のあん さん プロフィール

  •  
のあんさん: 森のひぐらし ひとり言
ハンドル名のあん さん
ブログタイトル森のひぐらし ひとり言
ブログURLhttp://noa3morinohigurasi.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分のまわりは小さい世界だけど、温泉・読書・アートなどを通じて、気ままに言葉を巡らせて行きたい。
自由文私の人生山あり谷ありだけど、居住地は関東・東北・北陸の狭間にある平坦な地。
50代主婦が気ままに温泉、アート、日常を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2017/10/01 13:27

のあん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 宇多田ヒカル Laughter in the Dark に魅せられた!
  • 宇多田ヒカル Laughter in the Dark に魅せられた。季節外れの暖気のせいでムンムンする12月4日、初めて降り立ったさいたま新都心駅。まず目についたのは 「130万人〜〜」 と大きく掲げられたのぼり。さいたま市の人口って、そんなにあるのかと思いながら、早速、たまアリ、SSAことさいたまスーパーアリーナに向かう。ボッチ参加、還暦の身を以てしても、小躍りせずにはいられない。アルバム先行、サントリー抽選と落ち、 [続きを読む]
  • 上野の森フェルメール展へ行ってきた!
  • フェルメール展へ行ってきた!木々も色づいた上野の森。入場券は日時指定購入なので、比較的スムーズに入ることができた。 上野の森でフェルメールの作品を8作品も堪能できる喜びを味わいつつ、私は以前(2011年)京都の市美で、見た「フェルメールからのラブレター」の展示を思い出していた。あの時の壁何色だったけ? 作品自体が静穏な光を発しているような、それこそ鳥肌が立ち涙がこぼれる感動を覚えた。照明はどうなってい [続きを読む]
  • 奈良美智の秘密の小部屋を覗いてみた!
  • 奈良美智の秘密の小部屋を覗いてみた!原美術館に「奈良美智の秘密の小部屋がある!」 と耳にしたのは、今年に入ってからです。それ以来、行ってみたい、覗いてみたいと思っていて、10月末、上京の折、ようやく実現しました。原美術館は現代アート専門の美術館です。品川駅から15分ほど歩いたところにあります。高輪口から出るバスが、近くに停車するということですが、私は徒歩を選びました。前日にスニカーも新調しました。私が [続きを読む]
  • 秘湯 滑川温泉福島屋に行ってきた!
  • 秘湯 滑川温泉福島屋に行ってきた!秋の気配が深まるにつれ、「肌が湯を呼ぶ」というのか「湯が恋しくなる」と言うべきか、温泉に入りたいという欲望が強くなります。そんなとき、「山形の蕎麦が食べたい!」というラインが友人から入りました。山形は隣県ですが、鶴岡のように比較的近い山形もあれば、車で4時間ほどかかる遠い山形もあります。新潟県も山形県も広いのです。そこで今回は比較的近い米沢市内で蕎麦を頂き、市内に [続きを読む]
  • たかがしじみ汁、されどしじみ汁
  • たかがしじみ汁、されどしじみ汁 阿賀野川のしじみは大粒!八月の初旬、仕事から帰った連れ合いから渡されたものは、ずっしりと重量感のある白いビニール袋に入ったお品物。「しじみ。阿賀野川で獲れたヤツ。」私は、「しじみ」と「阿賀野川」が結びつかなくて、しかも夕食を拵(こしら)えてる傍から、食材を渡されても・・・と、不機嫌に戸惑いながらも、味噌汁にでもするかとビニール袋を開けてみました。「なんて大粒! これ、 [続きを読む]
  • 春の青菜が好き
  • 春の青菜私は春の青菜、菜っ葉が大好き。まだ雪が舞う頃に出回る地物の‘冬菜(とうな)’を初め、少し暖かくなると店先に並ぶ「菜花」など、独特の甘み・えぐみ・苦味がたまらない。その薬草感が身体にいいものを口にしていると思わせてくれる。そして桜が終わる時期に出回るかぶ菜や大根菜のお味噌汁も大好き。春を頂いてる感じになる。かぶ菜家のまわりに自生しているドクダミを摘んで、ドクダミ茶の茶葉を作ろうとしたことがあ [続きを読む]
  • 新国立美術館に行ってきた。
  • ―至上の印象派展ビュールレコレクション―六本木の新国立美術館に行ったのは、「至上の印象派展ビュールレコレクション」を観るためです。 ドイツに生まれ、スイスに移住した武器商人,エミュール・ビュールレ(1890.8.31〜1956.11.26)が収集した個人のコレクションです。どこかお菓子の名前を思わせるようなビュールレですが、彼自身の人生は映画のようにドラマ性がありました。 モネ、マネ、ゴッホ、ルノワールにセザンヌ、シス [続きを読む]
  • 記憶はどこからやって来るの?
  • この記憶はどこからやってくるの?職場で、私の隣の席の人は、いつも電話が長い。簡単に済む話ではないことは分かっている。双方で内容を確認しながら、何度か話を繰り返し、終着点にたどり着くようだ。きょうも傍らで彼女の電話を聞いていて、私が20代のOLの頃、同じ職場で働いていたハットリさんのことを思い出した。ハットリさんは背が低く、前ボタンがはち切れそうな小さめのワイシャツが好みの丸っこいおじさんで、(当時は [続きを読む]
  • 風神雷神図屏風デート
  • 風神雷神図屏風デート寒いのが苦手。この時期の私は休日も冬籠りのように家で縮こまって過ごしていることが多いです。そんなきのう土曜も、昼からテレビ三昧でした。そして思わぬ出合いがありました。チャンネルをNHKのEテレに変えたところで、どこか色っぽく、ぼんさん風にお召を装った男性が、風呂敷包みを抱えてはんなり内股で歩いていたのです。番組は『美の壺』の再放送でした。『美の壺』の主・草刈正雄さんを訪問したの [続きを読む]
  • きたやまおさむアカデミックシアターファイナル
  • きたやまおさむアカデッミクシアターファイナルに行ってきた。今年は私が出かけようとするところに台風も向かうということがよくありました。20数年ぶりの海外旅行と楽しみに計画を立てた台湾。台風9号も東海岸から台湾に向かっていました。最悪ホテルで缶詰かもと心配しながら旅発ちましたが、幸いにして、暴風雨が2泊目の夜だったので、昼間は観光できました。9月の3連休の東京では、進路を変えてやってきた台風18号と遭遇。そ [続きを読む]
  • 小指の踏ん張り
  • 小指の踏ん張り当地では白鳥も飛来しました。先週末より、夕暮れ時になると、家路に帰る白鳥さんたちの鳴き声が聞こえるようになりました。今年は冬の到来が早いようです。さて、本題です。オフィス用の黒いサンダル。だいぶ履きこんだので、初夏に新調しました。やはり、黒い色で、少しでも足長に見えるようにと、かかとの高さも5センチあり、デザインもいくらかスタイリッシュなものを通販で選びました。お値段も、私にすれば、 [続きを読む]
  • 柳津のあわまんじゅう
  • 柳津のあわまんじゅう福島からの帰りは、一度乗った磐越自動車道を会津坂下で降りて、立ち寄るところがあります。柳津(やないづ)温泉街にある小池菓子舗です。粟(あわ)まんじゅうを買い求めます。ここの粟まんじゅうとの出合いは、震災の年、2011年秋、小雨降る11月でした。学生時代の友人6人で、震災後の福島で集まりました。幹事役の友人は、南会津在住だったので、主に会津・南会津の観光地を巡り、大内宿のネギ蕎麦や会津の味 [続きを読む]
  • 新野地温泉と不動湯温泉
  • 新野地温泉秋の行楽シーズンを迎えました。10月の連休は、例年友人と近郊の温泉に行っています。そして大概それは福島か信州の日帰り温泉です。今年はどうする? といろいろ候補が上がる中で、福島の新野地温泉にしよう! ということになりました。2人とも新野地温泉のお湯がお気に入り。リピーターなのです。2時間ちょっとで行けるし、何より露天風呂がいい。山肌からは白い蒸気が立ち上がり、白濁の硫黄泉。そして今頃は磐 [続きを読む]
  • 村上春樹を読んでみた。
  • 村上春樹『騎士団長殺し』を読んだ。村上春樹と言えば、毎年のように今年こそノーベル文学賞かと話題になり、新作が発売されるたびに、書店に積み上げられた新刊の映像や、ハルキストと呼ばれる人たちの行列やらインタビューがメディアで取り上げられる。熱烈なファンがいる一方で、アンチの方々もまた存在する。私はと言えば、村上春樹の作品は、2冊読んだことがある程度。空前のベストセラーとなった『ノルウェーの森』を出版後 [続きを読む]
  • 多摩動物園に行ってきた
  • 多摩動物園に行ってきた東京滞在も残すところ1日、こんないい天気の日に何しよう! やっぱり出かけよう! とPCで 「西東京 お出かけ」 と検索してみました。           ・           ・           ・江戸東京たてもの園 レトロな洋館、和風家屋に建造物、ボンネットバス、水原弘ハイアースのブリキ看板etc.。ぼっちで出かけてもいいかもしれない。しかし哀しいことに本日は休館日。で、 [続きを読む]
  • 新宿御苑
  • 新宿御苑に行ってきた敬老の日の連休を挟んで私が上京するのを機会に、学生時代の友人たちとランチをしようと計画を立てました。場所は新宿御苑。東京に6年近く住んでいたのに訪れたことがなかった。秋の陽光と緑が醸し出す新鮮な空気を味わいながら、レジャーシートの上でお弁当ランチ。 時間や周りを気にせずゆっくりお喋りしたいと気分もウキウキ。そんなところへ台風18号が進路を変えて、向かってきました。そこで私たちも急 [続きを読む]
  • はじめまして
  • ブログを始めました!いつだったか箱根のレイクサイドで耳にした涼やかなひぐらしの鳴き声に、心を洗われたことがあります。日々の暮らしと蜩を兼ね合わせてブログタイトルを『森のひぐらし ひとりごと』にしました。自分のまわりは小さな世界ですが、そこでの事柄などに言葉を巡らせ、綴っていきたいと思います。よろしければお付き合いください。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …