kurob さん プロフィール

  •  
kurobさん: 動物病院と果樹栽培と
ハンドル名kurob さん
ブログタイトル動物病院と果樹栽培と
ブログURLhttp://kurob.seesaa.net/
サイト紹介文ペットの介護、闘病中の飼い主さんのお役に立てる記事が一つでもあれば幸いです。記事一覧は目次より
自由文果樹栽培ではマイナーな部類に入るパッションフルーツの中でも更にマイナーな品種インセンスとインカルナタをひたすら推しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 140日(平均3.1回/週) - 参加 2017/09/26 00:41

kurob さんのブログ記事

  • 年中無休体制じゃないと対応出来ない猟犬の治療
  • 何十年動物病院を開いていても経験しない症例当院には年に数回は急患として必ず運ばれて来る症例があるのですがこの症例は病院によっては何十年開業していても一度も経験したことのない獣医師もいる症例です。とはいっても珍しいから学会で症例発表しようかなといった性質の診療ではありません。病院によっては未経験、来るところには年に数回やってくる。それはなにかというとイノシシにやられた猟犬です。スポンサーリンク猟犬の [続きを読む]
  • 動物の被毛検査で真菌を観察する
  • やってみると教科書どおりにいかない真菌の鏡検検便、尿検査、血液検査、被毛検査etc使わない日はないくらいに多用する顕微鏡検査ですが教科書どおりにやればそのとおりに出来る検査もあれば説明どおりにやっているのにうまく観察できない性質の検査もあります。私も昔はさっぱりだった検査の一つに真菌(カビ)の検出があるのですがこれも教科書どおりにやってうまくいかない検査だと思います。語れるほどのレベルでもありません [続きを読む]
  • かなり誤解されてる感のあるNHKの最高裁判決の解釈
  • NHKの受信契約申し出件数が前年の5倍以上昨日のyahooニュースの中にNHKの受信契約申し出件数が前年の5倍以上になったという記事がありました。理由はもちろん1ヶ月前の最高裁でのNHK受信料未払いに対する判決結果を受けてだと思われます。新規受信契約を結んだ人の多くはなんとなくNHKが裁判に勝った、NHKの徴収を最高裁が認めたというなにか大きな力に対して不安を覚えたから契約したという方ではないでしょうか。NHKに関しては大 [続きを読む]
  • 子供の皮膚病は小児科?皮膚科?選択を誤ってえらいことになった話
  • 閲覧注意?真菌(カビ)の写真載せてます最近の流行なのかタイトルに閲覧注意って書いてある記事をときどき見かけるので苦手な人用に一応先にお伝えしておきます。今日は私が採取した真菌の顕微鏡写真を載せてみます。誰から採取したのかと言うと犬でも猫でもありません。息子です。可能性としては皮膚糸状菌の犬or猫さんの真菌が私の服について家に持ち込んでしまったものに感染してしまった可能性が高いと思われます。今日はお子 [続きを読む]
  • フリースタイルのセンサーでアルファトラック2を起動させる裏技(非推奨)
  • アルファトラック2のボディはフリーダムライトのお下がり!?アルファトラック2とフリースタイルフリーダムライトを実際に見比べてみた感想ですが色や名前は違いますが多分使いまわしです。画像ではフリースタイルの方が幅広に見えるかもしれませんが寸法や形はほぼ(全く?)同じでセンサーに至っては瓜二つです。うっかりこの2製品のセンサーを床にばら撒いて混じってしまったらもうどっちがどっちか分からなくなります。それも [続きを読む]
  • 毎日自宅で動物の血糖値を計るときのポイント
  • 糖尿病の動物の血糖値を測るのはいつが良いか当院では糖化アルブミンのような糖尿病マーカーでインスリンの増減は行っていますのでほとんどの方で毎日血糖測定を指示したことはありません。自宅で毎日ペットの血糖値を計らざるを得ない状況の方と自主的に血糖値を毎日計られている方では求めるものが違います。自主的にされている場合はあまりシビアなものは求めませんがせっかく血糖値を計るのであれば効率の良い時期やタイミング [続きを読む]
  • 愛犬や愛猫の血糖値を自宅で測るときの穿刺器具
  • 深爪は血糖測定の緊急手段当院では今まで愛犬や愛猫が糖尿病を発症した場合、レンタルか購入かは別にして血糖測定器を飼い主さんに多く渡してきました。基本はペットの様子がおかしいときの状況判断のために血糖測定器を持っていてもらうので採血は深爪でと指示します。慣れていない人でも確実に血液を採取できる最も簡単な血糖値の測り方だからです。そのうち極少数の飼い主さんに対しては毎日血糖値測定を指示しています。インス [続きを読む]
  • 犬や猫の糖尿病では簡易血糖測定器は持っておくべき?
  • ペット用に使える人用簡易血糖測定器の紹介昨年糖尿病のペットのための糖尿病管理の手段として人用簡易血糖測定器を紹介しました。ですが当時紹介したメディセーフミニが現在は製造中止となってしまったため状況は変わっています。メディセーフミニもセンサーの生産はしばらく続くので記事としては残しておきますが新規に簡易血糖測定器を用意したいと考えられている人にとっては参考にならないかと思います。今回は機種をニプロフ [続きを読む]
  • 動物の血液をフリースタイルフリーダムで測るときの解釈
  • 人用簡易血糖測定器だと犬と猫の血糖値が低く表示されるニプロフリースタイル フリーダムライトセットS人用簡易血糖測定器でペットの血糖値を自宅で測定している方もいらっしゃると思います。一般的に人用の血糖測定器で犬や猫の血液を計測した場合には本当の血糖値よりも低い数値が出るとされています。とはいえ一般的な話ですので実際に自分が使っている測定器は本当に低く出ているのか、その差は一定なのかランダムなのか色々 [続きを読む]
  • 動物用簡易血糖測定器アルファトラック2
  • アルファトラック2とは動物専用の血糖測定器のアルファトラック2。動物病院経由で自宅測定用に持っている方もいるかと思います。必要な血液量が極少量で済む、動物の血糖値を正確に測れるという性能面でのメリットは大きいのですが初めて使う人は説明書を熟読しないとたぶん何していいか分かりません。今回は説明書をよく読まなければ分からない、というか説明書を全部読んでもなお分からないアルファトラック2の落とし穴を紹介し [続きを読む]
  • 「俺の心が痛むからお前ら命を懸けて熊を麻酔で眠らせろ!」
  • 延々と続く熊の殺処分の是非の議論一昨日の話ですがワイドナショーを見ていると小学校の校庭に現われた熊が射殺されたことに対してクレームが殺到(ニュース自体は去年の秋の話)したがその全員が県外の部外者だったことに対してどう思うかという議論が流れていました。熊射殺の議論(熊可哀想VS駆除は必要)はこの件に限らず昔からよくあるので今更どっちが正しいかなんて水掛け論をするつもりはありません。今回はこの手の話題に [続きを読む]
  • 動物病院が自宅での血糖測定をNGとする3つの理由
  • 独力で血糖測定を行う飼い主さんがいるのは何故?飼い主さんが希望しない限りは簡易血糖測定器での自宅でのペットの血糖測定を口にしないという病院は多いと思います。ですが飼い主さんが希望してそれでも血糖測定に非協力という獣医師はとりあえず私の知り合いにはいません。なのでそういう病院さんが自宅測定を否定or放任とする本当の理由は聞いたことがありません。ただ、裏はとれていませんが同業者として大体見当はつきますの [続きを読む]
  • 動物病院の年越し
  • 年末年始は休診日にしているけど・・あけましておめでとうございます。年末年始なんて関係ない、むしろ忙しいわという職種の皆様お仕事お疲れ様です。獣医療の場合は特に当院のような地方の動物病院では年末年始は休診としているところが多いです。当院も31日から例年4〜5日間ほど休診日にしています。ですが何事もなく年越しした記憶は少ないです。今年もそんな感じです。スポンサーリンク過去数年の年が変わる瞬間過去数年の日が [続きを読む]
  • いぬのきもちとねこのきもち
  • 年末の大掃除で発掘されたいぬのきもちとねこのきもち年末は休診なので仕事場は今が大掃除中です。しまったまま忘れてしまっていた書籍や撮るだけ撮ってほったらかしのデジカメ写真やら掘ればいろいろ出てきます。今日はもらうだけもらって忘れてたー・・と思ったものを今更ですが紹介します。それはなにかと言いますといぬのきもちとねこのきもち。これら通販限定の雑誌のパンフレットを院内の待合室に置いてあります。以前見本誌 [続きを読む]
  • 肝臓用療法食としてトッピングするしじみを探してみませんか?
  • お金をかけずにしじみを入手する方法天然の強肝剤といえるしじみ。しかし毎日のトッピングに使うと食費がかさむ。スーパーで購入する以外のしじみの入手方法とは貝掘りどうでしょう、発想が当たり前すぎてガクっとなりましたか?特に潮干狩りによくいかれる方は余計になんじゃそらと思われたかもしれません。そう思われた皆さんまあ騙されたと思って一応最後まで読んでみてください。スポンサーリンク世間一般で言うところのしじみ [続きを読む]
  • 肝臓サポートにありがちな誤解と代替案
  • 食事療法をしているつもりがむしろ害になるフード療法食をネット購入する場合の多くは最初の数回は動物病院で購入、その後はネットに移行というケースが多いと思います。ところがその経路を辿らずに自己判断でいきなり療法食を始めている方がたまにいます。わりと自己判断で始める場合が多く典型的なやっちゃいけないパターン。それが一番発生しやすいのが肝臓サポートではないかと思います。スポンサーリンク肝数値が少し高い⇒ま [続きを読む]
  • 猫の手作り食の注意点とグレインフリーのキャットフード
  • 自然界でいうところの獲物丸ごとの要素を猫の手作り食に含ませる方法 前記事でスーパーの肉と肉食動物が必要とする肉は別物と書きました。そうは言っても猫に手作り食を与えようと思ったらメインの食材となるのはやはり肉や魚コーナーの食材になります。今回はこれらの食材をメインとし自然界で肉食動物が本来食べている栄養源である獲物の腸内容物や内臓、これらに相当する栄養素を食事に添加する方法を紹介します。猫に手作り食 [続きを読む]
  • 猫は肉食動物だから肉だけ与えてれば手作り食になる?
  • 人は雑食性、犬は肉食に近い雑食性、猫は肉食性動物犬は雑食性なのでなんとなく人の食生活に近いというのはイメージしやすいと思います。では猫はどうでしょうか。肉食性動物である猫がベジタリアンになるのはなんだか無理そうというのは想像しやすいと思いますが、逆にキャットフードを使わない場合は肉食だから肉ばかり与えていれば良いのでしょうか?そもそも肉食ってどういうことなのか?今回は猫が肉や魚を食べなければならな [続きを読む]
  • 犬の嗅覚を人が感覚的に理解するのは難しい
  • 犬の嗅覚って人には理解しがたい感覚犬と散歩に行ったとき愛犬がとある場所で立ち止まりいつまでもひたすら匂いを嗅いでいるといった経験のある方は多いと思います。「ね〜まだ〜、同じ場所ばっかり匂っててもなんにも面白くないでしょうが〜しつこい男は嫌われるよ〜」とため息をつきたくなると思います。人にとって嗅覚はそんなに鋭敏な感覚ではないので同じ臭いを延々と嗅ぎ続けるといった行為はあまりないでしょう。人から見る [続きを読む]
  • 身近にいるそろそろ逮捕されるかもしれないブリーダー
  • あなたの一言で逮捕されるかもしれない動物取り扱い業者以前に愛犬を殺しかねない獣医にご注意!をでフィラリア予防薬を売り歩くなんちゃって獣医のMさんのことを書きました。Mさんにとって最悪のケースは処方した犬が死亡して民事裁判を起こされることです。少なくとも法律は犯していませんので警察に逮捕されることはありません。ところが世の中には更に上がいて発覚すれば檻の中に入るような商売をしている輩がいます。スポンサ [続きを読む]
  • 消化器サポート、i/dの代替食を市販フードで作ってみる
  • 消化器サポートとi/dの種類今回は実際に消化器サポートやi/dをネット購入で継続しているけど機会が有ればやめようと考えられている方への代替案の提案です。プレバイオティクスと消化性の高い加水分解タンパク。予備知識として紹介したこの2つの要素を組み合わせれば完成です。ベースはあくまで一般食のドライフードを使います。犬も猫も基本的に考え方は同じです。スポンサーリンク消化器系のフードの構成は主に2点。高消化性の原 [続きを読む]
  • 消化性抜群の「加水分解タンパク」を家庭で作る方法
  • 消化器サポート、i/dの代替食の予備知識②療法食のうち消化器系、アレルギー系のフード。これらの中には加水分解タンパクを原料にしたペットフードがあります。製品名で言うと低分子プロテイン、消化器サポートシリーズ、ヒルズならz/dといった類。特にロイヤルカナン製の療法食の原材料には良く出てきます。この加水分解タンパクですが目的は消化しやすい、アレルゲンとなりにくいといった理由から使われています。スーパーの肉コ [続きを読む]
  • 生きて腸まで届いた善玉菌のそれから
  • 腸内細菌叢とプロバイオティクス今回はプレバイオティクス、プロバイオティクス、シンバイオティクスについての記事の中で書き切れなかったプロバイオティクスと腸内細菌叢の違いや働きについての記事です。プロバイオティクスは腸管内に生きて届いて初めて成立すると前記事では書きました。生きて腸まで届く菌とそうでない菌の違いは?途中で死んでしまった菌は生菌のエサになるというネット情報は本当なのか?腸内細菌叢の働きや [続きを読む]