つくしんぼ さん プロフィール

  •  
つくしんぼさん: つくしんぼ日記〜つかつくオンリー青春DAYS〜
ハンドル名つくしんぼ さん
ブログタイトルつくしんぼ日記〜つかつくオンリー青春DAYS〜
ブログURLhttp://makeinu.xyz/tsukushi/
サイト紹介文花より男子二次小説。CP司×つくしの甘酸っぱいラブストーリー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 71日(平均7.0回/週) - 参加 2017/10/06 18:09

つくしんぼ さんのブログ記事

  • 同棲⑮助けて……
  • 「道明寺……」あたしはこらえてもこらえても、涙が止まらなかった 道明寺のからだに顔を押し当てても声がもれるくらい泣いた 人生でこんなに泣いたことがあったかな? 助けて……道明寺 あたしは自分が思っていた以上に道明寺との赤ちゃんができたかもって舞い上がっていたんだ…… でも、現実は女の子の日が来た 来てしまったんだ…… 熟睡している道明寺を起こすことができない つらいよ [続きを読む]
  • 同棲14 待っていた悲劇……
  • 朝起きたら、涙が止まらなかった…… え?…… 道明寺の腕の中で目覚めたときなにやら違和感を感じて…… それが、現実なんだって受け入れるのに時間がかかった 女の子の日が来ていた…… 普通だったらホッとするところかもしれないけど あたしは……あたしは、 心のどこかであいつとの赤ちゃんをとても楽しみに……大切に思っていたんだ でも、でも、全部全部、違っていたんだ 道明寺……この腹巻きまで買ってきてくれたのに 何も [続きを読む]
  • 同棲13 あいつの優しさ……
  • 悲しくて泣きつかれてしまったのかな……? 気付いたら、あたしは数時間眠っていたみたい 道明寺が……帰ってきていたんだ 同じベッドの中で背中にあいつの気配を感じる でも、もう口もききたくない だって、赤ちゃんができたかもって聞いた瞬間、どっかに消えるなんて そんな薄情なやつもう知らないんだからっ 「牧野……」あいつに後ろから抱きしめられる何?もう嫌、、「これ使え」 ……腹巻き? 大きなアヒルのマークのダサさ [続きを読む]
  • 同棲12 傷ついた心……
  • まさか……何も言わずに部屋を出て行ってしまうなんて…… あたしは道明寺の行動にショックを受けていた…… 赤ちゃんができたかもって打ち明けるのにどれだけ勇気が必要だったか分からない なのに、これはあんまりだよ…… ドアから出ていくあいつの後ろ姿は思い出したくない だからあたしは、ベッドに潜り込んで布団をかぶった 明らかに明らかに心がズキズキする…… あたし、すごく傷ついている もう、同棲を続ける気力もなくな [続きを読む]
  • 同棲11 予想外の展開……
  • 「ねぇ、道明寺……」 あたしは、ずっと言えなかった事を今、言おうとしている このお腹に赤ちゃんがいるかもなんて伝えたらどうなる? 同棲してから、あいつの気持ちがよく分からなくなっていたあたしは、怯んでいた…… 「んだよ、早く言え」あたしがオドオドしてるから道明寺は苛立っている……もう、どうにでもなれっ 「赤ちゃんできたかも」「……」「聞いてる?」「……」 あいつはずっと無言だ。 しばらくして、スッと立ち [続きを読む]
  • 同棲10 期待と不安……
  • あたしは結局、あのコトを言えないままだ…… 時間だけが過ぎていくけど、やっぱりあの、女の子の日は来る気配がない 道明寺に打ち明けたらどんな顔される? 別れる?それとも結婚しようって言われたりして……極端な2つの想像しかできないほどに今のあたしには道明寺の気持ちが分からなかった同棲したらもっとあいつの事を知れると思ったけど、まったくの逆だった 不思議だけど、近いほどにあいつが遠く感じる このお腹に命が宿 [続きを読む]
  • 同棲9 衝撃の告白
  • やっぱり、ずっと黙っているわけにはいかない…… でも、女の子の日が来ないことをあいつになんて切り出せばいい? 「できちゃったかも」なんて言ったらどうなるんだろう 道明寺がパパだなんてイメージわかないしどんな反応をされるのか怖かった あたしは、あいつの背中を見つめて衝撃の告白をするタイミングを探る もしかしたら、これが別れに直結したりして…… 同棲してからというもの、近いからこそ、あいつの気持ちが分からな [続きを読む]
  • 同棲8 できちゃったかも!?
  • ちょっと恥ずかしい話だけどあたしは、あいつと同棲してから毎日なされるがまま 道明寺は、すごく強引だからちゃんとする余裕もなくて…… 毎月、女の子の日がきちんと来るか冷や汗ものなのだ今月も案の定、もう3日も遅れてる…… カレンダーとにらめっこして不安と戦うけどこればっかりは、考えてもどうしようもない 「できちゃったかも!?」なんて言ったらあいつは何て言うだろうふと道明寺がパパになった顔が浮かんで笑ってしま [続きを読む]
  • 同棲7 甘えん坊すぎるあいつ
  • 「牧野……」「ちょ、ちょっとやめてよっ……!」 同棲してからはじめて知ったことそれは、道明寺が……お酒をのむと本当に甘えん坊になることだ あたしのヒザで猫みたいにくつろいでいるあいつその姿は無防備で無邪気で…… 誰もあの道明寺とは夢にも思わないだろう…そのうち寝息が聞こえてきていつも、ベッドに運ぶのに一苦労 最初はうんざりしていたけどそのうちに気付いた 普段、いろんなとこで気を張ってるあいつがそれほど [続きを読む]
  • 同棲6  豹変するあいつ
  • すごい夜景……あれは東京タワーで、あっちはスカイツリー宝石みたいに光っている街を見ていると溜め息が出る あたしは普通のアパートでよかったのに、あいつがイエスと言わなくて だから結局、こんな豪華なマンションで同棲がスタートしてしまったのだあたしはなんだか落ち着かないけど道明寺はさすが……様になっているというか、なんというかこの広い部屋が似合っている 「おい、お前も飲めよ」シャンパンを片手にソファーでく [続きを読む]
  • 同棲5 大胆すぎる発言
  • 「毎晩しような」「え?」 しようって……何を?そう聞こうと思っていた矢先、あいつは店で一番高いベッドの購入を決めていた そのベッドを眺めているとさっきの道明寺の「しよう」の意味が分かり、急に顔が熱くなる あいつったら……時々、大胆すぎる発言をするからあたしは付いていくのが必死だそれにしても、とても大きいベッドだあたしは実家ではいつも布団で寝ていたからなんだか嬉しいそして隣にはあいつが…… 気を抜けない [続きを読む]
  • 同棲4 いけない想像
  • 「おい、お前も隣に寝転んでみろ」 家具屋でベッドを選ぶ道明寺にそう声をかけられたとき、あたしの鼓動はドクドクと動き出した 「うん……」恐る恐る、あいつの隣のスペースにからだを投げ出してみる なんか……ものすごく緊張するベッドの材質がどうかなんて、考える余裕が無かった同棲が始まったらこんな風に毎日一緒に寝るのかな?そして……寝る前には…… 道明寺の大きなからだを見ているとつい、いけない想像が膨らみだす [続きを読む]
  • 同棲3 ベッドに寝転んで
  • こうやって家具を一緒に見てるとまるで新婚カップルみたいな気分になる…… えっと、このソファーにはこのクッションを合わせて…… 同棲が始まることに不安でいっぱいだったけど、道明寺との暮らしを想像しながら買い物していると、そんな想いも消え、ワクワクした気持ちになってきた亭主関白だと思っていた道明寺は意外にもあたしの考えを尊重してくれるソファーも、テーブルも、ライトもあたしの選んだものをあっさり買ってくれ [続きを読む]
  • 同棲2 庶民とセレブ
  • 道明寺と一緒にいるのが嫌なわけじゃないけど本当は嬉しいけど不安だよ 親友の優紀が「同棲すると別れるカップルが多いよ」って忠告してきた せっかく最近、道明寺との関係が安定してきたのに……「同棲」なんていう荒波に飛び込んで大丈夫かな?そんなあたしの不安はお構い無しにあいつはやっぱりマイペース 「今日は家具を見に行くぞ」なんて言って張り切っている でも、ちょっと待ってその家具屋さんって超高級店じゃんダメダメ [続きを読む]
  • ドキドキの同棲1
  • あいつと同棲することになったのは本当に成り行き だってあたしは1人で暮らすつもりだったのにあいつに押しきられて一緒に暮らすことになってしまったでも、あたしは不安だだって、デートならその時だけだから、仲良くしてられる一方で、同棲は生活朝も昼も24時間あいつと一緒なんて……ケンカせずにいられる自信がない道明寺と一緒にいるのが嫌なわけじゃないけど本当は嬉しいけど不安だよ 親友の優紀が「同棲すると別れるカップ [続きを読む]
  • はじめての一夜⑨
  • 「牧野……」「ん?」「無理にしても意味ねーから今夜は手ぇ出さね」「……」道明寺は向こうを向いてしまった同じ布団の中で……すごく近いのにすごく遠いほんとは触れあいたかったのになんだか切なかったあたしは無意識にあいつの背中にくっついてしまうそれが……あの始まりになることも知らずに>言葉も交わさずに求めあってたから時間が立つのも忘れてしまった終わったあとは気が高ぶってなかなか眠れなかったあいつの息遣い、 [続きを読む]
  • はじめての一夜⑧
  • 「ここに来い」「うん……」とうとう、あいつの布団の中に入ってしまったもう逃げられないつくしは目をつむった……からだがガチガチに緊張する心臓の音があいつに聞こえてしまったらどうしようでも、道明寺は何もしてこないから拍子抜けしてしまう旅館の部屋で二人きり静かな空気だけが流れていた「牧野……」「ん?」「無理にしても意味ねーから今夜は手ぇ出さね」「……」道明寺は向こうを向いてしまった同じ布団の中で……すご [続きを読む]
  • はじめての一夜⑦
  • でも、旅館での時間は無情だ心の準備なんて全然できてないのに仲居さんがお布団を敷きにきた……なんだか、こういう時に見るお布団って妙に生々しい嫌だっ、そんなにくっつけないで……心の中で悲鳴をあげてしまうなんでこんなにドキドキするんだろう……「さて、寝るか」道明寺は妙に落ち着いているあたしだけが緊張していることがなんか恥ずかしい「お前、浴衣似合うな」「そ、そうかな?」道明寺だって、浴衣がすごく似合ってる [続きを読む]
  • はじめての一夜⑥
  • 「大丈夫…優しくするから」あたしの髪をなでながらあいつは言った胸がドキドキする道明寺ってこんな奴だったっけ?つくしは、この静まり返った旅館の部屋に二人きりでいるのが耐えられなかった……優しくするって……何を?勝手に想像して赤くなって、あたしって変な奴嫌でもさっきのお風呂での情景が何度もよみがえるあたし…なされるがままだよいつもは友達みたいにじゃれたり、ケンカしたり笑い合ったりずっとずっとそんな関係 [続きを読む]
  • はじめての一夜⑤
  • だんだん、自信がなくなってくる……お風呂でああなった時は勢いだったというかなんというか…でも、今この静かな旅館の部屋であらためてこいつと向き合うとあたし、大丈夫かな?逃げ出したいような衝動に駆られるお茶を持つ手が震える道明寺をものすごく意識してしまう……「お前、緊張してるだろ?」「し、してるわけないじゃん」こいつには全部、お見通しだガチガチになっている自分が恥ずかしい道明寺とするのは嫌じゃないんだ [続きを読む]
  • はじめての一夜④
  • 道明寺と旅館の部屋に二人きりだと思うだけで……恥ずかしい勝手に顔が真っ赤になってくる「お前、いつもと違っておとなしいじゃん」「すげーかわいい」髪を撫でる大きな手が心地よくてつい、目をつむってしまう抵抗したいけど、抵抗したくないこの感じ…すごく不思議あたしは結局、道明寺のぬくもりに身を委ねていた……なんか頭がボーっとするあっという間に食事の時間も終わってしまった……次は…?あたしは緊張を紛らわせるた [続きを読む]
  • はじめての一夜③
  • 「おい、もっと飲め」「やだ…これ以上飲んだら酔っちゃう」「…酔ったお前が見たいんだよ」「え?どういう意味?」「こういう意味」道明寺が後ろから抱きついてくる……やだ、こいつ酔ってる完全に酔ってるどうしよう?……「さ、さっきお風呂では成り行きで、そうなっちゃったけど……」「でも、あたし、心の準備が」必死で話しかけたけどこいつには通用しない道明寺の腕の中にいると嫌でもさっきのお風呂での情景がよみがえって [続きを読む]
  • はじめての一夜②
  • 豪華な料理が目の前に並んでいるけど……あたしは上の空だどうしても、さっきの情景と感覚がよみがえってくる……気を紛らわそうと思うほどに顔が赤くなってしまう道明寺はなんでそんなに冷静でいられるの?なんか、悔しいあたしばっかりオロオロしちゃって今までは、あいつのことバカだし子どもっぽいと思ってたのに……一線を越えてから大人の男なんだなって知ってしまったはじめて旅館で過ごす一夜がこれから始まる……いつにな [続きを読む]
  • はじめての一夜①
  • 腰が抜けちゃったのかな……動けないそして声も出ない戸惑ってるあたしを道明寺はお姫様だっこして部屋まで運んでくれた浴衣を着せてくれてお茶まで入れてくれたいつになく優しいあいつその優しさに、ついつい甘えてしまうさっきと変わらない旅館の部屋にいるのに……なんだか世界が変わってしまったみたい気恥ずかしいけどすごく嬉しくてすごく切なくてあいつが大好きでたまらなくて……色んな感情が一気に押し寄せてくる愛してる [続きを読む]
  • 露天風呂で二人…⑤
  • ……そこからのことはよく覚えてないずっと……あいつに必死でしがみついてた気がする露天風呂で二人…越えることができなかった一線を一気に飛び越えて……なんか、放心状態だよただ覚えてるのはあいつの声……「大丈夫だからな」って…言ってた今まで全く知らなかったすごくすごく優しい道明寺をあたしは知ってしまったんだ腰が抜けちゃったのかな……動けないそして声も出ない戸惑ってるあたしを道明寺はお姫様だっこして部屋ま [続きを読む]