ぱすたす さん プロフィール

  •  
ぱすたすさん: 読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る
ハンドル名ぱすたす さん
ブログタイトル読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る
ブログURLhttp://www.giantsdraft.site/
サイト紹介文巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/09/30 18:04

ぱすたす さんのブログ記事

  • 2019年巨人コーチ陣が発表。まさかの一挙若返り組閣
  • 巨人が22日、来季のコーチングスタッフを発表した。原監督のもと、以下のスタッフで2019年を戦う ◆1軍 (監督)原辰徳 (打撃総合)吉村禎章 (投手総合)宮本和知 (投手)水野雄仁 (打撃)後藤孝志 (内野守備兼打撃)元木大介 (外野守備走塁)鈴木尚広 (バッテリー)相川亮二 (トレーニング)ジョン・ターニー、穴吹育大 ◆2軍 (監督)高田誠 ◆3軍 (監督)井上真二 ◆ファーム (投手)三沢 [続きを読む]
  • 伸び代も期待される1位候補 東洋大 梅津 晃大選手 大卒右腕投手
  • <東都大学野球:東洋大5−2駒大>◇第6週第3日◇11日◇神宮東洋大が「ドラフト1位トリオ」のリレーで勝ち点2を挙げ、勝率で首位に立った。先発の梅津晃大投手(4年=仙台育英)が4回に連打を浴び、上茶谷大河投手(4年=京都学園)にスイッチ。上茶谷は4回2/3を投げ1安打無失点に踏ん張ると、9回を甲斐野央投手(4年=東洋大姫路)が抑えて逃げ切った。打線は初回に小峰の本塁打などで3点を奪って勢いづけた。初勝利を逃した梅津 [続きを読む]
  • 2019年ドラフト候補の傾向。1・2位で誰を指名するかが勝負となる年
  •  今年のドラフト指名を考える上で大事なのが来年のドラフト候補の傾向。来年はどこが豊作とどこが不作かで補強ポイントが変わってきます。 今年、2018年のドラフト候補については「上位候補は多いが1位候補には困る年」としていました。そして来年2019年についてですが、来年の傾向は「1・2位で誰を指名するかが重要となる年」となっています。 【1・2位候補で悩む年】 【問題は3位以下】 【社会人は不 [続きを読む]
  • 安定した上位候補 国学院大 清水 昇選手 大卒右投手
  • 1回戦2試合が行われた。国学院大はドラフト上位候補の清水昇投手(4年)が3安打1失点完投勝利し、立正大に先勝した。中大は吉田叡生内野手(4年)の決勝打で亜大に逆転勝ちした。 151キロ右腕、国学院大・清水がリーグ通算12勝目を挙げた。この日は最速145キロ、奪三振4ながら、打たせて取って完投。8回までは1安打投球だった。今夏は大学日本代表入り。東洋大のドラフト1位候補・甲斐野に「走者を出しても焦 [続きを読む]