キャラメル さん プロフィール

  •  
キャラメルさん: あこがれのバイオリン。
ハンドル名キャラメル さん
ブログタイトルあこがれのバイオリン。
ブログURLhttp://icaramel378.blog.fc2.com/
サイト紹介文40才になってから、ずっとあこがれだったバイオリンを始めました。目標はローデにたどり着くことです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/09/26 21:13

キャラメル さんのブログ記事

  • レッスン68 愛のあいさつ(7回目)
  • お楽しみ会前の最後のレッスン。スラーをなめらかにこなすことを意識。なんとかなるかな。本番は間違ってもいいのさ。もちろん、間違わないように、なるべくしたいけど。やっぱり先生が好きだなぁ。リラックスして、かつ、やる気にもさせてくれる。ちゃんと厳しい時もあるから、的確な助言を受けて、少しずつうまくなっていく過程が楽しい。先生に会いにレッスンに行っていると言っても過言ではないかも。お楽しみ会、楽しんできま [続きを読む]
  • レッスン67 愛のあいさつ(6回目)&祝!2周年
  • お楽しみ会に向けて、愛のあいさつを相変わらず弾いております。スラーをなめらかに弾けるようになりたいんだけど、なかなかね。お楽しみ会の後、鈴木に戻れるんだろうか…ちょっと不安。まあ、なんとかしなければね。お楽しみ会が終わったら、重音やヴィブラートをまた重点的に練習したいな。バイオリンを始めて、2年になりました。飽きっぽい私が苦手な楽器を継続できていること自体、なにか奇跡みたいなものを感じます。ついで [続きを読む]
  • レッスン66 愛のあいさつ(5回目)
  • お楽しみ会まであと1か月。先生のピアノに合わせて弾いています。繊細に、柔らかく、表現力アップをめざして、毎日練習しています。という訳にはいかなくて、実際は風邪ひいて寝込んでレッスンを休んだりして、ほとんど練習していない日が続きました。すみません。しかし、久しぶりのレッスンでは、謎の成果により、先生に弓使いがうまくなったとほめられました。えへ。熟成させてたのかなぁ。↑いい意味に解釈するわたし。 [続きを読む]
  • 秋の夜長の抱負
  • ♪ 秋が来れば思い出す〜バイオリンにめぐりあったことを〜そろそろ、バイオリンを始めて2年になります。愛のあいさつが弾けるまでになりました。まだまだうまくなりたいので、これからも続けていきます。いつかやせて、発表会で9号のローラ・アシュレイのドレスを弾ける日まで、絶対バイオリンを離さないぞ。 [続きを読む]
  • レッスン64、65 愛のあいさつ(3、4回目)
  • みなさん、こんばんは。秋の夜長、いかがお過ごしですか。「愛のあいさつ」もレッスンは3、4回目。先生の伴奏と合わせて弾いてみました。とりあえず、音符通りには弾けるようにはなったけれど・・・。そこで、中盤で転調している間、テヌートの指示を十分活かして、弓を全部使って弾いてみたら、なんだかそれらしくなめらかに聞けるようになってきました。先生に何度目かのビブラートのレッスンも受けました。「愛のあいさつ」で盛り [続きを読む]
  • 雑誌「サラサーテ」と「金色のコルダ」
  • 弦楽器の雑誌「サラサーテ」(2018年10月号)に、なんとあの「金色のコルダ」が特集で組まれています。「サラサーテ」は時々購入していましたが、最近はチェックしていなくて、たまたま今度はどんな感じなのかなと調べたら、「金色のコルダ」のキャラが表紙になっているではありませんか!知らない人のために解説しますと、恋する乙女のための(ちなみに男性でも楽しめますよ)恋愛シミュレーションゲームで、舞台は音楽科の高校だ [続きを読む]
  • レッスン63 愛のあいさつ(2回目)
  • 12月の発表会まで、練習内容は、・小野アンナさんのニ長調・愛のあいさつ(やさしいヴァイオリン曲集 上 92)だけになりました。今日は、まず「愛のあいさつ」を弾いてみて、その後、曲の雰囲気を壊さない程度に、弾きやすくするための細かい修正の検討をしました。具体的には、スラーの位置を部分的に変えたり、弓順を編集したりなんかしました。バイオリンは楽譜の指示通りに忠実に弾かなければいけないものと思っていたので、な [続きを読む]
  • レッスン62 愛のあいさつ(1回目)
  • 発表会の練習が始まりました。前回もお伝えしましたが、「愛のあいさつ」(編曲版)です。まずは、小野アンナさんのニ長調で調子を整えます。そして、自己流に練習してきた「愛のあいさつ」を先生が細かく訂正していきます。テヌートやリズム、音程…。「愛のあいさつ」って意外と難しいかも…。ちょっとなめてた、わたし。自分がまったく楽譜を正しく見ていなかったという事実に少し愕然としつつ…。訂正の後、ぐっとメリハリがつ [続きを読む]
  • バイオリン 秋の夜長に 響く音
  • 雨の日は、なぜかバイオリンに手が伸びない。雨を言い訳にしたくないけれど、まだまだバイオリンに毎日触れることが習慣になっていない。そのことに最近の私はちょっと罪悪感さえ抱いてしまうのだ。それは、バイオリンともっと仲良くなりたいという気持ちの裏返しなのかな。今日は夜に久しぶりにバイオリンを弾いた。楽器をするということがこんなにも切ないと思うのは感傷的になりがちな秋だからかな。 [続きを読む]
  • レッスン61 発表会の曲選び
  • 今日は初心者用の楽譜を何冊か持参して、発表会の曲選びをしました。あれがいいかな、これがいいかなと、先生とあれこれ弾き比べたりしました。クリスマスの曲がいいかなとかね。それで、あ、これがいいと直感で決めました。愛のあいさつです。Salut d’amourとフランス語でも書いてあって、フランス語をかじっている私としては、なんだか好きになれそう、わくわくする、練習をたくさんするのも苦にならないかも、そんな気がして、 [続きを読む]
  • レッスン60 鈴木4巻 ② ザイツ・ニ長調(1回目)
  • レッスン内容は…・小野アンナさんのニ長調のところ。・カイザーの1番目、8分音符バージョン。・鈴木4巻の2番目「ザイツのニ長調」1回目。ザイツのニ長調は、3分の1くらいは簡単なので、そこまではなんとかなりました。レッスンはここまで。が、問題はそのあと。帰宅してから、ギコギコ新しいところを弾いてみましたが、なんだかよく分からない。CDはもちろん聞き込んでいるんだけど、聞くのと実際に弾くのとでは全然違う。うーん [続きを読む]
  • 映画「ミュージック・オブ・ハート」
  • 初心忘れるべからず。ということを思い出させてくれる映画です。バイオリンに興味を持った瞬間のことや、自分でもバイオリンを弾くことができるんだという驚き、あこがれの存在だったバイオリンを自分のものとして手にした時のはじけるような喜び。バイオリンと距離を取りたい時もあるけれど、数日したら、また戻ってくる。あの情熱が。 [続きを読む]
  • 今日8月28日はバイオリンの日。
  • 今日はバイオリンの日だそうです。1880(明治13)年、東京・深川の楽器職人・松永定次郎さんが、国産バイオリンの第1号を完成させたのがこの日だとか。ということは、日本限定のバイオリンの日なんだなぁ。ふむふむ。バイオリンに浸りたくなる日だな。バイオリンが出てくる作品…シャーロック・ホームズ。耳をすませば。ミュージック・オブ・ハート。うーん、そうだな…。今夜はバイオリンを少し練習して、「ミュージック・オブ・ [続きを読む]
  • バイオリン上達への道、ひと山越えたかな。
  • 継続が苦手な私でも、バイオリンは1年9か月続いています。一時は練習するのが面倒に感じた時もありました。今はその山を越えて、毎日バイオリンを触るのがうれしくてたまらないのです。(と言っても、毎日30分くらい練習するだけなんですけどね)それは鈴木4巻に突入して、バイオリンらしい曲に挑戦できているからだと思います。技術的にも未熟で、やる気にムラがあるけれど、少なくともまだ続ける意欲があります。忙しさを理由に [続きを読む]
  • レッスン59 メトロノームに慣れてきました。
  • ザイツの1曲目は修正部分がかなりあるものの、発表会用としてこれから継続してみていきます。ザイツの次の曲に入りました。できるのかなぁ、私。カイザー1曲目も少しずつよくなってきました。小野アンナさんもやってます。メトロノームを使うようになって(遅すぎるが)、リズムをつかめるようになってきました。もっと早くから使えばよかったなぁ。自分を追い込む時もあり、楽しければそれでいいと自分に甘くなる時もあり、紆余曲 [続きを読む]
  • レッスン58 基本が大事だとは分かっていた?
  • バイオリンを始めて1年と9か月。基本を疎かにしてきた自分がいる。それを先生はお見通しで度々指摘を受けるけれど、改善できている部分とあくまで自己流で押し通してしまった結果歪んだ部分がある。まあ、今から直すしかあるまい。姿勢、弓の持ち方、使い方、重心の移動、左手の指の動き…すべてじゃないか?しかも、私の悪い癖…メトロノーム嫌いなとこ!メトロノームに合わせて弾けないの…いや、弾こうとしてないだけだ…すみま [続きを読む]
  • 本当に発表会に出るの?
  • 12月の発表会にむけて、バイオリンを練習する日々。正しい音程を模索する日々。しかし、私は決定的なあることを忘れていた。最近激太りで、このままじゃ着る服がないの!みんなどうしてるんだろう。中年太りに対して。何もせずにいると、なぜか太り出してしまう謎の状況について。(若い頃より代謝が悪くなってるわけだけど)バイオリンの練習と並行して、スレンダーな体型を得る努力もしなければ、発表会に出るの恥ずかしい。今か [続きを読む]
  • レッスン57 正しい音程を意識するだけなのに
  • 正しい音程を意識するだけなのに、なんて難しいんだろう。すぐに忘れて間違えてしまう。カイザーの話なのですがね。これがバイオリン!これが弦楽器!というお話です。今は、ザイツのト長調とカイザーのハ長調に並行して取り組んでいます。だから、混乱しやすいんですよね。特に、私は初心者で、途中から、何が何やら、あれやこれや…。ピアノと違って、バイオリンは自分の感覚と記憶で正しい音程を取らなきゃいけないわけですが、 [続きを読む]
  • レッスン55、56 カイザー・デビュー
  • 先週はザイツの1曲目を部分的に取り組みました。正確な音程を意識、重音を派手に、長いスラーをなめらかに、姿勢は柔軟に。あまり練習はできなかったけれど、さて、今週のレッスン。やればやるほど課題が見えてくるザイツの1曲目。楽しい〜。決してマゾではないけれど、次々と現れる難敵…とか、ゲーム性があるんだもん…バイオリンって。そして、とうとう憧れのカイザーをやり始めました。単なるエチュードの初歩でしょ、なんて言 [続きを読む]
  • レッスン54 部分的な暗記
  • ザイツの最初の曲ですが、ひと通り弾いてみました。まあ、ひどいもんです。くすん。こんなので、12月の発表会に出られるんかいな。特にひどいところは、重音のところと長いスラーのところ。重音のところは楽譜を見ているとどうしても音が重ならないので、暗記して、弦を見ながら練習をするしかない。幸いにも左手は難しくないわけだし、家に帰って、試行錯誤、ゴリゴリ繰り返しやってみたら、お?それなりに聞こえるようになってき [続きを読む]
  • レッスン53 初心に戻る
  • 楽譜通りに弾いているつもりでも、弾いているときの姿勢や右手首の柔軟さ、左手の弦の押さえ方によって、まるで出来が違う。バイオリンを始めて、1年と7か月。先生の度重なる指摘にもかかわらず、変な癖がついてしまっていた。それを先生に丁寧に修正してもらう。重音で問題点があぶり出される。細かく修正。左手の弦の押さえ方で、音が綺麗に出るかが決まる。それはそうなんだけど、変な癖はなかなか直らない。これは根気がいるな [続きを読む]
  • レッスン51、52 ザイツ楽しいぃ。
  • さてさて鈴木4巻に入りました。ザイツです。協奏曲です。うふふ。おお、マイ・バイオリン!という感じで、練習にも身が入ります。(家では曲に合わせて踊ります)重音も先生の指導通りに繰り返すうちに、それっぽくできるようになってきました。曲を部分的に仕上げていっている最中です。苦手なスラーは相変わらずですが、積み重ねるうちに、なんとか少しずつましな感じになってきました。たぶん。鈴木4巻を初めて見たとき、1曲仕 [続きを読む]
  • レッスン50 ブーレからたくさんのことを学びました
  • とうとうレッスンも50回目を迎えました。1年半レッスンを続けることができています。その間体調面の不調があって、何回か休んでしまいましたが、それでもめげずに続けています。飽きっぽく、なにごとも長続きしない私にとって、これは奇跡みたいなものです。鈴木3巻、最後の曲「ブーレ」はなんとかおまけで合格しました。長かったなぁ。スラーや弓の配分、アチュードなど、学ぶことがたくさんありました。忘れられない曲になりそう [続きを読む]
  • レッスン49 ブーレ後半に向き合いつつも
  • ブーレ前半はまあまあいいとして。ブーレ後半。スラー。弓の配分。それぞれの弦。メリハリ。レッスンを積み重ねるうちに、少しずつわかってきたぞ。4巻にはまだ早いけど、ついつい楽譜を見てニマニマしてしまう。一足先に、譜読みしちゃおう。えへ。ブーレくん、すまない。君とちゃんと向き合って終わらせるからね。 [続きを読む]
  • ブーレを弾き続けているうちに…
  • ブーレは舞曲のことらしいので、私はとうとう踊り始めました。(大丈夫、ちゃんと正気ですよ)自分の部屋では実際に音楽に合わせて踊っていますし、会社では(もちろん)頭の中で踊る自分をイメージしたりなんかしています。そうしているうちに、なんだかバイオリンがうまく弾けなくてもいいのではないか、なんて、決して投げやりではないのですが、まじめに、踊る楽しさに身を委ねる瞬間があってもいいのではないかと思い始めまし [続きを読む]