シネマ娘 さん プロフィール

  •  
シネマ娘さん: シネマっす
ハンドル名シネマ娘 さん
ブログタイトルシネマっす
ブログURLhttps://cinemassu.com/
サイト紹介文映画好きな主婦が言いたい放題言っている、そんな感じのブログです。
自由文映画好きな主婦が言いたい放題言っている、そんな感じのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 211日(平均0.9回/週) - 参加 2017/10/06 08:37

シネマ娘 さんのブログ記事

  • ハロウィン?ここは舞踏会かな?
  • こないだハロウィンパーティーをしました。しましたと言っても、お友達の家に仮装して集まっておやつを配るくらいのゆるいやつです。うちの子は悪魔の仮装をして行ったんですけど、女の子の仮装の可愛こと!赤ずきんや魔女もいますが、とにかくプリンセスが多い。聞いたら、女の子はお家でお姫様ごっこをするのに元々ドレスを持ってするらしいです。そう言われたら、トイザらスで売っているのを見かけますね。女の子のおもちゃ、じ [続きを読む]
  • ハロウィン?ここは舞踏会かな?
  • こないだハロウィンパーティーをしました。しましたと言っても、お友達の家に仮装して集まっておやつを配るくらいのゆるいやつです。うちの子は悪魔の仮装をして行ったんですけど、女の子の仮装の可愛こと!赤ずきんや魔女もいますが、とにかくプリンセスが多い。聞いたら、女の子はお家でお姫様ごっこをするのに元々ドレスを持ってするらしいです。そう言われたら、トイザらスで売っているのを見かけますね。女の子のおもちゃ、じ [続きを読む]
  • デッドプール
  • 原作ではアベンジャーズシリーズやX-MENシリーズとも世界観を共有して、カルト的な人気を誇るデッドプールがいよいよ単独映画化。今作ではヒーロー映画としては異例のR指定映画です。そういった要因もあり、本作は爆発的な大ヒットは予想されていませんでしたが、蓋を開けてみれば8億ドル以上という、R指定作品としては歴代1位という歴史的大ヒットになりました。その理由は、やはり今までのヒーロー映画には無かったユーモアや一 [続きを読む]
  • デッドプール
  • 原作ではアベンジャーズシリーズやX-MENシリーズとも世界観を共有して、カルト的な人気を誇るデッドプールがいよいよ単独映画化。今作ではヒーロー映画としては異例のR指定映画です。そういった要因もあり、本作は爆発的な大ヒットは予想されていませんでしたが、蓋を開けてみれば8億ドル以上という、R指定作品としては歴代1位という歴史的大ヒットになりました。その理由は、やはり今までのヒーロー映画には無かったユーモアや一 [続きを読む]
  • 子役ってどうやって仕事と学校両立させるの?
  • アニー役の女の子が二人、選ばれたみたい。算数が得意って言えるのって凄いよね。台詞を覚えたり、キチンと大人の指示に従わなきゃいけないから頭がよくないと子役、それも主役なんて務まらないないから当たり前っちゃ当たり前なんだけど。ハードな舞台稽古とお勉強ってどうやって両立させるのかしら。だって、どう考えても塾やお教室にちゃんと通えそうにないもの。通信教育?パパママ塾?どちらにしても親が教える必要がありそう [続きを読む]
  • 子役ってどうやって仕事と学校両立させるの?
  • アニー役の女の子が二人、選ばれたみたい。算数が得意って言えるのって凄いよね。台詞を覚えたり、キチンと大人の指示に従わなきゃいけないから頭がよくないと子役、それも主役なんて務まらないないから当たり前っちゃ当たり前なんだけど。ハードな舞台稽古とお勉強ってどうやって両立させるのかしら。だって、どう考えても塾やお教室にちゃんと通えそうにないもの。通信教育?パパママ塾?どちらにしても親が教える必要がありそう [続きを読む]
  • 帰ってきたヒトラー
  • ヒトラーを主題にした映画というと身構える方が多いと思います。政治・虐殺・人権問題・国際問題と、人前で語るにはタブーが多過ぎて、気軽に見てはいけないような重苦しい雰囲気を想像されるかと思います。しかしこちらの映画は話はコメディ調なので、構えずに見て欲しいと思います。現代に蘇ったヒトラーが繰り広げる奇妙で可笑しい騒動の物語で、ヒトラーは親しみのもてるキャラクター像になっています。全編を通して笑いどころ [続きを読む]
  • 帰ってきたヒトラー
  • ヒトラーを主題にした映画というと身構える方が多いと思います。政治・虐殺・人権問題・国際問題と、人前で語るにはタブーが多過ぎて、気軽に見てはいけないような重苦しい雰囲気を想像されるかと思います。しかしこちらの映画は話はコメディ調なので、構えずに見て欲しいと思います。現代に蘇ったヒトラーが繰り広げる奇妙で可笑しい騒動の物語で、ヒトラーは親しみのもてるキャラクター像になっています。全編を通して笑いどころ [続きを読む]
  • デュラン・デュランのコンサート
  • 従姉が日本武道館のデュラン・デュランのコンサートに行ってきたんですが、めちゃめちゃ盛り上がったらしいです!美形ぞろいのイギリスのロックバンドで、従姉いわく、昔は今でいうところのワンダイレクションぐらい人気があったとか。。私も誘われたんですが、さすがに1曲も知らないので遠慮しました。会場は40代以上がほとんどだったらしいんですが、80年代のヒット曲で大合唱状態だったとか。写真撮影OKだったそうで画像を見せ [続きを読む]
  • デュラン・デュランのコンサート
  • 従姉が日本武道館のデュラン・デュランのコンサートに行ってきたんですが、めちゃめちゃ盛り上がったらしいです!美形ぞろいのイギリスのロックバンドで、従姉いわく、昔は今でいうところのワンダイレクションぐらい人気があったとか。。私も誘われたんですが、さすがに1曲も知らないので遠慮しました。会場は40代以上がほとんどだったらしいんですが、80年代のヒット曲で大合唱状態だったとか。写真撮影OKだったそうで画像を見せ [続きを読む]
  • さざなみ
  • シャーロット・ランプリングとトム・コートネイという往年の名優が共演する、ビターな大人の味わいを持つドラマです。仲睦まじく暮らす夫妻のもとに、ある日夫の昔の恋人が凍死した状態で見つかったというニュースが届きます。そこから起こる夫婦の感情の起伏を、丁寧に、そして静かな激情を持って綴られています。この作品を観ていて感じるのは、他人の心理ほどのミステリーはないということ。いかに長年連れ添った夫婦であっても [続きを読む]
  • さざなみ
  • シャーロット・ランプリングとトム・コートネイという往年の名優が共演する、ビターな大人の味わいを持つドラマです。仲睦まじく暮らす夫妻のもとに、ある日夫の昔の恋人が凍死した状態で見つかったというニュースが届きます。そこから起こる夫婦の感情の起伏を、丁寧に、そして静かな激情を持って綴られています。この作品を観ていて感じるのは、他人の心理ほどのミステリーはないということ。いかに長年連れ添った夫婦であっても [続きを読む]
  • なかなか友達ができません
  • 息子の幼稚園行事に参加して、その場で話す友達はいるのですがなかなか友達はできません。息子には友達ができたらいいなぁと願うのに、自分にはなかなか友達ができないのでいい見本が見せられません。幼稚園はすぐ終わるけど、小学校に入ってからの方が長い付き合いになると思うので、適度に友達が作れたらなぁと思います。よくママ友とかきくけど、私は息子が生まれてからママ友ができたことはありません。自然に出来ると思ってた [続きを読む]
  • なかなか友達ができません
  • 息子の幼稚園行事に参加して、その場で話す友達はいるのですがなかなか友達はできません。息子には友達ができたらいいなぁと願うのに、自分にはなかなか友達ができないのでいい見本が見せられません。幼稚園はすぐ終わるけど、小学校に入ってからの方が長い付き合いになると思うので、適度に友達が作れたらなぁと思います。よくママ友とかきくけど、私は息子が生まれてからママ友ができたことはありません。自然に出来ると思ってた [続きを読む]
  • 「グラスホッパー」の感想
  • この作品は、大人気ミステリー作家伊坂幸太郎の作品のなかでも特に人気のある「殺し屋シリーズ」の中の1作を、映像化した作品です。婚約者をひき逃げで殺された生田斗真さん演じる主人公の元教師の、いわゆる「普通の人」目線でのストーリー部分と、殺し屋目線のストーリーの両方があることによって、この作品は妙に「現実にある知らない世界」を切り取って私たちに見せてくれているのではないかと思わせる説得力を持っています。 [続きを読む]
  • 「グラスホッパー」の感想
  • この作品は、大人気ミステリー作家伊坂幸太郎の作品のなかでも特に人気のある「殺し屋シリーズ」の中の1作を、映像化した作品です。婚約者をひき逃げで殺された生田斗真さん演じる主人公の元教師の、いわゆる「普通の人」目線でのストーリー部分と、殺し屋目線のストーリーの両方があることによって、この作品は妙に「現実にある知らない世界」を切り取って私たちに見せてくれているのではないかと思わせる説得力を持っています。 [続きを読む]
  • 秋の9月は家で落着いた時間・10月は軽やかにすごしたいものです。
  • 今年の9月は連日家事のみですごした一か月、清々しい季節なのに特別なレジャーも行かず、家でパソコンとか家事を消化しました。一般的な主婦生活としたらポピュラーですが、平凡な家事で通過したので、10月は冬衣類とか室内インテリア、キッチン小物でも購入しかろやかにすごしたい季節。時間を一日ずつすごしている間に外の空気と気温は少しずつシフト、気温が低い冬の前に気持ちをほぐす時間があればベストです。10月の気温推移 [続きを読む]
  • 秋の9月は家で落着いた時間・10月は軽やかにすごしたいものです。
  • 今年の9月は連日家事のみですごした一か月、清々しい季節なのに特別なレジャーも行かず、家でパソコンとか家事を消化しました。一般的な主婦生活としたらポピュラーですが、平凡な家事で通過したので、10月は冬衣類とか室内インテリア、キッチン小物でも購入しかろやかにすごしたい季節。時間を一日ずつすごしている間に外の空気と気温は少しずつシフト、気温が低い冬の前に気持ちをほぐす時間があればベストです。10月の気温推移 [続きを読む]
  • 「クリムゾン・ピーク」の感想
  • 世間知らずで初々しいお嬢様を演じるミア・ワシコウスカと、謎めいた貴族の青年を演じるトム・ヒドルストンの魅力が詰まった映画です。ホラー映画ですし、ちょっとグロテスクな描写もあります。でも最初は利用するつもりで近づいた主人公のイーディス(ワシコウスカ)に、次第に惹かれて本物の愛情を抱いていくトーマス(ヒドルストン)の様子や、二人が本当に愛し合うところなどが切なくて、ホラー映画なのに美しいラブストーリ― [続きを読む]
  • 「クリムゾン・ピーク」の感想
  • 世間知らずで初々しいお嬢様を演じるミア・ワシコウスカと、謎めいた貴族の青年を演じるトム・ヒドルストンの魅力が詰まった映画です。ホラー映画ですし、ちょっとグロテスクな描写もあります。でも最初は利用するつもりで近づいた主人公のイーディス(ワシコウスカ)に、次第に惹かれて本物の愛情を抱いていくトーマス(ヒドルストン)の様子や、二人が本当に愛し合うところなどが切なくて、ホラー映画なのに美しいラブストーリ― [続きを読む]
  • ミニオンにはまり中です
  • USJに行ってから、すっかりミニオンにはまり中。子供服から小物や雑貨までチェックしちゃってます。最近見つけたのは、BABYDOLLとミニオンのコラボ服。何種類かあってどれもたまらない可愛さです。さすがに全種類買うのはまずいので、ロンTのみ購入しました。息子より私の方がはまるとは思ってもみなかったなぁ。息子も喜んではいるけど「また?」というような顔もチラホラ。キャラ物に興味が薄かったのに、どうしたものかといった [続きを読む]
  • 「ズートピア」の感想
  • 息子と観に行きました。映画ですが、まず映像がとても鮮やかで観やすく動物たちも可愛く街並みや建物がリアルに描かれていました。どんなことも諦めないでやり続ければ夢は叶うということが映画を見て心に残りました。やる前に諦めてしまうより出来る!と思ってやり続けていけば夢は叶うと思いました。劇中の音楽もとても良く、耳に残る音楽で思わず一緒に歌ってしまうような音楽でした。なので息子も喜んで一緒に歌っていました。 [続きを読む]
  • 釘付けになった林先生が驚く初耳学!
  • 初めて「林先生が驚く初耳学!」を見ました。その日の放送はサエコさんが出演。インスタや雑誌では見るけど、テレビで見るのはすごーく久々だった気がします。イギリスへ行く前のテレビ出演だったみたいで、なんだかすっかり発言がママ。でも可愛いさは残っていますね。そしてこの番組で取り上げられていた事が色々と面白かった。小さい頃からの英語教育不要論や、キラキラネームと学力の関係性など。へぇーと驚く事ばかりで、久々 [続きを読む]
  • 「64-ロクヨン- 後編」の感想
  • 64-ロクヨン- 前編が大満足だったから楽しみにしていた後編!今度は64事件の模倣事件が起きます。一言でいえば大満足。佐藤浩市さん主演の作品はどれも見ごたえがあります。三浦友和さんも渋くなったな〜って大人の演技って感じで映画ってやっぱり俳優さんにかかってるんですね。吉岡秀隆さんも北の国からの純くんが、もうこんな人間臭い演技しちゃう大人の俳優さんになってるんですね。ストーリーも少しずつ64事件の真相が明 [続きを読む]