taro さん プロフィール

  •  
taroさん: 慢性前立腺炎と戦う40代サラリーマンの日記
ハンドル名taro さん
ブログタイトル慢性前立腺炎と戦う40代サラリーマンの日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/hapisucc/
サイト紹介文慢性前立腺炎と戦い始めて早2年。独立することを夢見始めたおじさんが日々の日常をつづった闘病日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 57日(平均4.1回/週) - 参加 2017/09/24 23:56

taro さんのブログ記事

  • 眠気を覚ます
  • 季節は夏。クーラなし。という状況で働き始めて1ヶ月。(出向させられてから、3ヶ月とちょっと。)この時の経験から、健康を保つための極意として悟ったこと。それは、"頭寒足熱"です。頭寒足熱とは、漢字をそのまま読めば分かる通り、頭を寒く(冷たく)して、足を熱く(温かく)すること。例えば、暖房のきいた部屋に長時間いると、頭がボーッとしますよね?あれは、車で言うところの、オーバーヒート状態。だから、脳が「もう [続きを読む]
  • 総合病院 治療 避ける
  • 転勤してから、最初に通った泌尿器科は、HPの治療内容に触診がありましたが、2回目以降は問診のみ、電車で1時間かけていくほどでなかったため、通うのを辞めました。そこで、総合病院に行ってみることに。実は今まで、総合病院で治療を受けることはあえて避けてたのです。何故なら、・時間的な融通が利きにくい(予約制であることが多い)・風邪を引いている患者が多くいる・慢性前立腺炎の治療に対して、親身になってくれる先生に [続きを読む]
  • 血流を良くする方法
  • 現在、自分が東洋医学について考える"きっかけ"を作ってくれたのが、「血流がすべて解決する」という本です。この本では、血流が悪くなる理由は、(1)血が作れない(2)血が足りない(3)血が流れないこの3つであり、(1)から(3)の順番で起こると書かれていました。極端な言い方をすると、血が流れないのは血が少ないからであり、仮にドロドロの血液であっても、血が多ければ流れると・・・。まっ、確かにそうだ。だから、血を作 [続きを読む]
  • ユニクロ 暖パン
  • やっと買えた。今年の1月に購入しようと思ったら、売り切れていた"ユニクロ"の"暖パン"。このチノパン(綿)タイプは人気があるらしいので、2枚購入しました。店員さん曰く、毎年、作った分の売り切りらしく、在庫がなくなったら終了とのことでした。確かに、今年の1月には売ってなかった・・・。(表面がツルツルした、ポリエステルが素材のものは売っていましたが)今まで、冬はステテコを下に履いていましたが、このユニクロの [続きを読む]
  • 血流 足
  • (特に下半身が)冷たい金属に触れると、身体に痛みが走るようになってから1ヶ月。健康足踏みを1時間に5分程度する事によって、痛みの症状は落ち着いてはきました。しかし、電車やバスの銀色のポール部分、外食時の椅子の金属部分など、そういったものに触れる度に、「ふぎゃぁっ!」となるのは、周りの人も驚くので内科に行くことにしました。(整形外科に行ったら、鬱病の薬(サインバルタカプセル)を処方されたので行くのを [続きを読む]
  • 水分 ダイエット
  • 出向先生活。3ヶ月目。(いきなり!黄金伝説 風で・・・)季節は夏。出向している自分の仕事部屋は会議室です。会議室には自分しかいない為、エアコンを付けることは出来ず、窓を開けて仕事。しかし、さすがに暑い・・・。この状態で、仕事をしろ!というのは流石にひどい・・・と思いましたが、愚痴っても仕方ないので、この部屋に適応することを考えました。そこで、"フッ"と横切った考えが、「ホットヨガ!?」「そうだっ、汗が吹き出し [続きを読む]
  • 睡眠の質 改善
  • 最近、「スタンフォード式 最高の睡眠」という書籍がベストセラーになりましたが、睡眠の質を改善するオススメの方法は、笑って寝ることだと思います。何故なら、人間は身体を動かしていないときは、ネガティブなことを考えてしまいがちだからです。逆に、身体を動かしているときは、あまりネガティブなことは考えません。自分も以前は、クレーム処理のシミュレーションを布団に入りながら考えたりと、寝る前に考え事ばかりしてい [続きを読む]
  • 金属 痛み
  • 出向先の会社で、1人隔離されたパイプ椅子生活が始まって2ヶ月目。新たな異変が起きました。「い〜てっ!!!!!!!」パイプ椅子の金属部分に、足(ふくらはぎ)が触れた瞬間、身体に痛みが走りました。(季節は7月頃、1人しかいない会議室で冷房を入れるわけにもいかず、腰(仙骨)の部分にホッカイロを当てながら、ズボンをまくって作業していたときのことです)この日を境に、冷たい金属が素肌に触れると、身体に痛みが走るようにな [続きを読む]
  • 花粉症 お茶
  • 自分は体温を上げるために、しょうが紅茶を毎日飲んでいます。(しょうが紅茶の効果は、コチラのブログを参照)その際に使用する、"アッサム"という茶葉を買いに行ったときの出来事です。普段、挨拶ぐらいしかしなかったお店の主人が話しかけてきてくれました。「風邪ですか。」「花粉症なんですよ・・・」「この時期(8月)だと、イネとかブタクサですか?」「そうです、詳しいですね〜。 スギやヒノキの時期(4月頃)は大丈夫なん [続きを読む]
  • 手先 冷え
  • 出向を命じられ、会社に着くと用意されていたのは会議室に"長机"と"パイプ椅子"、パソコン一式だけ。孤独な戦いの始まりです・・・。とりあえず、今まで使っていた愛用のクッションをパイプ椅子に敷いて作業していましたが、3日目ぐらいから腰痛がひどくなった為、腰当てのクッションも購入し、下記のような感じで使用していました。※画像はパイプ椅子ではありませんが・・・本当は、クッション2枚重ねでいきたかったのですが、会議室 [続きを読む]
  • 副作用のない薬
  • 副作用のない薬。新宿ルミネ theよしもとで売ってました。これは、ただのお菓子ですが、笑うことが一番の健康法だったりします。実際に、吉本興業の協力の下で行った実験結果があります。これは、中高年の糖尿病患者19人を対象として、500kcalの食事を摂った後、1日目は糖尿病についての単調な講義を受けてもらい、2日目には吉本興業の芸人による漫才を鑑賞して大笑いしてもらった結果、なんと、漫才で爆笑した日は講義を聞いた日 [続きを読む]
  • 出向 いじめ
  • 慢性前立腺炎と診断されてから、1回目の転勤をした矢先に、とある会社へ出向を命じられました。自分の体調が悪いことは事前に会社に報告していたのに、「何でそういう決定をするかな〜」と、抵抗をしましたが、決定が覆るわけもなく出向が決まりました。その出向が自分にとっては地獄でした。何故なら、自分に用意されていたのは、30人ぐらい収容できる会議室に"長机"と"パイプ椅子"、パソコン一式という状態だったからです。※こ [続きを読む]
  • 泌尿器科 前立腺マッサージ
  • 転勤することになったっため、慢性前立腺炎の治療で通う泌尿器科の病院を変更しなければならなくなりました。そこで一番困ったのが病院選びです。そこで、お世話になった先生に相談しました。「う〜ん、大学病院になら知り合いは多いけど、個人だともう引退しているんだよね。」「紹介状は書いてあげるから、自分で探してみて・・・。」無念・・・。ひとまず、転勤した地域で検索して、病院のクチコミサイトを見てみました。しかし、内科 [続きを読む]
  • 脂質異常症 薬
  • 脂質異常症(生活習慣病)の薬を飲み続けて、約5ヶ月間。(ベザフィブラート3ヶ月半、シンバスタチン1ヶ月半)転勤で引っ越したのを契機に、新しい病院(内科)でもう一度、検査をすることにしました。この時の自覚症状は、・左胸の痛み・右足の付け根の痛みでした。一応、紹介状をもらっていたので、それを渡して今までの経過を説明したところ、「じゃあ、とりあえず血液検査しようか、朝ごはんは?」「食べてないです、ベテラン [続きを読む]
  • インフルエンザワクチン 2017
  • 子供がいつもお世話になっている小児科にインフルエンザワクチンを摂取しようと電話したところ、ワクチンの在庫がないため、断られてしまいました。近所の内科でも在庫切れ。「なんでだ!」と調べたところ、どうやら、インフルエンザワクチンの製造量が、過去5年で最も少ないことを2017年10月6日に厚生労働省が発表したらしい。しかも、今年は例年よりも早めの流行傾向にあるとのこと。(今朝のニュースより)なるほど、その影響か [続きを読む]
  • 睾丸 痛み
  • 慢性前立腺炎の影響のためか、睾丸の痛みが続いたので、通っていた泌尿器科の先生に相談したところ、クッションの下にホッカイロを入れることを勧められました。「暖かくて気持ちいい。」さらに、椅子に座るとトイレにいきたくなる症状も緩和していることが実感できました。「いいこと教えてもらったな〜」と、しばらく続けていました。しかし、3ヶ月ぐらい経過した頃、なんとなく"めまい"というか"ふらつき"を感じるようになりま [続きを読む]
  • 前立腺炎 検査
  • 慢性前立腺炎の治療で、新しい泌尿器科に通い始めて2、3回目の時、先生から、「次回は、これに精液を入れて持ってきてください」と、細長いガラス管を渡されました。※イメージです先生が言うには、前立腺は精子を作る役割があるので、仮に前立腺に異常(ウィルス)があったとしても尿検査だけでは発見できないそうです。だから、尿に異常がなかった前立腺炎の患者に対しては、この検査をするようにしているとのこと。検査結果は、 [続きを読む]
  • しょうが紅茶 作り方
  • 体温(平熱)が、35.6℃になってしまい、体温を上げる方法について調べたところ、石原結實(いしはらゆうみ)先生を知り、朝晩にしょうが紅茶を飲むことをはじめました。約1年半続けた結果、現在の体温(平熱)は、35.6℃ → 36.4℃になりました。そこで、色々試した結果辿り着いた簡単で美味しいしょうが紅茶の作り方。■しょうが紅茶(ノーマル) ・アップルティー ・おろし生姜(チューブ式)・・・小さじスプーン1杯 ・はちみ [続きを読む]
  • 体温を上げる 方法
  • 慢性前立腺炎だと診察されてから半年ぐらい経過したある日のこと、朝、幼稚園に行くための準備をしていた息子が、「と〜ちゃんも・・・」といって、体温計を渡してきました。別に熱があるわけじゃないけど、拒否する理由もないので、自分も体温を測ったところ驚く結果が・・・、「えっ、35.6℃!?」いや、脇にきちんと挟んでなかったかなと思い直し、もう一度測りましたが、結果は同じく35.6℃。「たしか自分の平熱は、36.3℃だっ [続きを読む]
  • 足の付け根 痛み
  • 泌尿器科へ通い始めて半年が経過した頃、足の付根の痛みが徐々に増してきました。休日に子供とサッカーで遊んでいると、「イテテテテッッ・・・・・・・・・・・・・・・・。」「・・・・・・・・・・・・(痛みで動けず。)」これ以上、薬の飲む量を増やしたくはなかったのですが、痛みも尋常ではなかったので整形外科へ。(泌尿器科の先生は、痛みは前立腺炎とはあまり関係ないという見解だったので・・・)整形外科の先生に痛みの症状と、慢性前立腺炎であるこ [続きを読む]
  • 足の指先 冷える
  • 自分が慢性前立腺炎だと自覚する1年ぐらい前から、異常を感じていた症状があります。それは、足の指先が冷えることです。特に冬はひどくて、足の指先が千切れるように痛くなることがありました。その為、靴下を二枚履いて対策してました。そのことを、信頼していた泌尿器科の先生に相談したところ、湯たんぽを勧められました。本当は、足湯が一番いいらしいのですが、流石に勤務中に足湯をする事はできないのでそれは断念。早速、 [続きを読む]
  • ベザフィブラート 副作用
  • 左胸の痛みの恐怖から、内科に行って検査をしたところ、突出した異常はないから、ひとまず、脂質異常症(生活習慣病)の治療をして様子を見ましょうと始まった治療生活。この時、処方されたのがベザフィブラートです。しかし、この辺りから急激に身体がいうことを効かなくなりました。具体的には、・朝、だるくて体が動かず気持ち悪い・右腕がしびれるという症状でした。特に、朝は本当にしんどくて、2時間ぐらい暖房の前で身体を [続きを読む]
  • 半身浴 効果
  • 慢性前立腺炎の治療として、医師に勧められて始めたのが半身浴です。この半身浴が効果抜群!症状が決して改善されるわけではないですが、半身浴をしたあとはかなり身体が楽になります。おかげで、夜、寝床に入った後トイレに起きることがなくなりました。ただ、この半身浴は1つだけ問題がありました・・・。それは、最低30分以上は湯船に浸かるよう言われたので、時間がもったいないことです。普段は、半身浴をしながら本を読んで [続きを読む]
  • 前立腺炎 マッサージ
  • 慢性前立腺炎の症状がひどくなってから3ヶ月。腰痛と睾丸の痛みがますますひどくなったところで、別の病院へ行くことを決意、嫁さんがママさんネットワークで調べてくれた泌尿器科へ行くことにしました。この病院が、慢性前立腺炎の症状を緩和してくれることになったので、嫁さんには感謝です。この病院では丁寧に触診をしてくれて、頻尿や痛みの原因は、お尻の辺りのうっ血(※)だと教えてくれました。※血流の障害により静脈内 [続きを読む]
  • 前立腺炎 クッション
  • 慢性前立腺炎と診断されて2ヶ月経過した頃、左胸、腰、足の付根、睾丸とあらゆるところが痛くなりました。とりあえず、この前立腺炎の症状を少しでも緩和しようと思い、性能がいいクッションを探しました。(今までも、○トリで購入したものを使っていましたが、それよりもランクが上のもの)最初、購入したのがトゥルースリーパーのクッションです。・座布団タイプ・・・2層構造となっていて若干固めなのと、厚さが6cmもあるため [続きを読む]