おしゃべりママ さん プロフィール

  •  
おしゃべりママさん: 映画について好きなことを言う
ハンドル名おしゃべりママ さん
ブログタイトル映画について好きなことを言う
ブログURLhttp://oshaberieiga.com/
サイト紹介文映画について好きなことを言うブログです。お気にさわったらごめんあそばせ。
自由文映画について好きなことを言うブログです。お気にさわったらごめんあそばせ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 7日(平均11.0回/週) - 参加 2017/10/05 14:19

おしゃべりママ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サラダ食べ放題のお店でランチ会
  • 先日、ママ友とランチしました。集まったのは5人。いつも仲良しのメンバーです。場所は、いつも決めてくれるママ友さんがいて、今回はパスタでした。ショッピングモールの、サラダが食べ放題のお店です。月一くらいで集まっていますが、話題はつきません。子供の話が中心ですが、旦那の話や、そろそろパートにでも出ようか・・なんていう話で、あっという間に幼稚園のお迎えの時間なってしまいます。気兼ねなく話できるメンバーな [続きを読む]
  • 「美女と野獣」の感想
  • ディズニーはアニメーション映画作品をいくつも生み出しています。長編のアニメーション映画作品のひとつである『美女と野獣』を実写リメイク版として作ったものが原題「Beauty and the Beast」の「美女と野獣」です。聞きなれた音楽は、映画の世界へすぐに入り込める雰囲気を作ってくれます。古いお話で、誰もが持っている美女のイメージ・野獣のイメージを壊すことのない配役は、映画の物語に観客をスムーズに入り込ませてくれま [続きを読む]
  • パパと息子の奇妙なポーズ
  • パパが、息子に「ジョジョ立ち」を伝授しています…(笑)漫画の「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる独特なポーズの総称なのですが、息子くんにジョジョはまだちょっと早いんじゃないかなぁ。。意味分かってなさそうです。でも、意味が分からないながらに、息子も楽しんでトライしています。むしろ体が柔らかい分、パパよりも完成度が高いです!笑これから家族写真が奇妙なポーズばかりになってしまわないかちょっと心配しています [続きを読む]
  • 「リップヴァンウィンクルの花嫁」の感想
  • 流されるままに生きるようなどこか主体性のない主人公、皆川七海を描いた物語で、ストーリーが進行していくうちにだんだんと彼女を好きになってしまうような不思議な魅力が詰まっています。主人公の魅力は主演を務める黒木華の演技力のたまものとも言えるほど黒木華を堪能できる作品でもあります。現実と虚構がない交ぜになったような世界感で、いつの間にか彼女と一緒に別の世界に迷いこんでしまったかのような感覚を味わうことが [続きを読む]
  • 息子よ!何がおかしいの
  • 息子がテレビを見ながらギャヒャヒャと大爆笑しています。何が面白いアニメでもやっているのかな?と思い写っている映像に目を向けると、体操着を着たお兄さんお姉さんが、ただラジオ体操しているだけなんです。初めは「ん?ん?」と何がツボなのかわからなかったけど、よく考えたら息子が通っている幼稚園ではラジオ体操がなく、オリジナルのミッキーマウス体操なんです。だから初めて目にしたラジオ体操がよっぽ衝撃だったんでし [続きを読む]
  • 「雨が降ると君は優しい」の感想
  • Huluでやっているオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」を見ました。野島伸司脚本となっていたから興味が沸いて。野島伸司脚本をいえば、結構深いところを突いてくる作品が多いですよね。地上波だと今は受け入れられない内容も多いのかなと。このドラマ、出演者の演技力は置いておくとして、ちょっと感動しちゃいました。夫婦という関係が深い!感動!!というより、ジワジワとくる感動なんです。地上波のドラマよりも見応えが [続きを読む]
  • 「新宿スワン2」の感想
  • 漫画や1作目の映画で注目をあびた新宿スワン2の最新作です。前作同様、豪華なキャストに引き続き新しいキャストも原作のイメージを壊さないキャスティングで、原作ファンも満足できる内容になっていると思います。今回の作品は舞台は横浜にうつります。対立や友情といった内容が盛りだくさんで時間があっという間に過ぎてしまうように感じました。アクションシーンの迫力もとてもあるので手に汗握りながらみることも多く楽しませ [続きを読む]
  • 美意識の向上は自分のために
  • 旦那を送り出し、子供を幼稚園に預け家事が一段落した後が私の唯一のくつろぎタイムです。嫁になり母になったとしても美意識はきちんともちたいと思うものです。それはまた誰かと恋をしたいとか今はやりの不倫がしたいとかそういう訳ではありません。ただ自分を表現する手段として美意識を持っていたいと思うのです。最近女性のジムトレーナーの方がテレビに出ているのをよく見ます。それに感化されて最近では自己流筋トレにハマっ [続きを読む]
  • 「ライオン 25年目のただいま」の感想
  • タイトルの意味が最後でわかる伏線の張り方はすっきりすること請け合い。行方不明になる少年が大人になりグーグルアースで育った家を見つけるお話です。逸れた当時、幼児だが孤児院施設を経て、白人の養子になります。屈折せずに育ち大学時代にグーグルアースでわずかな記憶から大体の移動距離を計算し、しらみつぶしに調べます。気が遠くなる話ですが、私は最初、グーグルストリートビューで探したのだと思ったが、グーグルアース [続きを読む]
  • 「夜は短し歩けよ乙女」の感想
  • 森見登美彦さん原作(同タイトル)のアニメーション映画です。同じく森見さん原作で、以前アニメ化された『四畳半神話体系』が好きで、それと同じ監督、脚本、キャラクター原案、主題歌のアーティストが再集結した映画ということで、公開前から楽しみにしていました。『夜は短し歩けよ乙女』の魅力は、まずその個性的な絵だと思います。映画の一場面、一場面が、どこをとっても1つの絵画作品として成り立つような、デザイン性のあ [続きを読む]
  • 過去の記事 …