ポチ さん プロフィール

  •  
ポチさん: 2人暮らしはハノイから。
ハンドル名ポチ さん
ブログタイトル2人暮らしはハノイから。
ブログURLhttp://atdn.hatenadiary.com/
サイト紹介文帯同準備は?だらけ… 海外赴任が決まったらご覧下さい! 私の困ったを全て公開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 346日(平均0.6回/週) - 参加 2017/09/26 00:45

ポチ さんのブログ記事

  • ハノイで不要になった携帯電話を売る
  • さて、新しい携帯を無事SIMフリー化したことにより、手元に不要になったiPhoneが残されました。 どうしたものか・・・ うーーん、、、売るか♪♪ ということで、中古携帯通り、として有名なダンズン通りへĐ?ng Dung Ba Đìnhかなり小さな通りで、タクシードライバーさんも「?」となる可能性大です。分からなそうでしたら、近くのクアバック教会を目指して行ってもらうといいと思います。クアバック教会 Nhà Th? Giáo X? [続きを読む]
  • ハノイで腕時計の電池交換をする
  • 検索しても最近の情報が出てこなかったのでこちらも。腕時計の電池が切れたので、交換して貰うことに。 そんなに高い物でもないのですが(1万円くらい)、何となく露店ではなくちゃんとした店舗を構えている所がいいなぁ…と思い、こちらへ↓↓ C?a Hàng Đ?ng H? Watch Shop235 Tr??ng Đinh T??ng Mai Hoàng Mai Hà Noi またまた旧市街から離れていますが、チョンディン(?)通りの200〜300番台は時計やその他電子機器 [続きを読む]
  • 日本の携帯電話をSIMフリー化する
  • こちらに来てまずしなくてはならない事・・・それは『携帯電話を使えるようにすること』ハノイのSIMロック解除の情報があまりに少なかったので、後世の為に書き残します(笑)来た当初は「仕事もしてないしフリーwifiそこら中に飛んでるから要らないかも」と思っていましたが、以下の点から持っておくことお勧めします。・道を歩いたり、タクシーに乗った時にはgoogle mapをフル活用・その度にカフェに入るなんて非効率すぎ [続きを読む]
  • ベトナムに持ってくるべき食品【その他もろもろ編】
  • 今回は、そういえば毎回一時帰国の度に買って持ってくるなぁーという食品をご紹介します。実はこういうものが一番必要だったりするんですよね。【麦茶】最初来るときは「どうせミネラルウォーターとかを買って飲むんだから水で良くね?」と思っていましたが、やっぱり夏の風物詩!なのか、はたまたDNAに組み込まれたものなのか・・・我が家では必需品でした。と、思っていたら、ハノイ在住日本人家庭大体どこのおうちに遊び [続きを読む]
  • ベトナムへ持って来るべき食品【乾物編】
  • 帯同前、「向こうで日本の物を買うと高いって書いてある・・・でも健康のことを考えるとやっぱり和食ベースの食卓にしたいよね」と、何を使いたいかも分からないまま闇雲に食品を買い持ってきた一年前。 次にみえる方の荷物が少しでも効率的、コンパクトになるように、現地の乾物情報をお伝えいたします。〈注:この情報は、スーパーをウロウロするのが好きなだけのただの主婦が、色んなスーパーを何となく見てきて、ハノイの食糧 [続きを読む]
  • ベトナムに持ってくるべき食品【調味料後編】
  • 前編はこちら↓atdn.hatenadiary.com今日は調味料編の続きです。【料理酒・みりん】ベトナムには↑を使用する文化がないのか、もしくは飲料の酒を使用しているのか、スーパーには料理酒というコーナーはありません。となると、輸入品購入。しかしどちらも酒税が掛かるらしくこちらで買うと高い・・・私が今まで見た中で一番お買い得だったのが、インドチャイナの下のFIVIで料理酒500ml:4万5千ドンみりん1L:8万2千ドン( [続きを読む]
  • ベトナムに持ってくるべき食べ物【調味料前編】
  • お久しぶりです。ちょっと放置していたのですが、予想外に見て下さっている方がいらっしゃる事を知り、俄然書く気を取り戻した現金なポチです。本日は、私が「ベトナムに持って来て良かった食べ物【調味料】」をご紹介します。「初めてハノイに行く」となったときは、現地に何がどのくらいの値段で置いてあるのか分からなかった為、やみくもに日本の食材っぽい物を詰め込んでいました。しかし、赴任からはや1年、なんとなく [続きを読む]
  • 【持ってくるか】ベトナムの電化製品【こちらで買うか】
  • ベトナムに持ってくるべき電化製品は紹介しましたが、今回は、「では実際に住む国にはどんなものがどのくらいの値段で売ってあるの?」という疑問に答えていく回です。紹介するのはこちらの冊子↓私はBigC、というスーパーで貰ってきたのですが(日用品・生鮮食品・電化製品等なんでも揃う大型スーパー)、「Nguyenkim」という家電屋さんのチラシです。ハノイ市内にも多数店舗を構えており、GoogleMapで検索すると沢山ヒットしま [続きを読む]
  • 【空気清浄機】ハノイの大気汚染へのささやかな抵抗【半年後】
  • ハノイに来る前、「大気汚染酷いって言ってもねぇ」と、あまり深刻に考えていませんでした。しかし渡越そうそう2回も気管支炎に掛かり、それぞれ2週間近くゼロゼロと過ごし「まさか空気が悪いせいなのか…!?」と空気清浄機を導入することに。ハノイは冗談抜きで大体毎日モヤが掛かっています。日によってうっすらだったり真っ白だったり。それが湿度が高いせいなのか、PM2.5のせいなのかは定かではありませんが…とりあえず [続きを読む]
  • 【ベストシーズンは?】ハノイの気候・気温【】
  • ハノイに住み始めて1年が経ちました。そこで、旅行者さんも出張さんも悩む「ハノイの〇月の気候ってどうなの!?」を、私の一年間つけ続けた日記を元に、街の様子を添えてお伝えします。例年の平均気温等は随所で見かけるので省きます。あくまで『何を持って行こう』『どんな服装だとおかしくないかな』という視点で♪【注:人並みの体感だと思いますが(極端な暑がり寒がりではない)、一応個人差・訪問年度によっての多少のズレ [続きを読む]
  • 海外コンセント事情【裏技!?】
  • とても久しぶりの為、肩慣らしも兼ね…本日は「ハノイ・ベトナム向け」ではなく、「三つ穴・三口コンセントがメジャー」という国へ行かれる方向けです。まず、我が家はこのようなタイプの差込口(左【オレンジ】が通電している状態 ・ 右【白】が通電していない状態)そして、このタイプは3種類のプラグを差すことが出来ます。(左:BFタイプ ・ 中央:SEタイプ ・ 右:Cタイプ)BF:イギリス・シンガポール・中国・ [続きを読む]
  • 変圧器について
  • ハノイに来て初めての週末に買いに行ったものそれは*変圧器どこで買えるか分からなかったので「ハノイ 変圧器」で調べて、先輩のブログを頼らせて頂きましたm(__)m旧市街を下に下ったところにあって分かりやすいし割と行きやすい場所なのかな、という感じです。そしてお店のおじちゃんも外国人慣れしています。C?a Hàng Lioa - Kinh Doanh ?n Áp「Lioa」って看板が出てます♪住所*35 Pho Hue HNGoogle マップ [続きを読む]
  • みなさま「お引越しのご挨拶」ってどうされました?
  • ベトナムにもってくるべきもの【食料編】や【日常生活用品編】も書くつもりだったのですが、若干電化製品編で燃え尽きてしまったので(笑)、ちょっと休憩。今回は、いよいよベトナムの地に降り立ってからについて書こうと思います。結構体裁は気にするタチでして、帯同前「ご近所への挨拶」ってどうすればいいのかなぁと思い、色々調べたんです。まぁ、そりゃー色々な意見ありますよね。で、私なりの結論は『郷土の物、かつ日 [続きを読む]
  • ベトナムへ持って来るべきもの【電化製品後編】
  • たいへん気ままに進めさせて頂いております。みなさまこんにちは、ポチです。初めてブログを書いたのが2週間前。ひっそりとスタートさせ、最初の1週間は誰の目にも触れなかったものが、翌週にはびっくりするくらい多くの方に足を運んで頂き…大変恐縮ですm(__)mまだわからないことだらけの若輩者ですが、少しずつ勉強させて頂きますのでどうぞよろしくお願いします!さて、本日まさかの三部作になった【電化製品後編】です♪ [続きを読む]
  • ベトナムへ持って来るべきもの【電化製品中編】
  • さて…ようやく硬い話から脱却した前回、調子に乗って書きすぎ、時間もスペースも足りなくなってしまったため、今回まさかの【電化製品中編】です。気長にお楽しみくださいm(__)m〜生活家電編〜空気清浄機世界空気の汚い都市ワースト10入りしているというハノイ・・・体感的に置いていないお宅の方が少ない気がする。徹底しているおうちは各部屋1台ある。うちは寝室のみ設置。…というのも、はじめ持ってきてなかったんですよ [続きを読む]
  • ベトナムへ持って来るべきもの【電化製品前編】
  • 多くの方が公開している持って行くものリスト。私も帯同前、沢山の方の持ち物リストを参考にさせて頂きました。母数は多いに越したことはない!…ということで、ベトナムで生活し始めての電化製品事情をご紹介します♪(私の主観がたっぷり入っています。)そしてこのシリーズに関しては、ハノイに居る限りは時々加筆修正していくつもりです。〜キッチン家電編〜炊飯器 今使用されているものがあれば持ってくるべきだと思い [続きを読む]
  • 帯同に伴う雇用保険受給延長手続き
  • いつまでたっても固い話が続きます…。さて、私は今回帯同にあたり退職したのですが、失業保険の延長願いを提出しました。今の職場で働いて1年以上経つ方、もしくは2年間の間にトータル1年以上働いていた方は、失業期間中(就職活動中)は失業給付を得る資格があります。*以下の話は「帯同に伴う離職」の為、『自己都合による退職』を前提として話が進められています、ご了承くださいm(__)m帯同中は就職活動が出来ない [続きを読む]
  • 引越し当日の流れ
  • 前々日に電話で「当日は14時に伺います」って言われたのに、当日15時過ぎに現れた引越し屋さん。電話くらいしてくれても…(泣)前の方もベトナム行きだったみたい♪ 個人情報駄々洩れ。下準備として業者さんが来る前までに、持って行くものを優先順位が高い順に何となく並べておきました。(結果大正解)当日の役割分担は、私:持って行くものの指示出し 「この順番でお願いします」や「この袋の中は○○が入っています」業 [続きを読む]
  • ベトナムに持って行けるもの・行けないもの
  • 引越しの日取りが決まると「○○(国名)へのお引越しについて」的な冊子が送られてきました。持って行けるもの、行けないもの…私が調べていても中々出てこなかった為、冊子から抜粋させて頂きます。【2017年情報です、変わる可能性あり】■ベトナムへの発送禁止品刀剣・武器・爆発物・危険物・整髪料などのスプレー缶・ガスボンベ・リチウム電池のついた電化製品(小物含)・商標権・特許権(この辺は??)・貴金属・宝飾品・ [続きを読む]
  • 海外への引越し〜はじめに〜
  • これまた調べても調べても??な海外引越事情。食品は駄目、肉エキスが駄目、贅沢品には関税、開けられる、盗まれた、食べられた(笑)・・・調べる中でどんどん分からなくなってきて、でも持って行けるものは出来るだけ準備して行きたいし・・・。ここではまた「私はこうでした♪」の事例を紹介します。いろんな方のブログを読んでいた為、主人の会社が「航空便も船便も旦那さんと家族用に2便ずつ積載量無制限で出せま [続きを読む]
  • 各種申請と必要な日数のご報告
  • えーっと、今までの失態の数々からお分かりのように、私が偉そうに言えることは一つもありません…が、帯同までに色々な手続きをしたのでどうぞ参考までに♪出来るだけ時系列になるように書いています。■:大体必須なもの□:普通は必要なさそうなもの12月■離職票依頼:退職の時に「要りますか?」と聞いてもらえます。大体は有休消化後5日程して郵送されるかと。失業給付関係で使います。■主人の辞令コピー:パスポー [続きを読む]
  • 海外転出届トラブル編 その2
  • 年末ハノイから 彼と一緒に帰国し、無事入籍を果たした私。晴れて「家族」となった私に「読んでおいて貰った方がいいから〜」と、主人は会社から貰える「海外赴任手続きの冊子」をくれました。…そう、このブログの4話目で、私が存在を知らなかった例のアレです。。。主人がハノイに戻り、読み進めるとなんとこんな記載が!!!『帯同予定の配偶者が国民年金の3号被保険者でない場合は、転出届を出す前に3号被保険者への [続きを読む]
  • 海外転出届トラブル編 その1
  • 年末ハノイから 彼と一緒に帰国し、無事入籍を果たした私。婚姻届を出してから、新しい戸籍謄本が出来上がるまでに1週間。その間にふと「あれ?そういえば私結婚して本籍地が変わったし(&海外転出届提出済み)、もしかして今居るB県ではパスポート申請出来ないんじゃないの!?」と思いました。パスポートは住民登録をしている都道府県の申請窓口でのみ申請出来ます。また、申請には戸籍謄本(抄本)と合わせて住民票も必要で [続きを読む]
  • 海外転出届をこねくり回した話
  • この記事は必要ない方にはとても退屈な記事なので、どうぞ読み飛ばすようお願い致します。「海外転出届の提出」これは私がブログを書こうと思った大きなきっかけです。こやつはまず情報量が圧倒的に少ない!そして安易な決断をした私は色んな事が上手く進まなくなり、後々かなり苦労しました。…なので、こういう事例もあるよーという報告も兼ねて後世に残したいと思います。まず、前提として〜「海外転出届」は海外に1年以上 [続きを読む]
  • 帯同までに読んだ本紹介
  • 割と海外進出をしている会社だと、海外出向が決まると「海外赴任のすすめ」的な冊子が配られると思います。そこにはその会社で、今後どういう手続きを踏んでいくか、や、どのような福利厚生があるか、などが書かれており一番頼りになるものです。また、出向前に本人やその家族向けに「海外赴任前研修」や「帯同講習会」が行われたりします。…しかし、今の時点で家族でもなんでもない唯の「彼女」の私は何も手にすることが出来ま [続きを読む]