ミスタークヨウ さん プロフィール

  •  
ミスタークヨウさん: きみと終活とわたし
ハンドル名ミスタークヨウ さん
ブログタイトルきみと終活とわたし
ブログURLhttp://www.shuukatsu.blog/
サイト紹介文「終活カウンセラー」のMr.Kuyouが、終活やエンディングノートのことをお伝えします。
自由文よく読まれている記事

エンディングノートの選び方・書き方。おすすめ無料終活ノート5選
http://www.shuukatsu.blog/entry/endingnote

終活のやり方。終活の項目と始め方を専門家が解説!
http://www.shuukatsu.blog/entry/shuukatsuhozonban
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 147日(平均3.9回/週) - 参加 2017/09/25 14:24

ミスタークヨウ さんのブログ記事

  • 熊本の樹木葬の費用や方法は?樹木葬を体験取材!!
  • 熊本県と大分県をまたがる広大な敷地に広がる樹木葬を見学・取材させて頂きました。目的は、終活の専門家である「終活カウンセラー」として、さらなる知識を身に付けるためです。樹木葬の費用(金額)や埋葬方法についても詳しく聞いてきました。取材させて頂いたのは、真言宗(弘法大師空海さんでお馴染み)の金剛宝寺の「天空陵」。永代供養墓 天空陵ブログへの掲載許可を頂きましたので、レポートします。※写真掲載 [続きを読む]
  • 自分の葬式を自分で準備する人が急増中!
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。ご自分の葬式(葬儀)の準備を自分で始める人が増えてきています。全国対応で一番人気のある葬儀社では、年間の資料請求が10万件を超えました。資料請求をするということは緊急ではありませんので、ほとんどの人が身内か、ご自身の葬儀のことを考えての資料請求でしょう。 自分の葬式について考えるのは、思ったより普通のことになっているのかもしれません。どういった理由で、またどのよ [続きを読む]
  • 終活バスツアーの内容とカラクリ
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。今、終活バスツアーが人気です。東京や大阪などの都市部で開催されることが多く、常に盛況です。いったいどんな内容なのでしょうか?終活バスツアーとは?終活バスツアーはその名の通り、終活に関連する施設を回るツアーのことです。バスでの移動中や昼食の時間にも工夫がされています。終活バスツアーの内容集合は駅集合・解散は駅ですることがほとんどです。公共交通機関で行きましょう [続きを読む]
  • 一番安い納骨堂(永代供養)を発見。15,400円で送骨も可能
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。日々、終活に関する情報が集まってきますが、今回の情報には驚きました。なんと、13回忌までの供養後、合葬(合祀)される納骨堂が15,400円ということです。一番安い納骨堂(永代供養付き)「涅槃堂」(ねはんどう)納骨堂に安置する費用(金額)は1万円永代供養の費用が1万円。手数料が5,400円。合わせて15,400円です。納骨後の管理費用などは一切かからず、生前の予約も受け付けていま [続きを読む]
  • 親に終活してもらうにはどうしたらいいのか?
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。高齢化社会の日本。「終活」という言葉を聞いて、親御さんのことを思い浮かべる人は多いでしょう。「親に終活してもらうにはどうしたらいいのでしょうか?」この質問は終活カウンセラーが受ける相談の中でも、トップクラスの件数です。私は、親御さんに本やエンディングノートをプレゼントすることをおすすめします。親に終活してもらうには?なぜ親に終活してもらいたいのか子が親に終 [続きを読む]
  • 終活に関するアンケートから終活ブロガーが考えたこと
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。全国石製品協同組合が「終活に関するアンケート調査」をしました。終活に関するアンケート調査の内容― アンケート調査概要 ―【調査対象】 全国 40才代〜70才以上 男女【調査期間】2017年11月22日〜2017年11月27日【調査方法】インターネット調査【有効サンプル数】 2,206名【調査結果】■「“終活”という言葉をご存知ですか?」について“終活”について「知っている」が32.3%で、前 [続きを読む]
  • 『スマ墓(ボ)』!!スマホでお墓参りができる時代に
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。以前から知り合いづてに話は聞いておりましたが、なかなか軌道に乗せるのは大変だろうと思っていた「スマ墓(ボ)」既に2,000人以上の利用者がいらっしゃるということで、新しい供養の形になるかもしれません。まさか、こんなに安い価格設定でしているとは驚きでした。スマ墓とは?▲出典:良心石材▼公式ページスマ墓(すまぼ)公式サイト | お墓の在り方をもっと自由に。読んで字のご [続きを読む]
  • 東京のおすすめ樹木葬をお墓ディレクターが解説
  • お墓ディレクターのMr.Kuyouです。終活カウンセラーの資格も持っており、厚生労働省後援で公益社団法人全日本墓園協会開催の墓地管理講習会の全課程を修了しています。(詳しくは自己紹介ページに)東京は全国から人が集まり、900万人以上の人口があります。地方と違い、土地が高く、お墓は庶民には高嶺の花です。さらに「家制度」から、「個」の時代へと変化している現在、代々子孫が後を継ぐことが前提の供養の在り方は変 [続きを読む]
  • お墓じまいの体験談【ある女性の物語】
  • お墓じまいの物語何年も前の話。近藤さん(仮名)は、かなりのご高齢だったが元気な方だった。確か70才を超えていた。一人娘だったので、嫁いだ家のお墓と、ご自身の実家のお墓参りをずっとしていた。ご主人も優しい人で、両家のお墓を同じように大事にしてくれ、お墓参りも掃除もいっしょにしてくれていたそうだ。ところが、ご主人が病気で倒れるとそのまま介護が必要な状態に。しばらくは、自分の実家のお墓のお参りや掃除 [続きを読む]
  • 「お墓じまい」は自分の代でするべき【方法や費用も解説】
  • 「お墓ディレクター」で「終活カウンセラー」のMr.Kuyouです。仕事として、これまでに50件以上のお家の「お墓じまい」のお手伝いをしてきました。皆さん、最初はわからないことだらけでご不安そうですが、最後にはホッとされた表情をされます。そんな「お墓じまい」ですが、専門家の私が安心してできる「お墓じまい」の方法や費用について詳しく解説します。「お墓じまい」とは?お墓じまいとは文字通り、お墓をしまうことで [続きを読む]
  • お墓じまいの見積金額が石材店によって大幅に違う理由は?
  • お墓ディレクターで終活カウンセラーのMr.Kuyouです。本日は、近年増えている「お墓じまい」の見積の金額が石材店によって大きく違ってくる理由について解説します。墓じまいの見積金額が石材店により差がある理由お墓じまいは新しく石材を製作加工することもない。つまり、工事費と産業廃棄の費用だけなのですが、石材店により見積にばらつきがあります。それはなぜなのでしょう?①固定費が違う石材店は、全国チェーン [続きを読む]
  • 散骨の費用、気を付けること、注意点を専門家が解説
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。現在は「家制度」から「個」への時代への過渡期。もともと、庶民が代々の墓を建てるようになったのも明治時代以降です。生まれた場所から離れた場所で働く人も多く、結婚や出産も当たり前でなくなった時代に、子孫が跡を継ぐことを前提にしたお墓や納骨堂といったものが合わなくなってきています。そんな中、永代供養を謳った「樹木葬」や、自然に還りたいという「散骨」を選択する人が増え [続きを読む]
  • 小さなお葬式の口コミ・評判【実際の資料とともに】
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。母のために資料請求した「小さなお葬式 」の資料が届きましたので、レビューします。「小さなお葬式」とは?当ブログでも何度か取り上げていますが、「低価格で定価格の葬儀」をしている会社です。24時間365日、全国対応で、葬儀実績の累計が10万件を突破した、おそらく日本で一番明瞭な価格設定をしている会社ではないでしょうか。「小さなお葬式」の口コミ・評判は?終活カウンセラーとし [続きを読む]
  • 戒名は必要か?相場は?戒名がないと問題になるのか?
  • 「終活カウンセラー」で「お墓ディレクター」のMr.Kuyouです。私が大学生のとき、父方の祖父が亡くなりました。その時、親戚間で揉めそうになったのが「戒名」に払う金額です。確か100万円近い金額をお布施として菩提寺に払っていました。今から約20年前のことですが、とても驚きました。戒名は「仏教徒となった証」とも言われていますが、戒名は必ずいるものなのでしょうか?戒名は必要なのか?民間霊園や、市立霊園な [続きを読む]
  • 癌(ガン)になり終活を始めようと思っている方へ
  • Mr.Kuyouです。終活カウンセラーとして、供養業界で働いています。今日は私の実際の経験から「ガンと終活の関係」について書きます。癌(ガン)になり終活を始められる人はいる実際に、ガンになられてから終活を始められる方は多いです。人間誰しも最期のときが来るのですが、健康なうちはそれを意識することはありません。これは年齢を重ねても、そこまで気持ちの変化がありません。ところが、ガンになったとたん、今ま [続きを読む]
  • 上質な現代仏壇を安く買うなら「いい仏壇」を使うとお得!
  • 終活カウンセラーのMr.Kuyouです。大切な方を亡くされたあと、お部屋に遺影だけでは寂しいものです。かといって、昔ながらの仏壇を置くことは現代の住宅事情ではできません。インテリア風で洋風の部屋にも合うような現代仏壇を探す方は多いです。今では、インターネットで購入できるものも増えていますが、やはり仏壇は毎日手を合わせるもの。質感や色味は気になります。現代仏壇は実物を確認してから購入したいものです [続きを読む]
  • 終活とは?【2018年の終活を予測】
  • 終活とは?2018年の終活はこう動く終活とは「人生の終わりをより良いものとするため、事前に準備を行うこと」です。 残される方のためと考えられることも多いですが、自身が人生を見つめ直し、今後を自分らしく前向きに生きるための活動でもあるのです。2017年はテレビや雑誌で取り上げられることも多くなり、市民権を得た感のある「終活」という言葉ですが、2018年はどのような動きを見せるのでしょうか?終活の専門家である [続きを読む]