kozuka2000 さん プロフィール

  •  
kozuka2000さん: 松下誠司 オナラで世界を駆ける
ハンドル名kozuka2000 さん
ブログタイトル松下誠司 オナラで世界を駆ける
ブログURLhttp://onara-matsushita.hatenablog.com/
サイト紹介文オナラ歴 56年 何にもない馬鹿な男の物語
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 11日(平均4.5回/週) - 参加 2017/10/07 11:14

kozuka2000 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 松下誠司 独り立ち 不安との戦い
  • 和田先生とは今でも手紙が届きますが高齢なので心配です。先生とは11PM青島幸男さんの追跡と言う番組を最後に独り立ちしました。特番関係の番組に出るようになりました。1980年当時はテレビ全盛期の時代なので出演料も高額でした。ある番組の途中トイレで用を足している時に隣で話しかけてくる人がいたので連れションしながら話しした人は何と所ジョージさんでした。所さんは違う [続きを読む]
  • 松下誠司 11PM 出演
  • テープレコーダーとマイク片手の和田先生オナラ芸をする私当時ビデオに録画したものからキャプチャしました。若いですね。オナラ最強時代です。和田先生は音楽家仲間に曲屁師の話をしたことで私をテレビに出演させて証明させることにしました。番組名は11PM大阪よみうりテレビの生出演その前に録画で和田先生宅にて私と先生がオナラの収録をしている絵が撮りたいとのことで現地集合5分位の絵のため [続きを読む]
  • 松下誠司 1978年発売 レコード ワンダープーランド
  • 松下誠司 1978年発売 レコード ワンダープーランド松下誠司 1978年発売 レコード ワンダープーランド和田先生が集めたオナラ素材と私の素材がレコードになってしまった。世界初 オナラのレコードになってしまった。表紙の絵は、先生の友人和田誠さんだ。このレコードは、業界に受けた特に、志村けんさんが気に入ってくれた。ドリフに使われているオナラの音は私の音です。志村さんの事務所から [続きを読む]
  • 松下誠司 オナラの種類 1
  • 私は先生に会うために待ち合わせの場所に来ていた。誰もいなかった早く着いたのでしばらく待っていると小学生くらいの男の子が「父から聞いています松下さんですね」と私が小学生だった頃には出てこない言葉だった。今彼は一流の外科医をしています。私とは育った環境も資産も学力も違っていました。小学二年生位の息子さんに案内された所は閑静な住宅街の立派なお宅だった。中に入ると [続きを読む]
  • 松下誠司 オナラの種類
  • 池に落ちてからオナラが出せる体になってしまったので悩んでいても仕方がありません。この体で生きなくては人生が進みません。勉強もしないでオナラを毎日出し続けました。幼稚園小学校勉強もしないで出し続けました。このオナラ男は、どうなったでしょうか?321勉強って、何なのオナラだけで人気者になっていました。人間は一つでも負けないものがあるだけで自信がつく [続きを読む]
  • 私は死んだのか 不思議な体験
  • 私はオナラが沢山 出せる人間ではなかったのです。運命を変えた日のことは鮮明に覚えています。私が5歳の頃母親の田舎に行きました。母親は親戚と話していたので私は、一人で池のような沼のような所で水の中をみていました。何かが水の中で動きました子供なので好奇心や探究心があり「何だろう」と近寄ってみた瞬間ドッボーーーーーーーーーーーーーーーン水の中が、こんなに [続きを読む]
  • 松下誠司 プロフィール
  • 松下誠司(Seiji Matsushita)、本名 松下誠司(まつした せいじ 19??年 - )日本の放屁アーチスト肛門から空気を吸って「肛門呼吸」外肛門括約筋を締めたり緩めたりしながら緩急をつけて放屁することにより、音楽に合わせた放屁・音階・動物の鳴き声などの自然音を奏でる能力を持つ。ギネスブックの申請を断った事でも有名 「長屁 45秒」「1分間連発 598発」テレビ・ラジオ1964年 覚えていませんが初めて芸を披 [続きを読む]
  • 過去の記事 …