元英語教員 さん プロフィール

  •  
元英語教員さん: 元英語教員が分かりやすく教える高校英文法
ハンドル名元英語教員 さん
ブログタイトル元英語教員が分かりやすく教える高校英文法
ブログURLhttp://www.chachachambo.com/
サイト紹介文TOEIC 985点を取得した元英語教員が、使える例文を使って丁寧に高校英文法を解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 53日(平均7.8回/週) - 参加 2017/09/25 22:14

元英語教員 さんのブログ記事

  • 第15章 時制の一致と話法① 〜時制の一致〜
  • 英語には、「主節の動詞の時制に、従属節の動詞の時制を合わせなければいけない」というルールがあります。そのルールを「時制の一致」と呼びます。 時制の一致の基本的考え方 時制の一致を必要としない場合 でも実際は・・・時制の一致の基本的考え方「私は彼が正しいと思う」I think that he is right.この文章を過去の出来事にしてみましょう。「私は彼が正しいと思った」冒頭で言った「主節の動詞の時制に、 [続きを読む]
  • 第15章 時制の一致と話法① 〜時制の一致〜
  • 英語には、「主節の動詞の時制に、従属節の動詞の時制を合わせなければいけない」というルールがあります。そのルールを「時制の一致」と呼びます。 時制の一致の基本的考え方 時制の一致を必要としない場合 でも実際は・・・時制の一致の基本的考え方「私は彼が正しいと思う」I think that he is right.この文章を過去の出来事にしてみましょう。「私は彼が正しいと思った」冒頭で言った「主節の動詞の時制に、 [続きを読む]
  • 格安留学のススメ
  • 英語を勉強していたら誰もが一度は思うでしょう、『留学したい』と。私も、中学生の頃から常に思っていました。でもうちは、特別お金持ちではないし、兄弟もいるから自分だけに莫大な教育費をかけてもらって海外に行きたいとは言えませんでした。そんな私ですが、中3の時にオーストラリアに2週間高2の時にアメリカに1ヶ月大学3年の時にアメリカに1年行きました。格安で!!!(高2のアメリカなんてタダ!笑)『お金ない [続きを読む]
  • Pep talk 24
  • 前回の記事に登場した表現を使ったpep talkを紹介します。Genius is nothing but a greater aptitude for patience.by Benjamin Franklin?解説?・nothing but A「Aだけ」(前回の否定の記事で解説しました)・greaterは比較級・aptitude【名】才能、適性・patience【名】忍耐力、根気直訳「天才とは忍耐力に対する、(人より)優れた才能だけである」?日本語訳?天才とは忍耐に堪え得る偉大な適性にほかならぬ。エジソン [続きを読む]
  • a little/littleとa few/few
  • 今日はa fewとfew、a littleとlittleの違いについて解説します。まずはじめに、数えられる名詞には(a) few、数えられない名詞には(a) littleを使うという基本的な考え方をおさえておきましょう。さて、本題です。a fewとfewの違いは何でしょう?画像で見比べてみましょう。?? a few donuts?? few donutsん?一緒じゃん!と思ったあなた、正解です!a few donuts も few donutsも数に違いはありません。じゃあ何が違 [続きを読む]
  • 第14章 否定
  • 今日から否定を解説します。解説と言っても、サラーっと色んな形の否定を紹介していくだけです! 文否定 語・句・節の否定 I don't think 〜の文章 I hope〜 / I'm afraidの文章 never,noを用いた否定 nothing/nowhere/nobody/none 準否定 部分否定と全体否定 二重否定 否定語を用いない否定表現 否定語を用いた慣用表現文否定赤字が否定語、否定している内容を下線、このマークは否定している [続きを読む]
  • Pep talk 23
  • The grass is always greener on the other side until you get there and see it’s astrotuf.?解説?The grass is always greener on the other side (of the fence).「隣の芝は青い」→他人の物はなんでもよく見えるということわざをアレンジしてあります。・greenerは "green【形】緑色の" の比較級です。 自分の芝と隣の芝を比較して、隣の方が緑と言っているので比較級というわけです。・astrofurf 【名】人工芝(↑の画 [続きを読む]
  • It's his loss!
  • 前回紹介したToy Story3のシーンに出てきたLOTSOのセリフWell, it's his loss.会話でも使える表現なので詳しく、解説したいと思います。直訳すると「彼の損失だ」→「損するのは彼の方だ」→「君を失って彼は後悔するだろう」という意味です。例えば、就職活動中の友達が面接に落ちてしまった時に"It's their loss!"「あなたを採用しないなんて彼ら(会社)は損するね」「あなたを採用しないなんて見る目ないね」と言 [続きを読む]
  • Toy story 3に出てくる仮定法
  • 大好きな映画Toy Story3。公開初日、仕事終わりにタクシーに飛び乗り、映画館に見に行きました。一人で!笑普通映画って1,2,3と続編が続くたびに面白くなくなるけど、Toy Storyは別!そんなToy Story3に出てきた仮定法の表現を紹介します。www.youtube.com0:42 から始まる会話を聞いてみてください。KEN:Hi. I’m Ken.BARBIE:Barbie. Have we ever me--...?KEN:Huh-uh...! I would’ve remembered!?解説?バービーの [続きを読む]
  • これまでのTOEIC点数などを大公開!
  • はるか昔、高校時代から現在にいたるまでの、私の英語の試験結果を発表します!(唐突に!笑)これから英語を頑張りたい人に、少しでも参考になれば幸いです。じゃじゃーーん!●英検・高1で準2級、高2で2級って、いたって普通ですね!笑 しかも得点もふっつーでした!笑 (すごいのは、15年前に受けた英検の得点表をまだ持っている私!笑)・英検2級を取った直後、本屋で準1級の問題集を見て「なんじゃこの単語!難しっ! [続きを読む]
  • 間接疑問?関係詞what?
  • I don't get what he said to me.下線部のwhatは、前回の記事で解説した間接疑問でしょうか?それとも関係代名詞whatでしょうか?間接疑問風で訳すと「私は、彼が私に何を言ったのか理解できない」関係代名詞風で訳すと「私は、彼が私に言ったことを理解できない」うん!どっちでもいいね!笑日本語に訳す問題などで、どうしても日本語にしなければいけない時は、文脈(前後の関係)から判断して訳してください。普段から、英語に [続きを読む]
  • 第13章 疑問詞② 〜間接疑問〜
  • 今日は間接疑問を解説します。疑問詞から始まる疑問文(例:Who is he?)を他の文(例:I don't know 〜)に名詞節として組み込む場合、そのままではなく、平叙文の語順(S+V)にするというルールを間接疑問と呼びます。訳:彼がだれか私は知りません。日本語でも同じですよね?「私は〜を知りません」の「〜」に「彼は誰ですか?」を組み込む時、そのまま組み込んで「私は、彼が誰ですかを知りません」とは言わないですよね?そ [続きを読む]
  • ストップって言ってね!
  • 自分のグラスに飲み物を誰かが注いでくれていて「ストップって言ってね!」「ストップ!」という会話、英語で言えますか?答えは・・・A: "Say when"「いつがいいか言ってね=ストップって言ってね」B:"When!"「(今がその)whenだよ!=ストップ!」です。疑問詞whenの記事を書いていて思い出したこの表現!日常生活でよく使うのでぜひ覚えてください。知らないと、ストップって言えなくて飲み物があふれちゃいますよー!笑 [続きを読む]
  • 第13章 疑問詞 ①
  • 今日からは第13章 疑問詞を解説します。疑問文は大きく分けて①Yes/Noで答えられる一般疑問文 例:Do you like it?②疑問詞で始まる(Yes/Noでは答えられない)特殊疑問文 例:What do you like?の2つがあります。第13章のタイトルは疑問詞なので、今日から勉強するのは②特殊疑問文てこと。疑問詞は、皆さんご存知のwho, what, whereなどのことで、文の頭に置きます。それでは、疑問詞をひとつひとつ見ていきましょう。●who「 [続きを読む]
  • Pep talk 22
  • Love is a boomerang.What you have and give away is what you get back.?解説?関係代名詞what(先行詞を置かず「〜するもの・こと」と訳す)が2回出てきます。What you have and give away「あなたが持っていて、与えるもの」what you get back.「あなたが取り戻すもの」直訳「あなたが持っていて与えるものは、あなたが取り戻すもの」?日本語訳?あなたが誰かに与えたものは、あなたのもとに返ってくる。See problems a [続きを読む]
  • Pep talk 21
  • www.chachachambo.com前回??紹介した、those who 〜「〜する人々」を使ったpep talkです。Progress is impossible without change, and those who cannot change their minds cannot change anything.by George Bernard shaw?解説?those people who 〜「〜する人々」のpeopleは省略してあります。省略する前はこんな感じ???日本語訳?進化は変化なしでは不可能である。考えを変えられない人は何も変えることはできない。T [続きを読む]
  • 後方照応的用法those
  • 今日は、後方照応的用法のthoseというものを紹介します。名前は難しそうですが、難しくないし、書き言葉でよく目にする表現です。thoseと聞いてまず思い浮かべるのは【代】それらの、あれらのという意味だと思います。後方照応的用法のthoseには「それら、あれら」という意味はありません。後方照応的用法のthoseの役割は、ただ単に「後ろに関係代名詞whoが来るよ!」とお知らせしているだけだと思ってください。those A who [続きを読む]
  • Pep talk 20
  • Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.The important thing is not to stop questioning. by Albert Einstein?解説?・not to stopはto+動詞の原形の名詞的用法「〜すること」の否定形なので、「〜しないこと」と訳します。・この記事の最後で紹介した通り、stop 〜ingは「〜することをやめる」という意味なので、not to stop questioningで「疑問を持つことをやめないこと」と訳します。?日本語訳? [続きを読む]
  • Pep talk 19
  • Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever. by Mahatma Gandhi ?解説?前回紹介した表現が2つも使われています。・as if 〜「あたかも〜のように」"事実とは異なること例え"で使う表現でした。●If S were to 動詞の原形,「もしSが〜するとしたら」可能性が低いことを仮定する時に使う表現でした。この2つが組み合わせてあるので、”事実とは異なる可能性の低いことを例え”として述べて [続きを読む]
  • 第12章 仮定法②
  • 今日は仮定法の応用編を勉強します。前回習った基本的な形の仮定法以外の仮定法を紹介します。●If S were to 動詞の原形,「もしSが〜するとしたら」この表現は、未来について可能性が低いことを仮定する時に使います。例:The restaurant I ate at in Vietnam was so good.If I were to live there, I would be a regular.「ベトナムに行った時に食べたレストランはとても美味しかった。もしも、そこに住むとしたら、常連になる [続きを読む]
  • 仮定法を使った歌
  • www.youtube.comこの曲、再生すると「あ!この曲!」と誰もが思うくらい印象的な綺麗な前奏です。サビに仮定法が入っているので聞いてみてください。Making my way downtown walking fastFaces pass and I'm home boundStaring blankly ahead just making my wayMaking a way through the crowdAnd I need youAnd I miss youAnd now I wonderIf I could fall into the sky, do you think time would pass me by?'Cause you k [続きを読む]
  • 第12章 仮定法①
  • 今日から仮定法を勉強します。「仮定法嫌いー!」と言う人が多いですが、全然難しくありません。基本的なルールを覚えさえすれば、余裕です!頑張って勉強しましょう。仮定法とは、現実と異なること、現実にはありえないことを想像して言う時に使う表現です。例えば「もし私が今1億円持っていたら」「もし私が透明人間だったら」というのが仮定法です。「もし明日晴れたら」は仮定法ではありません。だって明日が晴れる可能性はじ [続きを読む]
  • The greatest love of all
  • 習いたての最上級を使った歌を紹介します。"The greatest love of all"というタイトル。さっそく最上級が登場します。もともとはGeorge Bensonという人が歌った曲ですが、8年後にWhitney Houstonが歌ってさらに有名になりました。??George Bensonバージョンwww.youtube.com??Whitney Houstonバージョンwww.youtube.com歌詞もすごシンプルでこれまでに習った文法で全て理解できます。細かいことは気にせず読んで理解してみま [続きを読む]
  • Pep talk 18
  • 比較級と原級を使ったpep talkを紹介します。Imagination is more important that knowledgeby Albert Einstein?日本語訳?想像力は知識よりも大切であるThe more I learn, the more I realize I don’t know.The more I realize I don’t know, the more I want to learn. by Albert Einstein?解説?比較級の重要表現で紹介した、the 比較級 〜, the 比較級・・・「〜すればするほど、ますます・・・」の文章です。?日 [続きを読む]
  • 第11章 比較級 〜原級〜
  • 比較級、最上級と勉強してきましたが、今日は原級を勉強します。●原級 AとBの2つのものを比較して「AはBと同じくらい〜」という表現です。"as 〜 as B"で表します。"〜"にはいる形容詞、副詞は何も変化させずそのまま使うので「原級」という名前が付いています。例:Your hands are as cold as ice.「君の手は氷と同じくらい冷たい」→「氷のように冷たい」例:This table is as good as new.「このテーブルは新品と同じくら [続きを読む]