Usaco さん プロフィール

  •  
Usacoさん: 薔薇の庭 2017-
ハンドル名Usaco さん
ブログタイトル薔薇の庭 2017-
ブログURLhttps://usacousaco.blogspot.jp/
サイト紹介文ベランダでバラをそだてます。 初心者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 348日(平均1.4回/週) - 参加 2017/10/05 17:18

Usaco さんのブログ記事

  • 実家の謎バラ13
  •  前回からかなり更新が開いてしまいました。夏なので特に変化はありません。  つるバラ1・2・3。3はつんつるてんです。2は古枝ばかりで、何本か切ったもののひこばえに養分が行っていない様子・・・。1も黒点か害虫で少しはげました。おそらく今年はホソオビが大発生しているのでそれが原因だと思います。1は冬の誘引が今から楽しみです。 ブッシュはやっと涼しくなって芽が動き始めました。虫の被害もなく、上にマルチ [続きを読む]
  • 実家の謎バラ12
  •  お久しぶりねの実家シリーズです。真夏はあまり動きがないのと旅行中かつ新盆だったのとで、あまり観察できていません。つるバラ1つるバラ2つるバラ3ブッシュピンクロンサールグランヴィルジュードブリテンジェキルボスコベルバレリーナアンジェラグリーンアイスコルデスモッコウバラ(白)朝顔(フライングソーサー)挿し木群 ジュードとジェキルはついたものの、相変わらずボスコベル(3度めの正直)はつきにくい。叔母に [続きを読む]
  • 真夏のハンギング
  •  久々のイギリスから帰国したのでちょっとした記録です。 デビッド・オースチンの庭に行く予定だったのですが、日帰りが面倒な感じだったので、次回レンタカーを利用する時に行こうと思います。 実際イギリスの庭園は広大な空間に落葉樹や芝生というものが多いので、日本人の想像するバラ園は少ないように思います。見て楽しむというより、自分が広い空間でくつろぐことが大事なわけですね。 では、バラがないのかというとそん [続きを読む]
  • コルデスのエンドレス開花
  •  実家に行ってきましたが、まとめ記事を書く気力がないので、個別ラベルの方だけ追加しました。都内より平均気温が2℃低く、降雨もないので生育はいいです。ERも特に夏バテした感はありませんでした。花弁数がやや少ないのと、グランヴィルが相変わらず半日しか保たないくらいですね。 タイトルの通り、ミニバラのコルデス(品種不明/黄)が咲いていました。 とにかくよく咲く。ひどい扱い(野ざらし寄せ植え)なのに病気にもか [続きを読む]
  • 実家の謎バラ11
  •  変化に乏しくなってきたので更新怠け気味です。ジュードが開花したかと思って行ってみたところすでに散った後でした・・・。家人も気づかなかったようです。 つるバラ1。そろそろ害虫被害(ハマキムシっぽいの)が現れ始めました。 つるバラ2。この後古枝を切りました。全然いい芽が出ていなかったのと、新しいシュートに養分を送りたいので。そこそこ古い枝で勢いのいいシュートを出しているものは残しました。 つるバラ3 [続きを読む]
  • 自宅の植物
  •  個別のラベルは更新してあるのですが、まとめ記事を書いていませんでした。 現在駐車場に出してしまっているので全くベランダ栽培ではなくなってしまいました。あと1ヶ月くらいしたらベランダに戻します。グリーンアイスは咲きそうだったのでベランダに戻して3日・・・。明日あたり咲きそうな気がします。  左がグランヴィル、右がロンサールの挿し木です。生育はいいです。個人的にはもう少しピートモスを入れるか(確かバイ [続きを読む]
  • 実家の謎バラ10
  •  ベランダの大苗の日照が悪すぎるので、梅雨ということもあって地植えしに行ってきました。 つるバラ1。前回撮らなかった花後誘引の様子。上が足りない・・・。 2は枝が老朽化してきているので株元を確認。シュートというよりひこばえが出てきているので、冬になったら更新を検討。 3は調子をおとしたまま。 ブッシュはシュートが伸びて健康そのものな様子です。切り戻すつもりで行ったものの、生命力溢れる様子に蕾を残し [続きを読む]
  • グリーン アイス
  • Green Ice 購入  ローズなかしま(Type2)国際バラとガーデニングショウ2018にて作出  1971年 アメリカ Ralph S. Moore系統  Min ミニチュア交配  (R.wichuraiana × Floradora) × Jet Trail花色  白〜淡いグリーン花形  ロゼット咲き花径  小輪芳香  超微香    ★☆☆☆☆香質  ティー開花  完全四季咲き ★★★★★伸長  0.5m培養土 購入土にプロトリーフバラの土で鉢増し肥料  バラの家IB [続きを読む]
  • 実家の謎バラ9
  •  記事更新まで時間がかかりましたが先日の記録です。 つるレッド1・2・3のその後。1・2はかなりの房咲きになりました。 ブッシュピンクは切り戻しの効果かサイドシュートがもりもりに。 ボスコベルはまだまだ蕾があがってきています。意外にステムが強く、あまり垂れないで咲いてくれます。花もあまりうつむかない感じ。 バレリーナは勢いのいいシュートが伸びてきていました。 アンジェラも生育状態がよかったです。仮 [続きを読む]
  • ガーデンカフェグリーンローズ
  •  バラシーズンなのでまだまだ活動中です。毛呂山(埼玉)のローズガーデンに行く途中で、親切な地元の方に素敵なカフェがあると教えていただいたので寄ってみました。 宿根草のセンスもよく、ナチュラルな感じがとても素敵だったので記録しておきます。私は不勉強なので存じ上げませんでしたが、斉藤よし江さんというガーデナーさんのプライベートガーデンで、著書も複数あるようです。 どうでしょう?調和がとれていて見事でし [続きを読む]
  • 国際バラとガーデニングショウ2018
  •  他の方も書いていらっしゃると思うので、トラコミュにも貼らずひっそり記録しておきます。初めてながらとても楽しめました。先日神代植物公園にも行きましたが、あちらは定番の品種で占められているのに対して、こちらは最新の品種もあってとても新鮮でした。 特に面白かったのがこれ、バラの香り別ブーケ。日数がすすむと薄くなってしまうのでしょうが、色合わせもとても綺麗で全部試してしまいました。一緒に行った友人もバラ [続きを読む]
  • アボカド栽培
  • 2018/04/29 食事会の帰りに種をもらう(濡れたキッチンペーパーでくるんだもの)。 高級だったらしく種も大きい(卵サイズ)。 翌日5/1に水耕栽培開始。 水道水をほぼ毎日交換。 ハイフレッシュを入れるより水を毎日交換したほうがうまくいった。2018/05/15 植え付け片方の種の底が割れた中が見える楊枝を外して半分埋める。 発根してからの植え付けだと根が折れそうなこと、栄養が不足して生育が遅い可能性があること、直 [続きを読む]
  • 実家の謎バラ8
  •  なぜか当ブログで1番需要があるらしい実家シリーズです。 ブッシュピンクをやっと直接目にすることができました。花数が少なかったせいか、肥料過多なのか、巨大花が咲きました。何か気持ち悪い・・・? 以前見た時はぼろぼろの枝先で5cm~10cmくらいの花が瀕死で咲いていたので、叔母と2人で仰天しました。 見るたびに病害虫の被害に遭っているので、肥料過多でなければ弱い品種なんでしょうね。 つるバラ123開花の様子 [続きを読む]
  • World Gardening Fair in Okura
  •  最終回ということで行ってきました。ホテルオークラです。 イギリス・フランスがなかったので興味深い仕上がりでした。画像を一気に入れたら逆順になってしまったので出口側から。 今年は気温が高く、イベント時は何とか持ちこたえた感じでした。持たせるために涼しくしてあったので、暖かい地方の展示は厳しそうでした。批評するよりのんびり眺めた方が楽しいと思うので画像を並べておきます。【モルドバ】【ドイツ】【チュニ [続きを読む]
  • ロンサール開花と思いきや大混乱
  •  しょうもない記事です。ロンサール開花をわくわくで待っていたところ、昨日ほころびはじめました。うまく咲いたら花後は実家のどこに植えようか・・・と思っていたのですが。・・・ん?んんーーー!? これはまさか、グランヴィルでは・・・?(汗)どうも蕾からしてピンクでおかしいと思いました。 ということは、根張りはすごいのに成長が今ひとつだなと思って実家に持っていったグランヴィル。ロンサールよりハダニやうどん [続きを読む]
  • 実家の謎バラ7
  •  ボスコベルが開花したとのことで様子を見に行きました。かつての蕾1 かつての蕾2 整形花には程遠い花が咲きました。これはこれで味があって楽しいです。ドレスの裾みたいな柔らかい印象ですね。叔母には「咲いたけど綺麗じゃない」という連絡をもらっていたのでどれだけ不細工なのかと思っていました(笑)。 つるバラ1 つるバラ2 つるバラ3 つるバラシリーズはたくさんの蕾があがっていました。実家は殺虫消毒気味です [続きを読む]
  • ハーブ
  •  別項目で日記にするほどのことはないが、画像つきの栽培記事がなくて困ったので記録。 【バジル成長記録】2018/04/221、ホームセンターで無料でもらってきたトレイに水を張り、ジフィーセブンを浸す。2、ひたひたの状態で種を数粒ずつ播く。発芽までは水をたっぷり与える(真夏は腐る可能性があるので控える)。3、発芽まで室内で放置。発芽率に問題はないので最初から屋外でもよい。 ・発芽したら日光と風が必要なので屋外 [続きを読む]
  • ジェキル開花
  •  ジェキルが開花はじまりました!こんな曇天に咲かなくても・・・。真夏日より開花をゆっくり楽しめるし、香りが飛ばなくていいかも?↑昨日の様子↑本日の様子 今年は生育が前倒しな上に気候がおかしかったので、涙をのんで摘蕾しました。ジェキルは2つだけ蕾を残しましたが、余力があったのか悪くない感じです。 さっそく切り花にして仕事机に生けています。ものすごくいい香り! 香りで選んだ品種なので本当に嬉しいです。 [続きを読む]
  • クロユリとチューリップの開花
  •  球根系がひとあし先の開花となりました。 クロユリは去年東北に遊びに行った時、売店で買った球根です。クロユリなんてかっこいいかしら・・・と思って買ったらネットには「悪臭がします」とか「不吉」とか書いてあって撃沈。 しかも高地で育つ球根なので、暖地では夏越しが難しいようなことも書いてありました。自宅は暖地なので、開花後は実家に持って行って日陰の風通しのいいところに植えようと思います。 昨日あたりに叔 [続きを読む]
  • 強風に冷え込み、そして蕾
  •  少し間があきました。自宅のバラのようすはこんな感じです。 最近どうも風が強くて、日あたりがいいからと中央に出すといつの間にか倒れています。そのせいで何度か挿し木が犠牲になりました(涙)。 もう面倒なので壁側に固定しました。 ロンサールはブラインドの心配をよそに、蕾が大量にあがってきています。まだまだ固いので咲くのは5月になりそうです。 ジュードも切ったところから芽がのびてきました。強風続きだった [続きを読む]
  • 実家の謎バラ6
  •  所用で行くことになったので観察してきました。バラは品種ごとに追記してありますのでご覧ください。  ブッシュ赤  つるピンク  バレリーナ  ボスコベル  グランヴィル つるバラ(ピンク)1・2・3。先日より葉が充実していました。害虫にやられまくっていたのでベニカXファインスプレー(バラは全て散布しました)。オルトランDXも、樹高1m以上は効果がないようですね。 ブッシュ(赤)。シュートがのびてきまし [続きを読む]
  • 切り戻しとやや強風
  •  花粉飛散しまくりで外に出たくない今日このごろ、暇すぎてブログを書いてしまいます。といってもこんなに暇なのも今日までです。 うう〜ん、モッサモサ。カモミールを後で切らなくては・・・。 アンジェラが1本立ちになりそうだったのでバランスをとって切りました。 ジェキルもこんな早い時期に蕾の房が大量にできてしまったので浅く切り戻し。中旬には咲いてしまいそうな感じでした。 ブリテンもちらほら蕾があがっていま [続きを読む]
  • つるレッド(実家の謎バラ)
  • 2017/11/19つるバラ1 つるバラ2 枯れ枝・古枝を除去。2017/11/26 土の入れ替え・誘引つるバラ1 つるバラ2 掘り返してみたところ土が固かった。掘り返して少し離れたところの土と入れ替え。 基本的に川砂土壌(過去の洪水の影響)。腐葉土・バーク堆肥・草木灰を入れる。 何度も掘り返さないので深いところにマグァンプK・バラの家オーガニック肥料を入れる。 リキダス灌水。 乾燥と黒点防止で敷藁マルチング。2017/12/1 [続きを読む]
  • アンジェラ
  • Angela購入  浜名湖薔薇園(Type2)スーパーバリューにて作出  1984年 ドイツ Reimer Kordes 系統  Cl つるバラ交配  Yesterday × Peter Frankenfeld 花色  濃いピンク花形  カップ咲き 花径  小中輪芳香  微香   ★★☆☆☆ 香質  ティー 開花  (時期一般)繰り返し咲き ★★★☆☆伸長  2.0m培養土 ピートモス+ベラボンプレミアム+バイゴールドの土肥料  IB肥料(+液肥)(公式画像がなか [続きを読む]
  • ブッシュピンク(実家の謎バラ)
  • 2017/11/19 もとは高級品種のもよう。 花がらや穴が空いた枝・枯れ枝を除去。 先端の方に細々と咲きかけの蕾ができていたがカット。 日あたり改善のため周囲の植え込みを刈り込む。 カイガラムシ被害株。2017/11/26 土の入れ替え 掘り返してみたところ土が固かった。掘り返して少し離れたところの土と入れ替え。 基本的に川砂土壌(過去の洪水の影響)。腐葉土・バーク堆肥・草木灰を入れる。 何度も掘り返さないので深い [続きを読む]