へら彦 さん プロフィール

  •  
へら彦さん: winkmirrorへら彦庵「本流の鯉釣り」
ハンドル名へら彦 さん
ブログタイトルwinkmirrorへら彦庵「本流の鯉釣り」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/winkmirror/
サイト紹介文静岡から群馬県に引越しして、釣のフィールドも汽水域から清流/本流へと変わりました。
自由文上州屋スタイルの釣師は排除、パンプカ釣りは排除、純粋に鯉釣りを楽しむ人に見て頂きたいのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 17日(平均5.4回/週) - 参加 2017/10/06 13:57

へら彦 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 釣りは休み
  •  投票日雲へかかげる生首  へら彦 きょうは衆議院選挙投票日であり台風前日であるので魚釣りはお休みします。きんじょの公民館へ投票に行ってきました。雨の中、傘をさして歩くのも久しい事でした。ちなみにとうとう共産党へとうひょうしました。しかたがないことだとあ... [続きを読む]
  • フロートボート鯉釣り「動画」
  • CAR MATE カーメイト フロートボート Z1  アマゾンで購入しました。バス釣りでは大人気らしいです。考えてみれば今から二十年ぐらい前に軍用で開発されたフローティングボートをテレビで見たことがありました。あのときは、「これに乗ってルアーやったら格好良いな〜」って思っていたものですが、。あれから二十年も経ち、おじさんになった今、フロボのオーナーになってしまったとは・・・。もちろん、ルアーに使用するわけじ [続きを読む]
  • 大利根川と遊ぶ小さい人間だ
  • 平常心だけの人間、心優しい人々、そんな庶民の営みが日々繰り返されている町。そんな平和な町の裏で、覚悟を定めて、川の竜神に手を合わせたりして、大自然の延長といえる大利根川へ消えてゆく人が居る。心穏やかに鉄筋コンクリートのマイホームで眠りに付く人、つまらない人達で宴会を繰り広げているもろもろの庶民の見えないところで、人間を知らぬ野鯉と対話したり、川の流れに翻弄されて口から泡を吹いている人が居るというこ [続きを読む]
  • 第一章゛到着できないポイント
  • 第一回アタック20171004深夜 今回は始めてはいるポイトと言うこともあり、念入りな下見(調査)と釣り道具、撮影機材(予備バッテリ・予備メモリ・予備カメラ)を準備してフィールドへ侵入したのであった。Aこの調査地図のA地点を通り抜けてB地点を目指す。推定水深1m位なので胴長を穿いて川を渡る。A地点まではなんとか渡れたが、思っていたより流れの抵抗が強くて水中で踏ん張っている足の裏から川底の砂がどんどん抉られ [続きを読む]
  • あすは木曜スペシャル探検隊(ひとり)
  • ひさしぶりの釣りに行く予定です。しかも、人類未踏の大地(小さいが)へ。しばらくつかっていなかった干からびた道具テグス テグス切戻しとトリートメント、クリームが結び目に多く付着しないように気をつけています。いぜん、アタックが入った途端スッポ抜けた(解けた)ことがあります。竿受け頭ら、バイス類。 バイスはテントを補強するときに重宝します。バイトアラーム 電池交換、このボックス電池のよいところは長持ちす [続きを読む]
  • 利根川が笑った
  • 編集完了しました利根川 仕事の悩み事 今週から、しかも前日に、仕事の勤務体制が四勤四休四班サービス残業付き。という珍しい勤務になってしまった。残業代無し、四日間も休みとは、これでは生活費が足りなくなる。それで、派遣会社に文句を言うと、相手にされず。職場上司に文句を言うと、キツイ仕事へ移されて、仕舞いには抜けもの扱いになったのだ。なんで、文句を言う私が阻害されるのだろう。他の派遣はなぜ何も言わないの [続きを読む]
  • 釣り師の悩み事Ⅰ
  • ごうごうと流れる利根川 - ペンペン草と釣り人  何時も地味な場所で釣りをしているへら彦竿下し 本流用に仕立てた(シートを替えただけ)丈五投げ竿を二本セットした。今回も開拓のつもりで入ったのだが、廃船が停泊してあり、草の中から、まるで古代人の遺跡のように竿たての形の木の枝が出土した。釣り師はみなおなじことを考えるものだと思い、しばし、先人の辿った道に佇んでいるのであった。日の出から日没まで 釣れなか [続きを読む]
  • 第一編ダイワ・リバティークラブ・サーフにパイプシート付ける方法
  • ダイワ・リバティークラブ・サーフ とても綺麗な仕上がり 昔の竿には、この込みにマジックで「四番」とか書かれていたり、修理した釣具屋のサインが書かれて居たりしたものだ。DPS-SD24 ポリッシュ  今回は24を選びましたが、本当なら 26mmを付けるべきなのでしょう。リパティーサーフの外形が24mmにカーボン繊維が巻かれているので実際は24mm以上あるといっても言い。余裕のある26 26mmを付けるのなら特別何も加工しなくとも [続きを読む]
  • ダイワ・サーフエース25/455パイプシート
  • バラバラ現場パイプシート 異様な雰囲気に写ってしまいましたが、真面目に竿のシートを取り替えているところです。このタイプは板シートの周囲にゴムのシートが巻き付けてあるので其れをナイフで削ぎ落としています。このパイプシートは「24」と言うサイズでしたが、実物の内径は 24.4mm 程ありました。パイプの両端が段になるので、巻き糸を巻いて段差を消しています。 トップガイドを並継竿に付いた物に替えました。ちょっと長 [続きを読む]
  • 利根川・本流の野鯉 
  •  完成です。利根川 4:30  到着。缶コーヒーをすすりながら今日のシナリオを妄想している。この一時が楽しく、また、苦しいほどに緊張する。大豆を撒く  豆を食べるのかは不明だが、手ごろなので豆にする。セット完了 ここは三ヶ月前に開拓したポイントです。あの時はオデコでしたが、きょうこそは釣りたいものです。右側が本流で雪解け水の影響なのか水温はかなり低いです。なので、地元の釣り師も本流で竿を出している人は少 [続きを読む]
  • 利根川実釣四月三十日編
  • 四月三十日 朝六時ごろ、岬から下流の流芯脇の駆け上がりへ振り込む。いっさい人間の痕跡が無い。あるのは遙か彼方から漂着した、女性者の衣服、LLL雨合羽、綿布団、無数のビニールゴミ、オキアミの袋、粉砕した流木、など。ここ数年間人の入った形跡は無いように思える。だが、土地としての快適性は良い。岬と言うこともあり、風通しがいいのか、有害な虫が居ない。いつもなら、ダニ、ヒル、スズメバチ、藪蚊、なめくじ、など [続きを読む]
  • 過去の記事 …