marron さん プロフィール

  •  
marronさん: シングルマザー、人生をゆく
ハンドル名marron さん
ブログタイトルシングルマザー、人生をゆく
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/marron8239/
サイト紹介文高1男子と中1女子の二人の子を持つシングルマザーの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 18日(平均11.3回/週) - 参加 2017/10/05 14:03

marron さんのブログ記事

  • 息子、高1で壁にあたる
  • 台風が近づいています。雨が激しくなってきました。皆さんの地域は大丈夫でしょうか?週末、息子とディスカッションをしました。テーマは、定期試験の反省会。定期試験の成績は、もちろん大学入試にもつながっていくことでしょうが、学内ではっきり順位が出ることもあり、即、学校生活のQOLに繋がります。そのため、定期試験でいい位置をしめておくことはやはり充実した学校生活につながる。だから定期試験でも、ある程度の成績は [続きを読む]
  • 自分を知り自分を生かす
  • 美輪明宏さんとオードリー・ヘップバーンの共通点。「おのれを知ることからおしゃれは始まります。「これは私らしい」というものを選ぶにしても、自分の長所短所をすべて知っていなければ選べません。それが自分らしい生き方の始まりにもなるのです。」(美輪明宏「花言葉」より)「自分自身に対して100パーセント率直になって、欠点から目をそらさずに正面から向かい合い、欠点以外のものに磨きをかけるのです。」「自分を客観 [続きを読む]
  • 癒しのお茶
  • 今は暦どおりの勤務形態の私ですが、ウイークデーも後半の木、金曜日は、疲れもたまってきます。仕事はもちろん、一度家に帰ってから用事で夜にまた外出することもあり、次第に寒くなってきた夜空の下を歩き回るのはしんどくなってきました。普段は、ほっと一息つく時間はコーヒーを飲むことが多いのですが、ちょっと高級な煎茶の出番も増えてきました。淹れても全く渋みが出なくて、甘みと旨味を感じて美味しいのです。英語の予習 [続きを読む]
  • 娘のミッション
  • 雨が降り、気温が下がってきました。朝目が覚めるとまだ薄暗く、しとしと降る雨の音が耳に入ってくる。暖かい布団が恋しくて、布団から抜けだしにくい季節です。昨晩の娘は、寝る前に私のところへきてゴロゴロ甘えながら、「朝が寒くてなかなか起きられない。朝、目が覚めてから起き上がるのに時間がかかるんだよね〜」と、つぶやいています。「私は、何かスケジュールを決められていれば、何も考えずにそれに沿って動けるんだけど [続きを読む]
  • 高1模試と話しあい
  • 息子が受けた、大手予備校主催の高1対象模試が返却されました。結果は、春に受けた第1回の模試よりも伸びており、難しかった、という手応えの割には健闘しています。ただし、偏差値は数学>英語で、日頃の英語についての手抜きが反映しているのか、英語がのびなやんでいます。昨年度の受験直前、難関私立高対策で集中的に英語を勉強したおかげで、英語についてはかなり自信がついたと思っていたのですが、合格後に油断したためか [続きを読む]
  • 娘は辛辣
  • 今朝、重力波で星の合体が確認できたというニュースをやっていました。私と息子は今ひとつピンと来ず、時空のゆがみって何だ?何のことかよく分かんないね、と話していましたが、それまで眠そうにご飯を食べていた娘だけは、急に目をキラキラさせてえ、分かんない?と楽しそうに言っていました。自分は分かるんでしょうか・・・。昨夜は塾の宿題の一次関数が分からなくて、母と兄に散々聞いていた人ですが。13歳になる娘。同性のせ [続きを読む]
  • 息子の肩幅
  • 息子の定期試験が終わりました。終わって一息したところで、今回の試験についての振り返りと、息子の考えを聞かせてもらいました。試験については、今までで一番手応えが悪かったそうです。他の人も難しいと言っていたが、それでも自分よりはましだろう。自分は毎日の予習そのものを全くしていなかった科目もあり、復習もほとんどしていなかった。直前の短期間にやろうとしてもただでさえボリュームがあり難しい内容を理解して準備 [続きを読む]
  • 美しく生きるために
  • 週末は本を読みました。美輪明宏さんの「花言葉」それに山口路子さんの「AUDREY」。たくさん考えさせられることがありましたが、そのうちの一つ。美しく生きるための言葉「美意識というのは、生活必需品で、ぜいたくなものでも、生きるために余剰なものでもありません。美意識こそが世界を活性化させる、非常に必要不可欠な原材料であり、原動力なのです。」「精神のバランスが崩れるのは、機能性・利便性・経済効率、そればかりに [続きを読む]
  • ブラックボックス
  • 私は家ではもちろん、職場でも子どもと 接する仕事をしていて、一応「子ども好き」の部類に入るとは思いますが、 子どもを構ったり一緒に遊んだりするのが好きというよりは、 子どもという生き物につきない興味をもつ「観察者」 というスタンスのほうが近いです。 新米母になったその瞬間から、 自分から出てきた子どもが、どんな素質を持って生まれ、どんな風に 個性を発揮していくのか、この子どもの内側から何が出てく [続きを読む]
  • インコと戯れる
  • うちのインコについてです。我が家の住人は、セキセイインコとオカメインコ。多くの犬が散歩を必要とするように、インコでも「放鳥」といって、仕切られた部屋を自由に飛び回る時間を与えることが多いです。インコそれぞれに個性、性格があり、放鳥すると真っ先に自由に飛び回り、お気に入りの場所に陣取ってはお気に入りの相手に餌を与えて仲良くしてみたり、一人マイペースに壁紙をつついてみたり。この中に、私の手、とくに爪( [続きを読む]
  • 金木犀(キンモクセイ)
  • 定期試験中の息子。連日遅くまで勉強していて、昼夜逆転気味だと。朝に眠い目をこすりながら起き、昼前に帰宅してから昼寝をするのですが、20分程度では起きられず、起きたら起きたで頭が痛いと訴える。あれこれと対応はするのですが、なかなか手のかかる息子です。試験の手応えは、やはり英語が対策不十分で、出来が悪かったとのこと。対策不十分というのは事前計画段階の失敗、しかも二度目ですから、後日きちんと詳しい敗因分 [続きを読む]
  • お弁当
  • 昨日のローズマリーは、頭すっきりした!とのことで、息子には意外と好評でした。しかし、暗記事項を覚えていなければ、頭がすっきりしていても試験では書きようがないのですよ・・・ところで、子どもたちの学校は、どちらもお弁当持参です。お弁当は自分で作ったり、ご飯やおかずを自分で詰めたりする子もいるようですが、今のところはすべて私が作っています。そこで、せめて食べ終わった後の弁当箱は自分で洗うというのが約束で [続きを読む]
  • 頭が冴える方法
  • 連休が終わり、気持ちを切り替えて頑張る平日になりましたね。定期試験が近い息子、連休中はさすがに無口になり部屋で1日中勉強していました。もちろん「女子力男子」として週末の夕食を作る余裕はなし。そこで、子どもたちが週明け元気で学校に行けるよう、とっておきの元気の出る料理を作りました。息子は、これを「次の料理レパートリー候補とする」と宣言。楽しみです。さて、今朝起きてきた息子によれば「試験、暗記科目がえ [続きを読む]
  • 無精と短気
  • ありがたいことに外見からは想像できないと言われますが、私にはけっこう表題のようなところがあります。その二つが重なって起こった出来事がありました。自転車の鍵というのは、買った時は複数ついてくるものですが、普通は、このうちの最低1個をスペアとして別に保管しておき、残りを使うものだと思います。私はそのちょっとしたことが面倒でスペアを別に残しておかず、2つの鍵を一緒に束ねて使っていました。いつもはキーケー [続きを読む]
  • 進学校の憂鬱
  • オーバーした体重の数値が、まだ元に戻りません・・・もしかしたら、今度は体重計が+にブレているのかも、と期待したくなります。一体何を信じたら良いのやら。昨日は、息子の高校のPTAの集まりでした。一人一人、入学後半年過ぎての子どものことについて、近況報告をしていきました。共通して言っていたのは「眠い」「眠そう」あるいは「寝落ちして予習ができない」など。公立トップ校で文武両道を掲げており、部活動の練習もき [続きを読む]
  • 秋桜(コスモス)
  • 今日、外出時に道端で見つけたコスモスの花。コスモス全体の花言葉は「乙女の真心 」「調和 」「謙虚」ピンク色のコスモスの花言葉は、「乙女の純潔」作られたままの、いびつさを少し残した姿に、より美しさを感じます。 [続きを読む]
  • 体重計・・・
  • 毎朝、起きると体重計にのって体重チェックが日課です。ある朝、いつものように体重計にのってみると、前日よりなんと−3kg。何回も電源を落としては測り直しましたが、数値は変わりません。子ども達も呼んで、体重を測ってもらいました。こぞって−3kg。それぞれのリアクション。母:何もしてないのに1日で3g体重が減るなんて、嬉しい!?  ・・・でも、冷静に考えたら体重計がおかしいだけか。  →まあ、そうですよね。 [続きを読む]
  • 「意識」が作用する
  • 先日のピアノのレッスンで、先生から「この音を、旋律を、よく聴いてみてください。」と言われました。ピアノを弾きながら「聴く」とは、ピアノの曲が単旋律ではなく、主旋律や伴奏、内声など複数の音が重なり合って全体の音楽を構成しているので、際立たせたい音をはっきりさせるためどの旋律や音を大切に奏でるのかを意識しながら弾くことだと私なりに考えています。不思議と、ある旋律や音に注意して意識を向け(=聴き)、心の [続きを読む]
  • 何を言うのか伝えるのか
  • ある著明な作家が、人にものを言う前に点検していたことです。1、それは真実か2、それは相手のためか3、それは愛に基づいているかこれらを点検し、大丈夫であれば伝えるのだと。言葉は時に、人を傷つけたり、人の人生を変えたりするほどの力を持ちます。今の日本社会では銃や刀のように規制されることもなく、誰もが自由に使うことを許されていますが、その威力を普段から意識することは多くありません。子育ては毎日の連続です [続きを読む]
  • 卒業式の手紙
  • 昨日の中秋の名月を眺めつつ、娘と買い物にでました。月をみると、娘の小さい頃のことを今も思い出します。少しの間離れて暮らしていた4歳の娘の顔を、月をみるたび思い出していたこと。昨日の月は満月ではありませんでしたが、きれいに丸く見えていました。赤ちゃんから幼児のときは、ただただかわいらしいと思っていた子どもたちですが、だんだんにその個性の芽を出し、それぞれに自分の持ち味を発揮して大きくなっています。自 [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 今日は十五夜、中秋の名月です。太古の昔から、月は私たちの無意識に働きかける不思議な力を持つと考えられてきたそうです。幸い、よく晴れていて、ほぼ満月に近い月がよく見えました。家に帰ってお月見。ススキは家にはありませんでしたが、お団子は用意して家族で月を見ながら食べようかと思ったら、子ども達には「お団子よりアイスがいい」と言われ・・・。月見団子、ならぬ月見アイス。それぞれ、好きなアイスを食べながら、ひ [続きを読む]
  • 大学の位置づけ
  • 息子の部屋の空気清浄機は、今朝も元気にいい仕事をしてくれています。高1の息子が進路選択・履修科目登録の案内を持ってきたことは前に述べました。息子は、社会が得意、文学大好き、数学は分からなくはないがひらめきで解くタイプではなく、理科と英語はそこそこ興味があり、普通にできるという人です。持ち味を生かすなら文系学部が自然かなと思いますが、息子にとって、その学部を出て就く職業の中には自分がやりたいと思う魅 [続きを読む]
  • 模試返却
  • 娘が通っている塾で9月上旬に受けた模試が返却されました。県内の主な塾が参加している模試ですが、その時日本に来た台風の影響によって中止となる会場があり、参加人数は昨年より減ったとのこと。娘の総合偏差値は60台後半でした。英数国がよく、理科社会が前回よりダウン。兄と同じ公立トップ校を目指していますが、これはC判定でした。 兄は理社で点を稼ぐタイプで、社会は一度習ったらほとんど忘れず、受験直前の追い込みは [続きを読む]
  • 内向vs.外向
  • 息子の個室続編です。廊下を挟んで向かい合わせとなった息子と娘の部屋。娘は、息子と空気清浄機の話を聞いて爆笑しておりました。そして、ことあるごとに息子の部屋に入ってみては臭い臭いと。反対に息子は、娘の部屋に入ると、埃っぽくて目が痛くなると。(娘は埃にアレルギーはありません)そこで、お互いに、「兄の部屋、においの壁を感じる!」「妹の部屋、埃の壁を感じる!」と非難しあっておりました。母から見ると、どっち [続きを読む]
  • 思春期男子と空気清浄機
  • 週末は、大掃除の一環で息子の個室を整えました。これまでも自分の机を中心とした個別の空間はあったのですが、ふすまで簡単に仕切られた和室で、リビングにも近く、私の机やPCもあるので、人の出入りもあれば音や光も漏れ、完全に仕切られた空間ではありませんでした。高校受験もそれで乗り切ったので、とくに問題ないだろうと考えていましたが、最近、妹の方が家の端にある仕切られた部屋を自分のものにしたため、兄も勉強への集 [続きを読む]