むーみー さん プロフィール

  •  
むーみーさん: 晴れときどきシネマ
ハンドル名むーみー さん
ブログタイトル晴れときどきシネマ
ブログURLhttp://haretokicinema.com/
サイト紹介文映画の感想などを書いています。結構思いつくまま気ままなブログ。。。
自由文映画の感想などを書いています。結構思いつくまま気ままなブログ。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 21日(平均5.0回/週) - 参加 2017/09/29 15:22

むーみー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 掃除がなかなか進まないよ〜
  • 昨日はお天気も悪いから、お家で掃除!ってことで朝から掃除を始めたんだけど…タンスの中を整理してたら昔の懐かしい写真がたくさん出てきたの。学生の頃の写真もたくさん!懐かしい〜っ! 写真みてたらあの頃はこーだったなとかいろんな思い出が蘇ってきて気付けば1時間くらい眺めてた(笑) これって掃除あるあるだよね?!いつも、何か懐かしいものとか見つけちゃってついつい思い出に浸っちゃうの。。 今日も天気悪いみたいだし [続きを読む]
  • クローズEXPLODE
  • 以前の滝谷源治、芹沢多摩雄の代のクローズは原作の漫画の世界観をしっかり出している感じがしました。クローズエクスプロードは、滝谷源治と芹沢多摩雄が卒業した後の話、ということで時代背景が現代に近づいたように感じました。生徒の制服や髪型、雰囲気などが一昔前の不良よりも今時の不良という感じでした。特に、主演の東出昌大さんは爽やかな好青年という雰囲気が消えていませんでした。でもそれが逆に良かったのかも。ぱっ [続きを読む]
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • ゴースト・イン・ザ・シェルを見てまず思ったのは、原作の甲殻機動隊を忠実に再現できているなということです。ステルス迷彩や敵のロボットなど、原作と相違ないものでした。CGを使うので違和感が生まれるだろうと思っていたのですが、そんなこともなく何の違和感も感じずに見ることができました。キャラクターの個性まで再現できており、とても面白かったです。しかし、原作を知らないと楽しめないということもありません。甲殻機 [続きを読む]
  • 英語をしゃべれるようになってほしいけれど
  • 私は英語が苦手なので、息子には小さなうちから英語に触れあってほしいと思っています。だからといって習い事をさせているわけではないのですが、普段から英語を使ったりして身近なものになってもらうようにしています。でもやっぱり日本語ばかり話してしまうし、私も得意ではないからあまりうまくいきません。でも英語の塾などの習い事にはまだ抵抗があり、試してはいません。小学生になったら塾なども考えてみようかなと思って調 [続きを読む]
  • イップマン 葉問
  • ドニー・イェン主演のアクション映画で「イップマン 序章」の続編。ブルース・リーの師であり詠春拳の達人「葉問」をモデルとしたオリジナルストーリーとなっており、イップマンが香港に渡った後の物語となっています。セリフの中に葉問口訣に通じるものがあり、詠春拳ならびに葉問の理念に触れられ、大変興味深い作品です。前作よりアクションシーンも増え、何より作品ごとにアクションのスタイルを変えるドニー・イェンの見事な [続きを読む]
  • ズートピア
  • 長い間ディズニーのアニメーション映画を見ていなかった私がズートピアを見てみようという気になったのは、CMに登場する動物たちが皆魅力的だったからです。舞台は肉食動物と草食動物が暮らす街、ズートピア。新米警察官でウサギのジュディと詐欺師でキツネのニックが大活躍する物語です。肉食動物と草食動物という違いによって最初こそ対立していた二人ですが、数々の困難を乗り越えるうちに確かな絆が芽生えていくのです。いつし [続きを読む]
  • トランスポーター イグニッション
  • トランスポーターといえば、ジェイソン・ステイサムがみどころなのですが、この映画はジェイソン・ステイサムが出てきません。代わりにエド・スクラインが出演しています。私はよくポテトチップスとビールみたいな映画とバカにすることがありますが、このトランスポーター イグニションは中々アクションが楽しかったです。取り合えずカーアクションは面白いのですが、もうトランスポーターは1の時点でネタ切れ感がありましたので、 [続きを読む]
  • ミスト
  • SFの大家スティーヴン・キングが原作となっているため、他作品や映像化されたもの(映画なら「ミザリー」や「グリーンマイル」など)に触れたことがある方なら観て損はないと思います。ある街に前が見えないほどの濃霧が立ち込め、霧の中から出てくる触手が人を襲い始める前半はパニック映画の様相ですが、徐々に人間が知り得ない生物が現実のものであるというリアリティが迫ってきます。スーパーマーケットに取り残された人たちが [続きを読む]
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
  • TOKIOの長瀬智也さんと神木隆之介さん主演の今作。一度は死んだ主人公の男子高校生が、地獄でロックな赤鬼キラーKに出会い、よみがえりをかけて特訓するコメディ映画。笑ってちょっと感動もして、音楽もあって、エンターテイメントの観点から言えば最高の作品ではないでしょうか。クドカンっぽい・・とは少し違った形の作品ではあったと思うのですが、それでもやはり宮藤官九郎さんの人を引き付けるテクニックや演出が満載で、さす [続きを読む]
  • 黒ウーロン茶にハマる主人
  • パパが黒ウーロン茶にハマっています。食事で摂った油を分解しやすくしてくれるんだとか。私そんなに脂っこいものばっかり出してるつもりはないんですけど…。健康や体重が気になるお年頃なのかもしれません。ハマるのはいいんですが、何本も冷蔵庫につめられるのはちょっと邪魔かなぁ〜(笑)1本で1リットル入ってるので、そんなに沢山冷やさなくてもいいように思うんですが…。食後に1杯飲むぐらいじゃないんでしょうか。パパ [続きを読む]
  • わたあめが大好きです
  • 息子はわたあめが好きなのでお祭りにいくと必ずといっていいほど買っています。そんな中ネットショッピングで見つけたのが、家庭用のわたあめ機です。私も子供のころほしかったので息子のためであって私もぜひ使ってみたいのですが、口コミをみると家の中にわたあめが飛んでべたべたになるとか掃除が大変とか書いてあったので買おうかどうか決断できずに悩んでいます。いつでも食べられるのはうれしいけど、買ったあとのこともつい [続きを読む]
  • ドント・ブリーズ
  • 最初から最後までハラハラしどおしでした!この映画は、泥棒家業をやっているイケない若い男女3人が主人公です。彼らの人生をなめてかかってるところが、何か罰が当たりそうな気が初めからします。彼らは、最後の大ヤマとして、いっぱい現金を持っているという情報のある、一人暮らしの盲目の老人を狙います。年寄りだし、何より目が見えないし、楽勝だぜ、となめてかかっているのです。これが予想をくつがえして、とんでもない結 [続きを読む]
  • お気に入りのハンドクリーム
  • ハンドクリームのユースキンを買ってきました。お気に入りで、よく使っています。見た目や香りなど、女子が好きそうな要素は正直いまいちなのですが、なんせ効果がすごい!ユースキンを使っている間は手荒れ知らずです。1年通して家族で塗り塗りしています。他のハンドクリームのパッケージが可愛いかったり試供品の香りがよかったりすると、つい買ってしまうこともあるんですが、やっぱりそのうち手が荒れてきちゃいます…。衝動 [続きを読む]
  • ファインディングドリー
  • ファインディングニモに登場した、ドリーを主人公としたストーリーで、ドリーの幼少時代や、ドリーの家族のことがあきらかになっていきます。ドリーが幼少時代に過ごしていた水族館へ行き、家族を探すという話なのですが、ニモと、ニモのお父さんも一緒に探してくれて、探している間に、色々な海の生き物たちと知り合って、話が進んでいきます。新しく出てくる水族館の仲間たちもまた個性的で、明るく楽しい交流が繰り広げられて、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …