ウシダマ さん プロフィール

  •  
ウシダマさん: Ushidama Farm
ハンドル名ウシダマ さん
ブログタイトルUshidama Farm
ブログURLhttp://www.ushidama.com/
サイト紹介文市民菜園でハーブや野菜を育てています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 320日(平均7.2回/週) - 参加 2017/10/03 09:06

ウシダマ さんのブログ記事

  • 赤いピーマン
  • ピーマンは未熟の青いうちに収穫することが多いですが、熟すと赤くなり、青臭さが無くなり、甘みがでてきます。また、熟したものの方が栄養価が高いということで、赤くなるのを待って収穫しました。収穫したものは、野菜炒めの具になりました。赤ピーマンと青ピーマンの栄養価を比較すると(100gあたり)       カロテン ビタミンC  ビタミンE  赤ピーマン 1100μg 170mg 4.3mg [続きを読む]
  • ハート模様のズッキーニ
  • 今年もたくさんのズッキーニを収穫できました。もう、8月も半ばを過ぎて収穫も終わりに近づいています。その中で、面白い模様のズッキーニがありました。緑色の下地に黄色の模様が入っているのですが、ハートのような形に見えます。ハート模様のズッキーニただ、今年作ったズッキーニは丸型と星型なので、この坊ちゃんカボチャのようなズッキーニが、どうしてできたのか不思議です。丸型の緑色のものと星型のズッキーニが交雑した [続きを読む]
  • 畑の昆虫3
  • 畑に植えたハーブ類が次々と花を咲かせています。バジルやミントなどの花の蜜を吸いに、いろいろな昆虫がやって来ます。小型のチョウやハナアブが、盛んに花から花へと飛びまわっています。キアゲハはせり科の植物が食草で、ニンジンやフェンネルに卵を産みに来ます。アシナガバチは芋虫を探しているのか、周囲を飛んでいます。ベニシジミヤマトシジミイチモンジセセリセセリチョウ、ハナアブ、アリホウジャクキアゲハアシナガバチ [続きを読む]
  • 木の実とキノコ3
  • 近くの公園では雑木林が広がっていて、うっそうと樹木が茂っています。散歩しながら木々を眺めていると、木の実が付いているものがいくつかありました。アカメガシワアラカシカンレンボククヌギ毎年、この時期になるとクリのイガが地面に落ちています。クリと山グリがあり、イガの大きさは山グリの方がクリに比べて半分位と小さいです。クリのイガ山グリ山グリのイガコブシタブノキヒマラヤスギモミジバフウの実キノコもいくつか見 [続きを読む]
  • サツマイモの花
  • 今年は紅はるか、安納芋、シルクスイートの3種類のサツマイモを育てていますが、紅はるかのツルの中に、ピンク色の花が咲いているのを見つけました。サツマイモの花は熱帯、亜熱帯ではよく咲きますが、わが国では沖縄を除いて普通は咲きません。ただ、今年の夏の異常な暑さと雨が降らず、干ばつ気味だったのが影響したのでしょうか。サツマイモの花花芽がいくつかついています。サツマイモのツル 葉が茂ってきました。サツマイモ [続きを読む]
  • 蓮と睡蓮
  • 公園の池の蓮と睡蓮が花を咲かせ、見頃になっています。蓮はハス科ハス属の水生多年草で、葉や花は水面から立ち上がっています。花期は7月から8月で、白またはピンク色の花を咲かせます。早朝に花は開き、昼を過ぎると閉じます。花の中央に花托があり、花が散ると花托が残ります。蓮の花睡蓮はスイレン科スイレン属の水生多年草で、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべます。花期は5月中旬から10月で白、赤、ピンク、 [続きを読む]
  • メセンの仲間2
  • メセンの仲間は玉型メセンと呼ばれるリトープスやコノフィツムが代表的ですが、他に葉物メセンや花物メセンと呼ばれるものがあります。チタノプシスやフォーカリア、フェネストラリアなどユニークな形をしたものが多く、中でもオスクラリアやコルプスクラリアは、ぷっくりとした肉厚の葉が重なった姿が可愛くて、いくつか育てています。暑さ、寒さに強く、比較的、育てやすい種類です。手に入れた時と比べると少し大きくなりました [続きを読む]
  • グラスジェムコーンの収穫
  • グラスジェムコーンの収穫が続いています。今年、収穫したものはきれいな色はしているのですが、色合いの似たものが多くなってしまいました。昨年は種子を赤、オレンジ、黄、緑、空色、青、紫、白、黒、ピンクと色分けしてポットで育ててから、畑に苗を植えました。そして、いろいろな色合いのコーンが収穫できました。しかし、今年は種子の色は特に考えないで、畑に数粒ずつ直播きしました。それで色合いの変化が少なくなったので [続きを読む]
  • コノフィツムの脱皮
  • コノフィツムはリトープスと同様に脱皮をする多肉植物です。夏場の休眠期に入る前に、外側の古い葉が枯れて保護層となり、生育期の始まる初秋に、脱皮するかのように新しい葉に変わります。休眠期間中は断水して、日陰の風通しの良い雨のあたらない場所に置いてあり、枯れたようになっていますが、中には外皮が取れてきれいな新しい姿を見せているものもあります。あと1か月ほどで生育期となりますが、それまでに枯れないようにと [続きを読む]
  • ゴーヤの成長
  • ゴーヤの実が大きくなってきました。5月中旬に芽が出ているのを見つけ、支柱を立て上へ誘引しました。どんどん成長して7月には花が咲き、実がつき始めました。このゴーヤは種を蒔いたり、苗を植えたものではなく、自然に生えてきました。隣の畑で昨年、ゴーヤを作っていたので、おそらくその種が飛んできたのでしょう。それで立派に成長して実をつけるのですから、ゴーヤの生命力は大したものです。収穫してゴーヤチャンプルを作ろ [続きを読む]
  • サルスベリの花
  • サルスベリはミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木で、樹皮が白く滑らかな手触りをしていて、猿も滑ってしまうだろうと名付けられたそうです。開花期は7〜10月で夏の暑い時期に長く咲くので、公園樹や街路樹、庭木としてよく植えられています。緑道を散歩していると、いろいろな色のサルスベリの花が咲いていて、目を楽しませてくれます。ピンク色が多いのですが、紫色や赤、白色のものもあります。サルスベリの花は、フリルのよう [続きを読む]
  • ブログ村の注目記事5
  • にほんブログ村の果樹・野菜、ハーブ園芸、花と園芸の豆知識のそれぞれのカテゴリーで、同時に注目記事の1位にランクインしました。果樹・野菜のカテゴリーではニンジンの収穫が、ハーブ園芸では花オクラと赤オクラが、花と園芸の豆知識ではカボチャの収穫が、注目記事の1位になっています。とても励みになります。? [続きを読む]
  • 畑の昆虫2
  • 暑さが続いていて、雨が降りません。畑に行くと、まず、水やりをするのが、最近の日課になっています。30分程かけて水を撒き終えると、もう汗だくになっています。汗を拭い、少し休憩して畑を眺めていると、いろいろな昆虫が目にとまります。我が物顔に飛びまわっているのはクマバチです。バジルやミントの花の蜜を吸いに来ています。体が黒一色ですのでタイワンタケクマバチのようです。トンボの飛ぶ姿も目立つようになりました。 [続きを読む]
  • ニンジンの収穫
  • 春蒔きのニンジンの収穫が続いています。使う分だけ収穫していますが、畑に残っているものは、もう残り少なくなってきました。夏蒔きの時期が来ていますが、今年は猛烈な暑さが続いており、雨が降らず畑が乾燥しきっているので、どうしようか迷っています。水を撒いても土がすぐに乾いてしまいます。ニンジンは発芽が難しい野菜で、発芽時に地表面が乾かないようにする必要がありますが、厳しい状況です。大きく育ったニンジンの葉 [続きを読む]
  • 花オクラと赤オクラ
  • 花オクラと赤オクラの花が咲き始めました。花オクラの花は実オクラに比べ、倍以上の大きさがあります。花がおいしくなるように品種改良されたオクラです。サラダやおひたし、肉詰め、天ぷらなどの料理に使えるということで、いろいろと試してみようと思います。赤オクラの花は五角オクラや白オクラに比べると、少し赤味が強いようです。赤オクラの実は加熱すると緑色になってしまいます。花オクラの花赤オクラの花赤オクラの実白オ [続きを読む]
  • リトープス3
  • とても可愛い(小さい)リトープスをいくつか、手に入れました。夏場は休眠期にあたるので、風通しの良い日陰で、雨のあたらない場所に置いていました。しかし、時期が悪かったのか酷暑が続いており、見る見るうちに干からびてきました。これでは夏が過ぎるころには消えて無くなってしまうのではと思い、部屋に避難させ、冷房をきかせています。また、夏場は通常は断水をしますが、干からびないように、少し葉水をかけています。秋 [続きを読む]
  • グラスジェムコーンの試し採り
  • 4月に種を蒔いてから4ヶ月近く経ち、グラスジェムコーンの実が熟して、外皮が乾燥し、茶色くなってきました。中には皮の隙間からきれいな色の種が、見えているものもあります。外皮がよく乾燥して茶色になったものを、いくつか収穫して中の状態を見てみました。虫が入っているものもありましたが、実付きは良い方です。今年はグラスジェムコーンを6列で約50本植えたので、これからしばらく、収穫が続きます。グラスジェムコーンは [続きを読む]
  • 菜園の様子5
  • 台風が去り、青空が広がって、よく晴れた日になりました。畑がどうなっているか心配で、見に行ってきましたが、特に被害はありませんでした。今回の台風は勢力を維持したまま来て、異例のコースを取るため、どんな被害が出るか予測がつかないということだったので、前日に台風に備え、いろいろと対策を取りました。畑の支柱を補強し、背の高いトウモロコシは倒れたり、折れたりしないよう雄穂を切り取り、短くしました。また、物が [続きを読む]
  • ブルーベリーの収穫
  • ブルーベリーは自家不和合性のため。異なった種類のものを2本植えてあり、どちらも成長して樹高が1.5m程になっています。今年は豊作で枝にたわわに実っています。実が熟して紫色になったものが見られるようになったので、よく熟したものを選んで収穫しました。これから熟すものも多く、9月ぐらいまでは収穫が続きそうです。ブルーベリーは酸味が少なく食べやすいので、収穫したものを生のまま食べています。ブルーベリーの実が熟し [続きを読む]
  • サトイモの成長
  • 梅雨明け後の猛暑で、非常に暑い日が続いています。雨が降らないため、畑の土は乾いて白くなっています。サトイモは湿潤を好むため、水やりを続けていますが、足らないようで葉が垂れてきて、葉の縁が茶色くなっています。土寄せは本葉が2〜3枚出た頃と梅雨入り前に2回行い、その上に刈草で草マルチをしています。本葉2〜3枚の頃(5月中旬)サトイモは高温を好みますが、30℃以上の気温ではイモの肥大を停めてしまうので、地温が上が [続きを読む]
  • ナスとピーマン
  • ナスは湿潤なモンスーン気候のインド東部が原産で、暑さに強く水分を好みます。ピーマンは熱帯のメキシコやペルーが原産で高温を好みます。根は共に主根型ですが、なすは主根深根型で乾燥にも加湿にも比較的強く、ピーマンは主根浅根型で乾燥に弱い傾向にあります。この暑さの中、ナスは元気よく育っていますが、8月になったら切り戻して秋ナスの収穫に備えようと思っています。ピーマンは実が小ぶりになってきたので、追肥をしま [続きを読む]
  • オクラの収穫
  • オクラの実が毎日、採れるようになりました。生のまま、きざんで納豆に混ぜたり、冷奴やソーメンの具に使っています。また、野菜の煮物にも入れています。収穫したオクラ今年は春先が暖かったので、4月中旬に種を蒔き、5月中旬には芽が出てきました。オクラの芽五角オクラの実は6月下旬から採れ始めましたが、今は丸オクラ、白オクラの実も採れています。五角オクラの実丸オクラの実オクラの花赤オクラと花オクラは草丈は大きくな [続きを読む]
  • 畑のハーブ2
  • グリーンセンターでハーブの苗を見つけてきては、畑に植えています。次々と植えた結果、ずいぶん数が増えてしまいました。また、4月に種を蒔いたものも全て芽が出てきました。タイムやラベンダーはなかなか、顔を出してくれませんでしたが、ようやく芽が出て成長してきました。カモミールは知らないうちに大きくなり、花が咲いています。苗から育てたハーブにもストロベリーミントやサルビアブルーなど花が咲き始めたものがありま [続きを読む]
  • カボチャの収穫
  • 今年は西洋カボチャの栗カボチャとスクナカボチャを栽培しています。大きくなったものが、畝のあちこちで葉の隙間から顔を出しています。収穫時期は7〜8月で、収穫を始めました。収穫適期は開花後1ヶ月半程で、ヘタがコルク状になり、ヒビが入り、表面のつやが無くなってきた頃です。収穫後、冷暗所で1ヶ月程置くと、甘みが増し美味しくなります。カボチャは自家採種が容易で、収穫後2週間程熟成させてから種を採り、ワタと種子 [続きを読む]
  • ひまわり
  • 家でコザクラインコやボタンインコを飼っていて、あげているエサの中にひまわりの種が入っています。種をいくつか取り出し、畑にまいておいたら、芽が出て大きく成長し花が咲き始めました。種ができて熟したら小鳥のエサにしようと思っています。ひまわりの花ひまわりのつぼみ(7月初旬)ひまわりの芽(5月下旬)飼っている小鳥さん? [続きを読む]