みんこ さん プロフィール

  •  
みんこさん: 子供の発達を支える〜発達.net〜
ハンドル名みんこ さん
ブログタイトル子供の発達を支える〜発達.net〜
ブログURLhttp://8tatsu.net
サイト紹介文親・教師のための育児と教育の情報を紹介。親向けには子育てに関わる家事やお金のことまで取り扱います。
自由文小学生の教育に関わっている筆者が、教育者目線、親目線の両方から子育てと教育について記事を書いています。
誰もが悩む問題やなかなか人に聞けない心配事についても記事にしています。
当ブログについて詳しくは下記リンクをご覧下さい。http://8tatsu.net/about
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2017/09/21 21:18

みんこ さんのブログ記事

  • 引き始めに最強!大根飴で風邪を撃退!
  • いつもご覧いただきありがとうございます。今回はこれからの季節に役立つ健康・予防情報です。 風邪の引き始めやのどの炎症、声枯れなどに効果が期待できる「大根飴」の紹介です。 薬があまり好きでない、副作用が心配な方におすすめの家庭薬です。 この記事をご覧の方の中にも、小さい頃に舐めていた記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? とっても簡単に作れて効果も抜群ですので、ぜひ作ってみてください! 大根飴 [続きを読む]
  • この冬おすすめ!指編みマフラーで脳を育てる!
  • いつもご覧いただきありがとうございます。 今日は、これから寒い季節にぴったりの話題です。指編みマフラーで脳を育てる方法について紹介していきます。 編み物というと、編み棒を使って一目一目丁寧に進めていく難しい作業、、、というイメージをもたれてる方が多いのではないかと思います。 しかし、指編みは毛糸以外の道具は必要なく、小学生でもとても簡単に編むことができます。指編みは、指先を使う微細運動なので、目と手 [続きを読む]
  • 子供の反応、上手に無視できていますか?
  • みなさんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 今日のタイトルを読んで、「無視ってどういうこと?」と思われた方もいるのではないでしょうか。いつもは子供と向き合え向き合えと言っているくせに「無視」とはなんだろうかと。 今日の記事で紹介するのは、子供がわがままになったり自分勝手になったりすることを防ぐための接し方です。 社会の一員であるということを自覚させるための方法として「無視」を有効活 [続きを読む]
  • 迷ったときには10円玉を投げるといいんです。
  • おはようございます。いつもご覧いただきありがとうございます。 今回はコラム的な記事になります。 突然ですが、私は物事をはっきりと決断するのがあまり得意ではない、優柔不断タイプの人間なんです。何か決断が必要な場面では、それぞれのメリットとデメリットを挙げるのですが、そこから決断に進むまで時間がかかってしまいます。 そんな悩みを知人に話していたところ、さらっと話してくれたアドバイスが予想以上に自分に合っ [続きを読む]
  • 暗記が苦手な子必見!九九を使わないかけ算の計算方法とは?
  • みなさんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 この前、本を読んでいたら面白いかけ算の方法について書いてある文章を見つけました。何と、九九を使わずにかけ算の計算をするのです。 本の内容はかけ算について解説したものではなく、脳についての本だったのですが、とても興味深かったので、本記事で少し掘り下げて紹介したいと思います。 その本とは、『受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法』という本 [続きを読む]
  • 言葉の伝え方を変えるだけで子供の行動は180度変わります。
  • 「廊下は走るな!」「いい加減遊ぶのをやめなさい!」 大人が子供に対して注意している姿をよく見かけます。しかし、そのほとんどは大人の言う通りに動いてくれていません。 一体なぜそのようなことが起こるのでしょうか?今日は、伝え方を変えるだけで子供の行動がガラッと変わる方法についてご紹介します。 「〜しない」では言うことを聞かない冒頭に二つの例を挙げましたが、どちらの言葉も行動を禁止するネガティブな表現でし [続きを読む]
  • 【補助教材付き】かけ算九九の覚え方4選!
  • 2年生になって大きな山となるのが「かけ算九九」です。今現在2年生のお子さんをもつ保護者の方は、そろそろやってくる「九九」にドキドキしている方も多いのではないでしょうか? 学校によっては、2年生全員が九九を暗記できるよう、校長や担任が九九暗唱テストを実施しているところもあります。これは、モチベーションになりますが、場合によってはプレッシャーになる場合もあるので、一長一短といったところでしょうか。もしも学 [続きを読む]
  • 知ってますか?発達障害の子にぴったりの言葉かけ
  • 「みんな席を移動して丸くなりましょう。」私が教員をしていた頃、初めて発達障害をもつ子と出会った時にクラス全体に向けて伝えた言葉です。この時の衝撃は今でもはっきりと覚えています。他の子供達はイスを移動して丸く円になるように動いていました。しかし、発達障害をもつ子(Aくん)は違いました。なんと、その場でうずくまるようにして丸まっていたのです。しかも、本人はいたって真面目な様子です。私はその [続きを読む]
  • こだわり行動や癇癪を静めるには〇〇させる!
  • 今回はこだわりや癇癪行動に対する対処方法の1つをご紹介します。 それは、「気を紛らわせること」。 一見すると、そんなことで?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがこれが思いのほか簡単である程度の効果が期待できるのです。 行動のレベルが極端に思い場合には対処が難しいですが、ちょっとしたこだわりや癇癪には対応できる方法です。ぜひ試してみてください。 対応できるのは軽いこだわり行動や癇癪例えば、学校では [続きを読む]
  • 小学校あるある!「シャーペン禁止」の謎を解く!
  • 小学校あるあるの代表的なものとして、「シャーペン禁止」があります。これは、実際に体験した方も多いのではないでしょうか。 本日は、学校でシャーペンが禁止されている理由とそれに対する考察をしていきたいと思います。 果たして、シャーペン禁止は本当に理にかなっているものなのか、それともただの悪しき伝統なのか。 クラスや学校で決まりをどのようにするか迷っている先生や、文房具の決まりについて納得いっていない保護 [続きを読む]
  • 「習ってない漢字は使うな」というトンデモ指導の裏には○○があった!
  • 「習ってない漢字は使ってはいけません」授業を見ていると、時々こんな恐ろしい言葉が聞こえてくることがあります。 子供が自分の名前を一生懸命書いたり、作文に知っている漢字を書こうとしたりしている時に、その気持ちを真っ向からぶち壊してしまう言葉です。 しかもこの言葉、言われたことがあるのはごく一部の人、というわけではなく、小学校あるあるのネタとして盛り上がるくらい多くの人が耳にしたことがある言葉のようです [続きを読む]
  • 給食のお残し禁止の意味と適切な給食指導について考えてみた
  • みなさんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 今日は、昔からある悪しき(?)伝統、「給食を完食するまで居残り」について考えていきたいと思います。 なぜかこれ、いつの時代もなくならないですよね。果たして、給食完食に教育的意義はあるのか、そこに隠された教師の思いは何なのか、そして子どもの心はどうなるのか、検証していきます! 結論:給食を無理やり完食させることに意味はない!いきなり結論です [続きを読む]
  • 子供が発達障害と言われたら最初にやるべき2つのこととは?
  • みなさんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 今日は基本に立ち返って記事を書きたいと思います。 学校等から、お子さんの気になるところを指摘され、医療機関を受診したところ発達障害と診断されたもののどうしたらいいのか分からない、、、。 このような悩みをもつ保護者の方から多くお問い合わせをいただいています。 そこで、今日はまず何から始めればいいのか?できることは何か?ということについてお伝え [続きを読む]
  • できる教師のタイムマネジメント術
  • 「日本の教師は世界一忙しい」時折ニュースで教員の残業や長時間労働が問題になるとこの言葉をよく聞きますね。 今日はガッツリ教員向けの記事です。 というのも、最近問い合わせで何件か続けて現役の教師の方から「勉強したいとは思ってるけど時間がない・・・」という内容のメールが相次いでいたからです。 確かに教師の仕事は責任感も多く多忙です。なかなか自己研鑽としていつも取り組んでいる業務とは異なる勉強(特別支援や [続きを読む]
  • トラブルは〇〇の時間に起きる!落ち着いて過ごせる一工夫とは?
  • 皆さんこんにちは!今日は上手な過ごし方についての記事です。 休み時間や授業中などに落ち着きがなかったりトラブルに関わったりすることが多いお子さんにおすすめの工夫をご紹介します。 このポイントを意識するだけで、学校でのトラブルが全くなくなったお子さんも多くいらっしゃいます。ぜひ、この記事を読んで試してみてください! トラブルは「スキマの時間」に起きる!! ズバリ結論から申し上げます。トラブルは「スキマ [続きを読む]
  • コミュニケーションが苦手な子には〇〇を考えさせよう!
  • こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 本日は、コミュニケーションについて。他人との距離感が分からない、コミュニケーションを図るのが苦手、というお子さんは結構多いと思います。 特に、自閉症スペクトラム、ADHDなどの発達障害をもつお子さんの場合、その特徴が顕著に表れる場合もあります。私自身、発達障害の子と関わっていて、自分の話はたくさんするのに相手の話は全く聞かなかったり、いわゆる空気が読 [続きを読む]
  • タイプ別!音読の苦手対処法!
  • 皆さんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 今回は音読について取り上げます。 家庭や学校で音読をする時に、お子さんの音読が何だかつっかえてばかりで気になることはありませんか? 音読が苦手な子はただひたすらに徹底反復するだけでは効果が期待できない場合があります。 また、効果が見られても、その過程で修行のように苦しい思いをさせてしまう可能性もあります。 本記事では、お子さんの実態に応じた対 [続きを読む]
  • 「まぁいいか」では無理!勝ち負けの受け入れが上手になる方法とは?
  • 皆さんこんにちは!いつもご覧いただきありがとうございます。 さて、今日は勝ち負けの受け入れについてです。よく、発達障害の子供への対応方法が書いた本などを見ると、「負けた時には『まぁいいか』」と言って気持ちを切り替える」などと書かれてますが、はっきり言ってそんなことができるなら初めから苦労しませんよね(^_^;) 今回は、「まぁいいか」ではない、勝ち負けと向き合うための方法をご紹介します! ポイントは「素直 [続きを読む]
  • 甲子園優勝校に学ぶ子育ての秘訣
  • 皆さんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます! 先日まで行われていた夏の甲子園、高校野球全国大会が大阪桐蔭高校の春夏連覇で幕を閉じました! 野球好きの私としては、快進撃を続けた金足農業も素晴らしいのですが、やはり優勝のプレッシャーに負けずに最後まで勝ち続けた大阪桐蔭を讃えたいですね! 強豪としてまとまったチームを作り上げる大阪桐蔭高校。実はそのチーム作りには子育てに役立つ秘訣が隠されてい [続きを読む]
  • 3つのことを意識するだけで保護者対応はうまくいく
  • みなさんこんにちは!いつもご覧いただきありがとうございます! 今日は教師向けにうまくいく保護者対応の心がけについて紹介していきます! 保護者の方もご興味がありましたらぜひご覧になってみてください。 保護者対応は3つのことを意識するだけで、ぶつかり合ったり無駄な時間の浪費に終わるということがなくなります! ぜひこの記事を読んで実践してみてください! 3つのキーワード「感謝」「事実」「見通し」 「感謝」を伝 [続きを読む]
  • 子供の「なんで?」にどう返す?やってしまいがちなNG対応とは?
  • 皆さんこんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。 さて、夏休み真っ只中ということで、いつもよりお子さんと過ごす時間が増えている家庭が多いことでしょう。 子供たちは日常生活な様々な事柄に興味いっぱいです。お出かけしたり、家の中で何かしたりするたびに「なんで〜なの?」「どうして?」と聞いてくることがあるのではないでしょうか? そんな時、私たち大人はついつい忙しいからと適当に対応してしまいがちで [続きを読む]