栄桂あい さん プロフィール

  •  
栄桂あいさん: 九州日和 旅キャンノート
ハンドル名栄桂あい さん
ブログタイトル九州日和 旅キャンノート
ブログURLhttp://tabicamp.com/
サイト紹介文軽自動車で九州女一人旅、キャンプとか郷土菓子とか
自由文九州、旅行、キャンプ、旅映画
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/09/23 13:53

栄桂あい さんのブログ記事

  • まんぷく高知_発祥の店と、幻
  • 『まんぷく』見てるとラーメン食べたくなるよね。高知、愛媛でよく目にして気になっていたチェーン店、豚太郎。せっかくなので本部直営店の介良店へ。もちろんオーダーは、味噌カツラーメン。味噌カツラーメンは高知のご当地ラーメン。その名の通り、味噌ラーメンにとんかつがのっている。その発祥店がここ豚太郎。わたしも萬平さんとラーメン食べたい。 発祥の店をもうひとつ。こちらは高知のご当地パン、ぼうしパンの発祥店「リ [続きを読む]
  • まんぷく高知_日曜市で食い倒れな朝
  • この時高知に行った目的は、日曜市。高知県自体は祖母が住んでいたこともあって何度か行ったことあったのだけど、高知市の日曜市は気になりつつも行ったことなかった。元禄3年(1690年)より300年以上続く日曜市。1.3kmにわたり、野菜、果物、金物などなどなど、約420店が軒を並べる。 まっさきに探したのはいも天。揚げたてのさつまいもの天ぷら。高知のいも天は、生地が厚くてホットドックみたい。お芋ほくほく。 [続きを読む]
  • まんぷく高知_郷土料理に舌鼓の夜
  • 最近NHKの朝ドラ、『まんぷく』にはまっているので、このワードを使いたかった。あー、安藤サクラちゃん最高!! 高知といえばカツオのたたき。私はポン酢が苦手なので塩派です。高知市、土曜日の夕方、ひろめ市場に行ったらすんごい人で、ぐるぐる回っても席が見つからずタバコの煙に気持ち悪くなったので、すぐ近くの明神丸 帯屋町店へ。まずは、生ビールとカツオのたたき。いわずもがな、安定のおいしさです。そして、気にな [続きを読む]
  • 香川お菓子紀行
  • 目次 名物かまど夢菓房 たからのフルーツ大福ひなあられ 名物かまど坂出市の名物。小麦粉生地に黄味餡。饅頭が有名だけど、パイがうまい。 夢菓房 たからのフルーツ大福高松市のお菓子屋さん。フルーツ大福が有名。いちご、はっさく、パイナップルを購入。どれも美味しかったけど、特にパイナップルのジューシーさが忘れられない・・・ ひなあられ4月に行ったにも関わらず、至る所で見かけるひなあられ。旧暦に合 [続きを読む]
  • 愛媛お菓子紀行②
  • 目次 焼きたて母恵夢霧の森大福坂見輝月堂の栗饅頭別子飴 焼きたて母恵夢愛媛の代表銘菓、土産菓子、母恵夢。東温市にある母恵夢スイーツパークでは、焼きたてが食べられるし、生産ラインが見れるし、蛇口からオレンジジュースが出てくる。 霧の森大福 四国中央市の道の駅霧の森、ここに幻の大福があるというので頑張って行ってきた。(宮崎県民からしたら頑張って行くロケーション)抹茶生地の中には生クリームと餡 [続きを読む]
  • 愛媛お菓子紀行①
  • 台風でキャンプに行けないので、13府県ふっこう周遊割を利用して65日(13府県×5日)のお菓子旅行に行くという妄想に耽る。が、わたしにはちょっと重すぎた。65日間旅行の計画と情報収集は想像以上に大変だ。図書館からガイドブックを数冊借りて見ていたら、過去の旅行がなつかしくなったので、ブログにでもアップしとこうかな。 坊っちゃん団子愛媛県松山市の銘菓、色の違う小さな3つの串刺し団子。道後温泉本館目の前 [続きを読む]
  • 矢立高原キャンプ場【宮崎】
  • 9月3連休初日、朝から暑そうになりそうな気配ギンギンだったので、標高900mの気になるキャンプ場へ。矢立高原キャンプ場宮崎県東臼杵郡椎葉村大字大河内1251-95入村料240円+テント500円+税=960円タープ別一部のサイトは乗り入れ可ゴミ捨て有料シャワー 120円+税 椎葉村、日本三大秘境の1つです。秘境キャンプです。くねくね細い山道を対向車が来ないように祈りながらのぼっていくと、開けたキャンプ場が。 [続きを読む]
  • 野々湯温泉オートキャンプ場【鹿児島】
  • 暑いとなかなか南の方には足が向かないけど、標高700m、湯治キャンプが出来そうなキャンプ場を見つけたので居ても立ってもいられなくなって。野々湯温泉オートキャンプ場鹿児島県霧島市牧園町三体堂1824-41休前日1,550円(税込) 平日1,400円(税込)こちらもゴンドーシャロレー同様、テントや区画でなく、人にかかる料金のみ。こういうキャンプ場増えればいいのに。車乗り入れ可。すごいのが、温泉入り放題、この温泉がまため [続きを読む]
  • ゴンドーシャロレー 食事編【熊本】
  • 専用炊事場最高!この時のキャンプの一番の目的は、買ったばっかりのメスティンのキャンプデビュー。まず、いの一番、設営しながらの放ったらかし炊飯。 燻製もしたし、 カレーも食べたし、 蓋を使ってフレンチトーストも焼いた。 直火スペースまで付いてたので、バームクーヘンも焼いたさ(失敗したけど)。 あー、また行きたい。もちっと近かったらなー。 バームクーヘン用に買った、ダイソーの熊手 [続きを読む]
  • ゴンドーシャロレーオートキャンプ場【熊本】
  • 景色のよいオートキャンプ場が大好きです。今シーズンのベストキャンプになるんじゃないかというくらい居心地よくて気に入ったキャンプ場。 ゴンドーシャロレーオートキャンプ場熊本県阿蘇郡南小国町大谷山6338大人1300円車乗り入れ可水場が付いたサイトが多いテントや場所で料金設定せずに、人って、もう完全にソロキャンパーの味方よね。トイレもきれいだし、何よりも、何よりも、この景色!!阿蘇五岳。もう、ホント、住み [続きを読む]
  • 池の窪グリーンパーク・キャンプ場【宮崎】
  • 標高780m、諸塚村に200円で絶景を望めるオートキャンプ場があると知り行ってきた。 池の窪グリーンパーク(もろつかナビへリンク)宮崎県東臼杵郡諸塚村大字七ツ山8650-2広場サイト/オートサイト 200円シャワー 7分100円 オートサイトは3区画。確かに絶景、山並みが美しい。 山を眺め、風を感じ、鳥の声を聞いている間に珈琲が冷める。ただ2つ、問題があって。オートの方には炊事場がない。(水場はある)予約が [続きを読む]
  • 南九州のキャンプ場
  • (自分用メモ)前提:車でソロキャンプ好ましいのは、オートで1500円以内、非オートで1000円以内。グループやファミリーにはお手頃価格でも、ソロだと割高なキャンプ場が多い中、ソロにも優しいキャンプ場をコツコツと開拓中。キャンプ場を選ぶのに標高はとても重要だと思うのだけど、サイトに記載しているキャンプ場は少ないのね。★はリピしたいキャンプ場。【宮崎】ひなもりオートキャンプ場 小林市 ★1400円(当 [続きを読む]
  • ソロキャンプ1年生
  • 2017年5月27日、記念すべきソロキャンプ・デビュー。その頃のブログに載せていた4コマを集めて並べてみた。 4月下旬 衝動的にテントをポチる5月下旬 デビュー未遂1熊本から鹿児島・指宿へ。もしかしたら、と思っていたので、キャンプ道具は車に積んでいた。ガイドブックに定休日の記載がなかったの。泊るかどうかはキャンプ場を見てから決めようと思って、予約の電話はしなかった。一度泊ってみたいキャンプ場なのだ [続きを読む]
  • キャンプの朝、ホットケーキ
  • キャンプ場に向かう途中立ち寄った道の駅、朝採れブルーベリーがこの量で250円。思わず購入。そのまま食べてたら飽きてきたので、これでホットケーキを作ってみることにした。 まずは、ブルーベリーと砂糖を軽く煮て、ジャムっぽくしてみる。その中に、ホットケーキミックス、卵、牛乳を投入。ホットケーキミックスは卵1個に対応して150gずつ個装されているので計る必要がない。牛乳は適当に入れたけど、後で考えたらシェラ [続きを読む]
  • ソロキャン2年目にして、初めて米を炊く
  • 昨年ソロキャンプを始めて以来、ごはんはずっとレンチンのレトルトパックとか家のごはんをラップで包んできたものとかアルファ米だった。外で食べたら何食べても美味しいし、炊くのも片付けるのもめんどうくさかった。だけどなーんか気が触れて、ごはんを炊いてみようという気分に。飯盒もメスティンも持ってないので土鍋で。水も米も分量適当。 道の駅はしごショッピングとキャンプ場からの差し入れて新鮮お野菜たくさん。 よくS [続きを読む]
  • 双子キャンプ村(宮崎)
  • ソロキャンプを初めて2年目の夏。今年初キャンプに行ってきた。場所は宮崎県西米良村、熊本と宮崎の県境、千葉市と同じくらいの面積にたった1200人が住む(千葉市の人口97万人)。面積の96%が森林。秘境といってもよさそうなこの村には、意外にも気になる場所や食べ物がいっぱいあるのだ。ちょうどキャンプ場併設の温泉が温泉博士の手形対象になっていたのと、近くに2つも日本の棚田百選に選ばれた棚田があるので行って [続きを読む]
  • 別府で食べたもの
  • 別府の楽しみは「温泉」のみならず。「食」もかなりいけるのだ。ご当地グルメの別府冷麺、大分郷土料理とり天発祥の店、海に面しているのでモチロン海鮮、他にもチェックしているお店多数。限られた胃袋のスペースと時間、何食べようか迷う。今回は、すべて別府駅徒歩圏内で。 到着してすぐのお昼ごはん。すっごく気になっていたお店の海鮮丼。やっと来れたー!と思っていたら、かなりがっかりだった。 気を取り直して、夕ごはんは [続きを読む]
  • 別府・駅前高等温泉に泊ってみた
  • おんせん県の中心、別府で前々から気になっていたのが駅前高等温泉。別府駅のすぐ近くで大正時代に建てられた洋館風のレトロな建物が可愛らしい温泉。入浴料は200円。ぬる湯とあつ湯の2つがある。あつ湯は、前に入った人の好みでそれほど熱くない時もあるけど、痛いくらい熱い。これ、このあたりの相場の2倍の金額なんだから、恐るべしおんせん県。別府サイコー!!別府駅すぐ近くのロケーションで、温泉入り放題で、1泊27 [続きを読む]
  • 佐賀市でお菓子屋さん巡り
  • 佐賀市でお菓子屋巡りといえば、丸ぼうろ巡りと言い換えても過言ではない。丸ぼうろは17世紀にポルトガルから伝わった南蛮菓子の1つ。起源は2つ、北島説と鶴屋説がある。 北島1696年(元禄9年)創業気になっていた「オブリガード(丸ぼうろを生姜の糖蜜でコーティング)」は残念ながら製造中止。ここは近隣の有料駐車場にとめなければいけないので、丸ぼうろ1つ買うだけってもったいない気がして、「玄ぼうろ」なるものも買っ [続きを読む]
  • 大分・中津市でお菓子屋さん巡り
  • 地域に根付いたお菓子に興味を持つまで、完全ノーマーク、存在すらしらなかった大分県中津市。実は興味ひかれるお菓子の宝庫だった。 殿畑双葉堂お土産でおなじみの「ビスマン」。ビスケット饅頭、名前そのまま、ソフトなビスケットの生地に白餡。レトロかわいい焼き菓子。お茶でも飲んでいってとかけられた声に甘えて、店内で朝食をとらせてもらうことに。その場で食べる分はお皿にのせてくれたうえに、お会計している間にコーヒ [続きを読む]
  • 熊本市でお菓子屋さん巡り
  • 熊本市でお菓子屋さんを巡ってみた。やる気マンマンでバスや市電が1日乗り放題のわくわく1dayパスを購入。まず、向かった先は、桃山式日本庭園が美しい細川氏別邸の水前寺公園。 公園に入る前に、参道にある「はやしのいきなり団子」を食す。イモと生地と餡のバランスがほどよく、人気なのも納得。おいしゅうございました。 そして、中にはいってみはらしにて「望月」を購入。黄身あんを淡雪で包んだ知る人ぞ知る人気のお菓子、 [続きを読む]
  • 南九州、湯治宿のすゝめ
  • 九州南部、標高の低い所での車中泊、厳しくなってきた。そこでオススメなのが湯治宿。調べてみると、部屋は個室、温泉入り放題、共同キッチンがあって、無料駐車場付きで3000円きるところがいくつもある。湯治する人の宿だから、もちろん名湯にちがいない。私、温泉が好きで、湯治に憧れを抱いている。本格的湯治をするべく時に供え、下見も兼ねて泊ってみた。 鹿児島県指宿市 指宿温泉温泉宿 元屋2800円 2泊目以降2 [続きを読む]
  • 太宰府は「梅が枝餅」だけじゃない
  • 菅原道真が太宰府に左遷された時好物だったお餅に、道真死後、梅を添えてお墓に供えたのが始まりだといわれている「梅が枝餅」。太宰府天満宮参道には「梅が枝餅」屋さんがいっぱい。これは食べ比べせねば。松屋もっちり。 かさの家団子気味の生地、お米の香りがふわぁ。 笠の家甘めのあんこ。 どのお店も全然違う。自分好みの梅が枝餅探しが楽しい。今回は生地もっちりの松家がお気に入り。 もうひとつのお目当て、梅園菓子処 。 [続きを読む]