ミヨコ さん プロフィール

  •  
ミヨコさん: ミヨコの映画感想日記
ハンドル名ミヨコ さん
ブログタイトルミヨコの映画感想日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/miyokoeiga/
サイト紹介文ミヨコが映画の感想を思いのままに書いているブログです。
自由文ミヨコが映画の感想を思いのままに書いているブログです。映画レビューだなんて大それたものではないですけれど。。。思いのままに邦画や洋画やアニメ映画など、観た映画について感じたままに、ありのままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 148日(平均2.0回/週) - 参加 2017/09/27 16:38

ミヨコ さんのブログ記事

  • キングスマン ゴールデンサークル
  • ジュリアン・ムーア演ずるポピーが良い〜!赤が印象的なメイクにネイル、50年代アメリカンダイナー風のアジト、総じて悪趣味で、でも可愛い!好き!よくこんな役を引き受けたな?という気もするけど。ハル・ベリーが美しすぎて…あれで50代? 嘘でしょう?スーツと眼鏡が似合いすぎ…ハットも…良い…細い〜…カッコイイ…女性が着る細身のパンツスーツってなんでこんなにカッコいいんだろ?エグジーのオレンジのスーツも可愛い。 [続きを読む]
  • ルイの9番目の人生
  • ルイの人生は産まれてからこの方、酷い目にあってばかり。 難産で産まれてからずっと感電や食中毒等、危険な目にあってばかり。 その上、両親は不仲で別居。 9歳の誕生日を迎えたルイは久々に両親2人と共にピクニックに出かける。 楽しいピクニックのはずだったが、ここでルイは崖から落ちる事故に遭い、意識不明になってしまう。父親が行方不明になり、ルイを崖から落としたのではと疑われる中、母親に正体不明の手紙が届く。あ [続きを読む]
  • アウトレイジ 最終章
  • お笑い界のビートたけしから、世界で活躍する映画監督の北野武が作り上げた人気作品のアウトレイジが遂に完結してしまいます。 極道の世界を題材にしている作品ではありますが、現代社会の発達したインターネット社会で、誰でもが簡単に情報を流して自分の思いや考えを世界に発信できる事から、国という人々の集団の一人であったはずが、自己主張を尊重し過ぎて自分の利益になる行動ばかりになった「自分ファースト」ような世の [続きを読む]
  • マイ・ファニー・レディ
  • 老若男女の登場人物たちが、図らずも、織り成してしまう騒動に、気兼ねなく、でも小声で笑いをたたせて貰えました。本作で、冒頭登場する、シモージェン・ブーツ嬢は、ブロンドヘアーで、時折振りまく笑顔が、邦題通りにファニーな、今どきの娘。 映画は、新進女優の彼女が、ニューヨークのバーの一室で、記者のインタビューを受ける形式で、彼女の回想と云うカタチで、遡ります。今でこそ、女優の彼女だが、実は、パッと灯りが指 [続きを読む]
  • DESTINY 鎌倉ものがたり
  • 名作「3丁目の夕日」シリーズを作ったチームだけに、思っていた以上にファンタジーでしたが、面白くて夢中で見てしまいました。 時空を超えて起こる冒険にロマンも感じました。 鎌倉を舞台にした作品だったので、風景も風情がありましたし、堺雅人さん演じる正和の不思議な空気感ともぴったりでした。 奥さん役の高畑充希さんは年が離れているから余計に可愛い奥さんに見えて、ほのぼのしてしまいました。 ミステリー作家でもあ [続きを読む]
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟
  • 原作を何度も読み返すほどの原作ファンということもあり、公開直後に映画館で観てみました。 原作ものの映画化はたいてい賛否が極端に分かれてしまうものです。 また、内容が原作と違ってしまうこともあるため、原作ファンはその点を重視することがあります。私もそうでした。 しかし、この映画は原作と大差なく、違和感なく観ることができたように思います。 また、登場人物が多く、それぞれ特徴のある人たちばかりです。 配役が [続きを読む]
  • ヒメアノ〜ル
  • 近年観た邦画の中で、圧倒的にバイオレントな映画でした!原作となった漫画は未読で、主人公を演じるのがジャニーズの森田剛ということもあり、まさかここまでやるか!という展開のオンパレードに圧倒されてしまいました。映画全体が2部構成のようになっていて、ポップなラブコメディ風の前半から、怒涛のバイオレンス映画へと折り返す後半、というちょっと変わった作りも、人間の二面性を感じさせる映画のテーマとマッチしてい [続きを読む]
  • 祈りの幕が下りる時
  • この映画を見て、映画館で久しぶりに号泣しました。 家で見てたら声を上げて泣きたいくらい。 ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、でもそれくらい泣けます。 東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ完結編で、このシリーズはずっとドラマも映画も見ていたので、とても楽しみにしていました。さすが、期待を裏切りません。 東野圭吾の話はいつもただの殺人事件ではなくて、その事件の裏側には人間味あふれる物語が隠れていて、だか [続きを読む]
  • 四月は君の嘘
  • 原作の内容を二時間にまとめるので、多少無理があるとは思いますが..賢人君とすずちゃんの演奏はとても感動的でした。 練習かなり積んで望んだということなので、努力が見えます。また広瀬すずの発言一つ一つに深い意味があり、上手く伏線としてはっておき、最終的に回収していく構成も見事で、その演技を完璧に行ったキャスト陣も見事だと感じました。その中でも特に見事だと思ったのは、あえて題名の「嘘」というワードを最初の [続きを読む]
  • Going in Style/ジーサンズはじめての強盗
  • この映画は2017年6月に公開された映画で、1979年に公開された「御達者コメディ・シルバーギャング」のリメイクだそうです。 ストーリーは老後に理不尽な仕打ちを受ける三人の爺さんが一念発起し、勢いで銀行強盗やってしまう痛快な物語です。 その三人の爺さん役が錚錚たる顔ぶれで、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンとアカデミー賞ホルダーの勢揃いにワクワク感が止まりませんでした。 この手の作品だ [続きを読む]
  • ルーム
  • 女性の拉致監禁、という非常に重たいテーマを扱った作品ということもあり、観る前は怖いドロドロとした映画なのではないかと正直身構えていました。映画の冒頭、少年の目線で狭い部屋での生活が綴られていきますが、この「ルーム」が世界の全てと信じさせている母親と、その世界を信じ純粋に楽しく生活している少年との心のギャップに、胸が苦しくなります。母親からしてみれば、息子にとっては余計な希望を与えることが、かえっ [続きを読む]
  • エイプリルフールズ
  • 「リーガルハイ」の脚本を手掛けた古沢良太さんの作品だけあってテンポがよく、笑えて泣ける映画です。 エイプリルフールに起こったいろんなエピソード(皇族の人間を名乗る老夫婦の話やお腹の子供の認知を求めて彼が働く店に籠城する女性の話など)を題材にしていますが、個人的には元ヤクザが実の娘を誘拐する話が一番好きです。 不器用な父親が娘に説教したり優しくしたりとちゃんと娘のことを思っているのが伝わってきます。 [続きを読む]
  • ナラタージュ
  • まずは色あせたかのような映像が、このお話にピッタリで引き込まれました。 恋愛・切なさ・憎しみ・悲しみ・寂しさがずっと軸にあり、人間らしさがいい意味ですごく滲み出ていた映画だと思いました。 不倫がこの映画の禁断の部分であり、主人公の気持ちに引き込まれる一つの要素だったようにも思います。 女性ならではのイケナイと分かっていながらものめりこんでしまう様がうまく表現されていた映画だったと感じました。 綺麗ご [続きを読む]
  • 22年目の告白 -私が殺人犯です-
  • ミステリーサスペンスとして見ていてあっと驚く仕掛けもあり面白かったです。ネタバレを避けて感想は書きますが、ネタバレなしでは内容の説明の難しい映画なので俳優さんに対する感想を中心にしたいと思います。藤原竜也さんはこれまでも影のある役や悪役も演じられているだけあって、イヤな奴がぴったりハマっていました。不気味な感じやサイコパスな役は本当にうまいですね。しゃべる時の息の抜き方が特徴的で、報道やネットで [続きを読む]
  • 亜人
  • 原作は読んでいませんが、設定の奇抜さとスピード感があり、映像や音楽もかっこよくて面白かったです。監督が「踊る大捜査線」の本広監督で、肉弾戦のようなアクションのイメージはあまりなかったのですが、アクションチームが映画「るろうに剣心」のチームということで迫力とスピード感のある映像になっていたと思います。 亜人は死んでも生き返ることができるという設定を活かして、自らを銃で撃ってすぐに生き返ってまた戦うと [続きを読む]
  • キセキ 〜あの日のゾビト〜
  • この映画はGReeeenの数々の名曲を生み、紆余曲折しながらメジャーデビューを果たす彼らのサクセスストーリーです。成功までの道のりは長く険しいものですが、見ている誰もに夢を諦めないで追い求め続ける純粋な若者達の気持ちに共感出来る、笑いもあり涙もある友情物語ですが、一言で表すとやはり感動の映画です。歯科医を目指す4人の青年は猛勉強しながら、一方で音楽への情熱も日増しに高まりチャレンジを続けて行きます [続きを読む]
  • ミックス。
  • 元々リーガルハイが大好きで、今回それを手がけている古沢良太さんがミックスを手がけていると知り、公開前から楽しみでした。 また新垣結衣さんも大好きなので航海してすぐ劇場へ足を運んで観ました。 感動あり、笑いあり、キュンキュンもありと観ていて終始飽きませんでした。 同じ会場にいたお客さん達も笑い声がたくさん聞こえていたのでやっぱり古沢さんはすごいなぁ、人を惹きつける力があるんだとあらためて実感しました。 [続きを読む]
  • バットマンvsスーパーマン
  • DCコミックスが誇る二大ヒーローの激突、とはいえスーパーマンはクリプトン星から来た超人で、爆弾や銃弾も効かない正真正銘のスーパーヒーロー、片やバットマンは常人より鍛えているとは言え、高価なガジェットに頼るただの人間。 いったいどうなってしまうんだ?という映画です。 過去の二大ヒーローものがそうであるように、結局は…というストーリーではありますが、ベン・アフレック演じる武闘派バットマンの、スーパーマン [続きを読む]
  • 君の笑顔に会いたくて
  • 自分の息子を津波で亡くして保護司になった香苗が、偶然にも罪を犯してしまった息子の親友啓太の担当となり、更生させるために懸命に無償の愛を注いでいく生き様に心が打たれました。荒れ模様の啓太に対して、香苗は心の底から心配し、彼とまっすぐと向き合い、更生させようと愛情いっぱいで彼を支えていく愛の深さに目が潤む思いでした。また、いったんは更生しつつあった啓太が再び罪を犯し人生に絶望して、香苗の息子が亡くな [続きを読む]
  • 人生フルーツ
  • この映画は愛知県春日井市に住む建築家の津端修一(90歳)さんと妻の英子さん(87歳)の物語です。 実際のお二人の日常をベースにした映画で、樹木希林さんのナレーションで進行していきます。 日本ではアンチエイジング商品がよく売れて、歳を取ることへの抵抗感を持っている人もたくさんいますが、この映画を観ると歳を重ねていくことはなんて素敵で美しいことなんだろうと気づかせてくれます。 また、修一さんと英子さんの関係 [続きを読む]
  • no-title
  • よしみは悲しい日も辛い日も乗り越えてがんばります。 [続きを読む]
  • no-title
  • よしみは悲しい日も辛い日も乗り越えてがんばります。 [続きを読む]
  • たまに電気を消してない
  • 意外にゆっくりできたなって思える今夜。もっと時間に迫られるかなって思っていたのですが、まだ寝る時間まではゆっくりできそうな感じです。良かった。最近忙しくっていつの間にか眠ってしまっているけど、今夜は大丈夫そうです。 [続きを読む]