jpmatters さん プロフィール

  •  
jpmattersさん: ジャズと北の風景と
ハンドル名jpmatters さん
ブログタイトルジャズと北の風景と
ブログURLhttps://jpmatters.blog.fc2.com/
サイト紹介文ちょっとマイナーでもいい曲(ジャズ系)を、写真ムービー(北海道の風景や廃墟)にてご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 5日(平均22.4回/週) - 参加 2017/10/02 20:51

jpmatters さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • "Lost in the Stars" Richie Beirach(写真ムービー:北海道石狩の風車と廃漁村)
  • 収録アルバム:ジャズ・アダージョ(2008)"Lost in the Stars" はベテランのジャズピアニスト、リッチー・バイラーク(Richie Beirach)が日本のヴィーナス・レコードからリリースしたピアノソロ・アルバムからのスタンダード曲。ジャズには星にちなんだ名曲が多いように思う。折に触れて流し聞きするのに好適な一枚。石狩の日本海沿岸通称オロロンラインの南側、国道231号線沿いには好んでドライブに出かけた。漁村特有の寂 [続きを読む]
  • "Horizontal Hold" Spud Taylor(写真ムービー:幌内炭鉱跡、奔別炭鉱跡)
  • 収録アルバム:Hollowed(2007)写真に興味を持ち始めたのは、偶然ドライブ途中で寄った三笠の幌内景観公園で幌内炭鉱変電所跡を見学したときだった。2012年の夏の夕暮れだったと思う。薄暗がりが青白く広がるなか、レンガ色の建物が蠱惑的に浮かび上がっていた。隣の敷地には幌内神社の廃址が森閑とあって、石段を上り詰め、頽れた拝殿を見た瞬間、何かいたたまれない感情がこみあげてきた。情景の記録ということをはっきり意 [続きを読む]
  • "ガラスのイエスタデイ", "幾春別の詩" ほか 倉橋ルイ子
  • 上の写真は遅い春を迎えた幾春別神社。不勉強でつい先日まで知らなかったのだが、倉橋ルイ子は三笠市出身で父親は炭鉱で働いていたという。下の再生リスト2曲目の "幾春別の詩" はなんと阿木燿子/宇崎竜童コンビの曲だ。そういえば、幾春別炭鉱跡を探索していたとき三笠市立博物館の前にこの曲の歌碑があったような気がする。倉橋ルイ子は80年代初頭のデビュー時から既に大人びており、歌唱力がある。ポップス調も演歌調も違和感 [続きを読む]
  • 歴史感覚の喪失:有島武郎の北海道観
  • 初めてのコラム投稿になる。本日は音楽なし。 気になることがある。東京あたりの選挙にまつわるバカ騒ぎだ。毎度のこととはいえ、国民はいったい何度だまされれば(誘導されれば)気が済むのだろう?小池百合子の来歴を少しでも知っていれば、この人物に国政の中枢へ引き上げる価値があるのかないのか、おのずと明らかだろうに。いや、そこまでさかのぼる必要もない。都知事として、自民勢力への攻撃や先輩知事への私怨ならびに [続きを読む]
  • "Mocha Love" Jeffery Smith(写真ムービー:北海道空知の炭鉱跡)
  • 収録アルバム: Fan Favorites(2008)本日より趣向を変えることにした。ただYouTubeの動画を貼るのも芸がないので、自作動画のBGMというかたちで曲紹介するかたちにする。とりあえず第一作を作ってみた。空知地方の炭鉱についてムービーに使った写真の撮影地は空知地方の南美唄炭鉱跡と幾春別炭鉱跡だ。空知には最も早く開けた炭鉱群が密集している。三笠にあった幌内炭鉱は日本で最も早くに開山した炭鉱の一つで、現在は景観公 [続きを読む]
  • 過去の記事 …