みんこ さん プロフィール

  •  
みんこさん: 子供の発達を支える〜発達.net〜
ハンドル名みんこ さん
ブログタイトル子供の発達を支える〜発達.net〜
ブログURLhttp://8tatsu.net
サイト紹介文親・教師のための育児と教育の情報を紹介。親向けには子育てに関わる家事やお金のことまで取り扱います。
自由文小学生の教育に関わっている筆者が、教育者目線、親目線の両方から子育てと教育について記事を書いています。
誰もが悩む問題やなかなか人に聞けない心配事についても記事にしています。
当ブログについて詳しくは下記リンクをご覧下さい。http://8tatsu.net/about
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 317日(平均1.5回/週) - 参加 2017/09/21 21:18

みんこ さんのブログ記事

  • 着席姿勢を身に付けるための3つのステップとは?
  • 前回の記事で、勉強に集中できないのは「正しく着席できていないから」ということに言及しました。(参考:勉強に集中できない理由は〇〇ができていないから!) 本記事では、具体的にどのような段階を経て正しい着席姿勢を身に付けていくのかを説明していきます。 着席姿勢を身に付けるためのトレーニングは3つの段階に分かれていますが、どれも家庭で今日からできるものですので、お子さんと一緒に取り組んでみてください。 ポイ [続きを読む]
  • 勉強に集中できない理由は〇〇ができていないから!
  • うちの子は宿題をやる時に全然集中していないのよね・・・。 こんな悩みをもつお母さんは多いのではないでしょうか。 「宿題をやりなさい!」と声をかけ、しぶしぶ机に向かいはするものの、全く集中していなくて学習がはかどらない・・・。そんな相談を今まで何件も受けてきました。 家庭や学校で机に向かうものの勉強に集中できない。そんな困り感を抱える子供たちを見てみ [続きを読む]
  • 今がラストチャンス!ふるさと納税で賢く贅沢!
  • みなさんはふるさと納税を活用していますか? 私は先日、人生初のふるさと納税をしてみました!思っていたよりもずっと簡単で拍子抜けしてしまいましたが(笑) ふるさと納税を活用することで、実質負担額2,000円でお肉や魚介類、その他各地の特産品や伝統工芸品など、普通に買うと何万円もするようなものを手に入れることができます。 賢く使えばとても大きなメリットが得られる制度ですので、ぜひ活用してみてください。 今回は、 [続きを読む]
  • この冬挑戦!家庭でできる問題解決学習2選!②
  • 前回の記事では、家庭で問題解決能力を伸ばすことのできる題材として、「料理」と「旅行」を紹介し、そのうち「料理」について詳しく説明しました。 ⇒この冬挑戦!家庭でできる問題解決学習2選!① 今日の記事では、もう1つの題材である「旅行」をテーマに、家庭で問題解決能力を伸ばす方法について紹介していきます。 日帰りでも宿泊でもOK「旅行」と聞くと、何か特別なところへいったりお金や時間をかけてやらなければならない [続きを読む]
  • この冬挑戦!家庭でできる問題解決学習2選!②
  • 前回の記事では、家庭で問題解決能力を伸ばすことのできる題材として、「料理」と「旅行」を紹介し、そのうち「料理」について詳しく説明しました。 ⇒この冬挑戦!家庭でできる問題解決学習2選!① 今日の記事では、もう1つの題材である「旅行」をテーマに、家庭で問題解決能力を伸ばす方法について紹介していきます。 日帰りでも宿泊でもOK「旅行」と聞くと、何か特別なところへいったりお金や時間をかけてやらなければならない [続きを読む]
  • この冬挑戦!家庭でできる問題解決学習2選!①
  • 思考力・判断力・表現力や問題解決能力を伸ばす、ということが教育のキーワードになって久しいですね。 今求められている「生きる力」の中核をなす要素が上記の力になっています。 問題解決能力とは一般に、学校で課題に取り組む中で培っていくもの、というイメージが強いのですが、実はこれらの力は家庭生活において育んでいくことができる力でもあります。 それは、家庭生活はリアルな課題に直面する機会がたくさんあるからです [続きを読む]
  • 候補紹介!東京五輪のマスコットは小学生が決める!
  • 東京オリンピックに向けた準備が着々と進んできているようですが、先日、東京オリンピックの公式マスコットキャラクターの最終候補案が発表されました。 応募総数2,042件の中から専門家の審査を通り抜け、最終候補案として残ったの3つの候補。 最終決定のための投票は、日本全国の小学生の手によって行われるようです。 それぞれの候補紹介と、投票のシステムについてみてみましょう。 三作品から小学生が選ぶ!!候補に残った三作 [続きを読む]
  • 羽生善治竜王が永世7冠達成!どれくらいすごい?
  • 12月5日、羽生善治竜王が渡辺明前竜王に勝利し、通算7度目の竜王位を獲得しましたね。 これで、永世竜王の資格を手にし、7つある全ての永世称号を制覇する「永世7冠」を達成しました。 これは将棋史上初の出来事、前人未到の大偉業です。 タイトル数も通算99期となり、通算100期の大台にリーチをかけています。 羽生さんの記録がどれほどすごいものなのか、その偉業を追ってみたいと思います。 将棋の7大タイトル将棋には、永世称 [続きを読む]
  • 1年生の1割が発達障害?それって本当なの?
  • 先日、ネットニュースを見ていたら驚きの記事を発見しました。 【集団の中で浮いてしまう…小学1年生の1割、発達障害か】 様々な自治体で、「1年生の中で発達障害と思われる子はどれくらいいますか?」と質問したところ、多くの自治体で「10%以上」という回答が得られたというのです。 発達障害は近年急速に広まったので、言葉が独り歩きしてしまっていないか、という不安を覚えました。 一部では、空気が読めなければ発達障害、 [続きを読む]
  • 勉強が苦しいという考えはそろそろ捨てませんか?
  • 先日、NHKの「ウワサの保護者会」という番組で、目が飛び出るほど驚いてしまう発言がありました。 それは、「勉強とは?」というテーマについて語っている最中のある保護者の発言で、以下のようなものでした。 「悩み苦しんでいる子供を見ると安心して、楽しそうにやっていると止めたくなっちゃう」 あなたはこの一言を聞いてどのように思われますか? もしかしたら、確かに、と思う方もいらっしゃるかもしれません。 この発言は [続きを読む]
  • 手芸や工作が子供の発達に最高な3つの理由
  • あなたのお子さんは手芸や工作に取り組むことが多いでしょうか? 実は、手芸や工作に取り組むことは、お子さんの発達にとって素晴らしいメリットがあるのです。 手芸や工作というと、売り物になるレベルのものを作らないといけないような気がしてしまいますが、そんなことはありません。 砂場で砂のお城を作ることだって、立派な工作です。 ぜひ、この機会にお子さんの興味や関心に合った手指を使う遊びを取り入れてみてください。 [続きを読む]
  • 子供の心を守るサポートとは?
  • レジリエンスについてのまとめ最後の記事になります。 (参考)第1回 レジリエンスの概要第2回 レジリエンスが高い人の3つの共通点第3回 レジリエンスを育む4つのステップ第4回 生活習慣を確立させる3本の柱第5回 「失敗は成功の元」ではありません。第6回 あなたは子離れできていますか? 今回は、第3回で紹介したレジリエンスを育む4つのステップのうちの4つ目、「サポートを活用する」ためのポイントについて紹介していき [続きを読む]
  • 【レジリエンス⑥】あなたは子離れできていますか?
  • レジリエンスについての記事第6回目です。 (参考)第1回 レジリエンスの概要第2回 レジリエンスが高い人の3つの共通点第3回 レジリエンスを育む4つのステップ第4回 生活習慣を確立させる3本の柱第5回 「失敗は成功の元」ではありません。 今回は、第3回で紹介したレジリエンスを育む4つのステップのうちの3つ目、「役割を意識させる」ためのポイントについて紹介していきます。まずは、子供の得意分野と興味に目を向けるあな [続きを読む]
  • 【レジリエンス⑥】あなたは子離れできていますか?
  • レジリエンスについての記事第6回目です。 (参考)第1回 レジリエンスの概要第2回 レジリエンスが高い人の3つの共通点第3回 レジリエンスを育む4つのステップ第4回 生活習慣を確立させる3本の柱第5回 「失敗は成功の元」ではありません。 今回は、第3回で紹介したレジリエンスを育む4つのステップのうちの3つ目、「役割を意識させる」ためのポイントについて紹介していきます。まずは、子供の得意分野と興味に目を向けるあな [続きを読む]
  • 「失敗は成功の元」ではありません。
  • 第5回目となるレジリエンスについての記事。 (参考)第1回 レジリエンスの概要第2回 レジリエンスが高い人の3つの共通点第3回 レジリエンスを育む4つのステップ第4回 生活習慣を確立させる3本の柱 今回は、第3回で紹介したレジリエンスを育む4つのステップのうちの2つ目、「成功体験を積む」ためのポイントについて紹介していきます。 まずは家庭で成功体験を!2つ目のステップも、やはり基本は家庭です。 一番安心できる家庭 [続きを読む]
  • 【レジリエンス④】生活習慣を確立させる3本の柱
  • レジリエンスについての記事も第4回目となりました。 (参考)第1回 レジリエンスの概要第2回 レジリエンスが高い人の3つの共通点第3回 レジリエンスを育む4つのステップ 今回は、第3回で紹介したレジリエンスを育む4つのステップのうちの1つ目、「生活習慣を確立する」ためのポイントについて紹介していきます。 生活習慣を確立させるために大切な「家庭」「学校」「地域」の3つの柱を押さえて、お子さんが安定した環境で過ご [続きを読む]
  • レジリエンスを育む4つのステップとは?
  • ここまで2回に渡って記事にしているレジリエンス。(過去記事)第1回 レジリエンスの概要第2回 レジリエンスの高い人に共通する3要素 今回は、実際にどのようにレジリエンスを高めていけばよいのか、4つのステップを紹介します。 焦らず、ステップ1から順を追って取り組んでいくことで、必ずレジリエンスを高めることができます。 今回は、それぞれのステップの概要を説明します。詳しい内容はまた別記事で取り上げますが、まず [続きを読む]
  • レジリエンスが高い人にある3つの共通点とは?
  • さて、前回の記事では、レジリエンスを高めることを通して「しなやかな心」を育てることの大切さについて説明しました。レジリエンスの概要についても書いていますので、まだご覧になっていない方は一度お目通しいただけると、この先の話がスムーズに理解できるかと思います。 今求められている新しい力「レジリエンス」とは? 今日は、レジリエンスを構成する「3つの要素」について説明し、レジリエンスがある人の特徴をまとめて [続きを読む]
  • 今求められている新しい力「レジリエンス」とは?
  • あなたはレジリエンスという言葉を知っていますか?辞書で引くと、自発的治癒力や精神的回復力など、難しい言葉で説明されていることが多い言葉です。 現在の育児や教育の現場では、「立ち直る力」として用いられることが多く、本記事でもそのように扱います。 レジリエンスを高めるとは、決して折れない強い心を育てるのではなく、折れたり曲がったりしてもまた立ち直る心を育てることをいいます。 現代のストレス社会では、無理 [続きを読む]
  • 思考力を鍛える決定版!『考える練習をしよう』
  • 私は保護者の方から度々、「何か読ませた方がいい本はありますか?」と質問をいただくことがあります。 大人が読むべき本や子供と一緒に読むとよい本、子供に自由に読んでもらいたい本などいくつか紹介するのですが、その時に必ず紹介する一冊があります。 それが、本日紹介する『考える練習をしよう』という本です。考える練習をしよう (子どものためのライフ・スタイル)posted with カエレバマリリン・バーンズ 晶文社 1985-03-2 [続きを読む]
  • 子供でもできる!ストレスは〇〇に例えましょう。
  • あなたはストレスといわれるとどんなことを考えますか? 日々の仕事や子育てのこと、お金のこと、近所づきあいのこと・・・。人それぞれ様々な場面でストレスを感じていることでしょう。 では、あなたのお子さんはどんなことにストレスを感じていると思いますか? 毎日の宿題、塾や習い事、友達との関係・・・。 子供も大人と同じようにストレスを抱えて生きています。 しかし、子供は自分の心をよく理解できていない面も多く、ス [続きを読む]
  • バウンスオフでコーディネーションに挑戦!
  • あなたはバウンスオフというテーブルゲームを知っていますか? あの大ヒットカードゲーム「UNO」を発売しているマテルゲームスから登場した、海外で大流行している遊びです。 ルールはとってもシンプルです。指令カードのカタチになるように、付属のトレーを目指してボール投げ入れて、最初に自分の色のボールでカタチを完成させた人の勝ちとなります。 実際に買っていろいろと遊んでみた結果、なかなか良い感じでしたのでご紹介し [続きを読む]
  • 大掃除に備える!最新お風呂掃除グッズ3選!
  • 日に日に寒さが厳しくなってきました。街も少しずつイルミネーションが始まり、年の瀬を感じます。 さて、年末といえば大掃除ですが、あなたはもう大掃除の準備はお済みですか? 年末になって、いざ「やろう!」としたときに、必要なものがないと困ってしまいますよね。また、「年末にやればいいや」とあまりにも汚れを放置した状態にしておくと、掃除だけで年を越してしまうなんてことも・・・。 今日は掃除の中でも手ごわい敵で [続きを読む]
  • 家庭でできる!平仮名の読みチェックと支援の方法
  • あなたはお子さんがどれくらいひらがなを正しく、滑らかに読むことができるか知っていますか? 読めると思っていても、意外なところに落とし穴があったりするものです。 特に、日常よく出てくる名前やものについては問題なく読めていても、それ以外の文字や単語は読めないことも多々あります。 今回は、家庭でも簡単に行うことができる、簡易的なひらがなの読みチェックについてご紹介します。 お子さんの様子に応じて活用してみて [続きを読む]