機島永介 さん プロフィール

  •  
機島永介さん: Alternative (S)treams Again.
ハンドル名機島永介 さん
ブログタイトルAlternative (S)treams Again.
ブログURLhttp://altarnativestreams.blog.fc2.com/
サイト紹介文断酒と不安神経症と文芸について考えるブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 220日(平均1.7回/週) - 参加 2017/09/27 00:19

機島永介 さんのブログ記事

  • あらけずりあらみたま
  •  何を言おうとしていたのかすっかり忘れていた。すっかり忘れたついでに全て忘れてしまっていて、忘れるっていうのは酷いことだなあとうすらぼんやり考えたりもするが、忘れなければ歩きだすこともなかったと、アースに接続した感じで考えたりもするが、この手の思考にすっかり慣れてしまった僕としては、あるいは私としては、ある時の俺としては、僕様ちゃんとしては、それはそれで他者の理解を越えたところにしか自己というのは [続きを読む]
  • 100
  • 断酒 100日目皆様、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。 おかげさまで断酒100日を迎えることができました。頑張りました。頑張りついでに、来年からはブログ更新のタイミングを「良いことがあったら」に変えたいと思います。更新が無い日は普通の一日で、更新がある日は、もれなく良いことがあった日、 ということにしたほうが、みんな幸せなのではないかと思います。それでは皆様、また来年お会いしま [続きを読む]
  • フェンスの向こう
  •  熾駅のホームに電車が滑り込んだ。甲高いブレーキ音が響いて、圧縮された空気が抜ける音と共に車両のドアが開いた。 熾は、小さな駅だった。まるで時代に置いていかれたように古ぼけていた。ホームに敷かれたアスファルトはひび割れてぼろぼろになっていたし、駅名が書かれた看板はかさぶたのような錆で覆われていて不吉ですらあった。はじめて下りた駅だったが、とてもじゃないけれど好印象とは言い難い。 けれど僕の胸はとき [続きを読む]
  • こうふくの勉強
  • 今年もそろそろ終わりを迎えようとしている。 長かったようで短かった。 短くて、中身が詰まっていた。 良い一年だった。 どんなことが起きたとしても、 やっぱり私は、良い一年だったと言うだろう。 良い一年だった、と言うのが、好きだから。 今年一年は、言うなれば、勉強の一年だった。 あらゆる勉強をした。 怠けることを、怒られることを、本気のことを、 褒められることを、喜ぶことを、悲しむことを、 数え切れ [続きを読む]
  • クリぼっちファンタジー
  •  さて、ブログを書こうかなと思った。 不意に思い立って、そんで、書いている。 あれ……週一更新だったのでは……? と自問する。「……まあいいか、週になんぼでも書いたらいいよ。どうせ金がかかるわけでも無いし!」 と、自答する。 ブログ依存症を懸念していた向きも忘れている。 この通り、思い出しているが、不安視はしていない。 人の噂も七十五日。 痛みを忘れるのに九十日。 期末試験がやってくるのと同じタイ [続きを読む]
  • おもしろい動物の鳴き声
  •  クリスマスらしい。 プレゼントはいつでも受け付けているので贈ってくれて構わない。 まあそれ一旦置いといて、動物の鳴き声を聞こう。 動物の鳴き声は面白い。ヤギ「アアアアァァァァーーーーwwwwwwwwwwwww」ヤギ「メェエ〜〜アアアアアアアアァァァァァ!!!!!!!wwwwwwwwwww」ヤギ「ホァァアアアアアアア↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑wwwwwwwwwwww」 すごい面白い。ほんとに男の人が叫ん [続きを読む]
  • 鎖畑家の一日
  •  土曜日の真昼の、あたたかな喫茶店に、僕達はいる。「あたしはさ……すべて人のせいにすることができるなら、そうしても良いと思うんだ」 幸冬は言った。 青白い顔で震えながら、カフェオレボウルを両手で包みながら、彼女は俯きがちだった。 僕の二人目の妹は今、弱っていた。 衰弱の原因は既に分かっており、対策は現在進行中である。 進行中の捜査の合間の一休み、が今だった。「人のせい……、にするのは良くないことな [続きを読む]
  • ハクビシン
  • 12月14日のための作文 たとえばキャラクターがいて、舞台があって、プロットがあって……何か面白いことが起きて、 面白いことが起きたとして、それを面白く書いたとしたら、 それが小説ということになるのだろうかと考えてみたりして、 みたりすることで満足してしまったり、あるいは実際に書き始めたりしてみて、 形になるとかならないとか、考えたりもするのだけれど、 考えるだけというのは僕以外の人間から見ると、「死 [続きを読む]
  • jackass technology
  •  ちょっと『パンドラの箱』のことを書こうと思った。 開けると何か嫌なもんが飛び出してきて最後に希望が出てくるという皆様ご承知の、けったいでいかがわしいアノ箱のことである。 である、と偉そうにふんぞり返って高笑いしながら書いてみたけれど、よくよく考えてみれば思い返してみれば、私はパンドラの箱について何も何も何も知らないようだった。 何も知らずに書くということは、攻略本を読まずに『たけしの挑戦状』をク [続きを読む]
  • 断酒・断薬・禁煙と、11月について
  • 2017年11月24日〜2017年11月30日・いわゆる普遍的なSくんと、彼の宝物と遊んだ。・アニメのカイジを少し見た。・後輩さんに薦められたスマホアプリゲームが面白すぎて、一日中遊んでしまったので消した。・ネットのIQ診断なんかをして遊んだ。・マジックの動画を見た。・日本一美味いパスタを紹介してもらって食べた。・『花物語』『囮物語』『入門 心理学』を読めた。●今週の成果・本を3冊読めた。・断酒71日目・断抗不安薬6 [続きを読む]
  • 双頭の犬
  •  現実を生きていた、と何かに書いたのを、(明らかに鮮明な肉体的損傷の)拍子に思い出して、不意に悲しく吹き出し笑っちゃう系の不謹慎/不定期亢進が、瞬間再生と同時にやってくる日々の罅割れの隙間から覗き込んでくる混沌ofカオスを、それはそれとして受け、流したりしながらの毎日――という概説も必要のないモノなので具体的に書くと、私は新宿の路上に座っていた。 夜の新宿の路上に座ってこの文章を打っている。 文字を [続きを読む]
  • 2017年11月17日〜2017年11月23日 11月17日・会社を辞めた先輩と居酒屋に行った。 私は飲まなかった。 精神力というか『意地』が強くなった気がした。・N-3Bが届いた。 ふかふかで大変あたたかな服である。 11月18日・『ツインピークス』 『パンズラビリンス』 以上、ニ作品を観れた。 ツインピークスはキチガイめいており、パンズは残酷であった。 11月19日・『ツインピークス』 ドラマの一巻を観れた。 ドラマも狂って [続きを読む]
  • 穿
  • 2017年11月9日〜2017年11月16日 11月9日・昼に起きて会社に行けました。 11月10日・ALPHAのN-3Bをネットで注文しました。・『キングスマン』 『メッセージ』 以上、2本の映画を見ました。 11月11日・『生誕一周年!! おめでとうAlternative (S)treams Again. 〜行列の出来るビチグソ公衆便所〜』 を書きました。・上野公園をブラブラできました。・来年のイベントの話ができました。・『アメリカンウルトラ』を見ました。 [続きを読む]
  • 2017年11月3日〜2017年11月9日機島永介 11月3日 夜勤入り・中島美鈴 著『悩み・不安・怒りを小さくするレッスン』〜認知行動療法入門〜・元少年A 作『絶歌』 以上、二冊を読みました。 11月4日 夜勤明け・小林泰三 作『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』を読みました。 11月5日 休日・西村克己 著『ロジカルシンキングが身につく入門テキスト』を読みました。 11月6日 8時間勤務・真面目に小説を書こうと思 [続きを読む]
  • 2mgの気持ち
  •  一週間というのは、一日より長く、一ヵ月より短い。 この一週間は、先週とも違うし、来週とも違う。 とても当たり前のことだけれど。 振り返ってみるにはちょうど良い期間だと改めて思う。●やったこと一覧・秋葉原をぶらぶらして、けものフレンズのキーホルダーを買えた・少しだけ小説を書けた・『製造人間は頭が固い』を読めた・グラップラー刃牙のアニメ「地下闘技場編」と「最大トーナメント編」を見れた・スーツをクリー [続きを読む]
  • 穏やかな一週間のフレンズ
  •  私は広大な内面世界の旅に出る。 さらば。 と格好つけた割には、まったりしていた一週間だった。 振り返る。●アニメ『賭博黙示録カイジ:沼編』を見た。 アニメは全編を二回ほど見ているが、沼だけでも、やはり大変面白かった。 人間の弱い部分、汚い部分をこれほど上手く書いている作品は小説でも漫画でもあまり無いのではないかと思う。 セリフにもいちいち力があって心が震える。『干物妹!うまるちゃん:一期』を見た [続きを読む]
  • 『ここ一週間のことと、次の一週間のこと』
  •  日記を約3万字書いた。 これは封印することに決めた。 読み返してみたら面白くなかった。 私は私のために書いていた。 それでいいと思った。 自分はブログ依存症なのではないかと思った。 おおむね正しいのではないかと思っている。 自分には共依存的な性質があることも調べた。 専門の本も少し読んだ。 図書館に16時間滞在した。 ダ・ヴィンチという雑誌の10月号と9月号と5月号を読んだ。『依存症がすべてわかる本』 [続きを読む]
  • 何事も他者にモチベーションを委ねるなかれ
  • 1,朝5時、怒鳴り声で目を覚ました。いつもの事。2,居間に向かうと、AがBに向かってキレていた。3,私は非常に不快に思った。苛立ち、50点。4,何故Bが怒られているのかというと、Bが○ちゃんねるでエゴサーチしたからだと言う。5,「なあ永介こいつどう思うよ? 狂ってんじゃねえの?」6,(知らんがな……) 悲しみ、40点。7,Bは今までにもエゴサして書けなくなることがあった。8,それなのにまたエゴサし [続きを読む]
  • バカになる訓練の仕上げをしよう2
  • 『井戸端会議のための井戸を掘る』 時は戦国! 闇夜に蠢く三つ目が飛べば今日も墓場で運動会! 鞘と鞘とが触れ合えば恋の悪寒で骸が二つ! 傾奇者が宿屋でヒャッハー世紀末! 山賊盗賊蛮族世俗の苦労も杯を重ねて左様なら! 焼いたり煮たり万能煩悩、坊主と童女は今日も行く! 青春戦国活字笑劇、今宵も開幕! 異国の剣《サーベル》の切っ先が住職の大きな背中に迫る。 あなや! 刺さったら痛いでござる! 考える間もな [続きを読む]
  • バカになる訓練をしよう5
  • 「私の愛したゲーム……ああ、MOTHER2……リンダキューブアゲイン……メタルマックス2……そしてMOON……全てが懐かしい……一人、部屋にこもって無心でゲームをやり続けた夏休み、ゲームのために走って家に帰った日々、全ての素敵な夢は全部ゲームから生まれた……私はあの頃本気でゲームを作る人になりたかった……けれどゲームは一人で作れないと思っていたから諦めた……けれど今でも時々、あの素晴らしい体験をした日々を思い [続きを読む]
  • バカになる訓練をしよう4
  •  不安や怒りや悲しみ、絶望。 そういった感情は人を生きにくくする。それは莫大なエネルギーを消費する感情であり、大抵は無益だ。 負の感情から学ぶことが出来る人間も、少数ながらいる。嫌な思いをしたくない、と考えることによって、失敗を踏まえた行動をすることができる人間もいる。 だが大抵は同じ過ちを繰り返す。 何故か? 学習しないからだし、学習しようとも思わないからだ。 何故学習しようとしないのか。 その [続きを読む]
  • バカになる訓練の仕上げをしよう
  •  時は戦国! おどろおどろの妖怪が陰に日向に跳梁跋扈! 忍び難きの乱波が舞えば月夜に閃く名も無き刃! 天下御免のお上と越後屋、今日も元気に平和を乱す! 咲いて狂わば浮世の渡世、坊主と童女は今日も行く! 青春戦国活字笑劇、今宵も開幕! ということで住職と童女はいつものごとく歩いていた。 後ろ暗いところのある二人である。追っ手だってそれなりにあるのだ。天下往来を行くのにもさぞ気を遣うことであろう。町人 [続きを読む]