k-rv さん プロフィール

  •  
k-rvさん: キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行
ハンドル名k-rv さん
ブログタイトルキャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行
ブログURLhttps://shachuhaku-camp.com/
サイト紹介文ハイエースキャンピングカー、軽キャン、フリードスパイクで愉しむ車中泊キャンプ。宿に泊まる旅も
自由文キャンプ歴29年、車中泊歴26年の旅好き40代が綴る、旅紀行。実際の体験から、便利なアウトドアグッス、車中泊グッズの紹介もしています。(各地のグルメネタも)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 352日(平均6.3回/週) - 参加 2017/10/04 08:47

k-rv さんのブログ記事

  • クレクール5最後の稼働となった日。朝食は涼しい車内にて
  • キャンピングカーで真夏の市街地車中泊。ポータブルエアコンの「クレクール5」があったお陰で、暑苦しい夜を過ごす事なく、涼しく快適に寝る事ができました。一時は「E0(エラー0)」が出るなどして「クレクール5」が緊急停止。どうなる事かと思いましたが、とっさに思いついた自然排水で何とか仮に稼働させる事ができました。ただ、この運転が「クレクール5」の最後の運転となってしまいました。この時はそうなるとは思っても [続きを読む]
  • 美しさと力強さと。阿波おどりに感動!【AWAODORI CAMP】
  • 「AWAODORI CAMP」の会場(キャンプ場)となった、「旧県立聾学校跡地」。市街地のど真ん中に位置し、日頃経験するキャンプとはまた違った雰囲気を楽しむ事ができました。さすがにキャンプ場として整備された広場は暑かったですけどね。真夏ですし、立地の良い場所なので仕方ないでしょう。因みに、「AWAODORI CAMP」のキャンプ場から徳島駅までは徒歩で15分程度。徳島駅周辺に阿波おどりの演舞場があります。キャンプ場から演舞場 [続きを読む]
  • クレクール5が「E0エラー」で緊急停止!本番でまさかの故障
  • 「AWAODORI CAMP」初日。炎天下の臨時キャンプ場にキャンピングカーを駐めた私達は、車内でしばし寛いでいました。真昼で太陽光が強烈な時間帯。しかも、日陰の無い市街地。そこに駐めた車内で涼しく過ごせたのはやはり、ポータブルエアコン「クレクール5」のお陰ですね。今回は断熱効果のある「マルチシェード」も併用したので、冷房の効きは抜群。外の暑さが嘘のように快適に過ごせていたのでした。そう、ある瞬間までは。「ク [続きを読む]
  • 阿波おどりキャンプで暑さ対策!エアコンで車内は快適に
  • 「AWAODORI CAMP」のチェックインは12:00から。その数分後に会場には到着し、チェックイン手続きを終えました。「AWAODORI CAMP」は予約制で、事前決済。受付時は名前と予約番号を伝えるのみで、支払いなどは必要ありません。初めての参加で、予約していた「キャンピングカーサイト」は今年始めての導入。車を何処に駐めて良いのかもわかりませんでしたが、係の方に誘導して頂き無事に自分たちの場所を確保する事ができました。キ [続きを読む]
  • 豚バラ肉たっぷり!「支那そば巽屋」で頂く徳島ラーメン
  • 徳島県への車旅。朝食、そして朝風呂の後の話題は、昼食です。別に私が何を食べたかは興味が無いとは思いますが、一応、個人的な備忘録という事で。徳島県で昼食と言えば、色々なグルメが思い浮かびます。「たらいうどん」や「鳴ちゅるうどん」、「祖谷そば」や「半田そうめん」など。麺類が多いですね。その中で今回は、「徳島ラーメン」を頂く事にしました。初めて見る人には結構インパクトのある、スープの色が濃くて豚肉がたっ [続きを読む]
  • 【美濃田の湯】有り!吉野川ハイウェイオアシスで車中泊
  • 阿波おどりの期間中にのみ街なかに出現するキャンプ場、「AWAODORI CAMP」。それに向けて前日移動の私達は、「吉野川ハイウェイオアシス」で前乗り車中泊をする事にしました。「吉野川ハイウェイオアシス」には、16時30分というまだ早い時間に到着。何故前乗り車中泊なのに、こんなに早くに到着したのかというと?「吉野川ハイウェイオアシス」には、「美濃田の湯」という日帰り入浴できる温泉施設があるからです。しかも、サウナ [続きを読む]
  • 刺身200円にラーメン300円!安くて旨い「魚河岸ごはん」
  • 大三島フェリーで四国に渡った私達は、大三島から「しまなみ海道」を利用する最短ルートで愛媛県へ。お昼すぎでしたので、昼食をとる事にしました。向かった先は、「魚河岸ごはん」。以前一度利用した事がある、リーズナブルながら美味しいセルフのお店です。鮮魚店が経営されているそうで、新鮮な魚を安く食べられるのが特徴。セルフのお店で魚が充実しているのは珍しいですよね。安くて旨い!セルフ食堂「魚河岸ごはん」で刺身や [続きを読む]
  • キャンピングカーで愉しむ!阿波踊りキャンプ【出発編】
  • 徳島県で開催されている阿波おどり。今年は何かと物議を醸しましたよね。総踊りを中止するとか強行するとか。そんな事もつゆ知らず、その阿波おどりに合わせて開催されたイベント、「AWAODORI CAMP」に今年始めて参加してきました。「AWAODORI CAMP」とは、阿波おどりの期間中にだけ街なかにキャンプ場が出現する、全国的に見ても珍しい試み。昨年が初めてで、今年が2回目だそうです。今年は更にパワーアップされて、テントサイト [続きを読む]
  • 安い!早い!意外と旨い!「アレ」で中華そばが大変身!
  • 「クレクール5を試す旅!益田を回ってRVパークへ」も帰路編。RVパークを午前10:00までにチェックアウトした後は、早めに広島の自宅へと目指しました。寄り道したのは、国道191号線沿いにある「道の駅 匹見峡」や、戸河内インターチェンジの近くにある、「おふくろ弁当もみじ」くらい。意外と早く、生活圏まで戻ってきました。そしてお昼頃のなったので、昼食を頂けるお店を探す事に。ルート的にちょうど良かったのと、その安さから [続きを読む]
  • 朝風呂に入れるRVパーク!朝食は快適なキャンピングカーで
  • 「RVパーク美都温泉」で車中泊。こちらのRVパークの良いところは、敷地内に温泉施設があるところですかね。全国に増えつつあるRVパークも、車で移動しないと温泉に入れない所も結構あります。それに比べ、徒歩で温泉に入れるRVパークは本当に便利。しかも、こちらのRVパークにある温泉施設、「美都温泉 湯元館」は朝風呂営業までやっているのです。その朝風呂営業時間はいつからかと言いますと。なんと! 早朝の5時から。しかも [続きを読む]
  • 夏場でも涼しいキャンピングカー!RVパークで車内夕食
  • 持ち運び可能なポータブルエアコン、「クレクール5」をセッティングして楽しんだRVパークでのキャンピングカー滞在。ハイエースナローベースとキャンピングカーにしてはコンパクトではありますが、そこはさながら動く小さな別荘といった感じでした。ポータブルエアコンを仮設した事により、居住性が向上。エンジン停止でも涼が取れるのですから、まるでちょっとした住居ですよね夕方前からRVパーク併設の温泉施設で入浴。そこで1 [続きを読む]
  • クレクール5の威力は如何に?RVパーク美都温泉でテスト
  • 今年の6月に購入したポータブルエアコンの「楽座クーラー CLECOOLⅤ3(クレクール5)」。その威力を試す為にやって来たのが此処、「RVパーク美都温泉」です。RVパークなのでAC電源完備。もちろん、車中泊が公認なわけですから、ポータブルエアコンのフィールドテストにはうってつけなのであります。しかも、「RVパーク美都温泉」は、「美都温泉 湯元館」の駐車場にあり。つまり、滞在期間中は温泉を楽しむ事だってできるのです。 [続きを読む]
  • ハード系のパンが美味しいモヌッカ&焼酎が充実のソノマ
  • 山口県の錦町(いろり山賊 錦店)で昼食を楽しんだ後は、そのまま国道187号線を北上して島根県は益田市へ。今度は買い物を楽しむ為、やって来ました。車中泊を予定しているRVパークは、同じ島根県内にあります「RVパーク美都温泉」。広島県から行く場合、何もこんなに大回りせずとも行けるのですけどね。「いろり山賊 錦店」での昼食、そして益田市内での買い物をこの車旅では非常に楽しみにしていましたので、このような大回りと [続きを読む]
  • いろり山賊 錦店へ!名物の山賊焼きは勿論散策も楽しい
  • 今回の車旅は、電源付きのRVパークでポータブルエアコンの「クレクール5」を試すのが一番の目的。ですが、単にRVパークを目指すだけでは面白くないので、かなり大回りのルートを選択し、寄り道を愉しむ旅としました。最初に立ち寄った寄り道先は、「いろり山賊 錦店」。全国的には年中お祭りのような玖珂店が有名ですが、錦店でもその魅力を満喫する事ができます。いつも混雑している玖珂店に対し、比較的空いているのも錦店の魅 [続きを読む]
  • クレクール5を試す旅!益田を回ってRVパークへ 出発編
  • 夏場の車中泊を快適にしようと思い購入した、ポータブルエアコンの「クレクール5(CLECOOLⅤ)」。その実力を試すため、1泊2日の車旅へと出かけました。車旅で使う車はもちろん、ハイエースベースのキャンピングカー「Walk2」。この車であれば、「クレクール5」を積載して出かける事ができます。常設する事はできないけど、乗せるだけなら何とか。スライドドアを開けた奥、ギャレー前のスペースにちょうど置く事ができます。ポ [続きを読む]
  • 食材&飲み物の持ち込みOK!炭火で愉しむ宇品BBQガーデン
  • 冬季は「かき小屋」としてオープンしている「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」。夏季は「宇品BBQガーデン」として利用できるそうなので、予約して行ってきました。夏場なので牡蠣は無いけど、炭火の海鮮焼きや焼肉などが楽しめるとの事。しかも! 食材や飲み物の持ち込みもOKというではないですか!利用できるコースは大きく分けて2種類あって、「持ち込みなし」で利用する場合は1テーブル4名以下で1,200円。プラス、店舗で購 [続きを読む]
  • 外出先からエアコンON!スマート家電コントローラを導入
  • スマホで家電を操作。できたら便利ですよね。例えば、外出先から帰宅前にエアコンをつけてみたり、または消し忘れていたのを切ってみたり。そんな事ができるアイテム、「スマート家電コントローラ」がありましたので、我が家の自宅に導入してみました。前提条件は、宅内にWi-Fi環境が設置されている事。「スマート家電コントローラ」とスマホは、Wi-Fiで繋がるようになっています。それから、操作対象の家電に赤外線リモコンがつい [続きを読む]
  • 道の駅の産直そば!具沢山で税込490円と驚きのコスパ!
  • 島根県のとある道の駅に、「産直そば」という具沢山でコスパ抜群のメニューがあるのをご存知でしょうか?その「産直そば」を頂く為、広島県から日帰りではありますが、軽キャンに乗って行ってきました。「産直そば」を頂ける道の駅は、「道の駅 瑞穂」というところ。島根県とは言っても広島県寄りに位置していますので、広島市内からも日帰りで十分行けます。お昼ちょっと前を目指して到着。道の駅には立派なお食事処がありますが [続きを読む]
  • さんいんCamperクルーズで行く!車旅で隠岐諸島 帰路編
  • 「さんいんCamperクルーズで行く!車旅で隠岐諸島」も今回の記事がいよいよ最終回。帰路編を綴っていきます。ファリーターミナルの2Fにあったお食事処でモーニングを楽しんだ後は、フェリーの待ち時間を利用して港近くにあるお土産屋さんで買い物。フェリーが出ている別府港の周辺には、お土産屋さんや釣具屋さん等が何件かあります。こちらに着いた初日、島内に唯一存在するスーパーに行ってロック氷を買えなくて苦労しましたけ [続きを読む]
  • 車旅で隠岐諸島。最終日の朝は摩天崖を見てからモーニング
  • 楽しかった隠岐諸島への車旅も、あっという間に最終日。前乗り車中泊を含む4泊4日で臨みましたが、やはり短かったというのが正直な感想ですね。人が住んでいる隠岐諸島は全部で4つの島があり、それはフェリー等で渡らないといけないので、全部を回ろうと思うと最低でも4泊5日は必要。あともう1日有給休暇を取っておけば良かったと、最終日になってから思うのでした。でも充実した旅でしたね。初めて訪れる場所、そして初めて [続きを読む]
  • お風呂に入れ食事もOK!ホテルの駐車場で電源付き車中泊
  • 西ノ島での観光を終えたら、いよいよ車中泊地へ。予定より早い時間でしたが、前もって予約していた「隠岐シーサイドホテル鶴丸」に行く事にしました。えっ?ホテルで車中泊?って思われるかもしれませんね。実は私も最初はそう思ったのですが、「さんいんCamperクルーズ」のパンフレット内で、「キャンピングカー滞在可能施設例」として掲載されていたのです。どうやら「隠岐シーサイドホテル鶴丸」は海の駅にも登録されていて、そ [続きを読む]
  • 洞窟にも入れる!定期観光船でめぐる国賀海岸は絶景の連続
  • 絶景が続く国立公園の「国賀海岸」。陸地から「摩天崖」や「通天橋」などの名所を見た後はいよいよ! 海側から見学です。西ノ島から「国賀めぐり定期観光船」が出ていて、観光船の船内から国賀海岸の景色を楽しむ事が可能。今回の旅を計画した際、前もって予約をしていました。直接電話で予約ができるみたいですけど、「じゃらん」からだとクーポンが使えたのでネット(じゃらん)で予約。クーポンは1,000円引きというものでした [続きを読む]
  • 奇岩が織り成す絶景!国賀海岸(国立公園)の通天橋近く
  • 自然の景色が美しい西ノ島。中でも国立公園に指定されている「国賀海岸」の景色は圧巻で、前回の記事で訪れた「摩天崖」もその一角にあります。そしてこれから訪れる「通天橋」。こちらも「国賀海岸」にあり、代表的な奇岩となっています。「摩天崖」の駐車場から「通天橋」の駐車場までは車で30分程度。それぞれを結ぶ遊歩道も整備されているようですが、時間の関係で車での移動としました。天気も良かったので本来なら遊歩道を [続きを読む]
  • まるで動物たちの楽園!摩天崖の上に広がる絶景を愉しむ
  • 早めの昼食を終えた後は、予定を少し切り上げて「摩天崖」へ。隠岐諸島ならではの絶景を楽しむ為、そちらへと向かいました。「摩天崖」は海側から見る事ができますが、先ずは陸路でその上から見学する事に。綺麗に整備された道を上っていき、崖の上を目指します。途中、道が細くなる場所がありますが、大抵のキャンピングカーなら問題にはならないでしょう。交通量もそれ程多くありません。とはいえ、気を抜かずに運転し、対向車に [続きを読む]