つくしんぼ さん プロフィール

  •  
つくしんぼさん: つくしんぼ日記〜つかつくオンリー青春DAYS〜
ハンドル名つくしんぼ さん
ブログタイトルつくしんぼ日記〜つかつくオンリー青春DAYS〜
ブログURLhttp://makeinu.xyz/tsukushi/
サイト紹介文花より男子二次小説。CP司×つくしの甘酸っぱいラブストーリー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 13日(平均6.5回/週) - 参加 2017/10/06 18:09

つくしんぼ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • クリスマスの夜②
  • お会計…65万? こんな高額なドレスと靴ポンと買ってくれるなんて… 道明寺とはつくづく生きてる世界が違う高級ブランド店を出ると黒塗りのリムジンが停まっている… つくしは慣れないピンヒールでたどたどしく歩く 真っ赤なドレスもすそを踏みそうでぎこちなくなってしまう 貧乏な女の子が突然お姫様になったおとぎ話みたい… つくしは、シンデレラになった気分でちょっとドキドキしていたアイツがリムジンのドアを開けてくれた [続きを読む]
  • クリスマスの夜①
  • アイツに無理やり連れてこられた高級ブランド店で全身をコーディネートされた… 背中のあいた真っ赤なドレスにピンヒールの靴 あたしじゃないみたい… つくしは鏡に映る自分に戸惑っていた「おい、終わったか?」 試着室の外から道明寺の声がする でも…恥ずかしくて出ていけないよこんな格好みられたら笑われそうで 「おい、早い出てこいよ」 …もう、アイツは本当に短気なやつえいっ もう、どうなってもいいと思ってつくしは試着 [続きを読む]
  • 原宿デート⑨
  • 誰か別人が映っているみたいだった… 鏡の中のあたしはとっても大人っぽくて…自分でも見とれてしまう アイツに無理やり連れてこられた高級ブランドで全身をコーディネートされて シンデレラになったみたいな不思議な気分だった「今日は特別な場所に行くから」 アイツ、そんなこと言ってたっけ? 特別な場所? 今日はクリスマスだけど原宿をブラブラしてそのまま解散するつもりだった… だんだんと日は暮れ、外は暗くなってきてい [続きを読む]
  • 原宿デート⑧
  • 「いいから、ついてこい」 アイツに手を引かれ、竹下通りから表参道の方までやってきた 竹下通りにいるときより表参道の高級な雰囲気は道明寺にしっくりきている 高校生のくせに…どこまで大人っぽいんだろう「え?ここに入るの?」 世界的高級ブランドの店舗の前でつくしはたじろいだ このお店はもちろん知っていたが窓の外から眺めるもんだと思っていた…まさか自分が中に入る日が来るなんて 道明寺は動揺するつくしを気にせず中 [続きを読む]
  • 原宿デート⑦
  • 「クレープごちそーさま」ふてぶてしい顔でアイツは言った そんな貧乏人の食べ物は食わねーとか豪語してたくせに… イチゴとホイップたっぷりのクレープを夢中で食べていた道明寺がつくしはいとおしかった「牧野、なんかお礼させてよ」「え?」「だから、俺が女におごられっぱなしなんてプライドが許さねー」「…いいのに、クレープくらい」「いいから俺についてこいっ」 アイツはあたしの手を握るとぐいぐい進んでいく ちょ、ちょ [続きを読む]
  • 原宿デート⑥
  • 「そんな貧乏人の食べ物、俺が食うわけないだろ?」 せっかくクレープが出来上がったのに案の定アイツは意地を張っている… でも、最近だんだん分かってきた 道明寺が言ってるコトバは全部全部、あまのじゃく だってアイツの目線はクレープに釘付けだから…「ねぇ食べて」アイツには不似合いのイチゴとホイップがたっぷりのクレープを差し出す 「お、おぅ」とまんざらでもない顔でかじる道明寺 「……」一瞬ほころぶアイツの顔 「 [続きを読む]
  • 原宿デート⑤
  • なにも言わずあたしの手を握ってポケットに入れた道明寺… 冷えきった手の感覚がアイツの体温でじわじわ戻ってくる でも…恥ずかしいよこんなに長い時間、手なんてつないだことないのに つくしはうつむきながら、道明寺と竹下通りを進んでいた「あ、クレープ!一緒に食べない?」 つくしは緊張をごまかすために必死で声を張った 「こんな貧乏人の食いもん、俺は食わねー」 「言うと思った笑じゃ、クレープ食べたことないの?」 「シ [続きを読む]
  • 原宿デート④
  • 「お前、なに赤くなってるんだよ?」「まさか、熱があんのか?」 アイツの大きい手がおでこに触れる 胸が勝手にドキドキする… 違う、違うんだよ風邪なんかじゃなくて今日の道明寺はスーツなんて着ていつもと違うから… 「冷えきって体調崩したか?」「悪りぃ、渋滞しててよ、まさかこんな遅刻しちまうと思わなかった」 そうだよ、原宿駅の真ん前にリムジンでやってくるバカがどこにいるの?…そう悪態をつこうと思った時だった何 [続きを読む]
  • 原宿デート③
  • 黒塗りのリムジンが現れて、原宿駅の前は騒然としている そんな中で堂々と車から登場したアイツ やっぱり、あたしとは住む世界が違うんだ… つくしは、これから道明寺とデートすることに気後れしていた こんなみすぼらしい格好で恥ずかしいし、もう帰っちゃおうかな… つくしは、人混みに隠れながらどんどんと自信を無くしていた 時間をかけて作った巻き髪も精一杯のオシャレも全部、バカみたい なんだか泣きたい気持ちになってく [続きを読む]
  • 原宿デート②
  • いつまで待たせんのよ? もう何分ここに立ってるんだろう…さすがに寒さで手がかじかんでくる クリスマスの原宿駅は幸せそうなカップルでいっぱい でもあたしは、付き合っているかどうかも分からないアイツを健気に待っている… なんか、バカみたい。 そろそろ帰ろうと思った頃だった…なんだか辺りがザワザワしている 芸能人…かな? つくしはミーハー心が騒いで人混みをかけ分けて見に行った 黒塗りのリムジン運転手が仰々しくド [続きを読む]
  • 原宿デート①
  • まだアイツはやってこない 待ち合わせ時間をもう20分も過ぎてるのに? いったい何様のつもり? どうせ貧乏人を待たせたところで心の痛みは感じないんだろうね 悪びれずに登場するアイツのふてぶてしい顔が浮かぶ つくしはイライラしながら手鏡を取り出し、顔を映した はぁ…こんなしかめっ面じゃダメダメ 慣れないヘアアイロンを使って今日は巻き髪を作った 認めたくないけど、アイツにちょっとでも可愛いと思われたいのかもしれ [続きを読む]
  • 筆者のプロフィール〜CP司×つくし花男二次小説〜
  • はじめましてつくしんぼ日記〜つかつくオンリー青春DAYS〜筆者のきなこと申します 子供の頃から「花より男子」を愛してやまない私。アラサーとなり私生活や婚活で散々な思いをしているので余計、花男の世界にのめり込むようになりました。 大好きなCP司と×つくしのあふれ出る妄想をつづってきたいと思います 原作者様や出版社様とは関係のない、オリジナルのラブストーリーですが、コーヒー片手にまったりとお楽しみ頂ければ嬉し [続きを読む]
  • 過去の記事 …