Yu さん プロフィール

  •  
Yuさん: 不器用さんが生きてゆく
ハンドル名Yu さん
ブログタイトル不器用さんが生きてゆく
ブログURLhttp://odekoniodekigadekita.seesaa.net/
サイト紹介文発達障害・PTSDを抱えて生きてゆく
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 114日(平均3.5回/週) - 参加 2017/09/27 23:04

Yu さんのブログ記事

  • 知人の一言
  • 先日、知人と話していたときのことです。私はある大学のあり方にちょっとした文句を言いました。すると知人は、「Yuさんが教授になったらいいのよ」と笑って言いました。なんかガツンときました、いい意味で。私は知能が高いわけでもなく、教授にはなれません。でも、発達障害だからといって自分を限定しすぎていたのか?と思いました。もう少し自分の人生、積極的に生きてみてもいいのかもしれません。でも、発達障害であることは [続きを読む]
  • ネガティブ
  • 最近、何人かの人と話す機会がありました。それぞれ、ポジティブな感じのする気持ちのいい人たちでした。私の欠点に「すぐネガティブになる」ということがあります。これはたぶん、今まで人生で辛いことがあまりにも多かったので、こうなったのだと思ってます。こうなったのは私の責任ではないと思っています。しかし、これからこの欠点をどう改善する努力をするかは私の責任だと思っています。最近接した気持ちのいい人と話してい [続きを読む]
  • 忘年会も新年会もなし
  • ダンナは人付き合いが上手です。最近はしょっちゅう新年会で家に帰ってくるのが遅いです。私は猫とお留守番。嫌ではありません。数千円を払って人ごみの中に行きたくありません。私は忘年会も新年会もありませんでしたが満足しています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 旅行のあとの大変な日々2
  • 年末年始に旅行に行っていましたがその疲れがまだとれません。今日も頑張って早起きしたら、朝から過食してしまい、体は重いわだるいわで家事するのがしんどかったです。私は疲れがたまると過食してしまいます。調子が悪いと心の状態も悪くなります。「こんな不器用な私が生きてていいのかな」という考えが頭をよぎります。私の実家は寺で仏教に私はなじみがあります。人の生き死には人が決めるものではないのかもしれません。器用 [続きを読む]
  • 旅行のあとの大変な日々2
  • 年末年始に旅行に行ってきましたが、その疲れがなかなかとれなくて四苦八苦しています。私は睡眠がうまくとれないので、疲れがすぐに抜けません。今日も頑張って早起きしたら、朝から過食してしまい、体は重いわ眠いわで家事するのがしんどかったです。(私は疲れると過食してしまう)調子がよくないと心の状態も悪くなります。「こんな不器用な私が生きてていいのか?」という考えがよぎります。私は実家は寺で仏教を信仰していま [続きを読む]
  • 旅行のあとの大変な日々
  • 12月29日〜1月5日まで旅行に行っていました。旅行の最中は、緊張してるからか多少寝不足でも元気に動けました。帰ってから、9日の火曜日まで疲れを引きずりました。私は睡眠がうまくとれません。眠りを深くする薬を飲んでいますが、これがなければなぜか「殺される!」という恐怖心とともに起きてしまいます。しかし、薬を飲んでいてもどうしても効率の良い睡眠は難しいようです。睡眠時間が長いにもかかわらず、寝た感じは [続きを読む]
  • 目に見えない障害
  • 前回、社会的には普通の大人としてどういうことが求められているかを気にしてしまうことについて書きました。書いていて改めて思ったのですが、私は「自分は発達障害である」ということがまだまだちゃんと受け入れられていないのだと思います。だから人間関係で色んなことを努力しては失敗して、そのことに落ち込み自分を責めるということを繰り返しているのだと思います。私は友人がほとんどいません。世間で人と付き合う時、常識 [続きを読む]
  • 社会的にはどういうことを求められているかを考えてしまう
  • あけましておめでとうございます。昨年はブログというものを始めることができ、大変よかったです。このようなブログに来ていただいた皆様、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、年末年始はダンナと旅行に行っていました。知り合いの友人が現地にいるらしく、「せっかくだから会ったらいい」と言われました。私はコミュ障だし、丁寧にお断りしたのですがそれでも会うことを勧められました。こういう場合、断り [続きを読む]
  • 人のために生きたい
  • 私の母は発達障害です。そして母はとても古風な保守的な家庭で育ちました。母は67才ですが、女性が一人で暮らしたり外で働くなんて絶対許されませんでした。そんな母はこれまた保守的な寺に嫁に来ました。母は自分の能力を外でためすこともなく、井の中の蛙でした。年取った女性でこのように女性として家庭に押し込められてきたことから、自分を押し殺して生きてきた結果、不満をたくさん抱えるようになった人は今まで世間で何人 [続きを読む]
  • 家政婦さんでも何でもするもん
  • 私の両親は発達障害です。母は35年間離婚すると言い続けてきました。母はお嬢さん育ちで外で働いて給与をもらったことがありません。悲しいかな、離婚するのに経済力と自立心がありませんでした。それでも離婚すると言い続ける母に、子どもの私は嫌気がさして「外で働けるもんなら働いて離婚したらええねん」と言ったことが何度かありました。そのたびに母は「家政婦でも何でもして離婚するもん」と言いました。家政婦さんって、 [続きを読む]
  • こんな支援センターがあればいいのに
  • 最近、ずっと目指して準備してきた資格の試験が終わりました。解放感たっぷりです。次は仕事(パート)のことを考えています。発達障害支援センターで、「一方的ではない」「子ども扱いされない」「支援する側もされる側も同じ人間だという人権感覚のある」支援が受けられればいいなあと思いました。とりあえず、就職するにあたって自分のことを知らねばなりません。発達障害の得手不得手を整理して、「何ができて何ができないか」 [続きを読む]
  • 物事の本質を見極める
  • 前回、私の発達障害の特性として「人の間違いを見過ごせない」ということを書きました。書いたあとに思ったのですが、逆に考えればこれは長所としても考えられるのではないかなと思いました。私は社会で今は2つほどの世界に属しています。いずれの集団も人は群れて時として間違いをおかしているように見えます。人って集団で間違いをおかしやすい生き物なのかもしれません。他の人もそうだからという理由で間違ったことがそのまま [続きを読む]
  • 世の中なんて矛盾だらけなのに
  • 私は間違いを見つけるとそれにこだわり続けます。今、ある資格を持っていてある業界にいます。その資格は、人間として生き方を問われる資格だと思います。しかし実際は差別があり、モラハラがあり、いがみ合いがあります。そういうことがあって、なお開き直っている人がいます。私はそのことがずっと頭の中にぐるぐるします。たぶん、そういう人を裁いているというよりも、「あるべき状態にあるべき人がそうではない」ということに [続きを読む]
  • 勉強が大好き
  • 何故か最近日本ブログ村のランキングが上がっています。こんなブログに来てくださり、本当にありがとうございます。一人でも来てくださったら充分なのに、複数の人が来てくださるなんて、感謝しきれません。これからも世間では話すことはない私の胸の内を書かせていただこうと思ってます。さて、私は勉強が大好きです。こう書くとまるで知的に賢いようですが、違います。発達障害の診断の時に自分のIQを知りましたが、決して高くあ [続きを読む]
  • 被害妄想がひどい
  • 不器用なので、人から下に見られることが多いからか、被害妄想がひどいです。最近、仲良くしてもらってる人がいるのですが、最初はその人にも「この人も絶対私を下に見て攻撃してくる」と思ってました。ちょっとした笑顔とかが全て私を見下しているように見えました。その人はメディアにちょこちょこ出てる人なのですが、挙句の果てに「テレビに出てる人なんて中身のない薄っぺらい人だ」と決めつけて、一生懸命攻撃されたときのた [続きを読む]
  • 死にたいという気持ち
  • 昔はしょっちゅう「死にたい」と独り言でつぶやいていました。自殺も試みましたが、すべて中途半端で未遂に終わりました。勇気がなかったです。ODなんかでは死ねないですが、ものすごいたくさん安定剤やら眠剤やら飲んだ時、途中で「ものすごい恐怖」を感じました。あれは、「生きろ」という神様だか仏様の声だと思ってます。生き死には自分でどうのこうのできるもんじゃないと思いました。そう思えたら、何故かすごく楽になりまし [続きを読む]
  • 自分の行動が相手にどう影響するかわからない
  • 今日、ある人と電話で話しました。その人は、とてもお世話になっている方でお寺をされています。最近夫を突然亡くされ、お寺が大変なことになっています。私の本心は、「手伝いたい」「こんな不器用な私が手伝いにいって、何か失敗をして恥をかくんじゃないか」という2つの相反する気持ちがありました。その気持ちを整理しきれないまま、電話で「何かできることがあれば言ってください」と言ってしまいました。ここで、私はこうい [続きを読む]
  • 世間的には痛い女なんだろうな
  • 今日、ある場所に行って知り合いにばったり会いました。少し雑談をしました。その間3分。もう、私のキャパシティを超えました。これ以上しゃべるの無理。幸い会話が自然に終わったので、帰ってきました。ちなみに知り合いはいい人です。帰ってから猫の世話をしてました。うちの猫は心臓肥大を患っています。どうやったら薬を楽に飲ませることができるか、どうやったら食べてくれるか工夫してました。時々猫も甘えてくるので抱っこ [続きを読む]
  • 人格障害の人は何を求めている?
  • 私は自覚のない人格障害であろう人に絡まれやすいです。人格障害と勝手に決めつけるのはよくないですが、人格障害だとその人を仮定すると対策がうまくいくことがよくあります。今までの人生で何人かの人にものすごく執着されました。もう、すごかったです。彼らは強力な母親を求めているのかもしれません。このことは世間では周知のことかもしれませんが、私はメンタルヘルスに詳しくないのでよくわからないのですが。。。。今、関 [続きを読む]
  • 結果は受け入れなければいけません
  • 私の母は発達障害です。今、私はある資格取得をめざして追い込み中です。私はこの資格のために3年間時間と労力を費やしてきました。落ちたら仕方ないですが、落ちたくありません。そんな私に母はいつも「落ちてもいいからね、プロセスが大事だからね」と言います。悪気が無いのはわかるのですが、落ちたら嫌なので嫌な気分です。今日、「落ちたくない、頑張ってきたんだし」と言ってみました。すると、「どんな結果になっても受け [続きを読む]
  • 共感などの精神的な交流
  • 私の両親は発達障害であり、彼らと精神的に交流するのは大変むずかしかったです。私が若い頃は発達障害などという障害名もなくて、私は何もわかっていませんでした。「頑張れば交流できる」と本気で思っていました。私の取った手段のひとつに彼らの前でODして倒れるというものがありました。かまってちゃんで困ったことですが、心配してほしかったです。結果は全然気付かれませんでした。倒れてる私をまたいで寝に行ってしまったこ [続きを読む]
  • 発達障害と自覚のない人格障害は最悪の組み合わせかも
  • 私は数年前にある短大に社会人の学生として通っていました。そこで一人の女性に執拗にモラハラされました。取り巻きにもみんな無視されたり、トイレでばったり会った時に「キャッ」と言いながら逃げられたり。どれも証拠もなく、些細なことでした。しかし発達障害の私は記憶力がよく、間違いを許せません。初めは放っておいていましたが、1年半続いたところで我慢ができなくなりました。どうしたか。私の通っていた短大は2年で卒 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害(仮定)
  • 医者が実際に診断したわけではありません。素人の私が勝手に憶測します。祖母は自己愛性人格障害だと仮定しています。自己愛性人格障害とは、簡単にいえば誰かをいじめていないと自分をたもてない人の強烈なタイプだと思っています。なぜ、勝手に憶測するのか。それは対処の仕方が、普通のいじわるな人と自己愛性人格障害の人とは違うからです。自覚のない自己愛性人格障害の人に話し合いや常識は通用しません。祖母は常に誰かをい [続きを読む]
  • なぁーんだ
  • 私は「他人は正しくて自分は間違っている」と考える傾向にあります。カウンセラーさんからも「自分の感じていることを信じて」と言われていて、自分の感情に正直に生きようと練習中です。私はあるボランティア活動をしています。そこでも、発達障害の私は中々人と仲良くなることができず、孤立気味です。浮いてることを気にしながらいつも引け目を感じて活動してました。しかし、今日ある人からそのグループが悪口・噂話だらけだと [続きを読む]
  • よい病院が見つかってよかったなあ
  • 両親が発達障害だった私の実家は摩訶不思議な空間でした。私は色々な事を変だと思ったけれども、子供の頃から自分のほうが間違ってると思い込んでやり過ごしてきました。しかし、思春期、青年期になるにつれ、時々押さえがたい怒りに悩まされるようになりました。そんな時、私の取った手段はODをして感情に蓋をすることでした。感情が不安定だし、しょっちゅうODを繰り返していた私はある日、恐る恐る両親に「精神科に行きたい」と [続きを読む]