まだ少し待っててね さん プロフィール

  •  
まだ少し待っててねさん: まだ少し待っててね
ハンドル名まだ少し待っててね さん
ブログタイトルまだ少し待っててね
ブログURLhttp://muunyan619.muragon.com/
サイト紹介文20歳の次男が2017年4月に自死しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 20日(平均7.0回/週) - 参加 2017/10/03 23:04

まだ少し待っててね さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 山の宿
  • 「遺体は明日か明後日にお返しする事になるので、 今日は、こちらに泊まって行って下さい もし宿の希望が無ければ、こちらで探して手配しましょうか?」 と刑事に言われ、おまかせする事にした 「葬儀は、こちらでされますか?ご自宅の方でされますか?」 なんかの間違いであって欲しいと思って来たので、 なんの用意もせずに飛び出してきた 猫達のご飯も水も少ししかあげてきてないし… お腹すかせてるかな ぼーっと、そ [続きを読む]
  • バルーンタイム
  • 横になっている次男を家族で囲む 私と長女と次女は、声を出して泣いた 長男と彼氏は、黙ってじっと見ていた こんなに心配させて何やってるのと、 ひっぱたいてやりたかった 次男は裸にされて、肩の少し下から布を被せられていた 「事件に巻き込まれたりしてないかとか、色々と調べる為に、 服を脱がさせて貰いました」 と刑事が言った 霊安室の外は駐車場になっていて、 そこに色々な次男の荷物が並べられていた 「この [続きを読む]
  • やりとり
  • 「次男くんは借金がありましたか?」 「いいえ」 「最近、医者に掛かったり、薬を処方されたりは?」 「たしか1月頃に、風邪で高熱が出て内科に掛かりました 薬は咳止めと頓服だと思います」 「死にたいと口にした事はありますか?」 「いいえ」 「タバコやお酒やギャンブルは?」 「いいえ」 「職場が嫌だとか、友人関係の悩みとかは?」 「仕事は楽しいと言っていたし、友人関係の悩みも聞いた事ありません」 「眠れ [続きを読む]
  • 2回目の寝坊
  • 「支度があるので、まだ次男くんには会えません それ迄、少しお話を聞かせて下さい」 まず、次男の氏名、現住所、本籍地、生年月日、職業、家族構成を聞かれた 「ご家族が来られる間に、次男くんの会社に電話を掛けて確認したのですが、 4月7日に欠勤されて、それ以来お休みされてたそうですね?」 4月7日に欠勤? 確かに次男は貯金が出来たから、1ヶ月ほど休みたいと言っていた 「4月7日に出勤して来ないので、 会 [続きを読む]
  • 警察署へ
  • 「誰か1人だけは留守番して欲しいって」 私は、そう言った 「嫌だよ、留守番なんかしたくない」と子供達は拒んだ 次男の身分を証明する物なんて何も無かった 免許も住基カードも持っていない とりあえず、写真と年金手帳、キャッシュカード、 保険証、内科の診察券とレシートの裏の書き置きを持って家を出た 私はナビをセットした ナビは軽井沢経由の道を案内していた GWだから渋滞で、なかなか進まない 動かない車を [続きを読む]
  • 書き置き
  • 私と彼氏のGWの休みは5月3日から始まった 次男が帰らなくなって既に5日が経っていた あと2日帰らなかったら、警察に届けを出そう… 1週間待とう…そう思ったのは、 去年の夏に捜索願を出した時は、次の日に帰ってきたからだ いつも私は職場の人に「心配ばかりすると呪いになりますよ」と言われる なるべく考えないようにしよう… そう思うようにした 彼氏が、「横浜に行った事が無い」と言い、 中華街に出掛ける事 [続きを読む]
  • 言霊恐怖症
  • 私は数年前、前職の会社で嘘の口実で休みを貰った事がある 「母が肺炎になった為、〇日はお休み下さい」 「彼氏の両親が東北から出てくる為、〇日はお休み下さい」 母は2週間後に本当に肺炎になり、 彼氏の両親も、私が休みを貰った1週間後、急に来る事になり驚いた 今迄も不思議と、その様な事が何回もある 何気なく「〇〇だったりして」などと口にすれば、本当になるから怖い “30漕いだら譲る" これが私が通ってい [続きを読む]
  • 4月29日
  • 次男は朝になっても帰っていない 連絡もなかった 食卓の上に置いておいた石焼芋は、 しなしなになっていた 午前中だけ仕事だった私は、 帰宅してから次男にLINEを入れてみた 「また山?」 数日前に山に行きたいと言っていた 「あの山は本当にすごいんだよ」 その山には名前が無いらしい 小学生の時、ボーイスカウトで登った山で、一目惚れしたそうだ そこで頻繁にキャンプしていた 去年の夏の家出キャンプ後は、 [続きを読む]
  • 4月28日
  • 次男が好きそうな中華屋を近所に見つけた 一緒に行こうと思いながら、仕事から帰宅すると、 次男は留守だった 少し待ったが帰らないので、彼氏と2人で行くことにした 今年4月の始め、次男と買い出しに行った時、 じゃが芋の値段が高くて驚いた 去年の台風の影響だとニュースでやっていた 「こんな高いと肉じゃがも作れないね」と言うと、 「花壇で育ててあげるよ」 次男はホームセンターで、プランターと苗、栄養剤、土 [続きを読む]
  • 4月27日
  • 3月から教習所に通っていた彼氏は、 その日が仮免の試験日だった 子供達の受験前日には、必ずカツを食べていた 26日、私の仕事が終わると、 次男と彼氏と3人で、豚カツを食べに行った 次男が「明日は頑張ってね」と 会計してくれた 帰りに寄ったスーパーで、 次男はプリングルスを19缶買った 私が「中ラベル19枚で、もれなくスピーカーが貰えるんだって」と言ったからだ 27日、仕事の昼休憩で帰宅していた私は [続きを読む]
  • 8ヶ月間
  • 次男は去年の8月に退職してから、 長男が勤める会社の違う支店で、バイトをしていた バイトは月に16日しか出勤出来ない決まりで、 働きたい前日に連絡すればいい事になっている 比較的、自由のきくシフトなので、 今の次男には、ゆっくりできてちょうどいいかな?と思っていた 今年の4月8日頃、 「貯金がある程度貯まったから、1ヶ月ほどバイトを休もうかと思って…」と言ってきた ちょうど私の彼氏が教習所に行き始 [続きを読む]
  • 次男誕生
  • 産まれた時から次男には驚かされた 出産予定日の明け方4時頃に、 お腹が痛み始めた 長女の幼稚園の弁当を作ったり、 洗濯物を片付けたりしながら、 明るくなるのを待っていた 離婚した前夫は、ひとり親方の職人で、 納期さえ守れば、自由に休みや時間を決めることが出来た みんなが起きてから、ご飯を食べさせ、 制服を着せた後、幼稚園経由で病院に向かって貰った 病院では、出産前に浣腸をされる 私は「今回はやめて [続きを読む]
  • 死の経験
  • 私は、近い身内の死の経験が少ない方だと思う 1度目は祖父(母方) 長女がお腹にいた時で、 肺癌だった 2度目は祖父(父方) 私が離婚した翌年、 老衰だった 3度目は祖母(母方) 長女が中学3年生の時で、 老衰だった いつも長女は、 「私は子供は1人しかいらない」と言っていた でも曾祖母が亡くなり、葬儀で色々な人が泣いているのを見ると、 「悲しんでくれる兄弟や子孫が、沢山居てくれるのは幸せだね やっ [続きを読む]
  • お金の悩み
  • 私は離婚してから、養育費を貰った事がない なので、子供達には「学費は高校までだからね」と言い続けてきた 新聞奨学で長女は大学に、長男は専門に、 次女は育英会の奨学金で専門に行った 次男は、大学に進学希望だった オープンキャンパスは、工業大学を2つ見に行った 工業大学は、時間が長いし、学費が高い 長女や長男が頼んだ新聞奨学では、夕刊があるので時間的に無理だし、学費も足りない 「夕刊のない産経や日経に [続きを読む]
  • 次男の夢
  • 幼稚園の友達の将来の夢は、〇〇レンジャーが多かった気がする 皆が発表している中、次男は「消防士になりたい」と言った 幼稚園の“大人になったら?"の質問に、 長女はシンデレラ、長男はポケモンマスター、次女はパン屋さんと答えたのだが、その中でも、なんとなく1番、将来の夢っぽい気がして嬉しかった その当時、もしキッザニアがあったなら、すぐに連れて行ってあげただろう…と思う 長男が2歳頃、レゴの赤いバケツ [続きを読む]
  • たられば
  • 結婚しようと言われていた彼氏も同居をすることになり、一昨年から6人で暮らし始めた 私の両親の具合が悪いので、 実家に帰ろうと考えていたのだが、 子供達も彼氏も反対した 昨年の夏、黙って3日間キャンプに行ってきた次男が、ひょっこり帰宅すると、 まず彼氏は叱ろうとした 少し言いかけた時、長男が「今、言わなくてもいいでしょ」と遮り、 私も「疲れたでしょう、湯船入って早く寝ちゃいなね」と暖かいスープを出し [続きを読む]
  • 1回目の寝坊
  • 捜索願を出す為に、警察署に行くと 生活安全課の刑事2人に質問された 「悩みはありましたか?」 「死にたいと言われた事はありますか?」 考えた事もなかった… 悩みは誰にでもあるだろう そんな事で死にたいと思うとか、 失踪するなんて事が、 うちで起こるなんて想定してなかった 「え?」 でも考えてみれば、職場の事を 愚痴る事は多かった 昨日のブログに書いた様に、 始発から終電の仕事が多く、終電に間にあわ [続きを読む]
  • 捜索願い
  • 次男は高校卒業後、エコキュートなどの 取付作業の会社に就職した 免許を取得してなかった為、 毎日の通勤は電車を乗り継いでいく 作業現場は殆ど遠方で、始発で事務所に行き、作業員数人で車で現場に向かい、事務所に戻った後に終電で帰ることが多かった 終電が無くなると、次男から電話があり、事務所まで車で迎えに行くことが数回 休みは不定休 自宅から1時間掛けて事務所に行くと、「今日は休みでいいよ」と帰される事 [続きを読む]
  • 私のピース
  • この写真を撮った2ヶ月後に 離婚して子供4人を引き取った この時、次男は2歳に次女は3歳になったばかり 泣いてばかりで大変だったけれど、 上の2人が下の2人と遊んでくれて、 とても助かった 家族の結束はとても強いと感じていたし、 私は本当に幸せ者だと思っていた でも4月に次男が居なくなってしまって 私の中のピースが1つ欠けてしまった 何故こんな事になってしまったんだろう [続きを読む]
  • ヘリウム
  • 何も言わずに逝ってしまって 本当にひどいよ どんな気持ちでそんな物買ったの? 多分、突発的にした事なんだよね? 前の日までは普通に笑ってたのに… 一緒に豚カツも食べに行ったのに… 全然わからないよ [続きを読む]
  • 過去の記事 …