toshi さん プロフィール

  •  
toshiさん: 週末はキャンプ・アウトドアに行こう!
ハンドル名toshi さん
ブログタイトル週末はキャンプ・アウトドアに行こう!
ブログURLhttps://tk-camp.com
サイト紹介文東京近郊でキャンプを楽しむサラリーマンが、おすすめのキャンプ道具やキャンプ場を紹介します!
自由文東京近郊にある無料のキャンプ場や、実際に使って便利だと思った道具等、経験に基づいた記事を多数掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2017/09/22 11:54

toshi さんのブログ記事

  • コールマンのファイアープレイススタンドは焚き火料理に便利!
  • グリルの上に置いて、焚き火や炭火で料理を楽しめる、焚き火スタンド。三本足のものはトライポッドなんて呼ばれたりもします。 私は今ロゴス(LOGOS)のクワトロポッドを使っていますが、次買い換える時はこれ!と決めているものがあります。(ちなみにロゴスのクワトロポッドについてはこちらをご参考にしてください。)リンク : クワトロポッド(トライポッド)で焚き火・料理をしよう! それは、コールマンのファイアープレイススタン [続きを読む]
  • BURTONからキャンプ道具が!?実際にギアを触ってみた感想
  • 先日スポーツオーソリティのキャンプ道具コーナーを見ていたら、「BURTON」と書いてあるギアが目に入りました。BURTON(バートン)と言えば一流スノーボードメーカーです。時季が時季なので、「あれ?コーナーを間違えたかな?」とか、「キャンプ道具コーナーに、キャンプでも使える小物を置いているのかな?」とも思いましたが、調べてみるとバートンは正式にキャンプ道具を出しているようですね。 今回置いてあったのは、「CHAIR K [続きを読む]
  • 注目の焚き火台グリル!ユニフレームの焚き火ベース450
  • 焚き火台にもグリルにもなる、というのは今では珍しくもなく、多くのギアに取り入れられている構造の一つです。そんな一体型の焚き火台・グリルですが、「焚き火ベース」という、ユニフレーム(UNIFLAME)から非常に気になるグリルが登場しました。 名前的には焚き火台のようですが、焚き火台とグリル、どっち寄りかと言われると、どちらかと言うとグリル寄りです。もちろん薪でも焚き火を楽しめますが、炭でも扱いやすそうです。今 [続きを読む]
  • アウトランダーPHEVで快適電源キャンプをしてみた
  • アウトランダーPHEVを購入してから、ルーフボックスを取り付けたり、トランクトレイを購入したりと、様々な準備をしてきました。そして満を持して、実際にキャンプに行ってきました。 普段使い兼用なので、買い物に行ったり旅行に行ったりと、結構乗ってはいるのですが、キャンプに行くのは初です。キャンプを楽しむのがアウトランダーPHEVの目的の一つでもありましたので、ようやくキャンプに行ける!とワクワクしていました。初 [続きを読む]
  • なぜキャンプブームが再熱しているのか!?5つの理由を考察
  • 近年、キャンプブームが再熱していると言われています。日本オートキャンプ協会によると、キャンプ人口は2013年以降、増加し続けているとされており、第二次キャンプブームが起こっていると言えるでしょう。 しかし何故ここに来てキャンプが流行るのか?その主な理由を5つ考察していきます。その前に、なぜ「第二次」なのか?なぜ「再熱」なのか?という点にも触れていきます。そもそも”再熱”って?冒頭で「第二次キャンプブー [続きを読む]
  • 冬キャンプって何するの?冬キャンプの楽しみ方おすすめベスト3
  • キャンプって何するの?という疑問はよくありますが、夏であればそれなりに見つけやすいのではないでしょうか。特に子供のいる家庭であれば、川遊びをしても良いし、虫取りをしても良い。 しかし冬キャンプは何をしたら良いのでしょうか?自然と触れ合うと言っても、動植物はほとんどないし、アクティビティなんかもない。何をしていいか分からず、ひたすらボーっとしているのかもしれませんが、実のところそれで良いのです。 今回 [続きを読む]
  • 耐熱・高耐久!100均のステンレス皿がキャンプに便利!
  • 私がキャンプの食事の時によく使うのが、何の変哲もないステンレスのお皿です。本当に、ステンレスをただお皿の形にしただけなので、嫁からはよく「犬のエサ入れ」と冗談交じりに言われますが、それくらいシンプルです。私もお洒落なものが嫌いなわけではないので、値段も使いやすさも同じであれば、デザインがあった方が良いです。 しかし世の中そう甘くはないので、当然お洒落なものにはデザイン料や加工費が入っています。そう [続きを読む]
  • LOGOSのインフレートまくらとcolemanのインフレーターピローを比較!
  • 家で寝る時でも、深い睡眠に欠かせないのが枕です。最近は枕専門店があるほど、枕の質にも注目が集まってきました。それはキャンプにおいても同じことです。睡眠の質はキャンプの楽しさそのものに直結するので、合わない枕を使い続けるのはおすすめできません。 今回はキャンプの枕で人気の、インフレータータイプの枕について書いていきます。画像出典 : LOGOS私はコールマン(coleman)のインフレーターピローⅡとロゴス(LOGOS)の [続きを読む]
  • 【ロースタイル】キャンプのミニテーブルはあればあるほど便利!
  • 私がキャンプをする際、ロースタイルでキャンプをすることが多いです。ロースタイルの場合、当然ながらテーブルもチェアも背の低いものがメインになります。私がメインテーブルとして使っているのは、ユニフレームの焚き火テーブルです。リンク :耐熱仕様のユニフレーム(UNIFLAME)焚き火テーブルの感想 しかし、まだ少人数キャンプなので良いですが、正直、ファミキャンでロースタイルを行う場合は、焚き火テーブル一つだけではサ [続きを読む]
  • インフレートまくらでも痛くない!ロゴスの枕カバーの感想
  • 私はキャンプで寝る時、コールマン(coleman)のインフレーターマットを使っています。インフレーターマットは中の高反発素材の力により、栓を開けると勝手に空気が入ってきます。分厚くて寝心地が良いのもメリットですが、もう一つのメリットは「空気を抜けばコンパクトになる」という点です。リンク : 自動で空気が入るコールマンのキャンパーインフレーターマットの感想 そんなインレーターマットと同じ構造で、コンパクトに畳め [続きを読む]