山本公認会計士事務所 さん プロフィール

  •  
山本公認会計士事務所さん: やましげブログ
ハンドル名山本公認会計士事務所 さん
ブログタイトルやましげブログ
ブログURLhttps://www.accounting-solutions-japan.tokyo/jp-blog
サイト紹介文日本には、まともな会計がないように思えて仕方がない会計士が書いているブログです。
自由文ドイツ企業の日本子会社の会計監査を、今年の5月まで8年間してきましたが、ドイツ人が会計を、子会社の情報収集、子会社のコントロールのために上手く使っているのを見て、

日本人も、自分のために、会計を使えるようになって欲しいなと思い、今年の6月に事務所を開きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 11日(平均5.1回/週) - 参加 2017/10/06 15:47

山本公認会計士事務所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 会社を畳むことを考えてみてはどうですか?
  • こんにちは。公認会計士の山本です。10年程前のことですが、知り合いの社長さんの会社の業績が急速に悪化し、資金繰りの目途が立たなくなってしまったことがありました。銀行は、晴れた日には傘を貸してくれますが、雨の日には貸してくれませんので、追加融資は断られ、それだけならまだしも、銀行の担当者から「この財務内容では貸してくれる銀行はありません」と言われたそうで、途方に暮れていました。まあ、しかし、この手の銀 [続きを読む]
  • 学生時代にしておいて良かったと思うこと
  • こんにちは。公認会計士の山本です。今月下旬、仕事で、ドイツのニュルンベルクに行きます。ニュルンベルクは人生2度目、30年ぶりくらいなのですが、一度目は学生時代、中国の北京から電車で、モンゴル、当時のソ連、ハンガリー、オーストリアを経由して辿り着いた時だったのですが、それで思い出したのが、学生時代、今から思うと、やっておいて本当に良かった、と思うことが、 ① この時の、電車(ディーゼル車)で、中国から [続きを読む]
  • 「貯蓄から投資へ」
  • 昨日、10月4日は、「証券投資の日」ということで、日経新聞の中ほどに、「もっと投資をしましょう」といった感じの、日本証券業協会の広告が掲載されていました。で、その中にあった「米英日の家計金融資産構成比(2016年末)−出典:金融庁−」というグラフが気になったので、金融庁のサイトに行ってみました。で、見つけたのが、こちらの資料(http://www.fsa.go.jp/singi/kakei/siryou/20170203/03.pdf)です。「家計の安定的な [続きを読む]
  • 「実験は失敗するためのもの」だ。
  • 10月1日発行の日経ヴェリタスで、一番、印象に残った言葉です。アマゾンの元チーフデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンドさんという方の言葉で、以下の文脈の中で語られていました。日本企業の幹部と話すと、我々とは違う意味で実験をとらえている気がする。日本のネット通販大手の幹部は「実験はお墨付きを得るためのもの」という姿勢だった。アマゾンは違う。私に言わせれば「実験は失敗するためのもの」だ。失敗か [続きを読む]
  • 銀行の抜けた空白
  • こんにちは。公認会計士の山本です。一昨日、稲刈りの済んだ田んぼを見て、「えっ、もう」と思ったのですが、「まあ、仕方がない、時間は流れるものだ」と思い返して、今日のBLOGです。OPINION1「中小企業の決算書が正しくないなんてことがあるんですか?」では、日本の中小企業の決算書がどういう構造のもと、どのように作られ、どういった機能を果たし、どのような性質を有しているのか、記述してみましたが、法律で、GAAP(一 [続きを読む]
  • 私のことが信用できんとですか?
  • こんにちは。山本です。8月2日にホームページをUPしてから、知り合いの皆さんに見てもらったのですが、牛君の「私のことが信用できんとですか?」というコメントについて、「何で博多弁なんですか?」という質問を何人かの方から頂きました。実を言うと、これは博多弁ではなく、熊本弁なんですね。2004年に、とある会社の組織再編に関連して、熊本に資産査定に行った時、  (私)   「この債権の裏付けとなる資料を見せて下さ [続きを読む]
  • 過去の記事 …