まあ坊 さん プロフィール

  •  
まあ坊さん: まあ坊の気ままな旅日記
ハンドル名まあ坊 さん
ブログタイトルまあ坊の気ままな旅日記
ブログURLhttps://maabou2016.muragon.com/
サイト紹介文車中泊しながら道の駅でお買い物をしたり観光地巡りの旅日記です。
自由文老後の資金を貯めながら日頃の生活費を節約して愛車で車中泊ひとり旅が趣味です。どうぞ宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/09/24 05:42

まあ坊 さんのブログ記事

  • 近くて遠い久保田城です。今年もだめでした。
  • 2018年9月20日 角館の武家屋敷を出て日が沈む前に秋田県大仙市にある国道46号の 道の駅協和に寄ります。愛称は四季の森、 山や森に囲まれた道の駅でした。 https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/208 広くて大きな道の駅には北海道の車3台だけと言う珍しい光景です。札幌のミニバンと室蘭の軽箱と僕の車です。真夜中には地元ナンバーや他県も増えていました。 [続きを読む]
  • 2013年9月29日 初めての車中泊 出発
  • 旅の記録として思い出しながら書きます  2013年9月29日 13時20分 晴れ この頃妻と些細な事で喧嘩ばかりしていて 気分転換に旅でも出ようと決断です 人生初めての独り旅ですよ 台所でゆで卵 適当に作って持参です  家の愛犬ゆで卵が 大好きなんですよ 風呂に入り支度して 愛犬と一緒に自宅を出でました 帯広の国道沿いにあるモダ石油で ガソリン満タン給油です 北海道はモダ石油さんで給油する時はプ [続きを読む]
  • 「角館武家屋敷・石黒家」角館最古の武家屋敷です。|秋田県仙北市
  • 2018年9月20日16時18分 青柳家(秋田県指定史跡)の北に隣接する石黒家に来ました。 石黒家(いしぐろけ)は、秋田県仙北市角館町の通称「武家屋敷通り」に所在する 武家屋敷のひとつです。公開中なので屋敷に入ります。 石黒家の薬医門には、文化6年(1809年)4月27日の墨書銘との矢板があり、角館に現存する武家屋敷のなかで年代の確認されるものとしては最古の建物となっています。 入り口で入館料40 [続きを読む]
  • 2018/9/20 「角館歴史村・青柳家」解体新書記念館 他
  • 青柳家自慢の庭園を見ながら移動します。 白神山地を彷彿させる景色です。 神明水です。この水は青柳家の裏山、源太寺山から、庭園内の池に数百年絶え間なく 流れ込んでいる沢水です。 その清らかで豊かな流れは、NHKの番組、新日本紀行 武家屋敷残照でもとりあげられました。井戸水の水質も綺麗な透明度でした。 この建物は解体新書記念館。1774年(安政3年)に翻訳された日本初の西洋医学書 の入門書で有名な解体 [続きを読む]
  • 2018/9/20 「角館歴史村・青柳家」武器蔵
  • 道路に面して青柳家には黒塗りの簓子(ささらこ)塀があり、八双金具のついた 薬医門の矢板には、万延元年(1860)大工棟梁柴田岩太郎の銘が記されています。 上級武士にのみ認められるという青柳家の薬医門をくぐります。 青柳家の象徴の薬医門は、1860年(万延元年)に藩への貢献が認められ、 佐竹氏より特別に建築が許可されたものです。 入館料500円を払いパンフレットを貰います。広げてみると敷地内の地図が [続きを読む]
  • 2018/9/20 角館 武家屋敷通り (仙北市)
  • 2018年9月20日、15:57:08 田沢湖の辰子像見物を終わらせ次の目的地、武家屋敷通り (仙北市)に到着します。 武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路です。 古城山(かつて角館城があった地である)山麓の国道46号から南へ伸びている、 かつての侍町である角館の内町を貫く南北方向の通りです。 この地で歴史的建造物の探検をします。公営の駐車場、仙北市桜並木駐車場 [続きを読む]
  • 2018/9/20 秋田「田沢湖」辰子像、ようやく見れました。
  • 2018年9月20日 岩手「道の駅雫石あねっこ」を出て国道46号線を秋田に向かいます。 仙岩道路を走り峠を上ります、途中の景色が素晴らしいです。 程なく仙北市に到着、交差点を右折して国道341号に乗り換え田沢湖を目指します。 この日のお目当ては「田沢湖」の辰子像です。 ナビに道案内を任せて田沢湖に到着です。愛車の前を走っていたタクシーは入り口 駐車場に曲がりますが、僕は辰子像がどこにある [続きを読む]
  • 2018/9/19「岩泉町・龍泉洞」ようやく来れました。
  • 2018/9/19 道の駅みやこを出て途中道を間違えましたが、 道路の端の所々に津波の位置が記されていました。 小高い山の上に近づくと新しい家屋と古い家屋が混在していました。 かねてから行こうと思っていた岩泉町の龍泉洞(りゅうせんどう)に行きます。 まず道の駅いわいずみ に立ち寄りますが、ここも人と車で道の駅が溢れています。 道の駅には立ち寄らず目的地に向かいました。 2018/9/19 12時5 [続きを読む]
  • 2018/9/19 初めて三陸方面を旅しました。
  • 2018/9/19 天気の良い朝 道の駅「遠野風の丘」を出て、今回初めて三陸方面を目指します。 無料の高速に乗り 長いトンネル、短いトンネル、あっという間に釜石です。 こんなに便利になっていたとは思いませんでした。 釜石の道の駅に入りそびれ戻るのも面倒なので、近くのコンビニで朝食です。 知恵の板氷と焼肉弁当 焼肉の大半は知恵が食べます。 U^ェ^U ワン! 残りのご飯にふりかけをかけて僕の朝食で [続きを読む]
  • 2018/9/18 道の駅 遠野 風の丘でお買い物です。(^_^)v
  • 2018/9/18 13時35分 岩手県遠野市「永遠の日本のふるさと」道の駅 遠野 風の丘でお買い物です。 遠野の地酒 遠野カッパ清酒陶器詰 販売価格: 2,376円(税込) と 南部鉄器 急須 文高型 ふくろう(小) 4,212円 の2点買いです。 一番目の遠野の地酒 民話のふるさと 遠野カッパ清酒陶器詰 (720ml・アルコール15度以上16度未満・中味) 1本 醸造元:上閉伊酒造(株) [続きを読む]
  • 「遠野ふるさと村」時代劇映画のロケ地でも有名な村です。
  • お昼頃、道の駅遠野風の丘に到着します。 ここでは、南部鉄で作られたフクロウの急須と河童のお酒をゲットです。 とても美味しい地酒でしたよ。 (^O^) 買い物が終わると春旅で行けなかった遠野ふるさと村に行きます。 2018/9/18 14時50分 到着です。 連休明けの平日のせいでしょうか、広い駐車場がガラ空きでした。 体験型観光が売りの施設らしいので、休日がメインかもしれません。 遠野ふるさと村( [続きを読む]
  • 平泉 「達谷窟毘沙門堂」 厳かな雰囲気です。
  • 2018/9/18 9時58分 達谷窟毘沙門堂の駐車場に到着しました。 駐車場から道路を渡ると達谷窟毘沙門堂です。正面に見えるのは御供所です。 天台宗 別當 達谷西光寺 です。 延暦20年(801年)、達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわや、びしゃもんどう)は 征夷大将軍・坂上田村麻呂によって建立されました。 愛車をとめて知恵の散歩です。達谷窟毘沙門堂内、犬は御法度なのです。 ここなら散歩しても天罰は来 [続きを読む]
  • 修道院へと つづくみち
  • 2018/9/18 9時58分 達谷窟毘沙門堂の駐車場に到着しました。 駐車場から道路を渡ると達谷窟毘沙門堂です。正面に見えるのは御供所です。 天台宗 別當 達谷西光寺 です。 延暦20年(801年)、達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわや、びしゃもんどう)は 征夷大将軍・坂上田村麻呂によって建立されました。 愛車をとめて知恵の散歩です。達谷窟毘沙門堂内、犬は御法度なのです。 ここなら散歩しても天罰は来 [続きを読む]
  • 平泉 「高館義経堂」 源義経公はイケメンの武将でした。
  • 2018/09/18 8時51分 芭蕉の句碑の反対側に進むと、いよいよ義経堂が見えてきます。 意外に小さくてこじんまりとしていました。 義経堂は天和3年(1683)、仙台藩主第四代伊達綱村公が義経を偲んで建てたものです。 伊達綱村公も義経ファンだったみたいです。  お堂の中の義経公は凛々しい顔立ちでした。 ガラスで木造を保存しているようです。 光がガラスに反射してよく撮影出来ませんでした。 日本に [続きを読む]
  • 2018/5/19「東藻琴芝桜公園」満開でした。(^_^)v
  • 2018/5/19 16時35分 網走郡大空町東藻琴末広にある「東藻琴芝桜公園」に到着です。 春の「東藻琴芝桜公園」は道東観光の目玉の一つです。 海外からもたくさんの観光客もこの芝桜公園の見物に訪れます。 「東藻琴芝桜公園」満開でしたよ。 日中は混雑してゆっくり見学できないので夕方めがけて行きました。 ワンコさん達も久しぶりのお出かけに嬉しさ満開はりきってました。 公園のトレードマークの牛さんがお [続きを読む]
  • 平泉 「高館義経堂」 芭蕉の句碑 夏草や 兵共が 夢の跡
  • 2018/9/18 朝早く、道の駅平泉で昨夜買ったお弁当を温めて、知恵と仲良く食べました。 この日の目的地は、春旅で一度来たのですが、大雨のため見学を断念した 高館義経堂です。 見学コースや駐車位置のリサーチはすでに済ませています。 2018/9/18 8時41分  高館義経堂専用駐車場に到着です。 閑静な住宅街なので少し違和感があります。 今回の手作りキャンピングカーです。  この小さな荷台の中 [続きを読む]
  • 2018/5/15 「道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯」
  • 2018/5/15 15時30分 「かみゆうべつチューリップ公園」から直進3.6kmで 「道の駅・かみゆうべつ温泉チューリップの湯」に到着しました。 「道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯(みちのえき かみゆうべつおんせんチューリップのゆ)」は、北海道紋別郡湧別町にある北海道道712号緑蔭中湧別停車場線の道の駅です。 ホーム、跨線橋、鉄道車両が保存されている道の駅です。 鉄道車両の保存状態もベス [続きを読む]
  • 2018/9/17「あ・ら・伊達な道の駅」でお買い物です。
  • 2018/9/17 夜明け前に目覚めました。 深夜に到着した夫婦の車がゴソゴソと音を立てていました。 男性は愛煙家らしく頻繁に外で喫煙  スライドドアの音が静かな道の駅に響き渡っていました。 早朝から道の駅天童の足湯は人でいっぱい 空いたところを見計らって入りました。 反対側に泊まったいた北海道からの帰りと言う息子に家業を譲った 元社長さんと、しばし旅の話です。 渋滞になる前に道の駅を出ます。 途 [続きを読む]