カルピン さん プロフィール

  •  
カルピンさん: カルピンの競馬予想・攻略
ハンドル名カルピン さん
ブログタイトルカルピンの競馬予想・攻略
ブログURLhttp://karupinn.hatenablog.jp/
サイト紹介文主にJRAの重賞予想などをやります。みなさんと楽しく競馬予想できればいいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 152日(平均4.2回/週) - 参加 2017/09/23 18:30

カルピン さんのブログ記事

  • 人気馬が大敗した理由!?
  • 人気馬が、大きく負けたのには理由があります。それを少し知るだけで、次回馬券を買う時の参考にもなります。展開に不利があった審議対象になるような明らかな不利を受けていれば、次走でも人気を集めることになるが、レースのペースや位置取りから、展開に不利がなかったか検討することができる。例えば、逃げ馬同士で競り合ったり、スローペースで差し・追い込みが届かなかったなどの不利が見つかれば、 [続きを読む]
  • 馬連と馬単を買う!?
  • そこそこの的中率と配当金が受けとれる馬連・馬単はおもしろい馬券の買い方かもしれない。馬連と馬単の違い馬連の買い目の裏表を両方買うのが馬単であり、つまり、馬単の買う点数は馬連の2倍になる。その代わり、馬単の配当は馬連の2倍程度になる。どちらを買うべきかひとつの指標は、軸馬の信頼度である。1着は固いと思うなら馬単を、2着までに入りそうなら馬連を選択する。多頭数(12頭以上)であれ [続きを読む]
  • フェブラリーステークス(GⅠ)予想
  • フェブラリーステークス(GⅠ)東京競馬場ダート・左周り 1600m予想は、◎本命 〇対抗 ▲単穴 △抑え ☆穴でやっていきます。◎10テイエムジンソクチャンピオンズC(GⅠ)では、2着になっており、前走の東海ステークス(GⅡ)では勝利している。実績抜群なのだが、ダートの1600mは走ったことがなく、適正は未知数だが、距離短縮は有利に働くと思っていい。有力馬が後ろから来る馬が多いので、先行力のあるこ [続きを読む]
  • パドックで仕上がりが好調な馬を見抜く!?
  • 好仕上がりの馬仕上がりの良し悪しの判断は、下腹の線が重要です。腹帯(鞍をくくりつける帯)から後ろの線が緩やかな丸みを帯びつつ、自然に股下にへせり上がっていくラインがベスト。この線のカーブがたるんでいると太め、丸みが不足していると細めと判断する。ふっくら見せる必要な筋肉が充実して全身がほどよく丸みを帯びた状態。減っていた馬体が戻り、いいときの状態に近づいているサインでも [続きを読む]
  • 小倉競馬場の特徴!?
  • 小倉競馬場の特徴!?・コース形態  右回り・芝コース1615m、直線 293m・ダートコース1445m、直線 291m・障害コース1317m、たすき 480m・開催重賞小倉大賞典、小倉記念北九州記念、小倉2歳S(すべてGⅢ)典型的な平坦で小回りなコース直線は平坦だが、実際は2コーナー付近が高くなっており、芝コース全体の高低差は2.96mある。2コーナーにかけて上った分を2段階の坂で下り、フラットな直線に入っていく構造とな [続きを読む]
  • 中京競馬場の特徴を知る!?
  • 中京競馬場の特徴!?・コース形態  左回り・芝コース    1705.9m、直線 412.5m・ダートコース1530m、直線 410.7m・障害コース芝コースを使用・開催GⅠ高松宮記念、チャンピオンズカップ長い直線と急坂!?中京競馬場の芝コースの直線は412.5mと長く、また坂の勾配は中山競馬場の2.24%に次ぐ2%で、西日本地区で最もきつい急坂となっている。緩急をこなす能力が必要!?このコースの特徴は、そのアップダウ [続きを読む]
  • 阪神競馬場の特徴を知る!?
  • 阪神競馬場は、外回りコースの一周距離は2089mで東京競馬場を上回り日本最長である。阪神競馬場の特徴!?・コース形態 :右回り・芝コース外回り 2089m、直線 473.6m内回り 1689m、直線 356.5m・ダートコース1571.6m、直線 352.6m・障害コース1366.7m、たすき403.7m・開催GⅠ桜花賞 宝塚記念 大阪杯 阪神JF朝日杯フューチュリティステークスゴール前の急坂!?内回りでは残り800m、外回りでは残り600mか [続きを読む]
  • 東京新聞杯(GⅢ)2018 予想!!!
  • 東京新聞杯(GⅢ) 東京競馬場 芝 1600m予想は、◎本命 〇対抗 ▲単穴 △抑え ☆穴でやっていきます。◎1 アドマイヤ―リード去年のヴィクトリアマイル(GⅠ)を勝利している。抜群の末脚は、この東京コースには向いている。重い馬場も苦にしないし、斤量が軽いのもプラス材料である。できれば内枠は避けたかったが、不器用な馬ではないのであまり気にする必要もない。〇7 クルーガー近走では良い成績を残しており、 [続きを読む]
  • 中山競馬場の特徴を知る!?
  • 芝コースは2コーナーで分岐して内回りと外回りに分かれる。3コーナー地点で再び合流するコースとなっている。内回りは外回りと比較してかなりタイトで小回りである。皐月賞や有馬記念などのGⅠレースが開催される。中山競馬場の特徴!?コース形態  :右回り芝コース   内回り 1667m、外回り 1840m直線 310mダートコース 1439m 直線308m・障害コース  1456m たすき 447.424m直線(芝 256m ダート290m)・開 [続きを読む]
  • 「ギャンブル」に依存して失うもの!?
  • 日本には、とにかくギャンブルが溢れています。身近なもので言えば、パチンコ・スロット、公営ギャンブルである競馬、競艇、競輪など、そして宝くじなどもギャンブルのひとつです。とにかく、私たちの身近にこれらはあふれています。ギャンブル人口は日本国内に2000万人以上いて、かなり大きな市場規模であります。近年では「ギャンブル依存症」という言葉をよく耳にします。少しの興味で始めたギャンブルが、数年後には「ギャ [続きを読む]
  • 3連複の買い方!?
  • 例えば、人気馬が1頭、2頭いるようなレースで単勝や馬単、馬連に配当が見込めないとき、3連複に人気薄が飛び込んでくれば高配当が期待できる。このときに重要なことが軸馬を見極めることでる。青いカードで軸1頭流しと軸2頭流しを選択することができる。赤いカードでボックスで購入することができる。軸1頭流しの考え方!?軸1頭の場合は、最も3着までに入る可能性が高い馬を軸とする。このとき相手に3着に入る馬を複数選ぶ [続きを読む]
  • 3連複の買い方!?
  • 例えば、人気馬が1頭、2頭いるようなレースで単勝や馬単、馬連に配当が見込めないとき、3連複に人気薄が飛び込んでくれば高配当が期待できる。このときに重要なことが軸馬を見極めることでる。青いカードで軸1頭流しと軸2頭流しを選択することができる。赤いカードでボックスで購入することができる。軸1頭流しの考え方!?軸1頭の場合は、最も3着までに入る可能性が高い馬を軸とする。このとき相手に3着に入る馬を複数選ぶこ [続きを読む]
  • 京都競馬場の特徴を知る!?
  • 京都競馬場の特徴!?コース形態   :右回り芝Aコース   :外回り(1894m)、直線 404m 内回り(1783m)、直線 328mダートコース  : 1608m、直線 329m障害コース : 1414m開催GⅠ :  天皇賞春、秋華賞、菊花賞          エリザベス女王杯、マイルCS心臓破りの坂!?3コーナーの外回りには高低差4.3m、内回りには3.1 [続きを読む]
  • 京都競馬場の特徴を知る!?
  • 京都競馬場は、別名は淀と呼ばれる。芝の1周距離は東京・新潟に次いで3番目に長い。ダートは東京に次いで長い。3コーナーで内回りと外回りに分かれて4コーナーで合流するため、内回りと外回りで直線の長さが異なっている。京都競馬場の特徴!?・コース形態   :右回り・芝Aコース   外回り(1894m)、直線 404m内回り(1783m)、直線 328m・ダートコース  1608m、直線 329m・障害コース : 1414m [続きを読む]
  • 馬体重から馬の調子を知る!?
  • ほとんどの競走馬が400〜500キロ台である。1キロ、2キロの増減は飼い葉を摂取したりすることで増減するが、微細な変化なので気にすることはない。調教をすれば2〜6キロほど減り、トレセンから競馬場へ輸送すると6〜10キロほど減るのが普通である。数キロ程度の増減はさほど気にすることはないが、大幅に減ってしまってる場合や減り続けている場合は注意が必要である。〇 レースをするたびに馬体が増える成長期の馬であれば、 [続きを読む]
  • 東京競馬場の特徴を知る!?
  • 東京競馬場は、東京都府中市にある日本を代表する競馬場の一つです。ここでは、日本競馬の最高峰である日本ダービー(東京優駿)やオークス(東京優駿牝馬)、ジャパンカップなどの大きなGⅠレースが行われます。東京競馬場の特徴コース形態  :左回り芝コース   :2083.1m  直線 525.9mダートコース :1899m   直線 501.6m障害コース  :1674m   直線 (芝 463m  ダート489m)開催GⅠ    : [続きを読む]
  • 東京競馬場の特徴を知る!?
  • 東京競馬場は、東京都府中市にある日本を代表する競馬場の一つです。ここでは、日本競馬の最高峰である日本ダービー(東京優駿)やオークス(東京優駿牝馬)、ジャパンカップなどの大きなGⅠレースが行われます。東京競馬場の特徴・コース形態  :左回り・芝コース   2083.1m  直線 525.9m・ダートコース 1899m   直線 501.6m・障害コース  1674m  直線 (芝 463m  ダート489m)・開催GⅠ [続きを読む]
  • 脚質から見る強い馬と危険な馬!?
  • 馬の脚質には、大きく分けて4つのタイプが存在する。逃げ馬、先行馬、差し馬、追い込み馬である。レース展開により、脚質の有利不利を受けることはあるが、それよろ重要なことが脚力(走る能力)と気性(精神力)の関係性である。脚力は、走る能力のことであり、スピードや瞬発力、持久力などで構成される。脚質、距離適性、コース適正などに関わってくる。そして、気性は生まれ持った性格のことであり、遺伝によるところが大 [続きを読む]
  • 上がりタイムに注目してみる!?
  • 〇上がりタイム1ハロン(F)は200m、つまり3ハロンは600mのことである。上がりとはゴール前のことなので、上がり3ハロンはラスト600mのことを示します。ここでどれだけ良い脚が使えるか(速いタイム)を出せるかは、レースの考察をするのに参考になる。〇上がりタイムの考え方競馬場の掲示板に表示されるのは3ハロン、4ハロンの上がりタイムであり、競馬新聞に記載されているのは、各馬の上がりタイムである。この上がりタイ [続きを読む]
  • AJCC(GⅡ)予想!!
  • AJCC(GⅡ)中山競馬場 芝・外 2200m◎5 ゴールドアクター有馬記念を始め、中山では重賞を3勝している。前走の宝塚記念からの休養明けとはなるが、実力・実績は申し分ない。距離・コース、脚質に問題は全くない。晩熟期を迎えることになるが、この舞台では力を発揮できる。武豊騎手とのコンビにも期待していいだろう。調教の評価は、良いとはいえないがあんまり気にする必要はない。〇3 ミッキースワロー前走の菊花賞は [続きを読む]
  • 耳の動きから馬の調子を見抜く!?
  • 馬の耳はいろろな動きをします。その動きから馬の発する感情を読み取ることが出来ます。◎ 耳を前に向けているパドックを周回するときに、耳が前方に向いているのは平常心が保たれている証拠です。立ち止まった状態で耳の向いた方向を見つめている場合は、そちらに何か関心を引くものがある状態を示しています。△ 耳をしぼる耳をピタリと後方に倒す仕草で、敵意や警戒心の表れを示しています。さらに、歯をガチガチと噛み [続きを読む]
  • 頭数と枠順に注目してみる!?
  • 枠番と馬番は、ゲートのどこからスタートするのを示します。枠は1〜8枠、馬番は1番、2番と続いていき、最大18番まであります。内枠か外枠かまた、脚質や馬場状態によって、有利不利が生じることがあります。頭数とは、そのレースに出走した馬の数のことを言います。〇少頭数と多頭数について一般的に8頭以下を少頭数、12頭以上を多頭数というが、厳密な定義はありません。頭数の制限は競馬場のコースで決まっており、中央競馬 [続きを読む]
  • ホープフルステークス(G1) 予想!!!
  • ホープフルステークス(G1)を予想してみた。中山競馬場 芝 内 2000m◎9 サンリヴァルルーラーシップ産駒の馬である。母父のアグネスタキオンは、芝2000mを4戦4勝しており皐月賞(G1)も制している。血統的には申し分ない。ここまで先行しても、良い上がりタイムも残せているし、中山の2000mは脚質、コースはベストに近いだろう。調教もなかなか良いようだ。枠も全体的に見てみると悪くない。後は田辺騎手がどこまでやれ [続きを読む]
  • 簡単なレースほど難しいレースはない
  • 「簡単なレースほど、難しいレースはない」と、率直に私は考えている。明らかに矛盾をはらんでいるが、個人的な考えを書いてみようと思う。ここでいう簡単なレースとは、圧倒的な実力馬がいるレースや発走頭数が少ないレース、ハンデ戦ではない、馬場状態が良好であったり、レース展開は平均ペースであるというような状況である。予想が簡単にできるということは、当たる確率は当然高まるわけである。あなたが簡単に当てられる [続きを読む]
  • 簡単なレースほど難しいレースはない
  • 「簡単なレースほど、難しいレースはない」と、率直に私は考えている。明らかに矛盾をはらんでいるが、個人的な考えを書いてみようと思う。ここでいう簡単なレースとは、圧倒的な実力馬がいるレースや発走頭数が少ないレース、ハンデ戦ではない、馬場状態が良好であったり、レース展開は平均ペースであるというような状況である。予想が簡単にできるということは、当たる確率は当然高まるわけである。あなたが簡単に当てられる [続きを読む]