トピッカー さん プロフィール

  •  
トピッカーさん: 塾講師トピッカーの中学受験ぶっちゃけ
ハンドル名トピッカー さん
ブログタイトル塾講師トピッカーの中学受験ぶっちゃけ
ブログURLhttp://topicer.blog.jp/
サイト紹介文バイト講師が中学受験の対策や塾の実態をぶっちゃけます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2017/10/03 20:51

トピッカー さんのブログ記事

  • 【中学受験社会】元禄文化と化政文化の語呂合わせ
  • 目次元禄文化とは?化政文化とは?元禄文化と化政文化の語呂合わせ実際の中学入試にチャレンジしてみよう 元禄文化とは? 徳川綱吉が治めていた元禄時代は、経済が発展し、町人や豪商を中心とする文化が上方(大阪や京都)で芽生えました。これを元禄文化といいます。元禄時代の文学は、井原西鶴・松尾芭蕉・近松門左衛門など、上方の町人が中心でした。「江戸時代前期の、上方の町人が中心の文化」であることをしっかり覚えまし [続きを読む]
  • 【中学受験】語呂合わせで覚える植物③
  • 目次偽果の語呂合わせバラ科の語呂合わせアブラナ科とナス科の語呂合わせ 偽果の語呂合わせ 前回の語呂シリーズである語呂合わせで覚える中学受験理科〜植物②〜では、子房が果実になる語呂を紹介しました。しかし、子房以外の部分が、果実に見える部分の大半を占めているものもあります。それを偽果(仮果)といいます。偽果は子房ではなく花たく・がくが肥大して果実の主要部分になっていて、他の果実とは異なるものとして扱われ [続きを読む]
  • 中学受験2019年度 時事問題 日露関係編
  • 2019年度中学入試に向けて時事問題対策用の問題を作成しました。時事問題ばかり並べても意味がないので、歴史や地理などと融合させた問題となっています。今回は日露関係編です。ここ数年、日本とロシアの交渉が本格化してきており、日露関係を中心に歴史を振り返っておく必要があります。特に今年の11月の日露首脳会談では北方領土問題について具体的に話し合われており、話題性も抜群です。既にどこの中学でも2019年度用の入試問 [続きを読む]
  • 【中学受験時事問題】イスラエル・パレスチナ問題とは?
  • イスラエル大使館移転問題2018年にトランプ大統領は、在イスラエル大使館をエルサレムに移しました。これはイスラエルの首都をエルサレムだと認めることを意味します。ニュースでも大々的に取り上げられたので、聞き覚えのある中学受験生も多いと思います。しかし、エルサレムを首都と認定することが、なぜニュースになるのか分からない人が多いはずです。これを理解したところで中学入試に役立つかは分かりませんが、今後ニュース [続きを読む]
  • 中学受験生に贈りたい「やる気が出る名言」
  • ずっと勉強を続けていると、モチベーションが落ちてしまったり、やる気を失ったりするときがあると思います。賢い中学受験生といえども、まだまだ中身は小学生。精神をコントロールし続けるのは容易ではありません。やる気を出すための方法はいくつかありますが、そのうちの1つが「言葉の力を借りる」というものです。名言などの言葉に触発されて、やる気を取り戻すケースは多々あります。ということで今回は、自然と努力したいと [続きを読む]
  • 私立中学で導入が増えているスクールガーディアンとは?
  • スクールガーディアンとはスクールガーディアンとは、アディッシュ株式会社によって運営されているネットパトロールサービスです。インターネット上での個人情報流出やいじめ等を発見し、問題があった場合には学校に報告することで、インターネット関連のトラブルに対処しているそうです。簡単に言ってしまえば、Twitterなどの書きこみをチェックして、いじめにつながる恐れがあるなど問題があれば学校に伝えるというものですね。 [続きを読む]
  • 【麻布中学】2018年国語 解答・採点方法・対策をまとめました!
  • 2018年麻布中 国語の特徴2018年の麻布中の国語は深緑野分作『緑の子どもたち』から出題されました。この作品は『飛ぶ教室(2017年7月)』という児童文学集に収められているものです。 独特の世界観が描かれており、捉えにくい文章だったのではないでしょうか。加えて、記述の難易度はかなり高いです。選択肢や漢字での失点を避けつつ、記述でどれほど部分点が貰えるかが鍵だと言えます。そこで今回は、何を書けば何点貰える [続きを読む]
  • 中学受験生が朝勉強を続けるための方法は?
  • なぜ朝勉強は推奨されるのか朝勉強とは、早起きをして学校に行く前に勉強をすることを指します。多くの中学受験生が夜型の生活を送り、夜遅くまで勉強している中で、朝勉強を勧める塾の先生や保護者がたくさんいます。朝勉強が推奨される理由として、①本番の試験は朝にあるため、朝に実力を発揮できるように予め準備しておくべき②生活のリズムが整えやすいなどの理由が挙げられると思います。また、『ハングリー精神』という言葉 [続きを読む]
  • 開成中学の国語の入試問題は ある参考書と丸かぶり⁉
  • タイトルを見て「うさんくささ」を感じた人も多いでしょう。今回紹介するのは『現代文 標準問題精講』という参考書です。『現代文 標準問題精構』は開成の神田邦彦先生が作成されています。実はこの方、榊邦彦というペンネームで執筆活動もしています。『100万分の1の恋人』を書かれた方だ、と聞けばピンときた方もいるのではないでしょうか。ちなみに2009年開成入試には榊邦彦著の『約束』が出題されました。自分の文章を出したと [続きを読む]
  • SAPIXが受験ドクターを訴えた!裁判で勝ったのはどっち‥‥?
  • 勉強に関する最新ブログ記事はこちらから!開成中学の国語の入試問題は ある参考書と丸かぶり⁉SAPIXを運営している日本入試センターが、個別指導塾『受験ドクター』を訴える裁判を起こし、東京地裁の判決が5月に下されました。受験ドクターについてご存知ない方はこちらの記事をお読みください。意外かもしれませんが、学習塾の裁判は珍しいものではありません。よくあるのは、不合格だった生徒が塾を訴えるケース、講師への給料 [続きを読む]
  • 1秒で計算問題の丸つけをするアプリ「小猿口算」を使ってみた
  • 算数の宿題で計算力を付けるために、計算問題を解いている人は多いと思います。問題数が多いと解くのも大変ですが、丸つけをするのも面倒ですよね。しかも丸つけをテキトーにやってしまうことで、ミスに気付かず丸をしてしまうこともあります。そんな面倒な丸つけを一瞬でやってくれるアプリが登場しました。「小猿口算」というアプリです。口算は中国語で暗算という意味で、小さなお猿さんが暗算をやってくれるから、こういう名前 [続きを読む]
  • 分かりにくい記述しか書けない子は「主語」を意識しよう
  • 記述問題を解く際に、多くの人は「何が言いたいのか分からない」文章を書いてしまいます。文章が破綻している、あるいは、ダラダラ読みにくいなどと指摘されることは少なくないでしょう。短期間で記述力を上げることは簡単ではありませんが、少し工夫をするだけですぐに読みやすい記述を書くことはできます。工夫すべきこと‥‥それは「主語」です。まずは下の2つの文章を読んでみてください。『国語の先生は、算数の先生があまり [続きを読む]
  • 2019年はこの本が出典になる? 中学受験国語で頻出作者の作品〜説明文編〜
  • 中学受験で国語を指導する先生にとって最も嬉しいことの1つは、中学入試に出題される本すなわち出典を当てることのようです。しかし他の科目とは異なり、出題される本を当てたところで点数が上がるわけではありませんし、そもそも出典を当てても問題まで当てることは不可能にちかいです。問題まで当てたという話は聞いたことがありません。しかも、難関校ほど中学受験に頻出の作品や作者を避ける傾向があるので、開成や桜蔭といっ [続きを読む]
  • 渋幕・駒東・慶應‥‥有名校で相次ぐ"ゴタゴタ"
  • 多くの受験生が合格を夢見る有名校において、この春にトラブルが相次いでいました。在校生や卒業生に聞き込みを繰り返しましたが、万が一情報が誤っていた場合にはコメントにてご連絡頂きたいです。まずはこの衝撃的な写真をご覧ください。渋谷幕張の卒業生がTwitterで、卒業証書をビリビリに引きちぎった写真や、記念切手に「ゴミ」「クソ」「○ね」などの言葉を書き込んだ写真をアップしていました。(現在は削除されています)学 [続きを読む]
  • 中学受験 塾と習い事はいつまで両立できる?やめどきは?
  • 小学六年生になると、習い事をいつまで続けるべきか悩み始める家庭が増えてきます。春ごろから習い事をやめて中学受験対策に専念する子が増えるため、それにつられて習い事をやめる子が続出します。ピアノやバイオリンなどの音楽系や、バレーなどの個人競技であれば、個人指導が基本的なので空いた時間にレッスンができるので両立しやすいのですが、サッカー・野球といった集団スポーツや、個人指導が行えない習い事の場合は融通が [続きを読む]
  • 中学受験・小規模塾のメリットは?実績のある小規模塾は?
  • 中学受験は年々加熱していることもあり、小規模塾や個人塾がどんどん登場しています。大手の画一的な指導に対する不安も相まって、小規模塾への関心も高まっています。しかし中学受験は大手塾の独占状態であり、小規模塾に関する情報はあまり出回っていません。そこで今回は小規模塾に焦点を当てて、記事を書いていきたいと思います!小規模塾や個人塾はそれぞれ独自の指導方針を持っているため、一括りにして論じることは難しいの [続きを読む]
  • 今まで通りの勉強でスランプは抜け出せる!?
  • インターエデュにいくつか気になる書き込みがあったので、書き込みに対する意見を書いていきたいと思います。インターエデュに直接書いてもいいんですが、掲示板には冷たい人もたくさんいて、部外者が書くと怒られそうなのでやめておきます(笑)今回取り上げるのは中学受験におけるスランプに関する書き込みです。(https://www.inter-edu.com/forum/read.php?807,2428138,page=1702)程度の差はあれ、スランプは誰しもが一度は経験す [続きを読む]
  • 頑張っても頑張っても結果が出ない子へ
  • 努力しているのに結果が出ないというのは、精神的に非常に苦しいと思います。「春休みに頑張ったの意味がなかった…」「自分には才能がない…」などと悲観的になる子(と親)も少なくありません。頑張っても成績が伸びない、あるいは下がったということになれば、もうどうしたらいいか分からなくなります。実際、そのような状況に陥った子を何人も見てきました。しかし、「努力=成績の伸び」ではないことに注意しなくてはなりません [続きを読む]
  • 【中学受験国語】傍線部の「逆」を考えてみよう
  • 今回は記述で使える「逆を考える」方法を紹介したいと思います(^-^)【例題】『家の近くから夜空を見上げても、周りの灯りに邪魔されているせいか、ポツリポツリとまばらに星が見えるだけで、全く綺麗ではない。でも、ここから見えるのは本当の星空だった。』『本当の星空』とはどのような星空か。この文章では本当の星空がどのようなものか明確に書いていません。しかしながら、家の近くから見える夜空の説明は詳しくなされていま [続きを読む]
  • 歴史を縦で繋げよう〜聖武天皇と豊臣秀吉は繋がっている⁉〜
  • 「歴史をなかなか覚えることができない」という悩みを抱える中学受験生は少なくありません。以前紹介しましたが、歴史の暗記をしやすくする方法として、オレンジペンや赤鉛筆で暗記ノートを作ったり、暗記の時間帯を工夫したりすることが挙げられます。これらは暗記のテクニックであり、どの科目においても使える方法です。しかし今回は、歴史のみに使える暗記テクニックをご紹介したいと思います。今回書いていくのは、なぜその人 [続きを読む]
  • 選択肢問題は記述問題の一部として考えよう!
  • 「選択肢で迷ってしまうことが多い」「選択肢問題の正当率が安定しない」といった悩みをもつ受験生はたくさんいます。彼らの多くは消去法をやみくもに使ってしまい、答えの選択肢まで消してしまったり、不正解の選択肢を消せなかったりします。では消去法に頼りすぎない方法とは何でしょうか。それは選択肢問題を記述問題として捉える解き方です。例題を使って紹介していきます(^-^)【例題】『私の担任は高身長でハンサムなA先生で [続きを読む]
  • 物語が苦手なら、説明文で特訓しよう!
  • 説明文は、筆者の主張を読者に伝えるために書かれているので、筆者が言いたいことは端的に書かれています。一方物語文は、端的な表現ばかり並べると雰囲気が壊れてしまうため、直接的な表現を嫌います。たとえば「悲しい」という気持ちが説明文で登場するときは、『世界の森林が次々と失われていることを知り、私は悲しくなった。』というように直接書かれることがほとんどです。一方物語文の場合、『昼間に言われた数々の悪口を思 [続きを読む]
  • 心情を表す典型的表現は覚えてしまおう!
  • 「○○の気持ちを説明せよ。」という問題は難関校においてよく出題されます。このとき、気持ちを表す言葉と、その気持ちを抱く原因となる出来事を書くことが原則となります。ある程度国語ができる子であれば、気持ちを推測することは容易で、原因である出来事をどうまとめていくかで悩むと思います。しかし国語が苦手な子の場合、気持ちを表す言葉を知らない上に、出来事を踏まえて気持ちを推測することができないため、何も説明で [続きを読む]
  • 東大合格者数ランキング2018年が発表! 麻布・栄光・浅野が躍進!
  • 勉強法に関するブログ記事はこちらから!!【2週間で記述の点数を上げるための思考回路】本日3月10日は東大の合格発表日です。東大進学が全てでないという批判は毎度の如くあるのですが、やはり中学・高校選びの判断基準になるのは間違いありませんし、中学受験をする人なら誰だって気になるでしょう。ということで、インターエデュより2018年の東大合格者数の速報および合格者数ランキングが出ましたのでまとめて載せておきます( [続きを読む]