ちーたん さん プロフィール

  •  
ちーたんさん: うつかと思えば発達障害でした。
ハンドル名ちーたん さん
ブログタイトルうつかと思えば発達障害でした。
ブログURLhttp://cheatan.blog.jp/
サイト紹介文重度のうつ病と診断されて30年。実はアスペルガー症候群だったと知ったアラフィフの戸惑いブログ。
自由文since 2017.10.1
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 216日(平均0.8回/週) - 参加 2017/10/01 09:45

ちーたん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 発達障害専門の病院の雰囲気。
  • もう、更新する時は立て続けにしてしまうんですよ・・・。ごめんなさい話題があっちこっちに飛んで申し訳ないのですが、その発達障害専門の病院に行った時の話をしようと思います。やはり、子供さんが主体の病院でした。そりゃそうですよね。自閉症スペクトラムと分かるのは子供の時が大多数。大人になってわかるのは、今まで分からなかった原因があるはずなのです。それは置いといても。アスペルガー症候群とはやはり子供のモノ。 [続きを読む]
  • 全ては二次障害が苦しみを招くのではと感じるこの頃。
  • 前記事の続きです。私が思ったのは、個性として『自閉症スペクトラム』があったとしても、苦しむのは二次障害だな、ということ。生まれながらの気質は変えようがない。防げること、注意することは、それに伴う二次障害だと感じました。わたし自身は確かに自閉症の気があると思います。この歳になっても見知らぬ他人に溶け込めないし、一人暮らしが長かったせいで無理やり社会に順応はしましたが、変わり者過ぎて家族も匙を投げる。 [続きを読む]
  • 気分変調性障害とかなんとか。
  • まずは、40代後半にして発達障害専門の病院に通院し始めた話をばっ。したいと思います。とにかく。病院の予約を取るのも一苦労でしてっ一ヶ月、二ヶ月待ちはザラ。今まで通っていた神経内科の主治医が紹介状を書いてくださらなかったら・・・。ゆうに二ヶ月は待ちぼうけを食らっていたことでしょうっ私は知らなかったんですけど、NH〇が発達障害のことを特集していたそうですね。それから、「私は発達障害では!?」と、思う人が [続きを読む]
  • お久しぶりの理由を述べていこうと思います。
  • お久しぶりです!気づけばもう、年末の中でも末期でしたね・・・あれから色んなことがありすぎて燃え尽きていました。なにから話せばいいのか分からないので、取り敢えず、また一人暮らしを始めた!ということをご報告しますこの記事から初めましての方には何のこっちゃ。だと思いますので、簡単な経緯を・・・。20歳で上京→結婚→離婚→一人暮らし(17年)→実家へ→一人暮らし←今ココ。はい。発達障害専門の病院にも通うよ [続きを読む]
  • いきなり昏々と眠ることもあります。
  • チビッコの頃からまーーーー良く眠りまして昨日も朝イチで家事をした後は、夜まで昏々と眠っていましたもちろん、夜も普通に寝ますようっかりすると三日三晩眠ることもありますそれっくらいすぐ疲弊してしまうのですなんでだろう〜と。どうしてわたしは毎日疲れきっているのだろう、と。長らく不思議でありましたが、やっと解決しました。それもこれも、『感覚過敏』からくるものなんだな、と、知りました。とにかく、昔から色んな [続きを読む]
  • 結論から言ってもらえると助かります。
  • 明日は病院の日なので緊張していますまだ発達障害専門のお病院じゃないですよ。神経科内科ですそれでも前日はソワソワ。もう毎度のことなのであります。なので、本日感じた事をしたためて眠くなるのを待ちたいと思います゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆今日は買い物にいったのですよそしてクタクタに疲弊してしまいましたというのも、販売員さんがとても早口な方でして、こちらの質問に対してうわーーーー [続きを読む]
  • アルバイト歴から得意不得意を考えてみる。
  • アルバイトは長期から短期から日雇いから色んな種類をこなしましたそれをズラーーーーッと並べてみて、得意、不得意を書き出してみます。結局どんなバイトが向いているのか検証してみよう□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□【クレジット会社】・データ入力、電話確認→データ入力は早い。電話は緊張したが、マニュアル化されていたのでなんとかこなした。【ファーストフード店】 [続きを読む]
  • アスペルガー的パニックには抱きぐるみ。
  • この2か月くらいの間にメルトダウン(感情の爆発)が4回ほどあったのです・・・制御の利かないパニック状態といいますか。苦しすぎて爆発すると言いますか。家族とのコミュニケーションが何一つ上手くいかず、まるで3(家族)対1(わたし)に思えました。取り囲まれているような、孤立無援のような感覚。そんな恐怖に襲われ、(助けてっ)ぼがーーーーーーーーんと。過呼吸になるわ。タブレットを壊すわ。座布団も宙に舞うわ。 [続きを読む]
  • 重度のうつ病からアスペルガー症候群と診断されたワケ。
  • 更新がとびとびで申し訳ないです気力体力と相談しながらマイペースで更新しています。これからもこの調子ですが、どうぞよろしくお願いいたしますさて、生育歴番外編です長年重度のうつ病と言われながら、なぜ今頃になってアスペルガー症候群と診断されたのか。そのきっかけを書いてみたいと思います*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜離婚をしてから15年強。ずっと一人暮らしをしていました(他生育歴 [続きを読む]
  • 生育歴振り返りの大まとめ。
  • 本日二度目の更新です。アラフィフになってアスペルガー症候群と診断されたわたくし、ちーたん。心を整理するために、長々と生育歴を振り返って参りました。根本的な自分の性質を忘れ、社会や他人に馴染まなければと自分を捻じ曲げた結果、二次障害のうつ病を患っていたことがわかりました離婚をして一人暮らしになってからは長年の疲れが出たのか、とても重いうつ病になりました行動には移さないけれど自殺念慮。幸い親友が支えて [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラムという自覚がなく結婚した結果
  • 同棲していた彼氏がいたのですよ。でも、わたしは結婚しようなんて思っていなかった。仕事もしていましたし、まだまだ自由でいたかったそれがそれが知らぬ間に結婚話が進んでいてせざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。もう腹を括るしかない。家事を分担してくれることと、わたしだけの部屋を確保してくれることを条件に籍だけを入れました今考えると、同棲していた時からうつ病の症状が悪化していて、だがしかし、その深 [続きを読む]
  • OL期を振り返ってのまとめ
  • こんにちは。アラフィフにしてアスペルガー症候群と診断されたちーたんです過去を振り返りながら、アスペルガーの兆候がどの辺にあったかを自分なりに分析。心の整理をしている最中です社会に出てからはより複雑な人間関係。苛酷な環境にさらされるので、こまめにまとめをしてみたいと思います☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;さて、上京、引っ越し、独り立ち、就職、彼氏、俳優学 [続きを読む]
  • いざ東京!OLの頃を振り返ってみよう②
  • 東京砂漠といいますが(古い?)わたしにとっては希薄ともいえる人間関係が逆に心地良かった。一人が好きだったし、干渉されることが異常なほど苦手だったので、放っといてくれる東京はありがたかっただけど、わたしに彼氏ができてしまったのです。彼は、ほぼわたしの部屋に入り浸っていました。それは、わたしの支えになるどころか、逆に他人との距離感の崩壊へと繋がってしまったのでありました一方で、身体の調子が悪くなってい [続きを読む]
  • いざ東京!OLの頃を振り返ってみよう①
  • やっと更新です。たっぷりお休みしてしまいましたさて、今日からは上京編。短大を卒業してから東京のとある中小企業に就職しましたそれもこれもお金のため!東京で一人暮らしをするにはなにはなくとも生活費が必要ですっ当時は土曜日が休みという風習がなかったので、月〜土までフルタイム。日曜日は俳優学校に行くという超ハードスケジュールでしただがしかし、物事はそんなに単純ではなく。大声で恫喝するような、やたら厳しい取 [続きを読む]
  • チビッコ期を振り返ってのまとめ
  • ここでひとまず、チビッコ期(誕生〜短大生)を振り返っての個人的まとめをしてみたいと思いますっ我が家はまるきり放任主義でした。下手したら無関心に近い。当時はチビッコ一人が歩いていてもたいして危険ではなかったし、個性に対しても寛容でした。今を思えば良い時代だったのかな、と思います。子供は放っておいても育つ。多少の孤独は芸につながり、そして、芸は身を助く。それが運よく機能したというか、親を頼りにできなけ [続きを読む]
  • チビッコの頃を振り返ってみよう(短大生編)
  • はい。先に言いますと、短大は行きたくなかったです気持ちとしては高校卒業して役者になるために上京したかった。でも、せめて短大は出ないと許さーん。と、説得されたため、無理やり行ったというか。もちろん今は感謝しておりますけど当時はそう思えませんでした。ご存知の通り(?)勉強はやらなかったので、中高の姉妹校に進学しました。国文科と美術科とあったのですが、な、な、な、なんと、わたしは国文科に入ってしまったの [続きを読む]
  • チビッコの頃を振り返ってみよう(高校生編)
  • 高校はエスカレーター式だったので、半分は中学と同じ顔触れでありましたそういうのも良かったのですかね。それほど人間関係にストレスを感じませんでした。が・・・。がっこの頃からじわじわと疲弊の波がやってきたのでありますっ高校になっても環境はほぼ変わらず。片道1時間半の通学。演劇部活動。クラス委員。生徒会。家に帰ると勉強もせずマンガを描く日々。おまけにマンガでは飽き足らず、小説まで書き始めた始末ですっ。お [続きを読む]
  • チビッコの頃を振り返ってみよう(中学生編)
  • 中学の時は1時間半のバス通学でした。バスの中でひたすら外国文学を読むのが楽しみで、読まず嫌いというか、日本文学はまったく受け付けない偏屈ぶりでした女子校だったので自分を飾らなくてよいのがこれ幸いして、小学校の時よりも生きづらさを感じませんでしたおまけに、クラブ活動をするのが必須だったので、あれこれ考えた結果、なぜか演劇部に入ってしまいました理由は、①役を通して自己表現できるから。②内向的な自分を払 [続きを読む]
  • チビッコの頃を振り返ってみよう(小学生編)
  • 小学生くらいになるとクラスメイトと自分の違いがニョキニョキと現れ始めました。通信簿のメッセージ欄には「内向的なのでみんなと一緒に遊ぶようにしましょう」と書かれる常連。自分ではクラスメイトと仲良くしているつもりだったので「なぜ?」と、思い続けた記憶があります。先生の目には大人しく映っていたのでしょうそれもこれも、自由時間にはマンガ描きに夢中。運動場で戯れているクラスメイトを尻目に人魚が人間に食べられ [続きを読む]
  • チビッコの頃を振り返ってみよう②
  • 過去を振り返りながら心の整理をしているシリーズ。前回の続きですっ幼稚園くらいになると夢遊病が勃発しまして。真夜中に廊下をさ迷うという技を繰り出していました心配した母が小児科に連れて行ったところ、成長するうちになくなるだろうと言われ、小学校に上がる頃には本当に消滅しておりました。ほっうーん・・・。アスペルガー症候群の片鱗はどの辺りでしょうねー。さらに、この頃になると疳の虫が顕著になって、泣き出すと過 [続きを読む]
  • まずはチビッコの頃を振り返ってみよう。
  • さて。なにから話しましょうかなんでも、発達障害の診断は生育歴がポイントになるそうなので。まずはわたくしの自己紹介も兼ねて、ダッシュで。ダッシュで人となりを書き出してみたいと思いますサザエさんが放送開始される1年前。共働きの両親から、3人兄妹の末っ子として生まれました。なんでも、生まれた時は仮死状態それもこれも母のお腹で暴れまくった己のせいでして。へその緒を首にグルグル巻きにして「こんにちは」したそ [続きを読む]
  • 初めましてっ。
  • ブログを覗いてくださったみなさま、こんにちはアラフィフ女性・ちーたんと申します。そうなんです・・・。ブログタイトルそのままなんです20歳でうつ病のようなものを発症。以後30年近く、うつ状態を繰り返してきました。はっきりとした診断名が出ないまま、『反復性うつ病性障害』やら『統合失調症 陰性』やら『重度のうつ病』やらではあるまいか?と、お医者さまが代わるたびにコロコロ変わる病名に翻弄されながら自分自身 [続きを読む]
  • 過去の記事 …