Tsugumi さん プロフィール

  •  
Tsugumiさん: Tsugumi's Monologue『ローマより徒然なるままに』
ハンドル名Tsugumi さん
ブログタイトルTsugumi's Monologue『ローマより徒然なるままに』
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsugumi-hiraga/
サイト紹介文ローマの片田舎より発する私の想い、美味しいもの、ことについて。時にCA時代の話や小説も。
自由文12年間のCA生活に終止符を打ち、ローマの片田舎へ。オリーブオイルは庭のオリーブの木から、10種以上のフルーツもすべて自家製。添加物フリーの生活をしつつ、自宅でイタリア家庭料理教室を主催。
ローマの片田舎より発する私の想い、美味しいもの、ことについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2017/09/28 03:22

Tsugumi さんのブログ記事

  • AF1205便 ローマ〜パリ 商用でフランスへ
  • AF1205便 10時発エールフランス1205便 ローマ〜パリパリに行くのは何年ぶりだろう?実はプロポーズをされたのが、パリの街中散策中だった。あれが2009年だったから、かれこれ9年ぶり!!とはいえ、パリ、シャルル・ド・ゴール空港からはパリの空気に触れることもなく、そのままTGVに乗り込む。最大時速300キロのTGVは、日本でいうところの新幹線のようなものである。二階からの景色を眺めること約3時間。到着したのはナントの街。 [続きを読む]
  • 喉から手が出る程に欲していたもの
  • 日本からのお客様がお持ちくださったもの。もう涙が出る程に嬉しい?日本人でよかった、と思える瞬間でもある。フランス入りの前に、しっかりと和食で身体にチャージをすべく。魚久の粕漬けセット銀ダラ、カラス鰈、鰆、鮭?西京焼き命の私には、至福のひととき京都のお漬け物?バームクーヘンの大好きな娘へ??色々な”モノづくり”の基準が国の機関で定められているドイツフリードリッヒ・バルテルスのもの。油脂は必ずバター、 [続きを読む]
  • パエリアに引き続き、イタリア人の味覚考察@和食編
  • 明日からの仕事に備え、かなりバタバタとしている私。それと同時に、身体中にアドレナリンが漲ってくるのも実感している。なんだかとても懐かしい感覚。フライトへ行く前は、いつもこんな感じだった。さて、昨日はパエリアを例題として、イタリア人の味覚についてお話しをしていた。今日は、その続きとして鯖味噌を。笑??リブログは出来るだけ控えたいのですが、今日はどうぞお許しくださいませ。 頂けたら嬉しいです?ど [続きを読む]
  • パエリアはNG?@イタリア人の異様なまでの食への拘り
  • ここ数日のイタリア人に対する食への拘りの記事に対して、驚く程の反響があった。国粋主義からくるものなのか、はたまた閉鎖的思考によるものなのか、、、 あらゆる国の食べ物を寛容に受け入れてきた日本とは全く異なる国、イタリア。メディチ家の娘カテリーナ (フランス語ではカトリーヌ) が、カトラリーをフランスに持ち込んだ事をいまだに誇りとしている人たち。 彼らは隣国フランスの食べ物を頑に受け入れる事無く、ただただ独 [続きを読む]
  • 只今、大量生産中につき、、
  • いきなり余談から。笑世界の絶景癒しスポットを皆様にも。Sun Moon Lake日月潭台湾南投県魚池郷に位置する湖で台湾で最大の湖。湖の北側が太陽の形、南側が月の形をしていることからこう呼ばれる。略称は明潭。(wikipediaより)台湾に留学中の姪っ子が送ってくれた一枚。 そして本題へ。今週の日曜に行われる、日本人学校3校合同バザー。娘が在籍していた日本人学校幼稚園時代より、その意気込みたるもの云々、痛い程に味わって [続きを読む]
  • 今日のランチは敢えて夫に”毒盛り”を、、
  • かなりの神経質症の我が夫。過去記事でもその様子は何度か記載しているが、、、 キッチンにおいての彼のタブー要因 1)ニンニクやタマネギを切ったまな板では他のものは絶対に切らない事。 いくらまな板を奇麗に洗ったところで、特にタマネギの匂いが付着してしまうため、他のものの味が台無しになってしまうとのこと。 最近の我が家では、ニンニクとタマネギ専用のまな板を用意している。 ニンニクなら分かるけれど、タマネギは、 [続きを読む]
  • 星座とイタリア人、そして人生についての考察 (改訂版)
  • " Di che segno sei?" 日本人が血液型を尋ねるように、イタリア人はよく星座を尋ねてくる。最もイタリア人の場合、血液型を尋ねても知らないという場合も少なくはないのだが、、、 " あなたの星座は?" 星座によりまず水、地、火、風などのエレメントから自分との相性を考案していくようである。そして結構型にはめられる。血液型のA型が几帳面で真面目なら、乙女座がそれにあたるとか、、、私は牡牛座だが、 " ああ、トーロね、 [続きを読む]
  • ローマ在住の教訓@大雨の日には、◯◯しない。
  • 昨夜から降り始めた大雨。今朝になってもむしろ止む気配はなく、時に雷を伴いながら激しく降り続けた。一定量以上の降水量となると、大変なことになる我が地域。山道は土砂ですぐに閉鎖となる。また我が家とローマ市内を繋ぐ唯一の幹線道路であるPontina ( ポンティーナ )高速のように皆が皆飛ばすため、常に事故が絶えない。→イタリアで2番目に事故の多い道とされている。このポンティーナ。大雨が降ると必ず水没する箇所がある [続きを読む]
  • 嵐の前の静けさ
  • "嵐の前の静けさ"正に今の私のような状態を表す言葉として相応しい。数年ぶりに先週よりスポーツクラブに再入会した私。ピラティスやスパを満喫している。特にスパ内にある" Grotta di Sale"塩の洞窟であるが、これにすっかりとハマっている。一面真っ白、岩塩で囲まれた空間内のサンベットに横たわり、目を閉じる25分。天井や壁、床も全て岩塩。頭上を粉雪のように舞うのは、もちろん雪ではなく塩。クールが始まると室内の照明は [続きを読む]
  • 寂しそうなママを選んで生まれてくる子供たち
  • 娘の口から出てくる言葉、その仕草にハッとはせられることが最近よくある。先日など、友人のお母様( こちらの大学で日本語を教えてらっしゃった方 ) から、何か質問を受けていたのだが、その返しが、”まあね”その言葉といい、仕草といい、兎に角ただただ唖然。驚いてしまった。そのお母様、”Sちゃんは随分と大人っぽい言葉を使うのね”との言葉には、ふふふ、と笑っていた娘だった。驚くほどにオトナの、動もすれば生意気ともと [続きを読む]
  • 創造力豊かな娘の絵を見て思うこと
  • お陰さまで、先月末にブログ1周年を迎えた私。皆様に心から感謝すると共に、最近強く思うのは、、、ブログ内容についてである。 始めた当初、私は芸能人ではない。だから独りよがりな日記のような記事だけは書くまい、、、そう思っていた。 しかし、実際には、、、私は芸能人ではない。だからこそ日々浮き立ったようなネタがある訳でもない、、、ということだった。 ネタの無い日は、無理して創りあげる必要などない。だから、そ [続きを読む]
  • 新種を発見!@火曜は魚屋へ
  • 火曜と金曜は新鮮な魚が入手する日と言われているイタリア。私が贔屓にしている魚屋には、幸運にも毎日のように新鮮な魚が入って来る。天気や海のしけ具合などにより、もちろん入荷してくる種類や量も異なってはくるものの、流石に著名新聞に何度もとりあげられているだけあって、行くたびに新たな魚と出会えるほど!今日も海辺のドライブを兼ねて、魚屋へと向かう。新鮮な Astice ( オマール海老 ) は、まだ生きていてぴんぴんし [続きを読む]
  • 乗務中に機内で”寝坊”した私
  • 機内に”秘密のドア”があるのをご存知だろうか?もっともセキュリティー関連上、あまり大きな声で言える話しではないので、場所云々については控えさせて頂きたいと思う。 この”秘密のドア”の中には、小さな階段がある。その階段を上ると、、、そこは正方形の小さな部屋のようになっており、2段ベット仕様の簡易ベットが各壁を覆いながら4つ、計8個の簡易ベットが設置されている。 国内線では使用する事のないこの場所。稀に [続きを読む]
  • イタリアに来てハマった野菜
  • 太陽の光を思う存分に浴びて育つイタリア野菜はやはり美味しい。旨味成分がぎゅっと詰まっているかのよう。味の密度が濃くなる。 ちなみに濃くなるのは味だけではない。色素も同様。色の濃いイタリア野菜は、緑ものは湯でると茹で汁がびっくりする程に黄緑と化し、人参やカボチャは一度切っただけでも白いまな板がオレンジ色へと早変わり。色素の沈着が凄いのである。→まな板の漂白洗浄はほぼ毎日に近い。笑 そんなイタリア野菜た [続きを読む]
  • 世界で最も愛されているパスタ6選
  • 一口にパスタと言っても、実はその数がおよそ300にも及ぶということは意外と知られていないかと思う。そしてその一つ一つのパスタが、そのパスタの味を最高に引き立たせるソースを厳選しているというから驚きである。 例えば、ファルファッラ。蝶々の形をしたパスタとして日本でも広く知られている。こちらには、”軽めのもの”や”フレッシュなもの”が相性が良いとされている。野菜を使った冷たいパスタなどは良い例である。 [続きを読む]
  • 突如襲ってきた悪夢①
  • ポタン ポタン ポタン 細い管の中を、音も立てずに静かに滴り落ちていくそんな液体の固まりの成す様を私は見るともなく眺めていた。 目を覚ましたとき初めて視界に入ってきたものだ。 ポタン ポタン ポタン そんな音が聞こえてきそうな程にゆっくりと、規則正しく液体の固まりは滴り落ちる。 何時だろう? そう思いながら時計のある方向へと頭を動かしてみる。と、同時にひどい激痛と吐き気が突如私を襲ってきた。 動いたら駄 [続きを読む]
  • やっぱり本場の我が家で食べたいパスタ
  • ヴェネツィアを代表する料理の一つとも言える、イカスミパスタ。実は私はほとんど外では頂かない。 日本のイカスミパスタのほとんどは、パスタに練り込むというよりは、ソースにイカスミを入れてしまっている場合が多いような気がする。その理由として、スミがたっぷり入った甲烏賊があまり入手出来ないのではないかという事と、やはり日本の烏賊だと味がどうしても淡白になりがちだからだと思う。そこで、ソースに黒の色( しかも [続きを読む]
  • 泥棒が持ち去ったものから分かる”お国柄”
  • 泥棒に入られた!そう聞いてまず思うのは、何をとられたかであろう。お金? 貴金属類?そんな金目のものがまず思い浮かぶとしたら、それはきっと日本がまだ裕福だから。少なくともイタリアよりは、である。これはイタリアの貧困層で起こった現実である。とはいえ、貧困層の中でも裕福な部類にはいる彼女だったからこそ、こんな結末となってしまったのかもしれない。 頂けたら嬉しいです? ↓ ↓にほんブログ村こ [続きを読む]
  • 思い起こせばあの日から
  • 初めてイタリアを訪れたのは、大学2年の秋だった。詳しい事情までは覚えていないのだが、ヴァカンスが必要だった母と共に、私は大学の授業をさぼってまで二人でツアーに参加したのだった。懐かしい。ちなみに大学の卒業旅行もイタリアだった。その時は、当時内定が決まっていたJALを偵察すべく、JAL便のツアーで来ていた。さて、初めてのイタリア旅行は今思い起こしてもかなり滑稽なものとなった。イタリア事情などつゆ知らず、只 [続きを読む]
  • 思い起こせばあの日から
  • 初めてイタリアを訪れたのは、大学2年の秋だった。詳しい事情までは覚えていないのだが、ヴァカンスが必要だった母と共に、私は大学の授業をさぼってまで二人でツアーに参加したのだった。懐かしい。ちなみに大学の卒業旅行もイタリアだった。その時は、当時内定が決まっていたJALを偵察すべく、JAL便のツアーで来ていた。さて、初めてのイタリア旅行は今思い起こしてもかなり滑稽なものとなった。イタリア事情などつゆ知らず、只 [続きを読む]
  • 秋の味覚を堪能 ( 余談は何気ないところにある気づき )
  • 日本でも秋分の日を過ぎ暦の上でも秋となっているが、こちらでも暦上は21日より秋となっている。日中こそまだまだ暑いローマであるが、それでも朝夕は10度台前半と随分肌寒くさえ感じられるようになってきている。 空だけを見ていると真っ青でまだ夏を思わせるのに、朝方に触れる風が肌寒いこの時期が私のお気に入りのひとつ。ノスタルジーを覚えて、少しセンチメンタルな気分にもなる。 そういえば、日本にいる頃は秋が一番 [続きを読む]
  • 不可抗力への小さな抵抗、そして落胆
  • 昨日は娘の日本人学校補習校( 国語学習 ) への編入試験日であった。気が強くてしっかりしている娘だが、同時にとても神経質症。明らかに夫から受け継いだ遺伝子の一部である。昨日の試験日まで、ずっとナーヴァスな状態が続いていた。 1時間の試験はなんとか無事に終える事が出来た様子。漢字こそちょっと遅れ気味ではあるものの読解力が優れているという事で、学年どおりのクラスに編集させてもらえることとなった。(学力によっ [続きを読む]
  • いくつになっても誕生日会は盛大に③ 前編
  • 今日9月21日は夫の誕生日である。乙女座でA型の我が夫。四角四面、きちきち型の典型である。以前にどこかでも話していたかと思うが、掃除チェックも指先でドアの凹凸までチェックする。潔癖中の潔癖でもある。笑 本来なら美味しいところに外食に行きたい私であったが、、、元々外のオリーブオイルを信用していない夫。外で食べるより自宅で家族みんなで食べたいという。涙 結局日曜にお寿司を食べに行く事となり、今日は家族み [続きを読む]