けいすけ さん プロフィール

  •  
けいすけさん: うっかり、創価学会はじめました
ハンドル名けいすけ さん
ブログタイトルうっかり、創価学会はじめました
ブログURLhttp://start-soka.com/
サイト紹介文アラサーになるまで避けてきた創価学会に入ることになった男が気がついたことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 52日(平均5.1回/週) - 参加 2017/10/01 00:15

けいすけ さんのブログ記事

  • 座談会という温かいコミュニティを知る(入会理由:第14話)
  • 中野さん、山田さん達と関わるようになって2ヶ月ほどが過ぎました。体調が落ち着いているときに、地域の会合や、社会部の会合に顔を出すようなりました。そこでは東京で初めて体験する、家族的な雰囲気を持つ温かい人たちがいました。東京で初めて出会う温かいコミュニティ思えば、東京にきて10年近くが経ち、結婚もしたわけですが、どこか地域とのつながりというのを感じずに生きてきました。地元にいたときのような、近所に親 [続きを読む]
  • 熱狂的な学会員と同じくらい熱狂的なアンチ学会員。どちらも苦手です。
  • いつもお読みいただきありがとうございます。管理人のけいすけです。以前に「体験・経験募集」と記載してから、それなりの数のご連絡をいただいたのですが、ほとんどが罵詈雑言に溢れたアンチの方々からのご連絡でした。基本的に個人の体験・経験ならアンチでも、応援でもどちらでもブログに載せようと思っていたのですが、あまりにも差別的な表現が多かったので掲載を見送っています。何名かの同じ方に何度もお送りいただいており [続きを読む]
  • 創価学会職員って給料いいの?学会員のお金で贅沢三昧してるの?
  • 創価学会を批判する内容の中で、「本部職員は学会員から集めたお金(財務での寄付や、聖教新聞の売り上げ)で高給を得ており、贅沢三昧をしている。」というような話を見かけます。これは的を得た意見なのでしょうか?わたしの考えを書いてみます。東京で会う本部職員の生活は「一般人」東京で活動していると、本部職員やそれに近い人に会うこともあるわけなんですが、基本的に彼ら彼女らは極めて「一般人」レベルの生活をしている [続きを読む]
  • ブログ運営について2(テーマカラー変更)
  • いつもお読みいただきありがとうございます。管理人のけいすけです。これをお読みの方はすでにお気づきだと思いますが、ブログタイトル等のカラーを学会色に変更してみました。深い意味はないのですが、入会理由が佳境に入ってきて、ちょっと気持ちが盛り上がっているかもしれません。。。ただ、本ブログの「熱血学会員」と「一般人」の間くらいを目指しているというスタンス上、あまり学会色を前面に出すのもよくないかなー、とも [続きを読む]
  • 地域の学会員、社会部の学会員に支えられる(入会理由:第13話)
  • 母のお守り御本尊に祈るようになったころ、山田さんから地域の学会員を紹介してもらう機会がありました。地域の学会員に支えられる地域にいわゆる婦人部の方々がいるので、一緒にうちに伺ってもよいかとのこと。快諾すると後日、山田さんと婦人部の方2名がうちにやってきました。いつものように、お菓子とお茶を出して、お話をしました。わたしの情報は最低限しか共有されていないようだったので(プライバシーの配慮ですね)、現 [続きを読む]
  • 家族に助けられる日々(入会理由:第12話)
  • 山田さんに家にきてもらって助けてもらっていたわたしですが、このころ助けくれたのは山田さんだけではありませんでした。家族に支えられる日々家族にはすごく支えてもらいました。嫁はすでにお腹が大きく、実家に帰っていました。あまり心配をかけてはいけないはずなのですが、電話で話して励ましてくれました(本来逆ですよね)嫁にばかり話をしていては胎教に悪いので、特に話を聞いてくれたのが姉でした。姉は学会員ではないで [続きを読む]
  • 創価学会に入るとお金かかるの?怪しい壺とか買わされるの?
  • 「創価学会に入るとすごくお金がかかる」、「財産を奪われる」というような話が一部ネットで書かれています。中にいる学会員からすると「そんなことないでしょう」で終わりだと思います。でも、実態を知らない一般の人からすると、「え、お金取られちゃうの!?」と思いますよね。そこで私が実際に経験したことを元に書きます。結論からいうと、「入会の時にご本尊様授受で数千円おさめる。それ以外は基本的にお金はかかりません。 [続きを読む]
  • 学会員の山田さんに助けられる日々が続く(入会理由:第11話)
  • 中井さんや山田さんとの出会いがあり、少しづつ創価学会への印象が変わりはじめていた私でしたが、このとき私はまだ体調が非常に悪く、精神状態もひどい状態でした。会社に行けたり行けなかったりを繰り返していました。会社を休んだ時は家でじっとしているのですが、嫁は出産準備で地元に帰っているため一人きりでした。一人でいると悶々と考えてしまい、不安な気持ちが止まらなくなっていました。薬の影響か、体もだるくて、つら [続きを読む]
  • 創価学会に入ったら家庭が崩壊するの?家族が未入会だったらどうなるの?
  • いつもお読みいただきありがとうございます。管理人のけいすけです。学会員の知り合いが増えると、「うちの家族は私だけが活動してます」とか「妻は未入会です」など、家族の一部の方だけが入会していたり、ご自身は入会しているけどパートナーが未入会だったりといったケースを結構見かけます。うちの実家も母のみが入会しており、あとの家族は未入会でした。それで創価学会に入ったら「家族と絶縁状態になる」とか「家族が崩壊す [続きを読む]
  • ブログ運営について(カテゴリ追加・体験募集)
  • いつもお読みいただきありがとうございます。管理人のけいすけです。当ブログ運営につき2点ご報告させていただきます。参加カテゴリを追加してみました。昨日より参加カテゴリを追加いたしました。それに伴い、お気づきになった読者の方から創価学会カテゴリ以外に登録するのであれば応援しづらいとのお声を頂いたので、カテゴリ追加の理由を述べさせていただきます。(なお、ご意見頂いた方には直接返信もしております)本ブログ [続きを読む]
  • いきなり家に来た青年・山田さんは超優秀だった(入会理由:第10話)
  • いきなりの「今からお家に伺ってもいいですか?」という問いに、うっかり「いいですよ」と答えてしまったわたし。そして、すぐに電話の主、山田さんがやってきました。山田さんの第一印象は「若いけど落ち着いている」山田さんの第一印象は「思っていたよりも若い」でした。地域で学会の部長をしていると言っていましたが、パッと見30歳前後でわたしと同じくらいだと思いました。ただ、若い割に妙に落ち着いた雰囲気がありました [続きを読む]
  • 公明党と創価学会ってどういう関係なの?選挙はどうなるかな。。。
  • こんにちは。管理人のけいすけです。選挙日ですが、あいにくの雨でみんな投票いけるのかな、と心配な今日この頃。以前、「創価学会と政教分離」についてはこちらの記事に書かせていただきました。創価学会は公明党を応援していいのか?政教分離とは?ざっくり言うと、日本の「政教分離」とは政府が特定の宗教への信仰を強制したり、弾圧したりしてはいけないこと宗教団体が特定の政治団体を応援することを禁止するものではないよっ [続きを読む]
  • 公明党と創価学会ってどういう関係なの?(テレ東で池上彰がF票を話題に)
  • こんにちは。管理人のけいすけです。選挙日ですが、あいにくの雨でみんな投票いけるのかな、と心配な今日この頃。以前、「創価学会と政教分離」についてはこちらの記事に書かせていただきました。創価学会は公明党を応援していいのか?政教分離とは?ざっくり言うと、日本の「政教分離」とは政府が特定の宗教への信仰を強制したり、弾圧したりしてはいけないこと宗教団体が特定の政治団体を応援することを禁止するものではないよっ [続きを読む]
  • 【体験・経験紹介】アンチのご意見いただきましたので紹介します
  • 先日、応援、アンチ、中立のどれでも良いので、ご経験・体験をお寄せくださいと募集したところ、2件ご連絡をいただきました。ありがとうございます。1件はご自身の経験・体験ではなく他の方が書かれたサイトの紹介がメインだったので、ここで紹介は控えさせていただきます。(その旨ご返信しています)もう1件はご自身の経験・体験を元に書かれていると判断し、以下に原文のままご紹介させていただきます。ただし、同内容の文章 [続きを読む]
  • 山田さんとの出会い。うっかり創価学会に入るきっかけ。(入会理由:第9話)
  • 中野さんとの出会いから数日後、携帯に電話が入りました。「突然すみません。創価学会社会部からの紹介でお電話しております。わたし、けいすけさんの地域で部長をしております山田といいます。一言ご挨拶したくてお電話しました。」実は、先日の社会部集会の際に、たまたま私の住んでいる地域の参加者がいらっしゃり、自己紹介をしたときに「地域が近いので是非地区の方にも参加されては?」とお誘い頂いたのでした。断るのも野暮 [続きを読む]
  • 社会部の集会で中野さんと出会う(入会理由:第8話)
  • 後日、誘われた社会部の集まりに参加しました。その日の集会は会社単位ではなく、もう少し幅広い、ビジネスエリアや業界単位で集まるような集いでした。社会部の集会で中野さんと出会う会のメインは代表者の何名かが最近仕事で経験した困難やそれを乗り越えた体験を話すことでした。話は熱を帯び、会場からは度々拍手がおこっていました。その話しぶりが中々強烈で、すっかり精神的に弱っていた当時の私は「こんな元気な人たちとの [続きを読む]
  • 母から社会部へ。会社の先輩へと繋がる。(入会理由:第7話)
  • 子どもがもうすぐ生まれるのに、いつまでも気持ちが低空飛行のわたしは、このままではいけないと、医師に治療方針の変更を相談。その結果、これまでよりも少し強めの抗うつ薬に切り替えることにしました。これが苦しい日々の始まりでした。抗うつ薬の副作用で地獄の苦しみ抗うつ薬というのは、効果がでるまで2週間〜4週間程度かかると言われています。体の反応を見ながら量を調整していくため、最初は少量から始めて、徐々に錠数を [続きを読む]
  • うつ ・適応障害から復帰したものの低空飛行が続く
  • 母の話に耳を傾ける余裕もなく、ダウンしていた私ですが、幸い症状は重いものではなく、1ヶ月ほど休んでなんとか働きにいける状態になりました。しかし、わたしの心の中はボロボロでした。胸の痛みがずっと続く2、3ヶ月軽い仕事をしながら回復を待ちましたが、トラウマのような心の傷なのかなにかわからないのですが、ずっと胸が痛いという症状が続きました。一応、その後形式的には普通の仕事に復帰したのですが、その症状はず [続きを読む]
  • 聖教新聞って何が書いてあるの?
  • 一般番組のCMでもよく見かける「聖教新聞」ですが、何が書いてあるのでしょうか。一面はこんな感じです。「民衆凱歌の旭日」って、なんだかすごい響きですよね。一見1面だけみると「民衆の凱歌が高らかに舞う!!」とか「我らの勝利」とか、なんだか猛々しい言葉が並び、お隣のミサイル飛ばしている国のニュースを見ているかのような印象をもつこともあります。この一面の雰囲気に拒絶反応を起こしてしまう人も多いとおもうんです [続きを読む]
  • 育児中のママがパパに家事よりもしてほしいことは????だ!
  • 楽天が20代〜40代のパパママに子育ての実態調査した結果が財経新聞に載っていました。それを見ると、ママの切実な思いが見えてきます。育児中のママが、男性に一番やってほしいことは家事ではなく、実は「????」だと言うのです。 何でしょう? 正解は。。。 「子どもと遊ぶこと」 だそうです。 ママが欲しいのは休憩タイム?調査結果の要約から抜粋すると、◆ママが欲しいのは、ちょっとした“子育て休憩タイム”?子ど [続きを読む]