晩白柚 さん プロフィール

  •  
晩白柚さん: 晩白柚ルポルタージュ
ハンドル名晩白柚 さん
ブログタイトル晩白柚ルポルタージュ
ブログURLhttp://ban4.hatenablog.com/
サイト紹介文30歳を目前にした独身男性が熊本からお送りする、旅・キャンプ・カレーに関するエッセイです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 16日(平均4.8回/週) - 参加 2017/10/01 11:55

晩白柚 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 焚き火よ聞いてくれ(2017.8.19-20)
  • 9月の帰国から1か月に渡って書き散らかしてきたカンボジア旅行記が、昨日をもってようやく一区切り着いたので、今日は趣向を変えて、親友・イトシマオと8月に出かけたキャンプについて思い出してみます。イトシマオは福岡在住。今回は僕が福岡に出張するかたちでキャンプをします。父に借りた車に自前のキャンプ道具をあれこれ載せ、福岡は糸島に向けて出発。一人で運転するのは実に4年ぶりでしたが、冷や汗が止まらない高速道路を [続きを読む]
  • あなたのおかげで(2017.9.15)
  • カンボジアは4日目、最終日です。昨日までにアンコール・パスを使い果たしてしまいました。もう、アンコールの遺跡群を訪れることはできません。20時過ぎの日本に戻るフライトのため、サマスさんに18時に送迎をお願いしています。それまでいったい何をして過ごせばいいのか‥。ベッドに仰向けになり、天井をぼおっと見つめながら考えます。天井にぶら下がった扇風機が首を振りながらブー‥ンと寂しい音を発しています。「オールド [続きを読む]
  • 東方から来た青年(2017.9.14)
  • カンボジアは3日目になりました。昨日はシェムリアップ市内を離れた土地を観光したわけですが、今日はシェムリアップに戻り、1日目に見ることができなかった細々とした寺院を訪ねて回ります。朝9時にサマスさんが迎えに来てくれました。9時といっても、市内の道路はすでに大渋滞です。まずは、「スラ・スラン」。早速ですが、ここは寺院ではありません。東西約700メートル、南北約300メートルに渡る池で、王たちが沐浴するために [続きを読む]
  • シェムリアップのにおい(2017.9.13)
  • カンボジア2日目です。サマスさんから「4時半に迎えに来るから。」と言われていた僕は、朝から軽くシャワーを浴びるために、3時半からごそごそ動き始めました。ゲストハウスの扉を静かに開け、外に出ます。あたりは暗く、日中は暑いカンボジアといえども、ひんやりとした空気が体を包みます。道路の脇にトゥクトゥクを停めてサマスさんが待っていました。こんなに朝早くから、ご苦労さまです。冷たい空気を切り裂いて、トゥクトゥ [続きを読む]
  • 天空のアンコール(2017.9.12)
  • 時刻は11時。朝食を機内食だけで済ませていた僕は、昼を前にして早くも腹が減ってきました。アンコール・ワットへ行く前に何か食べさせてくれないか、とサマスさんにお願いしたところ、アンコール・ワットの参道前に並ぶレストランへ連れて行ってくれました。とにかく暑い。まだ昼前だけど、ビールで喉を潤したい‥。そう思って、缶ビールを一杯。この先ひたすら飲むことになる、アンコールビールです。早速カンボジア料理を食べる [続きを読む]
  • トゥクトゥクは風を切る(2017.9.12)
  • 空港出口の扉を開けると、バックパックを背負って行き場を探す旅人たちと、彼らに声を掛けんとする多くのトゥクトゥクやタクシーのドライバーたちがうろついています。僕はトゥクトゥクに乗ってシェムリアップ市内まで向かうつもりでした。どこかで、トゥクトゥクを捕まえなければ‥。空港の敷地内をふらふらしていると、二人組の男が、「やあ、お兄さん。何か探しているのかい」「ええ。トゥクトゥクを探しているんですが」「じゃ [続きを読む]
  • 赤い砂の大地を目指して(2017.9.11)
  • 9月16日の早朝、日本に帰ってまいりました。これから暫くの間は、3泊6日(+機内2泊)のカンボジア滞在記をお送りします。以前、「晩白柚東京譚」でフランス編やアメリカ編を書くにあたっては、旅行中肌身離さず持ち歩き、書き連ねていた“行動メモ”を参考にしていました。“行動メモ”は旅行における僕の一挙手一投足を記録していたため、それを参考にした日記もかなり事細かに行動を記載することとなりました。しかし今回のカン [続きを読む]
  • 旅と音楽
  • カンボジアへの出発まで、もう少し時間があるので、記事を一つ書きたいと思います。旅の間、携帯音楽プレーヤーで音楽を聞くことがあります。後になってその曲を耳にすると、旅をしていた時の風景が蘇ってきますよね。今日、バックパックに荷物を詰めながら色々な曲を聞いていて、ふと昔の旅たちのことを思い出しました。Linkin Parkの「Minutes To Midnight」に収録された「Valentine's Day」は、2015年2月14〜15日(奇しくもバ [続きを読む]
  • JOURNEY to FOREIGN COUNTRIES
  • 明日の夜、カンボジアに向けて出発します。旅行が好きだと謳っておきながら、海外の地を踏んだのは過去に2回、一昨年のフランスと昨年のアメリカだけです。しかしささやかな自慢なのは、いずれの旅においても、パックツアーなどを使わず、航空機から宿泊先の手配まで全て自分で行ったということです。自分の旅の原点は、大学2年生の時に福岡から東京まで3週間かけて行った自転車の旅です。就職してからもしばらくの間は国内旅行が [続きを読む]
  • 旅の友
  • 旅行が好きだと書きました。フランスの小説家・ギュスターヴ・フローベールは、旅をすれば人間は謙虚になる。地球に比べれば、人間がどれだけちっぽけな存在かを思い知らされるからだ。と言っています。僕は旅のエッセンスは全てこの言葉に込められていると思います。旅を経験した者は、自分がどんな人間なのかを知ることになり、常に謙虚でいることを知り、他人に優しくなれるのです。「まだ、自分、見つかってないの?薄っぺらい [続きを読む]
  • Reportage
  • 8月が終わるつい2、3日前まで、ちょっとそこまで外を歩くだけで汗がぶしゃっと吹き出していたのに、9月に入った途端、涼しい風が吹いて心地よく感じられるようになりました。8月頭に「晩白柚東京譚」の最後の記事を書いてから、熊本編の日記を書くかどうか、書くとしてどんなタイトルにするか、うーんうーんと唸る毎日でした。「晩白柚東京譚」という前作のタイトルは凛とした佇まいがあって、割と気に入っていました。次のタイト [続きを読む]
  • 過去の記事 …