三角友 さん プロフィール

  •  
三角友さん: MONOYOMI YOMIMONO
ハンドル名三角友 さん
ブログタイトルMONOYOMI YOMIMONO
ブログURLhttp://misumi-tomo.blogspot.jp/
サイト紹介文日常を特化したイラストブログです。貧乏なため、日々節約生活を送っています。
自由文ひとり暮らし。主食わかめ。毎日自炊しています。在宅ライターもどきをしています。依頼を受けて作詞をすることもたまにあります。収入より支出のほうが多いので貯金を切り崩して生活しています。どうにか再就職にこぎつけたいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 362日(平均4.6回/週) - 参加 2017/09/26 19:53

三角友 さんのブログ記事

  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:何者
  • やはりと言うべきか、シドニーに来てから僕の頭は本当におかしくなってしまったのか。カップ麺からこんな得体の知れないものが出てくるはずがない。本当に幻覚を見ているのか。じゃあこの頭は何だ?僕が自分でこうしたのか。そういえば、こいつに触れられた感触がなかった。するする〜っといつの間にかこの髪型に仕上げられていた。僕がやったのか?よく覚えていない。僕は狂っているのか?どうしよう。ちゃんと日本に戻れるかな。 [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:散髪
  • 人に髪を切ってもらうのは何年ぶりだろう?話しかけられるのがイヤで、床屋はずっと避けていた。2ヶ月に一度自分で切るというか、なんとなく調整していた。めんどくさいと思うときもあった。切ることじゃなく、床屋に行けない自分がめんどくさかった。軽度の対人恐怖症にちがいなかった。当たり前のように散髪に行ける人がうらやましかった。流行りの髪型にしてみたかった。人にとって楽しみだったり、気分転換になる行為が、どう [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:出現
  • To be continued!【あとがき】カップ麺からへんなやつ出てきちゃいましたね。あらあらら〜。いいやつなのか、悪いやつなのか、これから見ていくことにしましょう。【最初から読む】『頭が鳥の巣みたいになってる男:出発』【前回に戻る】『頭が鳥の巣みたいになってる男:食事』応援 お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:食事
  • to be continued!【あとがき】今回は文章なしでやってみました。文章がないほうがなんかスッキリしてていいですね〜。一枚一枚に迫力が出たような気がします。このストーリーはカップ麺を食べているときに思いついたものです。しかし今日はカップ麺を切らしていたので、冷凍エビグラタンをチンして食べました。いつも見てくださってありがとうございます!【最初から読む】『頭が鳥の巣みたいになってる男:出発』【前回に戻る】 [続きを読む]
  • ピアノ売りました
  • 実家には20年以上使っていないピアノがあります。私のために用意されたピアノ。80万円くらいしたそうです。母の一番仲のいいママ友がピアノの先生をしていて、「子どもにピアノいいわよ〜」と1000回くらい言われて(ほとんど洗脳されて)、私にピアノを習わせること=ピアノを買うことになったみたいです。小学6年生までピアノ教室に通い、その間は毎日ピアノに触れていましたが、中学に上がると同時にピアノ教室をやめ、以来パッ [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:日常
  • シドニーに来て仕事をいくつかこなしたけど、結局誰とも打ち解けることができなかった。自分自身とも。驚くことは多いけれど、その中に「楽しい」という感情はなかった。ただ、この街は日本とはずいぶんちがうんだなと感じただけ。人だけじゃなく、食事も合わなかった。気づけば、日本食を扱っている食料雑貨店に通い詰めていた。日本にいたとき、好物で週3くらいで食べていたカップ麺が売りに出ていたので、さっそく買うことにし [続きを読む]
  • 爆音がやってきた!とんぷく薬で制御なるか?!
  • 市の水道工事で、この夏、そして秋にかけて町中の道路が掘り返されようとしています。「仮工事」と称された、水道管沿いの道路の表面に亀裂を入れるという工程は、私がまだこの市(実家)に戻る前に行われていました。母:「すっごくうるさかったよ。食器棚がガタガタ言って、震度1の地震が一日8時間ずっと続いているみたいだった」それが「仮工事」で、「本工事」がいよいようちの真横のお宅の道路を施工しはじめました。どんどん [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:働く
  • オーストラリアのシドニーに来て、1週間街の中を見て回った。観光というより、何がどこにあって、どうゆう仕事なら就けそうか観察していた。仕事は選ばなければたくさんありそうだったけど、ワーキングホリデービザで来ていたので、同じ雇い主の元で3ヶ月までしか就労できないのがネックだった。仕事に慣れたと思ったら、すぐ別の仕事を探さなければならなかった。最初に就いた職はユースホテルのハウスキーピング。仕事はいつも2 [続きを読む]
  • 父が動きまくっています
  • 市の水道工事が連日急ピッチで進められています。地震に強い水道管に取り替えるためなので、多少の騒音はしかたないと思っています。ただ数ヶ月に渡って工事が続けられるため、徐々に耳が、体が、頭がおかしくなりつつあります。音に参っているのは私だけではありません。父もかなり参っているようで、朝9時に工事がはじまると、落ち着ける場所を求めて家の中をぐるぐる歩きまわります。そして騒音をまぎらわすために「集中して何 [続きを読む]
  • 高級ブランド品に興味がありません
  • 体調がだんだんよくなってきて、外に出かける機会が増えてきました。よって、しまむらにも寄る回数が増えてきました。しまむらでは、主にポーチ売り場をうろうろしています。いや、ほぼ張り付いています。かわいいポーチがいっぱい置いてあるからです。ちなみにこれが現在私のバッグの中に入っているポーチです。ポーチというより、ただむにゅむにゅした袋、という感じです。雑誌の付録としてついてきたやつですが、いつから使って [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男:出発
  • 【頭が鳥の巣みたいになってる男のプロフィール】26歳 171cm 60kg会社員(某食品会社の営業部)趣味:Hulu、ツムツム好きな食べ物:カップ麺(わかめラーメン)友人:0人気の合わない同僚及び上司:50人彼女なし将来の夢なし貯金少々あり一言:「ボケーッと生きていたら、頭が鳥の巣みたいになってました」この感情は何だろう?まるで感情なんて何もないみたいな感情。イヤだな、と僕は思った。語るべきことが何一つない人生。 [続きを読む]
  • そんなふうに思ってたんだ
  • 私(女)には高校時代、男の親友がいました。同じバスケ部で、クラスも2年と3年のとき同じでした。家も近くて、待ち合わせしたわけじゃないのに、偶然鉢合わせて一緒に登校したり、下校したりすることもありました。二人だけで桜木町の映画館に行ったこともあります。ベイサイドマリーナ(現在の三井アウトレットパーク)でショッピングしたこともあります。当時女子同士で手紙を交換するというのが流行っていたのですが、私と彼も [続きを読む]
  • 救急車で運ばれました
  • ※一人暮らししていたときの話です。7月初旬、救急車で運ばれました。心臓がバクバクし、手足がしびれ、こんなことを言うのはひどく恥ずかしいのですが、「あれ?このままだと私軽く発狂しちゃうわ」と感じ、どうしたらいいか分からなくなって119にかけました。自分で自分をコントロールできない、という内容のことを119の人に伝えたところ、「人に危害を加えてしまいそうですか?もしそうなら救急隊員だけでなく、消防隊員にも来 [続きを読む]
  • 唇をどうにかしたい
  • 7月初旬に発作を起こしてから、顔色がすこぶる悪いです。薬を服用しているので、そのせいで胃腸が荒れ、顔にもろに出ているのかも。鏡を見るたびに落ち込みます。家の中ではなるべく鏡を見ないようにしているのですが、外に出かけてトイレなどを使うと、嫌でもデカデカとした鏡に遭遇し、自分の顔にビックリさせられます(顔だけじゃなくて髪とか服装も)。「これが他人の顔で、自分の顔は中条あやみちゃん(ハーゲンダッツのCMに [続きを読む]
  • あなたの職場はどれくらいの広さ?
  • あなたの職場は、デスクがある空間とは別に、給湯室があったり、休憩スペースがあったりするのでしょうか?リラックスできるようになってます?私は派遣でいろいろな職場を経験しましたが、その中で一番狭かった職場の話をしたいと思います。スペースは四畳、デスクは2つありましたが、一人勤務でした。ある建物の受付のような仕事でした。部屋の中全体が昭和という感じで、ルールみたいなものも昭和のままで、前任者たちのたばこ [続きを読む]
  • 新しいスニーカー&靴下を買いました
  • 履いていた靴の底がベランベランになってしまい、歩行困難となったため(とくに雨の日は浸水して靴下ビチャビチャ)、新しい靴を買うことにしました。とりあえずABC−MARTで色々見ていたのですが、最近の流行りなのか、薄めの色合いのスニーカーが目につきました。その中でも、アディダスの、薄いピンクというか、薄いベージュというか、今までにみたことがないカラーのシューズに一目惚れ。5900円と、まあまあな値段だったので買 [続きを読む]
  • 自分のお墓を作ったことがあります
  • ハムスターを飼っていて、死ぬたびに家の庭に小さなお墓を作っていました。4匹飼っていたので(飼っていたのは一匹ずつ)、4個のお墓を作りました。お墓を作るときはいつも、神聖な気分になりました。と同時に、ハムスターは死んじゃったけど、それはとても悲しいことだけれど、自分は元気だし、がんばって生きていこうという気持ちになりました。いわばお墓作りは私にとってポジティブな行為であり、うまく言い表せないけど、自 [続きを読む]
  • 2年ぶりくらいに服を買いました
  • 節約生活をしていたので、そしてホントのホントにお金がなかったので、ずっと服を買えずにいました。このブログで私が実際に着ている服を何度か投稿しましたが、すべて昔に買ったものです。なので、「こんな服買っちゃいました〜」というテンションではなく、「こんなもの着ていますが、私大丈夫でしょうか」という心持ちでアップしていました。で、実家に戻り、最初のちやほやされているときに、「どの服も生地がやばくなってるか [続きを読む]
  • 父がへんなかんじで帰ってきた
  • 人はあるとき、ある時間の1点、ある行為をきっかけに老いていくものなのでしょうか?父のことです。少し前、父が駅構内でSuicaを落とし、駅から自宅に電話がありました。そういえば・・・と思い出してみると、最近父は免許証も失くしました。マイナンバーカードも失くしました。危険です。いつからそのような「失くし」、しまい場所の「忘れ」がはじまったのか。はっきり分からないけど、もしかしたら「あのときからじゃないかな」 [続きを読む]
  • 「恥ずかしい」という理由でチョコ食べちゃったことある?
  • ヒマなので『アナと雪の女王』のDVDをもう一度観ることにしました。前回ひっかかったところ(過去記事)で、どうして私はそんなことを気にして一時停止ボタンを押してしまったのだろうと不思議に思いました。その不思議さはいったん忘れて、改めて「生まれてはじめて」のところを何回かリピートして観ました。いい歌だし、歌い手の歌い方もいいなと感じました。とくに「恥ずかしいからチョコを食べちゃ〜う〜」のところ。一瞬意味 [続きを読む]
  • 洗濯機取り替えでゴムを煮る!?
  • 気力、体力、そしてお金が完全になくなり、身の回り品だけリュックに詰め、38度の熱持ちの兄が運転する車で実家に戻りました(どっちが具合が悪いのやら)。引越しの手続きや荷造りはぜんぶ弟がやってくれました。詳しい話はこちら「パッと咲いて・・・実家に戻る」実家で半死状態でボケーッと20日程過ごし、「着るもん足りねぇな」なんて思っていたら、サカイ引越センターが到着(ふう、これで母のピチピチのTシャツを着なくてす [続きを読む]
  • ドリルが迫ってくる!精神完全崩壊の危機!
  • 現在横浜市(実家)に住んでいます。地震に強い水道管に交換するとかで、町中の道路をドリルで掘り起こしています。体調が悪くなって、良い環境を求めて実家に帰ったわけですが、これでは逆効果です。私が帰る前から工事は開始されていて、立てかけてあった計画表によると、年明けまで工事は続くみたいです(絶望)。「おまえのうちの前もにぎやかにしてやるからな!」という市からのお知らせが家のポストに入っていました。そして [続きを読む]
  • 自分の母親を「ババア」って呼んじゃったことある?
  • 私は数回あります。「クソババア」とさえ言ったことがあります。長めの思春期の間に。いや、思春期を過ぎてからも。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今ちょうど、日焼け止めクリームを顔に塗って、その液がまぶた周辺に付着し、目にしみて涙がじわじわ出てきています(この記事を書いた後に外出予定)。こうして本当に泣いて詫ているわけです。なぜあんなことを言ってしまったのか・・・。よく見ると、うちの母はいつも小奇 [続きを読む]
  • 頭が鳥の巣みたいになってる男 プロローグ
  • 絵の具セットを買いました。これから少しずつ絵を書いていこうと思います。物語風にして、大人も楽しめる絵本みたいな感じにしていきたいです。主人公はすでに決まっています。頭が鳥の巣みたいになってる男。私(三角友)は女ですが、男の視点で一人称で語っていくことにします。この「頭が鳥の巣みたいになってる男」は以前note.muをやっているときにも描きました。USBにデータが残っていたので、ちょっと2枚だけ貼ってみます。 [続きを読む]