Tomo さん プロフィール

  •  
Tomoさん: 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート
ハンドル名Tomo さん
ブログタイトル羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート
ブログURLhttps://sulog.net/
サイト紹介文男女両方の気持ちがわかるオネエならではの観点からフィギュアスケートを辛口で、愛をこめつつ斬るわよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2017/09/30 15:06

Tomo さんのブログ記事

  • 色褪せることのないSEIMEI  羽生結弦への想い
  • 羽生結弦の全日本欠場が発表されて、残念な想いとホッとした気持ちと、いろいろな報道に胸を痛めていらっしゃる方も多いと思うのよね。わたしはこういう時だからこそ、余計な雑音は遮断して、「SEIMEI」を繰り返し見ているのよ。だって彼の真実はこのリンクの上でしかないんだもの。この演技前のポーズ。怪我で右足が最後まで持つかどうか、心配で仕方なかったんだけど、曲が始まった瞬間、憑依したような神がかった表情にあっと [続きを読む]
  • 3人目の金メダル候補 どう化けるかしら、アンナシェルバコワ
  • 技術のトルソワ、完成度の高さが美しい、コストルナヤ。そして、わたしがもうひとり、ジュニアのロシアで注目をしているのが、アンナ・シェルバコワ。通称、バコ美!初めて彼女の演技を見たとき、なんて可憐な子なのかしら!!って絶句したのよ、あたし!可憐て言葉を使ったの、昭和の可憐アイドル、伊藤つかさ以来だわ笑「昭和」に吸い込まれそうになるから、話を戻すわよ笑アンナって名前も、すごく可憐さを引き立たせるわよね。 [続きを読む]
  • 羽生結弦全日本欠場について
  • 先程ニュースで、羽生結弦、全日本選手権欠場を知ったのよ。連盟を通して、コメントを発表。「ロシア大会から心配してくださっている方々に深く感謝申し上げます。全日本選手権に向け、できることを尽くしていましたが、出場することができず非常に悔しく思います。今後、どうなるかわかりませんが、1日でも早く痛みや制限がなくなり、競技に復帰できるよう努めてまいります」本人も苦渋の決断だったと思う。いろいろな声が溢れて [続きを読む]
  • 羽生結弦へ捧げる「Hero」
  • しばらく静観視してきたのよ。羽生結弦への週刊誌、マスコミの目を覆いたくなるような記事、報道、、、世の中には知らなくてもいいことや、事実を捻じ曲げて発信されることばかり。ユヅのスケーティングが大好きだから。これが全て!!!!真実はリンクの中だけにあるはずよ!怪我の回復が一日でも早く。そして彼のこれからのフィギュア人生が実りあるものであるように、、、いろんな色で染まる世界で一人で振り向かなくてもいい今 [続きを読む]
  • 閲覧注意!過激な女帝リーザの舞い
  • トルソワの記事を書いて、あとふたりジュニアで紹介したいスケーターがいるのよ。あれ、やだ、ちょっと待って頂戴!機内アナウンスだわ。……ミナサン、コニチハ…….なにこの神々しい光は!?だ、だれよ、あんた!!!出た! 女帝リーザこと、ワタシワ、エリザベータ・トゥクタミシュワデス。相変わらずの安心、安全の紙コップ仕様!こういう細やかな配慮が大好き!いつにも増して、髪振り乱してるわ。激しいわよ、あんた。演技 [続きを読む]
  • 地球帰還トルソワ!グランプリファイナル女子ジュニア
  • 紀平梨花優勝の裏で、恐ろしい(ロシア)事に、着々と地球浸食計画が進んでいたのよ、、、皆様、ご存知かしら!?笑 ジャッジまでも浸食し始めたわよ! ジャッジも目線を反らすほどの脅威!!一番手前のジャッジの目線が、シュールすぎるわ笑 あまりの長い浸食に、ようやくニッコリ! あんた、いつまで壁芸やり続けるのよ!?笑 異次元の世界にお住いのトルソワ。4ルッツ×2回、4トーループからの構成とか男子でもいないわよ! [続きを読む]
  • エロス革命!妖艶トゥクタミシュワの舞
  • グランプリファイナル女子、トゥクタミシュワ、3位お見事!しっかり盛り上げてくれたわね〜吸い込まれるような妖艶な目とセクシーな唇だわ。ジュニアの頃から、独特な雰囲気を持っているスケーターだわって注目していたのよ。ソトニコワと競ってきたわよね。信成も言ってたけど、世界一のトリプルルッツジャンパーよね。高さがすごいもの。ジャンプがひとつづつ、自信を持って跳べているのが今季の強さだわ、崩れないもの。なんか [続きを読む]
  • 冷静な勝負師だわ、紀平梨花 グランプリファイナル
  • 新たなグランプリ女王、紀平梨花の誕生ね!シニア1年目にしての快挙よ。「Beautiful Storm」皆さんに伝わればいいんだけど、「ヒ〜アヒヒエヒ〜♪」やだ、トチ狂ったわけじゃないわよ笑音楽の中で歌のようなコーラスのようなのが入るじゃない。あれ、あたし大好きなのね。何か神秘的でいて、自然の力を彼女から感じるのよね。手の先見て御覧なさいよ。神経が行き届いているのよね、ホント表現力があるわ。確かに最初のトリプルアク [続きを読む]
  • 祝優勝!紀平梨花 グランプリファイナル制する
  • 紀平梨花グランプリファイナル、初優勝おめでとう!ライストで見たわよ〜!最初のトリプルアクセルは惜しかったけど、ミスを引きずらない強さがあるわね。トータルバランスの強さが出たわね。まだまだ彼女伸びていくと思うわよ。そしてどの選手も頑張ったわね。見ごたえのあるオンナの戦いだったわ!詳しくはまた今夜話すわ〜。1 紀平梨花 233.122 ザギトワ 226.533 エロ女王 215.324 坂本花織 211.685 麻紀   204.336 [続きを読む]
  • 仁義なきオンナの戦い 大混戦のグランプリファイナル
  • グランプリファイナル女子、ショート3位のリーザから、6位の宮原まではその差、3.13と大混戦!「安心と信頼の宮原知子、まさかの最下位発進」安心と信頼って、あんた選挙ポスターのキャッチフレーズじゃないんだから、、、いつでもパーフェクトが当たり前なのが宮原よね。当たり前の事を当たり前にするのがどれだけ難しいことなのか。あたしたちは麻痺してしまっているのよ。ミスがあると、それを紀平梨花の点数を受けた後の動揺と [続きを読む]
  • That's life! ビールマン女王スルツカヤの描いた軌跡 
  • ビールマンスピンと言えば、誰を思い浮かべるかしら!?名前の由来にもなったデニスビールマン?それともワンハンドの浅田真央?あたしは誰が何と言おうと、イリーナ・スルツカヤなのよ。時は長野オリンピック。スル江を初めて見たのがこの時だったのよ。ポニーテールでね、どんな可愛らしい演技をするんだろうって、呑気に見ていたの今でも覚えてるわ。でも演技が始まった瞬間から、彼女のスピード感、圧倒的なジャンプ力、そして [続きを読む]
  • いつもブログをご覧頂いている皆様へ
  • いつもブログをご覧頂いている皆様、本当にありがとうございます。皆様の暖かいコメントやアンケートでのご参加、そしてなにより貴重なお時間を割いてご訪問下さること事を、改めて御礼申し上げます。人伝えで憶測が憶測を呼びというのが私は嫌なので、皆様にちゃんと自分の口からお話ししようと思います。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、Twitterにて、所謂「アンチ」と仰られる方をフォローしていた件です。正直申し上げ [続きを読む]
  • 天城超えしてから物をお言い!フィギュア知らずの記者達よ!
  • GP初出場の紀平梨花は浅田真央氏を超えることができるのか?まるでモグラ叩きゲームのような記事が連日ポコポコ出てくるったら、ありゃしないわ。これ正気で書いてらっしゃるの?過剰に反応してしまうあたしも大概だわね笑あたし聞きたいんだけど、紀平梨花が浅田真央を超えると、どうなるのよ!?日本人として4人目の、トリプルアクセルを武器としていることも比較され、「真央越え」への注目が集まっている。一体、どこの誰が、 [続きを読む]
  • サギトワVS紀平梨花 グランプリファイナルメダル展望
  • いよいよグランプリファイナル開幕!「第3回オネエ杯」で皆様に頂いた投票を基に、ズバリオネエ展望していくわよ〜オネエ杯では僅差でザギトワ、紀平梨花が2位。やはりオリンピック女王になり、着実に実績を積んできているザギ子が、頭ひとつ上かしら?ここ一番での、本番の強さは折り紙つきよね。今季少し懸念されている、ジャンプミスだけど、PCS(プログラムコンポーネンツスコア)で高い評価を得ることができる、ザギ子の牙城 [続きを読む]
  • 怒涛のグラン・フェッテ 氷上のプリマ!オクサナ・バイウル
  • リレハンメル五輪、世間の注目は、全米ビッチアバズレ対決!ケリガンVSハーディング一色だったのよね。そんな中、16歳の若さで優勝をかっさらったのが、氷上のプリマこと、オクサナ・バイウルなのよね。バレエを生かした手足の先まで、神経を行き届かせた16歳とは思えない黒鳥の表現力なのよ。彼女の若さでここまで卓越した表現力を兼ね備えているのは何故なのかしら!?と彼女のルーツを辿るとね、父親とは離別、母親もご病気で亡 [続きを読む]
  • フィギュア永遠のテーマを考える 技術力か表現力か!?
  • フィギュアスケートにおいて、卓越した技術力、熟練された表現力のどちらに比重を置くべきなのか、これは永遠のテーマでもあるわよね。両方のバランスが取れたスケーターが一番いいに決まってるじゃない!ちょっとお待ちなさい!それを言ったら、あたしのテーマもへったくれもないわよ笑今のフィギュア界。特にジュニア女子においては、4回転時代に突入していて、男子でもなかなか跳べないようなコンビネーションまで、跳び出す宇 [続きを読む]
  • おだまりマラゲーニャ!羽生結弦の誤報道について(続き)
  • 「GPF、全日本欠場でも羽生結弦の世界選手権代表は安泰」某スポーツ紙がまたもや無神経な報道を。「マラゲーニャ」に乗せて、オネエの胸の内をぜひ聴いて頂戴!安泰って何がよ!?(怒)怪我と向き合って、私たちの想像を超える苦しみを乗り越えて、輝かしい舞台を目指すユヅにまず失礼よ。ギリギリのところで頑張っているのよ!?それを安泰なんて言葉で、片づけてほしくないわよ!吠えなさい、マラゲーニャ。 「全日本も欠場なら [続きを読む]