を付けて帰っていきました。その名も・・・「つ」しかも、肩には「ト」って書いてある!まぁ、見事に良くもまぁ、こんな斑紋になったもんだこの写真は3週齢のころ。この頃の子牛は1日に約0. [続きを読む]
  • 牛熊の仲
  • 今朝のこと。いつも通り飼槽の掃除を終えて、子牛の哺乳の準備へ5時20分の出来事 ・・・粉ミルクがない ふと、外を見ると、粉ミルクが入れてあるポリケースが転がっている。嫌な予感しかしない恋の予感なら良かったのにな「ただ、駆け〜抜ける〜だけ」みたいなな。 周辺を探ってみると、、写メはどかした後ですが、、、粉ミルクがこんなことに 間違いありません。こんな10kgもある袋を引きずり回せるのは・・・熊さんです 我 [続きを読む]
  • しましまのしっぽ
  • ホルスタインのしっぽって、どんな模様でしょうか通常(何が通常なんだ?)であれば、先端が白くて、その白の領域の広さによって、1頭一頭の模様となります 我が農場の現在の牛群では60頭中59頭がそのパターン1頭だけ、こんなやつがいますありゃ、しましまだ40のおっさんが、こんな写真撮るなよ ホルスタインの白黒模様は1頭1頭絶対異なります。体型も性格も全頭異なります仕草や特徴は、親子間で良く似ております そう、人間と [続きを読む]
  • New アブ捕獲器
  • 酪農家はお盆だろうが、何だろうが営業中です今日も暑かったですが、ピークは完全に過ぎました夜も20℃を超えることはなく、日中の暑さもあと数日がピークでしょうか そんな中、やっとアブ捕獲器第2号を設置今度はビニール製。下が誘引体で、上が捕獲器なかなか合う大きさのビニールがなく、その辺のビニールを継ぎ接ぎして作成したため、かなり適当感があります下の黒いのはゴミ袋です・・・。総製作費も3000円ほど ただ、強い風 [続きを読む]
  • アブ捕獲器の成果
  • (アブの画像があります、苦手な方は閲覧注意です) 本日だけで3匹の蛇を見ましたきっと、何か喜ばしい事の予兆なのかもしれません・・・。ないな・・・うん、ないわ そんなわけで、今年は放牧和牛のアブ対策として、アブ捕獲器を自作して、設置しておりました ※放牧牛の天敵  https://ameblo.jp/daikingfarm2004/entry-12384003833.htmlやっと、機能してきましたうん、さすがに、たくさん取れる・・・しかし、捕まっている [続きを読む]
  • 脱柵事件対策
  • 和牛のねいちゃあとかつひでの脱柵から1か月ちょい  ※「柵も越せるはず」https://ameblo.jp/daikingfarm2004/entry-12385895475.html なんとか、電気を通せる牧柵仕様にして、再び和牛を放ちました電牧に関する事故などもあったため、しっかり表示もしますちなみに、大人の事情で、ねいちゃあとかつひでは公共牧場に預けております。左遷だな、牛のまず、上の形式だと漏電するので、電気を通さない碍子(がいし)を取り付けま [続きを読む]
  • 牛の「かゆみ」
  • 「牛人の夢」10日ぶりでございます。本日より、営業再開いたしますワタクシ変態野郎も、小学校の長期休暇になると、仕事の合間を縫って、こんなことや、、こんなことまでやらなければならず、ヘトヘトでした毎日、子育ても仕事もしていらっしゃる方、尊敬しますワタクシには無理かもしれません。テレビやDSなんかやらせまい! と遮二無二遊びに付き合うからだわ 暑い時期が続き、牛には1年で最もストレスがかかる時期となり [続きを読む]
  • へっどすたーと
  • 昨日、2番牧草の収穫作業が終了概ね天候にも恵まれ、順調に終わりましたあー忙しかったそんなクソ忙しいときでも、いやむしろ忙しいときに・・・分娩が重なる今回は和牛の「らん」ちゃん我が家の一番のデブだな無事、小さなメスが産まれました。改めて、性別確認♂♀真ん中に見えるのがちいさな「おっぱい」あかちゃんでも、おっぱいがはっきりしているのですちなみに、♂だと、おっぱいはなく、ちょうどこの辺に、「金玉袋」が [続きを読む]
  • 市街地を駆け抜ける青いトラクター
  • オレの青い車で海へ行こうおいてきた何かを見に行こうもう何も恐れないよ〜おおお〜 というわけで、2番牧草収穫もいよいよ終盤戦我が家の草地は市街地を挟んだ山の上にあるのですと、遠いにもほどがある なので、久慈市の市街地をトラクターで通るわけです ※ちゃんと停車中に撮影時速25kmも出ないので、後ろの車を定期的に追い越しさせてあげながら、時にはすれ違う車にバックをしてもらいながら、前進しますほんとに、専 [続きを読む]
  • 草を集める作業
  • 現代のトラクターは、キャビン付き、クーラーなんて当たり前オートマだし、椅子は衝撃を吸収する機能付きだだからこそ、昔のそんな便利なものなどついていないトラクターで仕事をするって言ったら、そりゃ大変だったろう現代っ子のワタクシにはきっと無理だ・・・。 そんな思いにふけながら、本日はレーキという機械で刈り取って乾燥した草を集める作業まずは、作業機を取り付ける。それにしても年季の入った作業機だこの作業が [続きを読む]
  • 2番牧草、収穫開始!
  • 夏らしい気候になってきましたそれでも、夜は涼しいここ岩手県沿岸北部。牛にとって、とても過ごしやすい地域です さて、これから天気が続くということで、2番牧草の収穫が始まりました今日は・・・ポンコツ親Gがモアコンという機械で、草を刈り倒し、変態息子(ワタクシ)がテッターという機械で、草を反転・拡散させて乾燥させる作業をしました この作業体系は昔から変わりありません。畑が分散していて、狭い我が家では、今後 [続きを読む]