Yo-Ji さん プロフィール

  •  
Yo-Jiさん: Yo-Jiのふたたびレオパ
ハンドル名Yo-Ji さん
ブログタイトルYo-Jiのふたたびレオパ
ブログURLhttps://yo-ji-leopards.theblog.me/
サイト紹介文レオパードゲッコー、ヒョウモントカゲモドキの飼育、繁殖をします。モルフも紹介します。
自由文昔、飼っていたレオパードゲッコー。仕事が忙しく辞めてしまいましたが、今年あるきっかけでふたたび飼い始めました。ほぼ素人同然のレベルですがこれからブリードにも挑戦します。遺伝子研究もしながら綺麗なモルフ作るぞー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 28日(平均6.5回/週) - 参加 2017/09/26 10:09

Yo-Ji さんのブログ記事

  • 自作ラック不採用
  • 先日作成した合板のレオパラックですが、使用するのを止めました。一つ目が完成し二つ目のラックの為の合板2枚を切り出したところで中止です。組み立てながら、ふと思いました。 この合板、コンパネだよな、、、、、、。コンパネって有害な物質含まれてないのか?気になって調べてみると、接着剤にホルムアルデヒドが使われてるらしい。 ゲッ。「ホルムアルデヒド」とは、、、、、、「人体へは、濃度によって粘膜への [続きを読む]
  • モルフ11匹目
  • W&Yマックスノーベルアルビノ。エニグマと違った乱れ模様と、色合いを明るくする効果が期待できるW&Yが入っていて、さらに明るいトーンのベルアルビノをかけたモルフです。この子もアルビノなので明るいところでは目を開けてくれず、少し暗くして撮影しました。もともと食いが弱かったのですが、ハニーワームだけは食べていたので食べるだけ与えていたら、今ではハニーワームしか食べなくなってしまいました。大きく成長 [続きを読む]
  • モルフ10匹目
  • ラベンター タング ベルというモルフ。アルビノアイなので、撮影時、ライトの下では目を開けてくれません。少し暗くして撮影しました。英語表記だとLavender Tang Bellなのでベルアルビノとタンジェリンをベースに作出ということで理解していいのでしょうか。TangとはTangerineの略だと思うのですが、ブリーダーの名前かなあ。小さいながらもMシルクワーム2匹とLコオロギを3匹食べた後なのでおなかがふっくらとしてい [続きを読む]
  • シルクワーム
  • やはりコオロギは臭うしキープが面倒。で、代わる餌を探してシルクワームを買ってみました。 レオパに与えるサイズがわからなかったので試しに3種類(LMS)のサイズを注文。 Lサイズは5cm以上あり大きいのは7cmくらいあるので、サブアダルトの子でも食べるには大きいみたいで、食いつくのにかなり躊躇しています。Mサイズだと喜んで食べてくれ [続きを読む]
  • モルフ9匹目
  • レーダーです。ラプターに用いるアルビノをトレンパーアルビノではなくベルアルビノを用いて作出された品種だそうです。これもタイフーン同様、相当な過程を経て作出されてるそうです。ベルアルビノ特有の瞳の赤さがエクリプスによって虹彩全体に広がっているため透明感がありラプターに比べてより明るい赤い瞳になっているようです。アルビノなので光に弱いようで撮影時に目を開けてくれませんした。目を開けた一瞬をと [続きを読む]
  • レオパラック制作
  • ホームセンターで2枚の合板を購入し、車に積載できるよう店員のお兄ちゃんに大まかな寸法でカットしてもらいました。これから自分で正確にカットしていきます。 道具を揃えて。 さあ、やるか。ぎーこぎーこ。全部の板を設計図通りにカットして。 ふ〜、出来た。 次は組み立てる [続きを読む]
  • レオパラック設計図
  • こんな感じでケージが増えたので、日々のメンテナンス時の蓋の開け閉めが煩わしい。 さっそくラックの作成にとりかかります。安価な合板(1800mm×900mm)で作成するので効率よく切り出さなければなりません。引っ越し時にミニバンに乗せることも考慮して、二段重ねのデザインです。まず、かんたんな図面を描いてみます。 合板の厚みが11mmでケ [続きを読む]
  • モルフ8匹目
  • タイフーンです。ラプターに用いるアルビノをレインウォーターアルビノで作出した品種で、レーダー同様、相当な過程を経て作出されてるそうです。作出されたブリーダー様、ご苦労様です。エクリプスの影響で瞳の色が目全体(または半分)に広がるため、暗いワインレッドの目になるそうです。この子はハーフアイです。2017.9.10 Typhoon [続きを読む]
  • モルフ7匹目
  • 白い肌部を強調するには、このモルフは欠かせないでしょうということでサングローと同じブリーダーさんからお迎えしたスーパーマックスノーヘテロRp。よく食べて元気に丸々太ってきました。黒い瞳がウルウルで凛々しい。もう少し白があがってくれるといいのですが。撮影中、おなかを地面に着けて、両後ろ足と尻尾を器用に同時に上げて、大きい××をしてくれました。2017.9.10 Super Mac Snow Het Rp [続きを読む]
  • ケージ02
  • このでっぱりを削るにはカッター?糸鋸?レシプロソー?マルチツール?結局、年季の入ったサンダーを借りてきて削ってみました。 プラスチックが熱で溶けて汚い仕上がりになってしまいました。 使うのに支障はないんだけど、汚い、、、、、、。中断して、プラスチックが溶けないような切削ツールを探してみました。ありました。模 [続きを読む]
  • ケージ01
  • 1匹目を迎えてから1ヶ月後には飼育個体数が10匹を超えてしまいました。そこで日々のメンテナンスの効率化を考えています。昔飼っていたころは5、6匹だったのでそれぞれ小さな水槽でこと足りたのですが、今回はブリーディング前提の飼育です。殖えていくことを考慮してケージを探します。また、数年先の引っ越しも考慮します。1)増えるケージを統一したい。2)日々のメンテナンスを効率化。3)引っ越しでもミニバンに乗 [続きを読む]
  • モルフ6匹目
  • 閉店30分前に飛び込んだはちクラさん。レオパコーナーじっくり見たかったけど時間がない。背の高いさわやか店員のお兄ちゃんにオレンジの発色のいい子はいない?、、、、、、、、、、、、、、、これなんかどうですか?と持ってきてくれたのがこのエクストリーム サンバーン。オレンジ色の発色がとても良くて速攻でお迎えです。サンバーンって何? しかもエクストリームって?帰宅してから調べましたん。サンバーンてJM [続きを読む]
  • ハニーワーム
  • コオロギとジャイアントミルワームの二大レオパ餌をあまり食べない個体には何が良いのか。拒食になった個体にハニーワームってのが見つかりました。早速、食の細い子に与えてみました。目の前に動くコオロギやミルワームを置いても、見向きもしない個体が、その動きと匂いの為なのか一瞬で目で追い始め(ロックオン)、パクリッ!パクパク! 食べる食べる。Lサイズを十数匹食べた子もいました。 [続きを読む]
  • ジャイアントミルワーム
  • エサはコオロギを与えていますが、あまり食べてくれない個体もいます。お迎えしたレオパたちの中にはアメリカからやって来たばかりの個体もいるため向こうのブリーダーは何を食べさせてるのか調べてみると、どうやらヨーロッパのブリーダーはコオロギとミルワーム、アメリカはほぼガットローディングしたミルワームメインらしい(種類が違うのかもしれませんが)。てことはこれまでコオロギは食べていなかったのねってこ [続きを読む]
  • スクーリング
  • 行ってきました。会場に着く手前の画像を一枚。老若男女約100人くらいだったでしょうか。約2割程度が男子でした。みなさん真剣な面持ちで講義に望んでいらっしゃいます。 講義は、1時限目:動物愛護論、2時限目:動物関係法令概説、3時限目:動物の飼養管理、4時限目:動物の飼養管理、5時限目:愛玩動物飼養管理士の社会活動、6時限目:動物のしつけという構成。昼食後、めっちゃ眠くなりついウトウ [続きを読む]
  • 愛玩動物飼養管理士
  • 1匹目のサングローさんを迎えて速攻でふたたびブリードしたいと思い始めました。種親になりそうな個体をさがす訳ですが、片田舎に住んでいる者として困るのは、ネット通販で購入できないということです。昔飼っていたころはビッダーズの生体オークションが華やかなりし頃で、レオパはじめ爬虫類の売買が盛り上がっていました。画像を見てお気に入りを落札できたのでショップに出向くこともほとんどありませんでした。飼 [続きを読む]
  • モルフ5匹目
  • こちらは5匹目、W&Y Jungle Mac Snowです。ホワイト&イエローはエニグマと似たような表現が期待でき、神経障害が出ないモルフとして近年コンボモルフに多く使われているらしいのですが、あるショップの話によると個体によっては首を持ち上げる動作をする子がいるそうで、神経障害が全くないとは言えないそうです。 すこしがっかり。この子は変な動作をすることもなく安心しました。今夜はエサを食べていません。少し食 [続きを読む]
  • モルフ4匹目
  • ブリードするためには、ベースとなる基本モルフを揃えたい。つい先日まで一匹だけ飼うつもりが、、、、、、もうブリードする気満々。こちらは4匹目のEclipse Full Eyeです。ドット模様がエクリプスらしいエクリプスだったので、つい連れて帰りました。やっぱ目が可愛いわ。通常のレオパの瞳は明るい虹彩と猫の目と同じ縦長の瞳なんだけど、エクリプスは虹彩の色に変化が生じていて、発現が2種類あり虹彩全体が真っ黒に染 [続きを読む]
  • モルフ紹介3
  • サングロー、Lavender Boldに続いて3匹目の紹介です。ランダムにパターンが崩れ、様々に美しく派手な模様の出現が期待できるエニグマですが、神経障害がでるとのことで購入を躊躇したモルフです。ショップで様子を見てると普通に見えたので、連れて帰りました。帰ってから気づいたのですが、目が悪いようでコオロギの匂いに気づくと、頭を振ってコオロギの周辺を噛みまくる。、、、、少し怖い。他のモルフでは見ることが [続きを読む]
  • 魅力的なモルフ
  • Twitterは登録したものの、ほとんど使っていませんでしたがレオパ購入に際し活用し始めました。TwitterとFaceBook、ブログを検索。居るんですね、綺麗なモルフを公開しているブリーダーさんたちが。そして飼育法や遺伝子について解説している。W&Yファイアーアルビノ、ファイヤーウォーター、ギャラクシー、スーパーマックスノー、エニグマ、エクリプス、タンジェリンアルビノ、タンジェロ、ブリザード、ラプター、レー [続きを読む]
  • コオロギ受け入れへ
  • レオパゲルは一応食べるけど二切れ目は食べないのでなんとなく心もとない。しょうがない、コオロギを追加するか。飼育ケースを作ろう。衣装ケースを買ってきてインパクトドライバーで穴開けて、 完成。 紙製卵トレーも買って、給水器も作って、産卵用土も入れて。、、、、、、、、、、、、、、、、、、コオロギをすっかり受け入れ [続きを読む]
  • 問題はエサ
  • 8月14日帰宅。突然レオパを購入したので飼育するものを準備していなかった。そこでシュリンプ用のプラケースをケージとしてセッティング。シェルターは同時に買ってきた。シュリンプと比べると準備する飼育用品は少ない。シュリンプの場合、水槽、ソイル、濾過(外部フィルターor底面フィルター、スポンジフィルター)水草、照明器具が必要で、水づくりに一ヶ月以上かかる。それなりに面倒です。レオパの場合、30cm×20c [続きを読む]
  • レオパとの再会(終曲)
  • 次の日8月13日9時10分、5歳の双子の息子二人を従えて、いや連れて、意気揚々といざ諫早市へ。40分後、、、ええと、この辺だけどなあ。カーナビで近くまで来てるはずなんだけど、近くに会場らしき建物見つからず。iPhoneで探すこと10分。会場オープンの10時を過ぎてしまった。やっと見つけ、息子二人を連れて会場へ。こういうイベントはオープンと同時にいい個体から売れちゃうんだよなあ、、、、たぶん。行ったことない [続きを読む]
  • レオパとの再会(序曲)
  • お盆休みに家内の実家がある島原に家族で帰りました。7歳と5歳の息子達が何か動物を飼いたいと言い出したので、むかし飼ったことのあるレオパなんてどうかなって息子たちに提案すると”うん飼いたい飼いたい”ってうるさいもんだから、盆休み中に福岡まで出かけて買ってこようか、なんて漠然と考えていました。長崎県内には販売しているとこ知らないし、福岡なら爬虫類ショップがいくつかあるんじゃね。ネットで検索。あ [続きを読む]