まあ坊 さん プロフィール

  •  
まあ坊さん: まあ坊の気ままな旅日記
ハンドル名まあ坊 さん
ブログタイトルまあ坊の気ままな旅日記
ブログURLhttps://maabou2016.muragon.com/
サイト紹介文車中泊しながら道の駅巡りをしています。
自由文老後の資金を貯めながら日頃の生活費を節約して愛車で車中泊ひとり旅が趣味です。どうぞ宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 223日(平均1.7回/週) - 参加 2017/09/24 05:42

まあ坊 さんのブログ記事

  • 2017年10月12日「道の駅上田 道と川の駅」おおきな岩鼻です。
  • 2017年10月12日8時41分 「道の駅上田 道と川の駅」に到着しました。 川の駅も兼ねているようです。 あさ6時に「道の駅花の駅 千曲川」を出て小雨が降る中 長野市内を通過です。 わずか40キロ程の道のりですが  国道は早朝にもかかわらず激混みでした ( ̄ー ̄; ヒヤリ 道の駅上田 道と川の駅(みちのえき うえだ みちとかわのえき)は、 長野県上田市にある国道18号の道の駅です。 2010年4 [続きを読む]
  • 2017年10月11日「道の駅花の駅 千曲川」
  • 2017年10月11日 あたりが薄暗くなった頃「道の駅花の駅 千曲川」 に到着しました。 この日はこの道の駅で休ませて頂きました。 道の駅花の駅 千曲川(みちのえき はなのえき ちくまがわ)は、 長野県飯山市にある国道117号の道の駅です。 春の道路周辺には大規模な菜の花畑が広がり、満開になるゴールデンウイークの頃 には多くの観光客が訪れるそうです。 また菜の花は付近の国道沿いにも多く植栽されてい [続きを読む]
  • 2017年10月11日「道の駅クロス10十日町」
  • 2017年10月11日 「道の駅ちぢみの里おぢや」を出て国道17号から117号に乗り換え しばらく走ると小高い丘にある街、10十日町に出ます。 以前から寄ろう寄ろうと思っていた道の駅クロス10十日町 (みちのえき クロステンとおかまち)があります。 今回は思い切って寄り道です。道の駅クロス10十日町は、 新潟県十日町市にある国道117号の道の駅です。 国道117号から県道340号に曲がるとありまし [続きを読む]
  • 2017年10月12日「上田城跡公園にて」藤井松平伊賀守家。
  • 2017年10月12日「上田城跡公園」にて 上田城の歴史は真田昌幸により千曲川沿いに上田城(天正11年(1583年)着工) を築いたことから始まりました。 慶長5年(1600年)の第二次上田合戦では、西軍に与して徳川秀忠軍3万2千を 数千の兵で撃退しましたが、関ヶ原の戦いで石田三成率いる西軍が敗れたため、 昌幸・真田信繁(幸村)父子は紀州九度山に幽閉されます。 その後上田城は破壊され 解体された資 [続きを読む]
  • 2017年10月11日「道の駅ちぢみの里おぢや」
  • 2017年10月11日15時31分 「道の駅ちぢみの里おぢや」に寄り道しましたが、この日は水曜日  道の駅の一押し日帰り温泉は定休日でした。 道の駅ちぢみの里おぢや(みちのえき ちぢみのさとおぢや)は、 新潟県小千谷市にある国道17号の道の駅です。 1994年(平成6年)4月26日に道の駅に登録されています。 小千谷バイパスに隣接しています。 とても豪華なトイレは道の駅が休みでも使えました。 小千 [続きを読む]
  • 2017年10月11日「道の駅新潟ふるさと村」噂のバザール館です。
  • 2017年10月11日12時57分 今回は道の駅新潟ふるさと村名物バザール館の徹底探検です。 新潟と言えば美味しいお米です。美味しいお米から銘酒が育ちます。 記念きっぷを買った際JAFの割引券をゲットしましたが 使わずじまい・・・・・・ 雪中梅は新潟上越地区を代表する地酒です。 新潟は北陸 北陸と言えばカニです。 カニみそでお酒が3倍進むそうです !(^^)! お土産を買うなら新潟の限定商品です。 [続きを読む]
  • 2017年10月10日「道の駅庄内みかわ」三拍子揃った道の駅です。
  • 2017年10月10日16時00分 小雨の中「道の駅庄内みかわ」に無事到着です。 いつも素通りしがちな道の駅です。 道の駅庄内みかわ(みちのえき しょうないみかわ)は、 鶴岡市に隣接する山形県東田川郡三川町にある 山形県道333号鶴岡広野線の道の駅です。 愛称はいろり火の里。 赤川の近くに位置する道の駅です。周りを見渡すと畑です。 晴れた合間に知恵を連れ出しさんぽをしました。 広い駐車場が道の駅の [続きを読む]
  • 2017年10月9日「道の駅平泉」黄金のスタンプです。
  • 2017年10月9日 中尊寺の探検を無事終えて近くにあるはずの道の駅平泉を探しますが なかなかたどり着けません。 2017年(平成29年)4月27日にオープンしたばかりの道の駅なので 私の新しいナビにも記録されていませんでした。 国道4号線をぐるぐる回りながら何とか辿り着きました 場所が国道より低いせいか見づらかったようです。 道の駅に愛車を停めると 隣にいた大型ミニバン(たぶんキャラバン) 福島 [続きを読む]
  • 2017年10月9日「関山 中尊寺」白山神社の能楽殿です。
  • 2017年10月9日16時27分 「中尊寺」白山神社能舞台 に向かいました。 芭蕉もこの道を歩いたのでしようか。 白山神社の鳥居がありました。 白山神社の能楽殿 茅葺屋根が凄いです。 神社が見えて来ました。 明治天皇も来られたのでしようか 神々の神聖なエリアです。 ピンボケで恐縮ですが 能舞台の全景です。 白山神社の由来が看板に書かれています。 参拝するのに丸い輪をくぐり抜けるようです。 何かの意 [続きを読む]
  • 2017年10月9日「中尊寺」金色堂です。
  • 2017年10月9日16時12分 金色堂拝観券発行所の看板です 案内に従って進みました。 拝観客はもう少なめで 並ばなくても買えました。 拝観料・入館料 大人 800円です。 お金を支払うとパンフレットとチケットを貰いました。 芭樵の句が書かれています。 まず資料館を見学してから金色堂拝観です。もちろん館内は撮影禁止です。 誰もがシャッターを押す有名な場所です。 木や建物の撮影 私のデジカメは苦手 [続きを読む]
  • 2017年10月9日「中尊寺」中尊寺本堂は大きいです。
  • 2017年10月9日16時6分 「中尊寺」参道である月見坂を駆け足で登って行くと 休日のせいか子供連れの親子が目立ちます。 地蔵堂 幼い子供たちは親達の心配は他所に元気に遊びながら 坂道を駈け上っています。 秋の日没まじかは日が沈むのが速いです。 売店の灯りが眩しく見えるほどあたりは暗かったです。 観音堂を横目に道をすすみます。 売店の中に小さな食事のペースがあるようですが 閉館まじかなので誰もい [続きを読む]
  • 2017年10月9日「中尊寺」弁慶堂(旧愛宕堂)べんけいどうです。
  • 2017年10月9日15時56分 遠野から平泉にある中尊寺第2駐車場に無事到着しました。 今夜は平泉に出来たばかりの道の駅で休む予定でしたが 拝観時間が残り僅かですが天気が良いので「中尊寺」の探検です。 駐車場入り口の料金所で400円を支払いました。 上の駐車場に空きがあるようですがここに決めました。 レシートの時間が20分程はやくなっていました。 世界遺産平泉のパンフレットをレシートと一緒に貰い [続きを読む]
  • 2017年10月9日「常堅寺」遠野のカッパは母と子の守り神。
  • 2017年10月9日13時09分 「常堅寺」 馬を川に引きこむいたずらに失敗した カッパは、おわびをして許され、母と 子の守り神となりました。 常堅寺の火事のさいは頭の皿から水を 噴き出して消しとめ、いまでも一対の カッパ狛犬として鏡内にその姿をとど めています。 狛犬の足元に誰が置いたのか 小石が置かれていました。 檀家の皆さん掃除に精を出しておられました。 汚さないように気をつけて歩きます。 [続きを読む]
  • 2017年10月9日「カッパ淵」伝説のカッパを捕獲です。
  • 「常堅寺」を通り過ぎて、いよいよカッパ淵へと向かいました。 何やらカッパ淵の看板がありました。 ここの河童に川に引き込まれぬ様に注意せよと書いています。 古びた神社がありましたので探検です。 荒れ果てた神社です。 奥にも何かありましたが  少し傾いていました。 これが噂の  カッパの神様かもしれません 直したい気持ちを抑えて次に進みました。 途中変わった形の大木の後です。 石にも何やら書いています [続きを読む]
  • 2017年10月9日「伝承園」板倉と工芸館。
  • 2017年10月9日12時36分 板倉を見て回りました。 中に入って見ました。 ストロボを使わないためピンボケ気味です。 ビデオを熱心に見ていました。 冬に備えて暖房器具も用意していました。 いかにも遠野民話のイメージが漂っています。 光と影のバランスが絶妙な気がしました。 展示法としては間接照明が良いと思います。 夏の暑さを和らげる工夫があります。 工芸館は体験型の施設です。 民芸品の製作実演を [続きを読む]