秋桜 さん プロフィール

  •  
秋桜さん: 心つなげて
ハンドル名秋桜 さん
ブログタイトル心つなげて
ブログURLhttps://dousuru.muragon.com/
サイト紹介文夫が逝って後の日々の暮らしぶり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 301日(平均6.9回/週) - 参加 2017/09/23 10:33

秋桜 さんのブログ記事

  • 私は幸せですよね?
  • 照りつける太陽の下、作業する工事現場の人・そして警備する人。 荷物を運ぶ人、様々な人が酷暑の屋外で働いていられる。 冷房の効いた室内で仕事されてる人も通勤では暑い目をされてるでしょう。 そんな通勤地獄も知らず私は冷房の効いた部屋で暇を持て余す生活。 生活に困窮していたら電気代を気にして冷房を我慢して寝苦しい夜を過ごすかも。 そして、今日は「土用の丑」でウナギ受難の日だけどウナギを食べられる幸せ。 [続きを読む]
  • 喜びと楽しみを考えたけど
  • 何もないですねぇ。 惰性で一日を過ごしてる身に喜びなんて有るはずがない。 私の喜びってなんでしょう?。 今更ながら気付かなかっただけで夫との晩酌は喜びの日々だったと思います。 独酌にも慣れたけどそれは喜びでなく「楽しみ」。 遠方の友と会えるのは喜びで其の日の来るのを待っているのが楽しみってこと?。 喜びと楽しみの違いを私の頭で考えるだけ無駄なことでした。 また私には無駄な一日が始ります。 [続きを読む]
  • やり遂げた充足感
  • 昨日のLINE設定。 大袈裟ですが自分で設定が出来た事が嬉しく久し振りに気分が明るい一日でした。 他の人から友達申請が来ない設定の仕方を頭に叩き込む準備期間に二日間。 記憶力が悪いから何度も見ないと覚えられない。 設定したものの知らない人から友達申請が来ないか不安(二名来られたが無視)。 チョッと失敗しかけたけど間違いに気付き直ぐ対処したので今のところは 他から友達申請が来ていないので大丈夫みたい [続きを読む]
  • LINE設定に悪戦苦闘
  • ガラケーとタブレットの二台持ちしてるけどタブレットからLINEが出来るように なったらしいので月の初めから暇を見つけては設定に挑戦していますが難しい… PCの説明書を見ながら操作してるけど出てる機種はアップルマークで 私の機種がandroidだから少し違うのでしょうか?。 なんせIT音痴のうえに専門用語はチンプンカンプンでメカに弱い。 困ってショップに「設定してください」とお願いにいくと店員さんに [続きを読む]
  • 好きだった夏
  • でも、今は嫌い。 夫もサクラも私の視界から消えたのは夏。 好きだった夏が、ただ暑いだけの辛い季節に変わってしまいました。 特に今年の夏は豪雨の被害に遭われた方を思うと尚更辛く 被災地を容赦なく襲う酷暑が恨めしい。 私は何のお手伝いも出来ない。 ただ「祈るだけ」。 [続きを読む]
  • 涙のコンサート
  • 昨日、夫が好きだった北島三郎さんのコンサートに行ってきました。 夫が生きていたら歌を聞きたかったでしょう、サブちゃんを見たかったでしょう。 その想いが「私が代わりに歌を聞きに行くね」とチケットを購入させていました。 席は前から〇列目・真ん中の良席でサブちゃんの表情・仕草がバッチリ!見えました。 私はフアンでないので覚めた目で進行を見ていましたが夫がカラオケで 好んで歌い社員旅行でも歌ってたという曲 [続きを読む]
  • ピカチュウの思い出
  • 昨夜、テレビでちらっと見たポケモンのピカチュウ。 夫の一周忌を待たず後を追うように逝った愛猫サクラが好きだったボール。 ピンポン玉くらいの大きさだったけど転がしては狭い部屋を駆け回っていました。 もう、四年が過ぎたのですね。 亡くなった当時は強度のペットロスに罹り未だに立ち直れていません。 無理もないです。 夫を喪い涙も乾かぬ間に夫の後を追って逝ってしまったのですから。 夫はサクラのすることなら「 [続きを読む]
  • 愛する子や孫の存在
  • 夫を喪ってから死を恐れなくなった。 むしろ一日も早く迎えに来てと望んでいる。 私のように迎えを望む方や愛する人の為に一日でも長く生きるとおもう方。 愛の形は様々ですが私に子や孫がいたら果たして早い迎えを望むだろうか?…と お孫さん達と楽しく過ごす姿を拝見して考えてしまいました。 私の知らない世界ですがきっとお孫さんの成長を見たいと願うでしょう。 亡き人への思慕とお孫さんへの愛情で苦しまれる?。 そ [続きを読む]
  • 侘しすぎて
  • 旅行社募集のパックツァーの温泉なら食事は宴会場なので独りでも平気で 参加していたのですが流石に今回は凹みました。 先ず、シングルで泊まる人は「殆ど居ない」。 二名以上は部屋食だからレストランを利用するのは近隣の家族連れの方。 これは私も覚悟していましたが想像以上に独りの夕食は寂しかったです。 黙々と飲み、黙々と食べているそばで家族団欒の姿。 家で独り晩酌する淋しさの何倍も感じました。 一時間で行け [続きを読む]
  • 今夜は有馬温泉で
  • 成分の関係か温泉アレルギーの私が二回訪ねても大丈夫だったのでもう一回試します。 前の二回は日帰りだったので今回は宿泊で「ゆったり」。 何処でも独食は慣れているけど(団体の宴会食ばかりだから)独り夕食は何十年振り?。 小浜温泉は部屋食だったので仲居さんに「主婦の息抜きですよ」って誤魔化して答えて いたけど今夜はレストランなので孤食の侘しさが漂うでしょうね。 予約する時はその侘しさまで考えていなかった [続きを読む]
  • 時代遅れ
  • LINEを始めようか未だに迷っている私。 便利さは理解していても既読なのに返信がないとか未読のままだとか スルーされているとか便利さ故のトラブルを恐れLINE使用を躊躇してしまいます。 LINEを見たからと直ぐ返信できる状態で無い場合も有るし何か監視されているような… それほど親しくない人からLINEがきたら迷惑だしと考えたらキリが無い。 もう少し考えましょうか。 [続きを読む]
  • 明日は我が身かも
  • 昨夜、水害の惨状をTVでみて淡路阪神大震災の記憶がフラッシュパックして 泣きました。 震災の時は夫と共の避難だったから心強かった。 独りの今はどうだろう?。 その時はその時と思うけどやっぱり不安です。 伴侶がいれば同じ不安でも独りではないという安心感。 居るのと居ないのとではこんなに気持ちの差が出るのですね。 災害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 月並みの言葉しか申し上げられませんが一 [続きを読む]
  • もう少し素直だったら
  • 今ごろ悔いても遅いけどもっと素の自分をだしていればなぁと思う。 普段から手をつないで歩くなんてチャラチャラみっともないと言ってた夫なので 言いだせなかったけど足が悪くなったころ本当は手をつないで歩いてほしかった。 まぁ、あの年代では人前で手をつないで歩く人は少なかったし夫も私の足が そんなに不自由とは気付いていないので仕方なかったかな?。 思い返せばあの時〇〇すれば良かったと思う事が沢山でてくる。 [続きを読む]
  • 今日は七夕
  • 織姫さんと彦星さんが会える日。 一年に一度でも会えるなんて羨ましい。 私も年一度でも会えたら生きる励みになるけど今は淡々と時を消化して そして眠る時これで一歩夫の側に近付けたと思う日の繰り返し。 短冊に願いを記すとしたら「夫に逢えますように」の一筆だけ。 [続きを読む]
  • 迷信だけど
  • 夫が風呂上りに爪を切っていたので私が子供の頃に母親から言われていた言葉 「夜に爪を切ったら親の死に目に会えない」を夫に伝え だから夜に爪を切っては駄目と注意しました。 すると返事は「親の死に目になんか会いたくないからいいんだ」。 夫は素直でなかったな。 本当に嫌なら病院から「何方かご家族を付き添いに」と言われた時は仕事を理由に 断れたのに三日も付き添った。 昨日、風呂上りに爪を切っていて思いだしま [続きを読む]
  • 動揺する心
  • 降り続く雨で土砂災害の恐れが出て避難勧告が発令されています。 該当する地区に住まわれている私と同じ境遇の方はどんなに心細いことでしょう。 幸い私の居住地は全ての面で安全な場所だから落ち着いていられますが(地震は別) 避難勧告に該当する地の住民だったらと思うと心が動揺します。 一緒にいるというだけで安心できる夫の存在感の大きさを改めて感じました。 [続きを読む]
  • 何をする気も起きない
  • 「こんな日もあるさ」と開き直り夫の写真を見ると「何もしなくていいよ」と言ってる。 見た夢が悪かったのかなぁ…パチンコ。 まだ、ギャンブル依存症から抜け切れていないのか。 買い物依存にギャンブル依存が加わればと考えるだけで恐ろしい。 暇が有りすぎるのも考え物です。 歳も歳だし身体は不自由だし有る筈はないけど何処か働く所は無いかなぁ。 生活のメリハリつけたいだけでお給料は要らないんだけど。 朝は苦手な [続きを読む]
  • 忘れていた半夏生
  • 昨日は半夏生だということが頭から抜け落ちていました。 何か忘れてる気がして夫に「今日は何も無い日だよね?」と語りかけ仏壇を見て確かめ サクラの写真も見て確かめたのに…。 半夏生=確かめてなかったのは「カレンダー」でした。 日付と曜日はチラッと眺めただけで暦の所までは見ていなかった。 サクラは好物の蛸のお供えが無しになりましたね(残念でした) 日本の季節毎の風習に無関心な夫に少しでも知ってほしかった [続きを読む]
  • あぁ、しんど
  • 昨日、ネジ釘一本打つのに30分かかってしまいました。 二本だから計一時間 私の根性が曲がっているのか釘が右に左に曲がり真っ直ぐ打てない。 金槌で打つ釘は叩いて終わりだけどネジ釘は垂直に回さないと歪んでしまう。 ネジ釘1本でこんなに苦労するとは思っていなかったです。 途中で投げ出すわけにいかず半べそかきながら夫の「中心がぶれないように」と 言ってたのを思い出し四苦八苦しながら打ち終えました。 思わず [続きを読む]
  • 明るい朝
  • 珍しくスカッとした目覚めで夫の遺影に笑顔でおはよう。 いつも鬱陶しい顔でしか挨拶しないから夫は何があった?とビックリしてるでしょう。 何も良いことはなかったけど…こんな日もあって良いのでは。 夫の日記をみると5年前の今日も天気が良かったらしい。 体調もまぁまぁでこんな日が続いて欲しいと記している。 よし!今日は明るく過ごしましょう。 [続きを読む]
  • 「甘ったれているね」
  • 今朝、目覚めて何となく夫が怒っている気がしました。 空気の流れでそう感じたのです。 「愛する人に先立たれ悲しんでいるのはお前だけじゃない! 殆どの人は辛くても耐えて働き生活しているのだ」と… 衣食住に困らず日々を過ごしていけるなんて幸せですよね。 でも、子供も孫もいない私には日々の暮らしの中で心の安らぎを感じる時がないんです。 甘えているかなぁ… [続きを読む]
  • 買い物依存症
  • 寂しさをオークションやネットショッピングで紛らわせるようになったみたい。 品物を競り落した満足感と梱包を解く時のワクワク感が半端じゃない。 高額な品では無く三千円くらいまでの物をチョコチョコ購入。 「今日は外食したつもり」とか言い訳しながら。 品物を手に取って見て買うわけで無いから届いた品が粗悪品で即、ゴミ箱行きも経験。 要するに「安物買いの銭失い」。 チリも積もれば何とやらで一ヶ月にしたら結構な [続きを読む]
  • 夫はずるい
  • 後に遺される者の悲しみを知らずにすんだ。 愛猫との悲しい別れも知らずにすんだ。 体調を崩してもジッと独りで耐える心細さを知らずにすんだ。 でも、もう少し生きたかったかったんだよね。 私も欲を言わないけどもう少し夫婦でいたかったよ。 [続きを読む]
  • 迷っています
  • 夫が好きだった歌手の公演が7月にあります。 しかし、私の好かん!歌手。 元気な時は知人を通じ前列席を確保し独り行動できぬ夫の為に我慢して行ってました。 夫が亡くなってから今まで公演はあったのでしょうが気にしなかっただけ。 私が嫌いな歌手でも気になった時点で夫の供養の為に行くべきか。 歌を聞くだけだからもう前列の席で無くても良いですね。 行くかどうかは自分で決めることだけど迷います。 [続きを読む]
  • 我が愛に終わりなし
  • 中学二年頃だったでしょうか?。 校外学習で観た洋画のタイトル(和訳)です。 事故か病気で足が立たなくなり再起不能になったミュージカルスター?オペラ歌手? (これも覚えていない)を恋人が励まし、支え、彼女も血のにじむような努力した末に 再び舞台に立てるようになるまでを描いた作品です。 ストーリーはうろ覚えですが其の時は純粋に「愛の力は凄い!」と感激しました。 最近、なぜかこの「我が愛に終わりなし」の [続きを読む]