unibaba721 さん プロフィール

  •  
unibaba721さん: 15歳になるゴールデンレトリーバーとの徒然なる日々
ハンドル名unibaba721 さん
ブログタイトル15歳になるゴールデンレトリーバーとの徒然なる日々
ブログURLhttp://unibaba721.hatenablog.com/
サイト紹介文ゴールデンレトリーバーとの暮らしや 趣味料理、ポーランド旅行などを交えて綴っていきたいと思います。
自由文15歳になるゴールデンレトリーバーとの日々の暮らしや アロマ、料理、庭いじり、クレイクラフト、
ポーランド旅行の事など綴っていきたいと思っている 関東地方に住む婆さんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 52日(平均5.7回/週) - 参加 2017/09/27 11:25

unibaba721 さんのブログ記事

  • 新幹線で愛知へそしてばあばの孫育て奮闘記①
  • 新横浜からSOS先の愛知へむかいます。前回新横を出る時に、丁度ドクターイエローが下り方面から来るのを目撃しましたのにカメラに収めるのを忘れてしまい、孫に見せられたのにと残念な思いをしましたが今回は見るチャンスがありませんでした。さて孫と言うものは目に入れても痛くないと言われるように可愛いものですがジジババの体力は寄る年波のせいもあり無限ではありません。しかし次女夫婦はお互いエンジニアと言う厳しい仕事 [続きを読む]
  • 大葉の保存とベジご飯
  • 先日娘から伊勢海老が送られて来ましてまあびっくりしておりましたら夫婦共仕事が大変な時期でちょっと孫を見て欲しいと言うSOSが入りました。直ぐにでもという事でしたので準備しておりましたら、少し後でも大丈夫と言って来ましたので 行く前に庭の手入れでもしておこうと思い、庭を見やりましたらなんと大葉が茫々ではありませんか。なんとか保存方法は無いものかとネットに 天日に干して保存する方法が出ておりましたの [続きを読む]
  • 晩秋にアイスクリームとメレンゲ作り
  • お子様でも簡単にアイスクリームが作れます??と?簡単なレシピブックも付いております。先日浴室ドアの修理の部品を買い求めにDIYのお店に買い物に行きましたら丁度、値下げ品の棚に上のアイスクリーム三昧と言う物を見つけました。お値段なんと税抜き2000円!此れは孫が遊びに来たときにでも一緒に作るのも良いかなと購入しました。出来上がりです。庭のミントの葉をちょっと乗せてお味はそれなり。然し作ってみ [続きを読む]
  • 晩秋にアイスクリームとメレンゲ作り
  • お子様でも簡単にアイスクリームが作れます??と?簡単なレシピブックも付いております。先日浴室ドアの修理の部品を買い求めにDIYのお店に買い物に行きましたら丁度値下げ品の棚に上のアイスクリーム三昧と言う物を見つけました。お値段なんと税抜き2000円!此れは孫が遊びに来たときにでも一緒に作るのも良いかなとと購入しました。出来上がりです。庭のミントの葉をちょっと乗せてお味はそれなり。然し作ってみますと、生クリ [続きを読む]
  • びっくり‼?大きな伊勢海老
  • 余りの大きさに爺さんも私もびっくり‼?一緒に入っていた伊豆仁科の直売所のチラシと頂き方の説明書昨日伊豆に家族旅行に出かけていた次女家族からびっくりする様な生きた伊勢海老が送られてきました。何でも 孫が選んだものとかで偉い!流石ばあばの孫、夏休みにお守りをしてもらった?事を覚えていたと言うことね、と。然し流石に、爺さん婆さんが食するには大き過ぎます。それに殺生はしたくありません。爺さんも柄 [続きを読む]
  • 居心地良いスパニッシュレストラン
  • スペインオムレツ私と爺さんの好きなスペインオムレツです。我が家の爺さんは持病の事もあり基本的に外食が嫌いです。お茶漬けでも良いから家で食べさせろと。しかし、主婦は下手をすると365日お料理をしている訳でして。私の言い分としては外でプロの料理を食すと言う事は、舌を肥えさせ、且つ料理の腕が上がる可能性があるのですよ!と、まあ爺さんに向かって屁理屈を言っておりました。所が、彼此17,8年前に娘だったかが教えて [続きを読む]
  • ポーランドの蜂蜜酒??とお酒の事
  • ポーランドの蜂蜜酒アピスヤドヴィガ昨夕、秋の夜長にチョッピリお酒??でもとお婿さんに貰った蜂蜜酒を出して見てビックリ‼?何と空でございました。「チョット呑んで見ようと思ったのに〜」爺さん「飲めもしない酒を無理して飲ませるのも可哀想だと思い綺麗に始末しといたぞ」何と言う言い草!まあたしかに私は下戸でございます。アルコールにからきし弱く、何杯飲もうと顔色ひとつ変えない方は凄いと感心してしまいます。そ [続きを読む]
  • 我が家の小さな庭に来る可愛い野鳥たち
  • とてもシックなコートを着ているようなシメ我が家の小さな庭にはいろんな野鳥が来ます。数年前に柘植の木に友人がプレゼントしてくれたフオークアートペイントの巣箱を庭のアクセントにかけて置きましたらなんとそこに四十雀が巣を作っておりました。可愛い卵が入っており、あまりに観察していると親鳥が心配すると爺さんに怒られ、心配でたまらなかったのですが自重しておりましたら、暫くして ピーピーとひなの鳴き声が聞こえ [続きを読む]
  • 庭にキノコが! 冬に向かう庭
  • 庭の紅葉の木の下にビックリ茸?? 直径8cm、結構な大きさ。 明日から11月霜月です。再来月はもう師走、時の経つのは早いものです。我が家の庭の柊もほんのり赤く色づいてきました。柊が色づいてくるといよいよクリスマスの準備??です。 奥の紅葉も色づき??始めましたが手前の枝垂れ紅葉はまだ紅葉し始めて居ません。 千両も赤い実が付いています。万両だったかいつの間にか知らないうちに大きくなって育って居ました。 [続きを読む]
  • ポーランド、クラクフに住むママのこと
  • ママから頂いたPOlSKA jest piekna。美しい国 ポーランド各地の名所が美しい写真でアップされています。益々その魅力に憑りつかれ?好きになっていきます。ママから頂いた 最近のママのマイブームらしいのです。ショパン国際ピアノコンクールで優勝したポーランド出身のピアニストラファウ ブレハッチのCD。2005年のショパンコンクールで優勝。ポロネーズ賞、マズルカ賞、コンチェルト賞、ソナタ賞まで総なめにしたそ [続きを読む]
  • サリーちゃんママから長野のお土産
  • 昨夜の雨の中 サリーちゃんのママとパパが「今長野から帰って来たの」とブルーベリーを沢山届けてくださいました。長野は元気だったころのサリーちゃんの思い出がいっぱい。「ウニちゃんを見てるとサリーを思い出して寂しくなっちゃうわ」とママ。「サリーの分まで頑張ってね」と。ウニも遅かれ早かれサリーちゃんのところに行かなければなりませんがいつさよならが来るかは神様の思し召しです。さあ、明日はたくさんのブル [続きを読む]
  • クレタ島のお土産
  • この間のポーランド旅行の際 娘夫婦からお土産をもらいました。それがこのクレタのオリーブウッドで作ったサーバーです。う〜んこれなんに使うの?と思いましたが娘が言うにはサラダのサーバーとしてでもパスタの取り分けにも良いと。どう見ても手のように見えてしまいます。まあ、使ってみましょうか。ギリシャのお土産にはオリーブの木を使ったハンドメイドのものが沢山あるようです。私的にはオリーブの木のカッティン [続きを読む]
  • 近頃のお気に入り!
  • 最近ヘルシーブームに乗っかりアボカドオイル?を使うようになりました。使ってみるとこれが美味しい。何しろ森のミルク、(バターらしいです)と言われる訳は 含まれる栄養素にあります。若返りビタミンのEや B、A,カリウムなどが含まれています。使わない手はありません。昨日 京都辻利の、京都ラスクというほうじ茶ラスクをいただきました。ほうじ茶の香りがぷーんと漂いお抹茶にも合いそうです。今晩爺さんと頂 [続きを読む]
  • クラクフ滞在最終日、ヤゲウオ大学内博物館とショパンコンサート
  • クラクフ滞在最終日となり今日は織物会館付近の可愛いお店を覗いたりお土産物を物色しました。お土産用に買った大好きなKarmelloグダンスクでいただいたお土産美味しそう!Karmelloのチョコレート屋さんの通りを少し行った所にConsonniという可愛いお菓子屋さんを見つけました。そこで購入したBeziki kabaweとPierniozkiというお菓子で クロワッサン型はスグリの?ジャムの入ったクッキーでした。クラクフの郷土菓子ですと、教え [続きを読む]
  • プシェゴジャエックのUziyadaレストランとコルシカ料理のレストランへ
  • お婿さんのママが今回は私の滞在が短いのでゆっくりママの家にというより美味しいレストランに連れて行きたいとのことでプシェゴジャエックの丘の上にあるヤゲウオ大学の機関が2つ入っているUziyadaというレストランに招待して頂きました。レストランの前のバルコニー眼下にビスワ川や家々が望めます。お城のような感じも。木のこのスープ美味でした。ポーランド風カツレツ、あまりの大きさにびっくりしましたが生来の食いしん [続きを読む]
  • 公園散策そしてスタリクレパシュでキノコの調達
  • クラクフにもそろそろ黄金の秋が近づいてきています。Bankomat これ銀行?と思うほど可愛い建物の銀行。公園のそばのレストラン、なんておしゃれで素敵な建物スタリクレパシュにキノコ料理をするための材料買い出しに行きました。果物からお野菜、お花、ハムソーセージ屋さん等日常品もあって見てるだけで楽しくなります。娘もよくこの市場に通ってなじみの八百屋さんやお店のおばさんたちと会話を楽しみながら買い物をしていま [続きを読む]
  • グダンスクからクラクフへ
  • マルボルクでの楽しい旅を終えマルボルク駅からインターシティーのコンパートメントでグダンスク駅まで帰りホテルに預けていた荷物を引き取りそのままタクシーでグダンスク空港に行き又ボンバルディアに搭乗し、クラクフへ向けて出発しました。小雨がぱらつき肌寒いお天気でしたがクラクフまでは40分弱の飛行距離でクラクフ上空に差し掛かったころはすっかりお天気となっていて、上空から見たクラクフの景色は夜の帳の中で下界の [続きを読む]
  • グダンスクからマルボルクへ
  • ペンドリーノでグダンスクからマルボルク駅まで約30です。あくる朝は朝食後 再びグダンスクの街歩きをし、娘が気になって居た琥珀のお店でそのお店の素敵な老婦人の店主との楽しいやり取りがありとても気に入った琥珀を購入することが出来ました。流石琥珀の街グダンスク、クラクフで買うよりは少々お安く手に入ったと喜んでおりました。その後ホテルをチェックアウトしいよいよ 確か世界の城10選だの25選だのに挙がっ [続きを読む]
  • グダンスクからソポトへ、そして夕刻心躍る出会いが!
  • お昼をソポトの美味しいと教えて頂いたシーフードレストランに街歩きで足に痛みを覚えた私を心配してお婿さんがタクシーで連れて行ってくれました。お魚のスープ、これは美味でした。それから肉厚なスモークサーモンも美味しかった。残念なことにカラマリは少しソルティでいまいち、とお婿さんには不評です。何しろ彼は味に厳しく美食家で舌が肥えておりまして和食が大好きで生麩の田楽や納豆から日本料理なんでもござれデス。おコ [続きを読む]
  • グダンスクの街歩き、そして琥珀のお店へ
  • ホテルの前のドウィーギ広場次の朝ホテルの素敵な朝食を済ませ グダンスクの旧市街を散歩しました。歴史的な建物が並びヨーロッパの古い町並みが可愛くて見とれてしばし佇んでおりました。帆船のマークですがレストランだったか?思い出せません。何か神話をもとにした像でしょうか天秤を持った男神と女神が建物の上に鎮座されています。娘が撮ってくれました。ネプチューン像の前で。運河沿いを散策した後 琥珀屋さんの連 [続きを読む]
  • グダンスク ラディソンブルホテル
  • グダンスクには夕刻到着しました。長旅で疲れていましたのに到着ロビー手前の荷物検査で預け入れ荷物を開けてと手荷物検査の職員に言われ、まあ中はお土産や衣類なのでこれは日本から持ってきたお米、海苔、お茶、お蕎麦、お菓子ですと説明しましたら特に問題ないのでOKと言われほっとしました。到着ロビーに娘とお婿さんが早くから待っていてくれ二人の顔を見たらうれしさで疲れも吹き飛びました。いつも娘が航空券から旅行の行程 [続きを読む]
  • グダンスクへ
  • 雲海が見えてきました。ボンバルディアと言う型のプロペラ機なのですがご存じの方も多いとおもいます。ヨーロッパはこれが多く飛んでいますよね。実は私は飛行機恐怖症だった?のです。ですから 最初にこのプロペラの機体を見て此れに乗るのかと思った時死ぬ!と思いました。所が機上でこじ開けた目から見た景色とパイロットの操縦の旨さからか(私如き、なんの知識もない婆さんが判断するのもなんですが)恐怖症から解放されたので [続きを読む]
  • ワルシャワ空港からグダンスクへ
  • 10月初旬ポーランドへと出発しました。ワルシャワに着くと本当に綺麗な秋空でした。成田からの搭乗前にプレミアムエコノミーの空席があるということで11時間近くの長旅故、今回はチョット贅沢とは思いましたが清水の舞台から?飛び降りる積もりでプレミアムエコノミーに変更してもらいました。贅沢をして爺さんに申し訳ないと手を合わせながら。プレミアムに乗った後ろめたさからか手がぶれて良いショットが撮れませんでした。 [続きを読む]
  • ジュディマリ ミニ懐石お茶会
  • ジュディマリミニ懐石お茶会爺さんの友人からアケビと山帰来もう10年くらいになりましょうか。娘の友人のアメリカ人のジュディとマリーが日本にいたころ良く我が家に来てくれました。気さくなアメリカ娘といった方たちで楽しい方でした。娘も長く茶道をやっておりましたので我が家で秋の日に簡単な茶懐石をしました。とても喜んでくれてアメリカに帰った今もこのころを懐かしんで手紙をくださいます。ちょっとした国際交流でし [続きを読む]
  • つる苔桃
  • 昨日買い物に出かけた際 つる苔桃のミニ盆栽?を見つけました。先日北海道の雄大な景色と高山植物をブログにアップしてらっしゃる方がいてその苔桃の余りの可愛さに魅せられておりましたので嬉しくなり思わず買ってしまいました。何だか見ているだけで癒されます。庭のお茶の花もそろそろ咲き終わりです。来年は新芽を摘んで我が家流のお茶を収穫したいと思っていますが出来ますでしょうか?うに6歳のころの初冬の写真にほんブロ [続きを読む]