Tom さん プロフィール

  •  
Tomさん: なんちゃって英会話
ハンドル名Tom さん
ブログタイトルなんちゃって英会話
ブログURLhttps://nanchatte-eikaiwa.blogspot.ca/
サイト紹介文英会話講師でもなんでもない一般人が、カナダ生活十数年目にして思う英語のあれこれ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2017/10/04 01:57

Tom さんのブログ記事

  • 英語はスポーツ!マッスルメモリー
  • pixabay.com英語はスポーツ、というのが僕の持論です。筋力のような語彙力、英語で考え続けても疲れない持久力、とっさにフレーズが出る瞬発力…などなど、スポーツとの類似点があるというのもそうですが、なんといってもマッスルメモリーがそう思わせる理由です。マッスルメモリーというのは、パソコンに慣れるとキーボードを見なくてもキーがわかるようになるとか、自転車に慣れると意識しなくてもハンドルを持ちつつペダルを漕 [続きを読む]
  • ミドルネーム、言う?
  • pixabay.com某ソーシャルメディアで、「友人・知人のミドルネームって知らないものなの?」という質問を目にしたので、その話をしたいと思います。結論から言うと、「知らない」です。例えばウチの職場の人。自分以外全員アングロサクソン系なのですが、全員ミドルネームはあります。でも僕は知りませんw多分カナダ人同士も、よほど付き合いが長くない限りお互い知らないと思います。全従業員の氏名・住所・生年月日などを入力す [続きを読む]
  • ビジネス英語 Mapping
  • www.pakutaso.comNHKラジオのビジネス英語を聴いていました。ゲッ!もう二十年ほど前になることに今気づきました。それなのに英語の初心者気分が抜けない…。いや、気分だけじゃなくて、実力がビギナーだからビギナーの気分しか知らないのでしょう...。さて、ビジネス英語を机で勉強していた頃から二十年、今ではビジネス英語を実際に使うようになりました。そうすると、業務をしている時に、「あれ」や「これ」で考えていることを [続きを読む]
  • 仕事の遅れを英語で~backlog~
  • pixabay.com事務処理で、1つ1つ処理していかなければいけない場合、どうしても仕事が溜まってきてしまうことがあります。同時に出来ないんだから、しょうがない。そういう場合の表現を。We are behind.直訳すると「遅れてます」。たとえば通常1週間かかるところを2週間かかってしまっているような場合などに使います。We have a backlog.このバックログというのは、溜まってしまった分の(遅れの分の)仕事です。バックログが [続きを読む]
  • 便利な 7つの So
  • AKUTASO/ぱくたそ フリー写真素材So (そー)って言葉、意外と便利だなーと思うのでご紹介。順番に意味はないです。1.だからI like blogging, so I do it everyday.私はブログをやるのが好き、だから毎日やってます。(あくまでも例文です…毎日更新したい)I wanted to study English, so I came to Canada.英語を勉強したい、だからカナダに来ました。So what?だから何?2.で、So, what's up?で、どーよ?So, how have you b [続きを読む]
  • Not Only But Also
  • pixabay.com構文との出会い僕が中学生の頃発売された、伝説のアイドルグループおニャン子クラブからの派生ユニット、うしろゆびさされ組のシングル「渚の『…』」のカップリング曲に、「のっとおんりぃ★ばっとおるそう」という歌があります。詩もメロディーもアレンジも歌唱もジャケットもすべてすばらしく、夏に必ず聞きたくなる曲。アナログレコードでしか音源を持っていないかったので、なんとしても今音源が欲しい。今手元に [続きを読む]
  • 留学経験談は新鮮なものを
  • pixabay.com四十代になると、いろいろ語りがちです。十年も二十年も前のことを、まるで昨日のことのように話しがちです(自分)。だって本当につい最近のことに感じるんだもん。(そして見た目は老化しているのに未だに二十代の気分)高校生になった時は中学生だった頃が遥か昔に感じたけれど、四十代になったら三十代も二十代もつい最近に感じるんだよねぇ。しみじみ。そして、最近に感じていても、昔に感じていても、懐かしいこ [続きを読む]
  • セットは英語でコンボです
  • pixabay.comなんとかセットなんとかセットってあるじゃないですか。たとえばチーズバーガー・セットとか、スープ・セットとか。メインの物を頼むと、あれとこれがついてくる、みたいなセット。セットと言う言葉を聞くと、ホンマ和製英語やなぁ思います*。(*関東出身の筆者によるエセ関西弁やで)日本在住の外国人による動画で「〇〇セットを注文したで」と英語で I ordered the 〇〇 set と言っているのを聞くと、日本長すぎて日 [続きを読む]
  • Marry Up
  • pixabay.com事務職をしています。書類を受け取り、承認し、処理する仕事です。書類を揃えるのって、結構面倒くさい。特にこの2つは気が重くなります。揃ったと見せかけて後出し書類一度申請用紙を提出した後、「あ、レシート添付するの忘れてました。これ先日そちらに提出した申請用紙に必要なレシートです。」みたいな、一度仕訳とか全部終わった書類の山に後から追加書類を出す人。レシートに名前でも書いてくれればいいけど、 [続きを読む]
  • 破棄して下さい、を英語で
  • pixabay.com間違って受け取ってしまった画像とか、間違って送られてきた紙の文書、破棄して下さいって言われることありますよね。そんなときに、destroy して下さいと言われ、ビックリしました。Please destroy that.デストロイって。そんな。大げさな。…みたいな。シュレッダーにかけて下さい、だったら please shred it削除してください、だったら please delete it捨てて下さい、だったら please throw it out/awayでも、pleas [続きを読む]
  • 英語でLadyはおばちゃん?
  • pixabay.com素敵なレディレディ(Lady)と聞いて何を思い浮かべますか?女性アイドルが歌う、素敵なレディになりたい、系の歌。男性ロック歌手が歌う、君は素敵なレディ、のような歌。僕が思い浮かべる「レディ」は、ちいさな女の子が「あたし素敵なレディになるの」とあこがれるような、具体的にいえば二十代で鹿鳴館みたいなドレスを着て日傘をさしている女性でしょうか(なんだそりゃ)。または80年代の歌に出てきそうなバブル [続きを読む]
  • 英語を手書きで
  • 今回の記事は英会話にまったく役に立ちません。(むしろ役に立ってる記事はあるのか)pixabay.com意外と知らないあの人の筆跡カナダはカード文化なので、誕生日などにカードを贈り合います。そして友達からカードをもらうと、「この人ってこんな字を書くんだ〜」とほっこりします。親しい人なのに筆跡を知らないのです、デジタル時代なので。デジタルばっかじゃつまらない21世紀になって、いや、世紀末の頃から(世紀末って書く [続きを読む]
  • Sound Good? これで大丈夫?を英語で
  • pixabay.comIs it OK? と言いがち英語で話している場合、自分の英語が伝わったかどうかを含め、何かと確認したくなるので「これで大丈夫ですか?」と言いがちです、僕の場合。そこで言うのがIs it OK?オッケーですか?大丈夫ですか?という言葉。例えば、「明日の予定を、こんな感じで立てておいたからね」の後に言うとき。こんな感じで大丈夫?というときに、Is it OK?と言っていましたが、ちょっと不自然だったようですね。「こ [続きを読む]
  • 英語がペラペラになるという夢を現実に
  • pixabay.com引き寄せの法則自己啓発系にしろ、スピリチュアル系にしろ、「〇〇すれば夢は叶う」というのがありますよね。手帳に書けば叶うとか、声に出して宣言すれば叶うとか。ジャンル・メソッド問わず、それ系の本では「英会話をマスターする」はわりとありがちな「夢」だったりしませんか?そう、英語がペラペラになるというのはわりとあちがちな(叶いがちな)夢なのです。逆算する合格者インタビューある予備校の広告で見た [続きを読む]
  • セルフレジを英語で
  • pixabay.com最近日本でもセルフレジが増えているようですね。なんで知ってるかって?ツイッターのタイムラインに良く出てくるからですよ!(ツイッターが友達…)セルフレジと言う言葉、個人的にどこか違和感があります。朝シャンのことをモーニングシャンプー、略して「モニシャン」と言うようなモヤっと感…(なんだそりゃ)。セルフもレジも英語からの外来語なのに「セルフレジ」となると英語ではないから?…か、どうかはわか [続きを読む]
  • No Loitering ってどういう意味?No Soliciting ってどういう意味?
  • 公共の場にある表示って、老若男女にわかるように簡単な言葉で書いてありますよね?でも、バス停のあった上の写真(↑)、意味がわかりませんでした。No Loitering?No Soliciting?この街の大学に4年も通って英語で学位を取ったというのに!そしてこの街でずっと英語で仕事をしているというのに!そしてこの街のバスを利用して10年以上だというのに!自分の英語力のなさには情けなくて涙出てくらぁ、です。というわけでググって [続きを読む]
  • 電話の英語
  • pixabay.com電話の英語ってハードルが高いですよね。でも日本語の電話対応だって最初は緊張したはずです。慣れるまでは、フレーズを書いておくのも有効ですよね。「毎度ありがとうございます。〇〇会社〇〇支店でございます。」「かしこまりました、少々お待ちくださいませ。」などなど、言い慣れるまではある程度の暗記のようなものが必要ですが、言い換えればフレーズさえ言い慣れてしまえば電話の取次ぎなんて余裕ですよね、社 [続きを読む]
  • ファッション用語の英語
  • pixabay.comアパレル用語は英語の近道ファッション用語、続編です。その1:ズボンの裾上げ20年以上前、アパレル店員としてファッションビル内のブランドショップの店頭に立っていました。正社員で役職もあったので、バリバリ接客していました。商品知識、という観点からもそうですが、説得力という意味で専門用語の知識が必要ということを接客を経験していくうちに気付きました。例えば「こちらのとっくりセーターは最後の1点 [続きを読む]
  • 休憩から「戻りました」って英語でなんて言う?
  • pixabay.com お世話様でした?昼休みから職場に戻ったら何て言いますか?特に交代制で自分の持ち場を担当しててもらった時とか。日本時代は「戻りました〜」「お世話様でした〜」「お先にお昼ありがとうございました〜」などと言っていましたが、今の職場ではあまりそういうことは言いません。「休憩ありがとうございました」なんて、どこの奴隷だよって話ですし。「休憩行ってもいいですか?」ではなく「休憩行ってきます」という [続きを読む]
  • アクティブリスニング
  • pixabay.com外国人は黙りがち日本人がすごく少ない街に住んでいます。いや、日本人だけではなく、移民自体少ない田舎です。自分の交友関係に限って言えば、同僚や友人は全員カナダ人(しかも州内出身)で、外国人は自分だけ。これはどういう意味かというと、僕のなんちゃって英語は通じないことが多いということです。英語を教えている人や、毎日留学生の相手をしているような人でない限り、むこうもこちらも話が通じなくてイライ [続きを読む]
  • 最初は a 、二回目以降は the
  • pixabay.com英語学習者で、最初の文でいきなり the を使う人がいます。I bought the pen. そのペンを買いました。どのペン?????w「私って犬が苦手じゃないですかぁ」って言われて「初めて聞いたし」って思うぐらい戸惑ういきなりの the 。The には、「あの」「例の」「前に話した」的なニュアンスがあるので、いきなり the を使うと話が見えなくなります。だから、聞き手が「あのペン」「例のペン」「先ほど出てきたペン」な [続きを読む]
  • Something と Anything
  • pixabay.com somethingとanythingって、わりと紛らわしいですよね。そこで今日はその簡単な使い分け方法についてお話したいと思います。ざっくり言うと、 Something →なにか(なんでもいいわけじゃない)Anything →なにか(なんでもいい)です。I want to eat something.何か食べたい(なんでもいいわけでない)。I can eat anything.なんでも食べられるよ。I can't eat anything.何も食べられない。I can't eat something何か食 [続きを読む]
  • ホームステイ対策!?英語圏の家
  • カナダのIKEAのディスプレイを見て日本で同じものが売っているのか疑問に思う今日はまったく英語に関係のない、異文化ネタです。これからホームステイをする若い人たちに興味を持ってもらえたらいいな、という大義名分を掲げ、英会話系のブログですがちょっと脱線します。ここのところ毎週のようにIKEAに行き小物(ドリンクボトルとか)しか買わないくせに展示ルームで家具の引き出しを開けたり閉めたりしている今日この頃です。こ [続きを読む]
  • The Good News
  • pixabay.com悪い事もあるけれど、良い事だってありますよね。悪いことをお知らせしなければいけない時は、何かそれを中和する良い事もお知らせしたいですよね。例えば、今年も職場のパソコンのアップグレードがあって、アンインストールだのインストールだの面倒くさいことをやらなければならなくなったとしましょう。それをお知らせする人の立場といったら!(みんなに「えーーーーーまたーーーー」って言われる)この「えーーー [続きを読む]