三角友 さん プロフィール

  •  
三角友さん: MONOYOMI YOMIMONO
ハンドル名三角友 さん
ブログタイトルMONOYOMI YOMIMONO
ブログURLhttp://misumi-tomo.blogspot.jp/
サイト紹介文日常を特化したイラストブログです。貧乏なため、日々節約生活を送っています。
自由文ひとり暮らし。主食わかめ。毎日自炊しています。在宅ライターもどきをしています。依頼を受けて作詞をすることもたまにあります。収入より支出のほうが多いので貯金を切り崩して生活しています。どうにか再就職にこぎつけたいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 260日(平均5.5回/週) - 参加 2017/09/26 19:53

三角友 さんのブログ記事

  • お試し引換券でお菓子を半額以下でゲットしてきました。
  • ローソンにはこのような月刊の冊子がレジ付近に置いてあります。Loppiお試し引換券の情報が、カレンダー形式で掲載されています。Loppiお試し引換券は、Pontaカードやdポイントカードのポイントと交換できます。今回は赤丸で囲った、カントリーマアムのチョコミント味を貯まっていたdポイントと交換しました。カントリーマアムのチョコミント味は、普通に買った場合216円(税込)しますが、dポイントでLoppiお試し引換券を発行し [続きを読む]
  • エースコックの「わかめそうめん」にわかめ追加してみた
  • カップラーメンの中ではエースコックのわかめラーメンが一番好きです。ラーメンが、というより、わかめが好き!という感じです。最近、色んなカップラーメンを紹介している方のブログで、エースコックの期間限定「わかめそうめん」なるものが取り上げられていて、「絶対にうまいにちがいない!(私が好きな味だ!)」と思って買ってみました。オクラとゆずも入っているらしいですが、それは別にどうでもいいです。肝心なのはわかめ [続きを読む]
  • 美男子の残念な部分 〜おにぎりはバッグの中に入れておこう!〜
  • 電車に乗ったとき、頭の形がとても美しい男性がいて、思わず見とれてしまいました。「頭」とは顔も含めた首から上の部分で、あご先から頭部のてっぺんまで、まるでマネキンのように均衡が取れていました。いつも文句を言ってばかりの私ですが、文句の付けようがありませんでした。髪は普通に生えていたけど、スキンヘッドが絶対似合う!と勝手ながら想像させていただきました。で、首から下は?まあまあです。細身でスラッとしてい [続きを読む]
  • 洗濯用ハイター使ってみました。
  • 先日、キャバクラの面接に行ったら、自分がニンニク臭いことに気づき、店の女の子たちとの激しいギャップを感じて辞退した、という話を書きました。(関連記事『お金にマジで困って、キャバクラの面接に行ったときの話』)そのときブログサークルというSNSで、「洗濯機をまわすとき、ハイターをうすめたやつを入れるといいよ」というアドバイスをいただき、さっそく試してみることにしました。(みなさん、いつも色々アドバイスあ [続きを読む]
  • モンスター級に売れるTシャツをデザインするぞ!
  • イオンに入っている雑貨店に「ウソT」というものが売られています。ウソが書かれたTシャツ。ググってみたら、全世界で50億枚だか70億枚売り上げているモンスターTシャツだということが分かりました。こんな感じで、パンダのイラストなのに「いぬ」と書かれていたり、チョキのイラストなのに「グー」と書かれていたり、ほかにもドーナツなのに「ピザ」、モーツアルトなのに「エジソン」なんて書かれています。斬新ですね。しかし微 [続きを読む]
  • めんつゆ簡単レシピ
  • めんつゆを常温で保管できるか不安だったのですが、思い切って買ってみました。(関連記事『めんつゆ買いました。』)すでに栓を開けてしまったので、早く使い切ろうと、毎日めんつゆのことばかり考えています。とりあえずいつも作っているチャーハンにぶっかけてみました!具はたまねぎと卵だけです。名付けて「ビンボーめんつゆベトベトチャーハン!」これを食べているときに肉が必要だなと感じました。鶏肉を入れれば「親子丼」 [続きを読む]
  • まだ彼氏いないのに、彼氏用のお茶碗買っちゃう?
  • ある番組で、地方から東京に出てきて、一人暮らしをスタートさせたばかりの女の子に密着する、というのがやっていました。一人暮らしの物件を紹介するのがメインで、最新式のキッチンやお風呂やトイレ、そして間取りなどが次々と披露されていきました。そんな中で、取材を受けていた女の子が、ちょっと照れた感じでキッチンからお茶碗を2つ手にして現れました。同じ大きさのピンクと水色のお茶碗。「彼氏ができたら使ってもらおう [続きを読む]
  • ダメ顔のTシャツを着ている人がいた。どう捉えればいい?
  • お金がないのに、最近ドトールに行きまくっています。家以外の、第2の居場所になりつつあります。自分ではなんとなく出勤しているような気持ちでいます。というのも、ドトールに行くと店員さんがキビキビと動いているので、気がひきしまるからです。実際に勤務している人たちの誰よりも多く出勤しているかもしれません。毎日店にいる気がします。そんなドトールですが、土日は平日とちがって、大変混雑しています。満席で座れない [続きを読む]
  • ラーメン屋にフラッと入れる?
  • 1日の食費が300〜450円程度なので、私にとってラーメン屋のラーメンは「かなり高い」に位置づけられています。ラーメン屋にかぎらず、元々外食することがほとんどないです。3ヶ月に1回友人に会うときだけ、大衆居酒屋に行くくらいです。友人はちゃんと働いているので、テーブルにのりきらないんじゃないかというくらいガンガン注文します。私は出費を抑えるため、「そんなにお腹は空いてない」状態で参戦します(いつもバナナを2本 [続きを読む]
  • それってカフェで話すこと?話丸聞こえ、生活丸見えですよ!
  • 先日ドトールで、オンライン英会話をしている野郎がいてイラついた、ということを書きました(こちらの記事です)。以来ドトールに行くたびに、ヘンな奴はいないか常に厳戒態勢でいます。ネタになることは起こらないか?読者をアッと言わせる異常行動を取っている者はいないか?話でもいい。妙な話をしている者たちはいないか?そんなことを考えるあまり、店が空いていて座る場所がいっぱいあるにもかかわらず、わざわざ二人組で話 [続きを読む]
  • もしタダでいいなら、ホストクラブ行ってみたい?
  • 最近hulu(フールー)で『マツコ会議』を観るようになってから、テレビでもマツコさんの出ている番組を追うように観ています。「はっきりものを言う」姿勢や、洞察力の鋭さや、毒がありながらも相手を思いやる優しさなど、観ているうちにマツコワールドにどんどん引き込まれていきます。とくに中継を通じて一般の人、将来に悩む若い人とやりとりするとき、「私はこんなふうだから結婚もしないし、子どもを持つこともないから、それ [続きを読む]
  • めんつゆ買いました。
  • いつ買ったか分からないそうめんが2束残っていて、いい加減食べないとな〜と思っていたのですが、めんつゆを切らしていて食べることができないでいました。そういえばめんつゆ、前回買ったとき大幅に賞味期限を過ぎてしまって、味がヘンなふうになっていたことを思い出しました。新しいのを買ったらできるだけ賞味期限内に使い切ってしまいたい。一度栓を開けたら、とにかく毎日麺!麺!麺!で攻めなくては。めんつゆを買うにも気 [続きを読む]
  • お金にマジで困って、キャバクラの面接に行ったときの話 〜失敗談〜
  • 男性は仕事などの付き合いで、キャバクラやスナックやガールズバーみたいな、いわゆる女の子のいる店に行くことがあると思います。行きたくなくても、ノリノリの先輩や上司にむりやり連れて行かれる、なんて場面も経験した人はけっこういるんじゃないでしょうか。それとは反対に、女性は付き合いやノリでホストクラブに行くことは、ほとんどないと思います。すごく仲のいい女友達同士で、「ホストクラブってどんなところなんだろう [続きを読む]
  • カフェでこんな人たち見かけませんか?
  • 最近ブログ記事を近所のドトールで書いています。紙に。たいした内容ではないんですが、紙にペンで書いたほうが「書いたった!」感が高まり、脳細胞もメキメキ鳴って喜んでいる感じがします。書いているときはかなり集中しているので、周りの雑音は気になりませんが、集中モードに入るまでがちょっと大変です。というのも、ドトールは私の居住区で最安値でコーヒーを提供しているので(コンビニやマックの紙コップのコーヒーは除外 [続きを読む]
  • 『マツコ会議』に登場するセレブがみなすごすぎる!
  • 最近hulu(フールー)で『マツコ会議』を観ています。『マツコ会議』は今話題の場所と中継を繋いで、スタジオにいるマツコさんが中継先のリポーター(ディレクター)に指示を出したり(「ああもうちょっとあっち映して」とか、「さっきのあれ何?もう一回映して」とか)、リポーターを通じてその場所を利用する人たちにインタビューしたりします(一般の人とマツコさんが直接やりとりする場面もあり、かけ合いが非常に面白いです) [続きを読む]
  • 終わった恋の隠し場所 〜彼が所持していないもの〜
  • 作曲家の東城先生のスタジオで、自己紹介が終わるなり、ショウが一曲歌うことになった。歌う曲は彼が作曲し、私が作詞した最新曲『Crystal of the Sun』。詞が実際に曲にピッタリあてはまっているか、歌いやすいようになっているか確認するために歌うみたいだけど、詞はその日に、つまり東城先生のお宅に来る寸前に用紙のコピーをショウに渡したばかりだったので、彼がちゃんと歌えるか心配だった。Crystal of the Sunどこまでも続 [続きを読む]
  • 終わった恋の隠し場所 〜プロの作曲家〜
  • ショウと会うようになって2ヶ月が過ぎてから、彼に作曲を教えている東城先生に会うことになった。何十年にもわたって有名アーティストの楽曲や、CMのテーマソングを手がけてきた人で、会えるだけでも私にとっては光栄なことにちがいなかった。横浜にある音楽の専門学校でも、楽曲作りを大勢の生徒たちに教えているらしい。それとは別に自分でストリートライブなどでスカウトした人をプロの歌い手としてプロデゥースしたり、ショ [続きを読む]
  • モテまくるマホリちゃんをずっと横で見ていた
  • 小学3年生のとき、地域のミニバスチームに入って新しい友達がいっぱいできました。とくにほぼ同時期に入ったマホリちゃんとはとても気が合い、すごく仲良くなりました。元々私の兄とマホリちゃんの兄が同じサッカーチームに入っていて、母に連れられ練習を見に行ったときにマホリちゃんを何度か見かけ、一緒に遊んだことがありました。そのときはマホリちゃんがかわいいことに、私はまったく気づいていませんでした(マホリちゃん [続きを読む]
  • 高校生のときにしていた油まみれのバイト
  • 高校生のときイタリアンレストランでバイトしてました。時給800円スタート。昇給制で最終的には950円まで上がりました。客席は70席程で、11:00〜2:00まで営業。早番・中番・遅番とシフトが分かれていて、私は中番17:00〜22:00の週3〜4日勤務。だいたい月に5〜6万程稼がせてもらっていました。稼いだお金のほぼすべて、アメリカ留学(ホームステイ&語学学校)に費やしました。【関連記事】『「ふざけんじゃねぇよ!」な1日 〜 [続きを読む]
  • 終わった恋の隠し場所 〜負の力〜
  • ショウに会うなり、彼のペースに巻き込まれてしまったようだった。楽曲作りの世界について、ほとんど何も知らない状態だったので、すべて彼に教えてもらうという立場だった。そのせいで、私は彼の生徒みたいな感じだった。悪くなかった。分かりやすくて何よりだった。私はただ目の前で先生が何をしでかそうと、「すごいです、すごいです」と褒め称えていればよかった。彼も彼で、先生という立場を楽しんでいるようだった。普段は本 [続きを読む]
  • 質の高いマンツーマン授業が受けられる!セブ島で充実した留学体験
  • とにかく英語を上達させたいと思い、セブ島の語学学校に半年間留学しました。セブ島留学にかかる費用は、欧米留学の3分の1程度で、格安の割に授業の質がよかったので、留学したいけどお金に余裕がないという方にかなりおすすめです。私ははじめマンツーマンの授業1つに加え、1:4と1:8の計3つのクラスを受講していました。1ヶ月ほどして、料金は割り増しになるけど、効率的に英語のスキルアップができると思い、授業3つすべてを [続きを読む]
  • 「え!どうして?」セブ島で見かけたゆるすぎる人2
  • 前回、セブ島で見かけたゆるすぎる人=パンツ一丁のエアギターおじさんについて書きましたが、書いているうちにみるみる記憶が蘇って、「他にもゆるすぎる感じの人いっぱいいたな」と思い出しました。『「え!どうして?」セブ島で見かけたゆるすぎる人』フィリピンの方というのは歌がすごく好きみたいで、滞在した語学学校のスタッフも、作業しながら歌をよく歌っていました。部屋の掃除やシーツの取り替えをしてくれるハウスキー [続きを読む]